初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京 フチグロトゲエダシャク 採集記
こんばんは。 昨日は、4年に1度しかない 2月29日 でした。(^^)/
この日の採集ラベルは・・今の所、標本フェアとかでも ほとんど見た事がない(笑)ので、
何れは・・何らしらの自己採集個体で この2月29日採集ラベルを入れたいです。
ちなみに、昨日は・・お仕事があったので、泣く泣く断念4年後の私・・頼みましたぞ!

さて、今ぐらいの時期から‥ホワイトデーに掛けての 本当に ごく僅かな期間のみに、
華麗に出現する とても可愛い フチグロトゲエダシャクを狙って、東京の河川敷に行きました。(^^)/


東京都 某所 2016年 2月28日(晴れ)
今から、2年前ぐらいに・・リンクさせて頂いている むしけら屋さんのブログ内で、
初めて フチグロトゲエダシャク(以下、フッチー)の存在を知った時の 衝撃はやばかった。(^^;)
なんて、可愛らしい綺麗な蛾なのだろう。。これはどうしても 野外で見てみたい!
東京 河川敷の土手
そう思い続けて。。2年目。(汗) ようやくフッチー初挑戦する日がやってきた。(^^;)
何だかんだで、この時期というのは・・季節の変わり目で、天気が良くないことが多くて
フッチーのような 完全な昼行性のムシ狙う採集 というのは・・なかなか難しいのです(汗)
東京 草原主体の河川敷
幸運にも私は ヒメマイマイカブリの採集時に・・東京の色々な河川敷を巡ってきた(笑)ので、
フッチーが居るとすれば、ココかな? と思える様な 草原中心の河川敷に行ってみた。
蛾屋さんのブログから、フッチーが採れるのは・・午前中みたい なので、その時まで待つ。


現地に到着してから、1時間が経つと・・白いムシが目の前を 急に飛びはじめた
私が予想していた以上に・・フッチーと思わしき 白いムシ飛ぶスピード速い 速い。(汗)
これが・・あの フッチーなのか? と思いつつ、走って ムシとの間合いを詰めて網を振る。
この時、確実に‥網の中に入ったように 見えた。。しかし、忽然と・・消えた。(^^;)
春先のネット 
こっ、これが・・世に聞く。 突然 消える とされている フッチーの持つ特殊能力なのか。。。
正直・・蛾屋さんのブログで、見失う とかでなく・・消える 表現されている事が多く
そんな馬鹿な。。と 採集前は思っていましたが・・あれは、真実の出来事だった のですね。(笑)


そんなこんなで、消える魔球(笑) でなく フッチー悩まされ 続ける事・・・2時間半。
ようやく、私のネットに・・フッチー と思わしき、白い蛾がネットインしました。
やった。 遂に・・2年間 憧れていたフッチーと対面できるぞ。 と思った時に・・・
風が ピュー。 ムシも ピュー。。 あっという間の出来事に、暫し 呆然。(T_T)
東京 枯れた河川敷 草地
うーん。 今日は、本当に採集運が無い(泣)から・・このまま ボーズかも? しれないな。。と、
本気で‥思い始めた時ふと 何を思ったのか? 何気なく 後ろを振り向くと・・
なんと、白い蛾が飛んでいた。(汗)これが・・今日のラストチャンスだ! (^^;)
そう思いながら・・もう夢中で、枯れた草原の中を 思い切り走って、ネットインしました。
東京 フチグロトゲエダシャク 初採集
白い蛾の正体は・・2年前から ずっと憧れていた あの可愛いフッチーでした。(^^)
やっと、採れた。。丁寧に 下処置したフッチーを 三角紙に包んで ケースに入れた時には、
肩の荷が下りて、枯れた草むらの上寝転んだ。 頬に当たる春風本当に心地よかった


それから 20分後。 日が陰ってしまった事もあり、フッチー全く飛ばなくなったので、
午後1時半と、まだ明るかった のですが・・たった1頭でも 本命のフッチーが採れた事もあり・・
1ヶ月ぶりとなる この日における 近場採集は・・ここで、終了とした。(^^)
東京 河川敷 タンポポ
帰り道となった 河川敷の土手には・・可愛らしい タンポポひっそりと咲いていた。
待ち遠しい春の訪れは、もう直ぐそこまで・・来ているように感じるので、色々と楽しみです(^^)/
スポンサーサイト

