初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センチコガネの標本作製 プチ講座 後編
こんにちは。 何分 やや昔の事なので 皆さんが覚えているか 微妙な所ですが・・・
昨年7月頃に 当ブログで・・センチコガネの標本作製について、色々と書いておりました。

そんな中、中編までは、頑張って書き上げたものの。。。その当時の私は、国家試験を控えた
受験生だった事もあって・・多忙などの色々な理由によって 長らく止まっていました。(汗)
ただ、センチコガネの標本作製は、意外と 検索されて来る方 が多い内容みたいだったので、

今日は・・センチコガネの標本作製 プチ講座 後編 を気ままに書いていきますね!(^^)/
過去の記事を読んでいない方は・・以下のリンクから 読んで頂ければ‥幸いです。


センチコガネの標本作製 プチ講座・・前編


センチコガネの標本作製 プチ講座・・中編



センチコガネ を乾燥し終えたら
脱脂綿上で 綺麗に展足し終わったセンチコガネの標本は・・1ヶ月間 という乾燥期間を経て、
栃木なセンチコガネ 展足中
ほぼ完成した と言っても 良い状態になります。 ここからは、台紙標本の仕上げである、
脱脂綿上で展足し終えたセンチコガネを、台紙上に移す作業があります。


台紙 について
店頭販売されている台紙標本に使う台紙は・・「厚紙」「セルロイド性」など、色々な種類があります。
セルロイド性の台紙は、簡単にムシの裏側も見られる という 大きな利点があるものの
防虫剤で満たされる標本箱の中で・・数十年先まで しっかりと持つのか? といった

耐久面での 不安要素がどうしても残るので、私としては・・できれば 数百年の耐久性が
海外の標本で 立証されている「厚紙」を台紙標本の台紙として、使用する方が安全だと思います。
これに関しては・・・あくまで、私の1つ考え方なので・・あしからず。(^^;)


また、センチコガネの台紙標本に関して言えば・・日本に昔からある 三角形の台紙よりも、
ヨーロッパなどでよく利用される 長方形の台紙の方が良いと 私は思います。(^^)/
その主な理由としては・・センチコガネ や オオセンチコガネは、国産種としては、
三角形な台紙
大きく 体幅がある糞虫なので、昔ながらの三角形な台紙を用いて標本にすると・・・
ムシを支えている 台紙の面積が狭いために 油が出てしまうのと同時に、
箱内のポリフォーム上に 落下してしまう不運な事故が、経験上‥よくあるからです。(^^;)
長方形な台紙
長方形の台紙ですと・・こうした事故は、例え油が出ていたとしても・・・
ドイツ箱を必要以上に 揺らしたりしないかぎりは‥落下を 未然に防ぐことが出来ます。


台紙に ムシを乗せる前に・・
さて、こうして選んだ台紙ですが・・まず、台紙の上にムシを貼り付けるより前に、
必ず 台紙に対して 昆虫針をしっかりと刺しましょう! この作業を逆にしてしまうと・・・
中途半端な力が掛かり、台紙自体が ふにゃふにゃになってしまいますので、要注意です(汗)
台紙に昆虫針を指す
なお、厚紙の台紙は、やや堅目なので 台紙に刺す昆虫針は 3号~4号辺りがお勧めです。
無事に台紙に針を刺しましたら・・どの位まで 針を深く刺すか? で 結構 悩むと思います。
そんな悩みを、簡単に解決してくれる 魔法の様なアイテムが 実は‥あります。
平均台台紙標本に使う穴 
それが、標本 や ラベルの高さを整える時に使う この「平均台」というものです。(^^)/
台紙標本では、この「平均台」の一番上にある2つの穴の内の 小さい方の穴を使います。
台紙の高さを整える
この小さな穴の中に針を突っ込み、針の先端が 平均台の底に到達するまで 押し込みます。
これらの作業を済ませると、台紙標本において一番重要な土台である 台紙が完成します。