東京 氷の女神 採集記
こんばんは。 どんな分野であっても 勉強は、毎日 やる習慣が本当に…大切ですね。(苦笑)
お世辞にも…私は 勉強があまり好きではない(笑)ので、なかなか苦戦中です(^_^;)
でも、モチベーションを保たせる良い本に巡り合えた ので、もう 少しばかり頑張ります。

さて 先日は、気持ちの良いお天気だったので、北海道宛て送る予定種1つとなっている、
この時期限定の 東京産ウスバシロチョウ と 美麗甲虫のナミハンミョウ を狙って、
東京な裏山の先にある 峠方面の渓谷沿い に、山歩きを兼ねて軽く行ってきました。(*^^)v


2012年 5月13日(晴れ)
前回のムカシトンボ採集で 大変お世話になった裏山方面から・・歩く事、2時間強(笑)
私自身も…初めて足を踏み入れる 自然豊かな峠渓流沿いに 到着です。
東京のとある 峠付近東京の渓流沿い
上の写真だけで見ると、本当に ココは東京なのか? と思いますが・・ 一応、東京です(爆)
ここの場所に来るまで、結構な時間が掛かりました。(汗)でも、その分 人も居ないので、
思いっきり 骨休めできるので、疲れきった心身体を癒すには、最適ですね!
そんな風に…のびのびしていると、ひらひらと 白いチョウが飛んできたので、早速 採集。
氷の女神 ゲット!
この白いチョウが 今の時期にしか居ない 今回の目的種の1つ ウスバシロチョウです。
ぱっと 見た感じでは…シロチョウの仲間の様にも見えますが・・本種アゲハチョウの仲間です。
透き通った翅から「氷の女神」とも表現される その透明な翅は、見る者の心魅了します。

昨年の5月は、裏山の林道沿いで・・本種を採集していたので、あまり個体数が見られず
東京では、意外と 珍しいチョウなのかも? と、勝手に思っていたのですが・・
今回 訪れたこの場所では、本当に個体数が多くて、見かけるチョウの大半本種でした。
東京産 ウスバシロチョウ 生態画像
そんな感じで、30分を経たない内に・・マイコレ用、北海道宛て用、気になるあの娘用 と、
必要な個体数簡単に採集できてしまったので、今回は…上の生態写真も 撮りました。(笑)
続いて、峠の尾根で・・乾いた砂利道があったので、ナミハンミョウ採集に励みました。


狙いのナミハンミョウは、こういった自然環境に生息しています。
何もせずとも、地面からの反射熱で・・5月中旬といえども 汗が噴出してきます。(笑)
ハンミョウが好む環境
視界に入る地面常に睨めっこ しながら・・真剣に、ナミハンミョウを探します。
暫くすると…ハエバッタとは違う羽音が聞えて 数メートル離れた地面に着陸したので、
着陸箇所を確認 してから…彼らを驚かせぬように、忍び足で近づき…網を振り下ろします。
ニワハンミョウ ゲット!
残念ながら・・この時、採集した個体は、目的のナミハンミョウではなかったものの
同じハンミョウの仲間である、ニワハンミョウでした。 この種も…色彩変異が豊かなので、
何頭かマイコレ用北海道宛てに発送する用に、綺麗な個体のみ採集して行きました。


そんなこんなで、ナミハンミョウ数多く採集しやすくなる お昼前後の時間を過ぎてしまい、
今日のハンミョウ採集は、もう無理かな? と ほぼ諦めてかけていた その矢先に・・
ニワハンミョウより大きくて、光り輝くハンミョウの姿2メートル先の地面上 で視野が捉えた。
この絶好のチャンス逃してはいけない と、何時もより慎重に近づいて 網を下ろしました。
ナミハンミョウ ゲット!東京産 ナミハンミョウ
最後の最後で、今回の採集目的種の1つ 東京産 ナミハンミョウが採れました。
ナミハンミョウの持つ この色彩は…日本の甲虫とは思えないほど…美しいですね(*^^)v
ナミ」とつきますが・・一応、本種は・・日本最大のハンミョウです。(笑)
なお、北海道に・・本種は、生息していないので…この個体も、発送予定です。(*^_^*)
東京のとある 山の雑木林
その後は、林道沿いで 春型のオナガアゲハ・ヒゲナガオトシブミ等を採集しつつ、下山しました。
実は 今回、初夏の渓流沿いで出現する 小型のサナエトンボ一番採集したかったのですが・・・
トンボ類は、未成熟ニホンカワトンボしか居なかったので、今回採集しませんでした(汗)
東京の渓流沿い
でも、私の採集するムシの守備範囲が、そこそこ広い事もあって 今回も・・結構 楽しめました
今年の6月以降は…ここまで、行くチャンス時間があるか全く分かりませんが・・・
骨休めできる様な 素晴らしい自然環境があるので…日々の私生活 で色々と疲れて・・
心身ともに…リフレッシュしたくなったら、また、ココの峠付近に行きたいと思います。(*^^)v