台紙に ムシを乗せる
皆さん、長らくお待たせ致しました。 いよいよ、センチコガネを台紙に乗せる時が来ました。
まず、ただ台紙の上にムシを乗せるだけでは、直ぐに落下してしまうので・・
当たり前かもしれませんが・・まずは 台紙とムシを接着しなければ・・いけません。
木工用 ボンド台紙にボンドを適量に乗せる
この時に、使用する接着剤は・・木工用ボンドが 私の経験上 一番イイです。
ポイントとしては、ムシにボンドを付けるのではなく、台紙の上に適量のボンドを乗せて、
そのボンド上に・・ムシを置くようにすると、綺麗に行く事が多いです。(^^)/
台紙にムシを乗せる台紙にムシを乗せた状態
この時、ムシの位置が曲がってしまうようであれば・・ピンセットで 位置を微調整して下さいね。
なお、台紙とムシの 貼り付け作業は・・
平均台に刺した状態のままで やる方が 台紙の高さが狂わないので、イイですよ。
台紙にムシを貼り付けた後は、また1時間ほど・・ボンドを しっかりと乾燥させて下さい。


台紙標本にラベルをつける
昔 偉い誰かが言っておりましたが・・ラベルのない標本は、ただの死骸。(^^;)
昆虫の標本は、きちんとした管理をすれば 100年以上持つ事があきらかになっています。

今ある自然は、本当に いつまでもあるとは限りません ので・・しっかりと、
その時 その時代の自然の記録を残す 意味合いで・・例え趣味レベルの標本であったとしても・・
ラベルは、きちんと作成して・・作成した昆虫標本に付けておきましょう。(^^)/
標本ラベル 見本
ラベルに書く情報は、最低限 「採集地」「採集日」の情報は、必ず入れておきましょう!
「採集者(Leg)」などの情報も・・できる限り あった方が良いのですが・・
「採集地」や「採集日」の 2つに比べたら、「採集者」の重要性は、それほどありません。
ラベルを台紙標本に付ける
パソコンでも手書きでも良いので ラベルを作成したら‥これを 台紙標本に付けましょう。
この時も・・「平均台」が役に立ちます。 これでラベルの高さが 簡単に一定にできます。
センチコガネの台紙標本センチコガネの台紙標本 横から
ここまで来て、始めて・・センチコガネの台紙標本は、完成します(^^)/
なお、ラベルの高さは・・完全に 好みの問題なので、お好きな 平均台の穴で合わせて下さい。


台紙標本を 標本箱の中へ!
こうして作成した台紙標本は、しっかりとした標本箱にいれて 大切に保管します。(^^)/
国産オオセンチコガネの台紙標本を ドイツ型標本箱にたくさん並べると、こんな感じになります。
国産のオオセンチコガネ標本
あとは、半年に1回くらいの間隔で、完成した標本箱内を眺めてみて・・・
防虫剤が切れていないか? 標本から油が出ていないか? などを 見る事が重要です。



非常に 長くなりましたが・・これで、国内外のセンチコガネ・オオセンチコガネを対象とした
台紙標本 作製におけるプチ講座 後編を これで 終了したいと思います。(^^)

読みにくい部分も色々とあったと思いますが・・・皆さんも、この機会に、
是非 センチコガネ・オオセンチコガネの台紙標本 を自宅で作成してみて下さいね!
最後まで このプチ講座をお読み頂き、有り難うございました。m(_ _)m

また 今回 センチコガネの標本制作する過程で用いた 栃木県産 センチコガネを
昨年度 快く譲ってくれた 京四郎さん。 本当に‥良い個体をありがとうございました。(^^)/
スポンサーサイト

センチコガネの標本作製 プチ講座 中編
こんにちは。昨日、全3クールある外部実習の内の1クール目の実習が終了しました。(汗)
実習中は 教科書では学べない事が 現場でたくさん学ぶことが出来るので・・
帰宅してからの課題レポートも膨大で…なかなかキツイですが…良い刺激と勉強になっています。
また、来週の月曜日からは・・違う実習先にお邪魔するので、地道にやりますね(*^^)v

さて、今日は 前回に引き続き 非常に自己満足な記事(笑)である プチ講座シリーズです。
今回は…前記事の最後に作製した 「タトウ」 を用いた 脱脂綿上でのセンチコガネの展足です。


カラカラな標本を軟化しよう!
こんな感じで、先日 京四郎さんから・・3頭の栃木県産 センチコガネを頂きました(^^♪
採集日から1ヶ月以上立っているので、もちろん この3頭の標本は、カラカラに乾いています。
栃木なセンチ 未展足
標本の見た目を 気にしない人であれば…この状態で 針をさし、採集ラベルを付けても・・・
立派な標本 になりますが・・・少しでも美しい状態で 保存しておきたいのが人情ですね。
と言うわけで、今回は この乾燥している標本を軟化して、展足する事にしましょう。(*^^)v