そして話は、大きく変わりますが・・そろそろ 東京ヒラタ採集シーズンですね!
今年の私は、外部実習が6月から9月まであるので、あまり頻繁に通えないと思いますが・・・
東京の雑木林東京ヒラタ 小型♂
東京ヒラタマル秘の採集ポイントには、外部実習の帰り際でも 出撃できる 筈なので…
北海道に送る予定3♂前後なら、出撃数が少なくても…たぶん 大丈夫かな?(笑)
関西以西に比べると、東京ヒラタは…採集できる平均サイズが小さいし、採集が難しいので・・

もし、採れなかったら・・ごめんなさい。(苦笑)

でも、あの繊細なアゴ体型を備えた 飼育個体ではない野外で採集された東京ヒラタは、
サイズは小さくとも…本当にカッコいいクワガタですので・・是非とも、見せてあげたいものです。

早春な 東京の徹夜採集記
2012年 3月30日 (曇り のち 強風&小雨)
今日は、珍しくいきなり本題のブログ記事です。 さて、一昨日 3月30日の気温は・・
ココ最近では、最も気温が高く 最高19度となり夜でも気温が11度前後なので、
絶好の採集日和だったのですが・・その日は、学校のガイダンス(泣)だったので・・・
午前・午後の採集は、諦めざるを得ませんでしたが・・これらがダメでも、深夜がある!
といった考えで、 イボタガエゾヨツメ を求めて…東京のお山で、徹夜採集してきました。
お山の街灯
お山に付いたのは・・午後9時半ごろ。 はっきり言って温かいです。 風もない
しかし・・街灯周辺に 肝心のムシが居ない(笑) 季節感が今年は…遅いので 登り損かな?
と、少しガックリしていましたが・・・街灯の光が当たっている地面をよ~く見てみると、
お山での 早春蛾 1網を伸ばす 街灯下
おぉ~よくぞ居てくれた蛾に関して私は・・有名種 以外は、種名が全く分かりません
なので…とりあへず、色彩と体系的に…気に入った種類ちまちま採集して行きました。
その途中で、ライトの光に反射して…青く光る虫を発見! 興味しんしんで近づいてみると・・・
ツチハンミョウ
青く光り輝く虫は、ツチハンミョウでした。 彼らは 人の皮膚を炎症させる成分を、
体内に蓄えているので、うかつに採集して炎症を起こしたら・・洒落にならんので、写真のみ パチリ。


そんなこんなで、2~3時間ほど経過終電は 既に無い時間帯なので・・恒例の 野宿開始
まだまだ、これからの筈だった
でも、この時から 春一番の強風が強烈で、おまけに… 冷たい小雨が降ってきました。(爆)
一気に・・気温が下がり始め。 死ぬほど寒く、震えも出てきて、おちおち眠れません。(^_^;)
ここで 何もせずに 留まっていると…体温が下がっていくように感じたので、山道を歩く事にしました。
風が強くて、土砂崩れな暗い山道が多かったので… 安全第一で、あえて下山はしません。)
お山でダークゾーン(笑)
それから、同じ山道を 何回も何回も、MDを聞きながら…行ったり来たりして、
どれ位の時間が経ったのか? 意識がボーとしていていたので 分かりませんが・・
いつの間にか 雨は止んで 風は・・まだ強いものの、待ちに待った 夜明けが 始まりました
お山の夜明け 3月
久々に見た この山からの朝は・・他に誰も居ない事もあってか? とても幻想的でした。
帰るなら・・今のうち。 これだけ明るければ… がけ崩れ も、この世でない者も 全く怖くない(爆)
と言う考えで、細心の注意を払いながら・・早朝の5時半に下山しました。(*^^)v
お山の蛾 2お山の成果 3月
この日の成果は・・上のような蛾が3頭甲虫類を3頭 のみをお持ち帰り。
目的のイボタガエゾヨツメは、影も形もありませんでした。 またまた 惨敗ですね(笑)
お山の夜明け 3月
今回の早春の徹夜採集では…若い時にしかできない 素晴らしい経験をつむ事ができました。
とても楽しかったのですが・・予想外な出来事が数多く、寒くて死にそうだった(爆)ので、
この3月の徹夜採集は、おそらく2度と行かないかな? 今後は早くて…4月中旬ですな(汗)