カラカラに乾いた昆虫標本 を軟化する方法としては、色々な方法がありますが・・
センチやオオセンチに関しては、熱いお湯で軟化しても・・・それほど色彩が変化しない事から、
軟化する時間を大幅に短縮する為に…私はポットのお湯(90度前後) を 使っています。
センチを軟化中
お湯に漬けておく時間は…非常によく聞かれますが・・だいたい2分前後です。(汗)
軟化の目安は…ピンセットを使って触角がスムーズに動かせる・足の関節がポキポキと、
コリをほぐせる位の硬さが残っている という状態が…軟化時のベスト の様に 私は感じています。

この時 遊び心に余裕がある方は、糞虫はホストとなる糞によって臭いが かなり異なるので・・・
生前時の彼らにおける最後の晩際 を想像しつつ、軟化中は 湯気を軽く嗅いで見ましょう!(爆)
中東付近のセンチコガネだと、癖がある野獣な臭いが出てくるので、非常に興味深いです。
水分を良くふき取りましょう
話が大幅にそれましたが・・2分前後 センチコガネを入浴させたら、お湯から取り出して・・
ティッシュで体全体の水気をよくふき取りましょう。 この時、素手で関節を軽く動かして
ポキポキとコリをほぐして置くと、非常に展足がやり易くなるので、是非やって下さいね。(*^^)v


標本作製する前に・・ピンセットについて
クワガタやカブトムシ等の大型甲虫と比較すると、センチコガネは・・小さな甲虫になります。
これらの小さな甲虫類の展足は、ある程度 美しく展足しようと思ったのであれば・・・
ほぼ間違いなく ピンセットを使用する事が多くなります。 で、お店などにピンセットを買いに行くと、
色々なピンセット
本当に 色々な種類のピンセットが置いてあり 価格もまちまちで、 以前の私もそうでしたが・・・
一体、どのピンセットを買えばいいのだろうか? と、非常に 悩むと思います(汗)
私が思うに、標本製作用ピンセットにおける 選び方のポイントは、以下の2つです。(*^^)v

その1 自分の手のサイズに しっくり来る大きさか?
これは、かなり忘れがちなポイントですが・・非常に、大事です。 (汗)
無理せず、指先の力の掛け具合が自由に出来ないと、製作中に 大きなストレスになります。

その2 力のバランスは、ほぼ同じか?
当然ながら 指先で入れた力 と ピンセットの先端部分で働く力は、ほぼ同じでなければ いけません。
悲しい事に、安いピンセットほど…この力のバランスが ダメな場合が多いので、ある程度
良い物を買った方が 綺麗な標本作製が そこまで苦労せずに、出来る様になると思います。
あとピンセット選びの基本として、しっかりと先端が噛み合う物を選ぶ ようにして下さいませ。(^^♪
愛用中のピンセット
ちなみに センチコガネ や その他の脱脂綿での展足時に、私が愛用しているのは・・・
むし社さん で売っている KFI製3C な 2000円前後のピンセットです。
私の手のサイズにしっくり来て無理なく 展足作業が出来るので…気に入っています(^^♪


センチコガネを 展足しよう!
長々とお待たせいたしました。 それでは…実際に 脱脂綿上で展足してみましょう!
センチコガネ や オオセンチコガネは、独特な形状の足を持っているので、楽しいですよ。
センチの展足開始!展足は コンナ感じです
展足の美しさには 主観が入るかと思いますが…年間200頭前後のセンチコガネの展足作業を
こなしている私 が思うに・・センチコガネの展足を 綺麗に見せるコツは 以下4点です。


その1 6本の足は、左右対称に整える。
これは、展足標本を作製する上での基本中の基本ですね。 昆虫図鑑などを見るなどして、
ご自身が気に入った場所に足を置いて 左右対称で…6本の足を整えてください。(^^♪

その2 頭部を持ち上げて、アゴを広げる。
甲虫類の標本は、どんな種類でも頭が下がっている状態ですと・・非常にかっこ悪いです。
これは、センチコガネの標本にも言える事などで、頭部は必ず持ち上げましょう!(^^♪
そしてこの時に、ピンセットを用いて 線対称にセンチコガネのアゴも広げて下さいね。

その3 前足のシャベル部分を並行にする。
センチコガネの爪(フセツ)が生えている前足の部分は、シャベルの様に幅が広がっています。
このシャベル部分を、前けい節 と呼びますが・・ココが垂れ下がっていると・・・
非常に見苦しく 微妙な印象を与えるので、メンドウでも…きちんと平行にしましょう。(^^♪

その4 触角整形は、1日にしてならず。
ローマは1日にしてならず という言葉がありますが・・標本製作にも同じ事が言えます。
軟化した標本ですと、1日目 は変なクセが付いている場合があるので・・・
ココで細かい部分を整えようとすると、イライラも伴って ほとんど上手くいかないです。
なので、どうしても…しっくり来ない所があれば、2日目以降に、作業を再開して下さい。(^^♪
栃木なセンチコガネ 展足中
私も・・センチコガネ標本の触角整形に関しての1日目は、畳まれている触角を
外に出すくらいで、本格的に触角を90度に整える作業は、2,3日目以降からやります。
この時に 前日の展足で甘い場所を、丁寧に微調整な展足をしていくと、イイかと思います。
タトウの表面に ラベルを書くタトウに入れて乾燥させる
そして、その日の内に出来る範囲の展足作業が終りましたら、前回 事前に作製しておいた
「タトウ」の表面に 種名・産地・採集日・採集者など必要な情報を記入して・・・
脱脂綿展足した標本が乗った脱脂綿を、タトウに折った半紙の中に入れていきます。(^^♪
この時、産地名を タトウに記入する筆記具は…ボールペン等でなく 必ず鉛筆でお願いします。


展足した標本を 乾燥させる
小さなセンチコガネの標本であっても 標本の乾燥期間は…だいたい1ヶ月前後です。
この乾燥期間中は、虫害などに合わない様に・・防虫剤や乾燥剤(シリカゲル)も入れて
脱脂綿で展足した標本を、コンテナボックス等に入れて 暗所で保管してください。 (*^^)v
乾燥用 コンテナボックス
ちなみに 密封できるタッパーは、水分が逃げにくい構造になっているので…
昆虫標本を乾燥させるのに不向きなだけでなく、カビが発生し 腐敗もしやすくなるので・・
軟化した標本 を乾燥させる為の入れ物 として、タッパー関連は 使用しない方が無難です。(汗)

さて、そろそろ記事が長くなってきましたので、今日はここまで。
次回の後編では、私がやっている センチコガネの台紙標本作製 に関してのプチ講座です。(^^♪
前回に引き続き あまり時間がないので、今日も・・色気無しのブログ記事で…申し訳ないです(汗)

センチコガネの標本作製 プチ講座 前編
こんばんは。 外部実習が かなり忙しくて・・現在 平日に更新する 時間がありません(汗)
平日の夜は、実習レポートと国試対策のお勉強だけで、疲れて夢の中ですので・・・
採集は ほとんど行けていませんが・・先日の週末と昨日、23区東部で最も難易度が高い
とある区の本土コクワの自己初採集 を目指して、行きましたが・・見事に 2ボウズ。(爆)

ココは、私が高校生の頃から・・トンボ、チョウ採集などで お世話になっている場所で、
昼間から夕方に掛けては、過去200回以上通っていますが…夜間採集は 今年が初。
なにせ、不審者・妙な事件 が頻発する とても危険な地域における夜間の採集なので・・・
昨年、都内某所での夜間採集中に この世で無い者 を見た時 以上に・・本当に怖いです(汗)


さてそんな中 、京四郎さんから 栃木県産 センチコガネの未展足品を 3頭も頂いたので、
今日は、この3個体を用いて私なりのセンチコガネ専科の標本製作なプチ講座です。(^^♪
(センチコガネな標本製作の上級者の方々は、色々と・・アドバイスを頂ければ 幸いです。)