ジョーク記事だと、笑えてイイ! けど・・ 残念ながら、本当に行きました(苦笑)

東京の春チョウ&生きた化石 採集記
プロローグ
一応、クワカブな飼育ブログ(?)な当ブログで、こんな事を言うのも アレなのですが・・・
自分の一番好きな 国産昆虫は・・クワガタやカブト等の甲虫ではなく、トンボです。(*^^)v
あの スピード感溢れる 飛翔。 そんな彼らを採った時の達成感は…本当に感動モノです(笑)

そんな中、今年は・・生きた化石である ムカシトンボ東京観察&初採集する為に、
今のうちから、彼らに関する 色々な情報を 日々入手し 努力していますが・・・
百聞は一見にしかず という昔からの格言がありますので…現地を下見する事に決めた。

また、せっかく現地に行くのに・・ただ 下見しに行くだけでは、日にちが勿体無い ので、
トンボの次に・・自分が好きな昆虫である チョウを採集しようと 思い、
低山なスプリング・エフェメラルな蝶の1つ、東京産スギタニルリシジミ を採集しに行きました。


東京都 西部 某所 2011年4月1日(晴れ)
計画停電の影響で、交通がやばい事になりそうだったので…当日は早めに家を出ました。(汗)
現地に着いたのは、朝の9時。自宅から・・電車で2時間弱ほど、掛かりました。(^_^;)
で 晴れているのに、寒い寒い。 気温を測ると…当地は 自宅付近よりも、2度ほど低い。。
東京 西部 のとある山道
とりあへず、予め用意してきた地図を頼りに・・ヨサゲな林道を目指し地道に 山登り開始。(*^^)v
登山道なので登山客たちに 途中 挨拶を交わしながら・・早くも 登山開始から1時間経過
ムカシトンボは、ココに居るのかな? と、ウキウキしながら・・・まずは 下見開始!(笑)
東京西部の渓流 4月上旬
当地は…東京都とは思えないほどの自然豊かな環境で、彼らが居ても可笑しくない環境だと、
現地にある こうした渓流な環境の幾つかを、見ていて強く感じました。(*^_^*)
東京のムカシトンボは、5月が最盛期らしいので、来月は・・がんばって行きますね!
で、下見をし終わったので・・今日のもう1つの目的である、チョウ採集を始めました。(*^^)v


ムカシな下見をしている段階から・・自分が良く行く低地では ほとんど見る事ができない
テングチョウが低地でのモンキチョウ並に…現地では、たくさん居ました
東京産 テングチョウ
本種は普通種とはいえ、低地では見慣れない種なだけに、地味に…気分が高騰してきます。(^^♪
そんな中、林道の湧き水付近には・・セセリチョウでは? と思われる種類がいました。
東京産 ミヤマセセリ東京 西部産 ルリシジミ
これが、低山な春チョウの1つ ミヤマセセリ(左上)です。 カワイイ種類ですね。
この付近の湧き水で 吸水しているシジミらしき チョウが居たので、これが スギタ二か! 
と、思って 軽く寄って観察してみると、裏翅が白く右下にある ハの字模様が離れていました。

という事で、残念ながら…本種はスギタニルリでなく・・普通のルリシジミでした。(笑)
本種は、何時も行く 23区内の採集ポイントにも…少なからず居るので、写真のみをパチリ。
東京西部の渓流 4月上旬
ココでは、ミヤマセセリ・テングチョウ・ルリシジミ・ルリタテハ・アカタテハは、観察できるものの・・
自身の目的種である、スギタニルリシジミ全く観察&採集できなかったので、
採集ポイントを変えるべく、さらに・・山の奥に進む為に、登山を再開しました。(*^^)v