標本作製をはじめる前に・・その1
まず、標本にする為のセンチコガネを入手しなければ・・何も始まりません。(笑)
この時、センチコガネが生きているのか? 死んでいるのか? で・・かなり処理方法が異なります。
オオセンチコガネ 奈良県産
採集してきた場合には、おそらく生きていると思いますが…この時、間違っても・・・
普通の甲虫類と同様に・・採った直後に センチコガネを殺してはいけません。(汗)
なぜなら 彼らの食べ物は、「センチ」の名の如く、動物の糞や死骸などを食べる虫 だからです。

その食べた物が お腹にたくさん詰まっている時に、センチコガネを殺してしまうと・・・
標本製作中に…標本が腐る・強烈な臭いを発する・油が出やすくなる といった 魔の3現象が
非常に起こりやすくなってしまうので、採った直後には…殺さない方が無難です。(^_^;)
百均のピルケース
なので、彼らを採集しその後 標本にする時には、生かしたまま 個別に持ち帰りましょう。
この センチコガネのフン抜き処理の方法は、非常に簡単で・・私は、1頭1頭を
下記の60ccのプリンカップの中で、少しだけティッシュに水を含ませて管理しています。
60ccカップ イメージ
センチコガネを初めとするフン虫は、非常に獰猛で 生きたまま多頭で管理をしてしまうと、
お互いに傷つけあって 最悪 共食いしてしまう事が多いので、必ず個別で管理して下さい。
また、野外で採集したセンチコガネには、多かれ少なかれ・・大き目の赤いダニが付いています。
ダニ取りスプレー
これらは、見ていて あまり気持ちイイものではないので、私は…このティッシュ管理時に、
中野のグッツで販売している LAダニ取り革命 というスプレーを、センチコガネに1滴
実験的に 直接掛けてみたところ・・ダニが全て居なくなりましたので 結構オススメです(笑)

この個別なティッシュ管理で・・だいたい5日間ほど 管理すれば…
採集直後まで 食べていた物が全て体外に排出されるので・・標本製作がしやすくなります。
センチコガネを 〆る時には、酢酸エチル もしくは…除光液(酢酸エチル入り)がオススメです。
オオセンチ標本 未展足
死亡している個体(未展足)には、特にする事はありませんが・・しいて言うならば、
防虫剤をいれて 標本製作するまでは、虫に食われないように…タッパーで保管しましょう。


標本製作を始める前に・・その2
私は、国内外のセンチコガネ・オオセンチコガネの標本は、全て 台紙標本にしています。
なので・・ココ以降で私が紹介するのは、台紙標本を前提とした 脱脂綿上での展足です。(*^^)v
脱脂綿上での展足は、通常の展足よりも・・展足が甘くなりますが 台紙標本ですと、
それほど爪の角度とかが甘くても…意外と見栄えが良い標本になるので、オススメです。

今回のように…脱脂綿で 展足する時には、「タトウ」と呼ばれる物を使用します。
タトウは、店頭で販売していますが…簡単に自作する事ができますので、自作しましょう!(*^^)v
暗くて見づらいかもしれませんが・・以下の写真を参考に 是非1度 作ってみてくださいませ。

まず、半紙を1枚用意して 広げます。 そして半紙の真ん中に、脱脂綿をおきます。
この時、あまりにも・・脱脂綿の厚みがある場合には、その厚みを半分にして下さいね。
半紙を広げる半紙の真ん中に脱脂綿

次いで、半紙の下の方を…脱脂綿の上部に合わせるようにして、しっかり畳みます。
それが出来たら…半紙の上部を、先ほど 折った部分に覆い被さるようにして、畳みます。
半紙の下を折る半紙の上を折る

そして、今度は、半紙の右側を…脱脂綿の形に合わせる感じで、折ります。
これができたら・・反対の左側の方も…右側と同じ様に…しっかりと折って下さい。
半紙の右側を折る半紙の左側を折る

最後に…左側の折った部分の先端の所に、右側の折った先端部分を潜らせて、完成です。
右の先端を左の先端に潜り込ます完成した タトウ
このタトウは、脱脂綿上の展足だけでなく、一時的に甲虫類な未展足品の保管にも・・・
使えるので沢山作っておくと、パッキングよりも スペースが節約できるのでイイですよ。

ちょっと 記事が長くなってしまったので・・今日はココまで。
次回は、私がやっている センチコガネの脱脂綿上の展足についてのプチ講座です(^^♪
ほんと あまり自由な時間がないので、今日は・・色気無しのブログ記事で…申し訳ないです(汗)
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。