そして、2時間くらい経った頃 に、目の前に・・突然 黒紫なシジミ が1頭現れました。
このチョウ、先ほどのルリシジミに似ている が・・色彩が違う もしかして、コレかな?
と思い、ドキドキしながら・・網を振りました。 運よくネットインできたので、〆て暫し観察。
東京産 スギタニルリシジミ
渓流沿いに生息。 裏面がルリに比べて黒く・・右下の八の字がくっ付く事が多い という、
呪文のごとく 昨日覚えた(笑)スギタニルリの持つ特徴と、このチョウは 完全に一致しました。


登山開始から、実に3時間ほど掛かってしまいましたが・・目的種を採集できました。(*^^)v
こういった瞬間は、どんな採集であっても・・本当に、忘れられないほど 嬉しいですね!
この後 帰り際に…良い採集ポイントが発見できまして、本種を5頭 追加採集できました。
自宅に帰ってから、すぐさま 展翅をするべく、スギタニルリシジミの翅を広げてみると・・・
東京 西部産 スギタニルリシジミ標本 東京23区産 ルリシジミ標本 
低地でもいる 綺麗な青い翅を持つルリシジミ(右上)とは違い、本種スギタニルリシジミ(左上)は、
濃い紫色をもった とても渋くて…綺麗なシジミチョウ だったのですね!(^_^;)
御恥ずかしながら・・あまりにも、馴染みがない種類のチョウなので、全く知りませんでした。(笑)
また、国産のチョウ図鑑を読む限り、本種スギタニは ルリシジミとは異なり、
1年で春のこの時期にしかいないチョウなので…この種の愛好家が多いみたいです。(*^^)v
東京 西部 のとある山道
自身のチョウ採集は、低地の普通種が主なので、こうした時期限定の採集は、魅力的ですね!
来年の春先なこの時期は・・時間があるのか? 全く分かりませんが・・少なくとも、
来月のムカシトンボは、行けそうですので…1ヵ月後の採集でも、成果が出せたら嬉しいです。(笑)


と言う感じで…皆さま お久しぶりです多忙ながらも…採集ライフエンジョイしています。
実は、今から3~4週間前には・・既に この採集記事の文面は出来ていましたが・・・
ほぼ毎日 5時半起き 22時前後帰宅 という 規則正しい 私生活(?)なので、
課題と復習に追われる日々でして、なかなか ネット上にアップできず 帰宅後は 夢の中でした。(笑)
これからのブログは・・かなり不定期更新になるかと 思いますが・・どうか宜しくです。m(__)m


追伸
4月30日の正午下見した場所にて・・念願の東京産ムカシトンボ採集できました。(*^_^*)
東京 西部産 ムカシトンボ♀東京 西部の渓流 4月下旬
ムカシトンボは、図鑑でしか見た事が無かった種類だけに…採集時は、本当に感動しました
それにしても・・月日が 3週間経過するだけでも こんなにも…緑が濃くなるんですね
ちなみに…この 生きた化石の採集時には、「よしっ!」な 掛け声が 久々に 素で出ました。(笑)

東京23区のチョウ採集 2011年 春
先日の金曜日に起こった あの大きな地震から・・早くも1週間が経ちましたね。(^_^;)
東京は相変わらず 一部の物資が不足し、計画停電が起こっておりますが・・
何とか、通常の流通電力供給ができるように…被災地一刻も早い復帰を願っております

さて、本日は やや不謹慎かもしれませんが・・自身の精神的に限界(汗)が来ましたので、
何時もお世話になっている 東京23区東部の方へ 春のチョウ採集しに行ってきました。(*^^)v


東京都 23区東部 某所 3月19日
昨年3月の記事にも…登場した 当ブログ名物…23区某所に 今年も行ってきました。(*^^)v
本日は…最高気温が18度 かつ 風も強くなかったので、チョウ採集のベスト日でした。
東京都 東部某所の 春野原
まずは、今年一番の蝶・・モンキチョウを確認するべく、やや急な野原を見ていきました。
ポイントに着くと、直ぐに…飛んでいるモンキチョウを発見! とりあへず、網で追いかけます。(笑)
すると・・逃げるばかりか どんどん近づいてくるので、何か変だな? と思い観察してみると・・・
モンキなカップル(笑)
なんと、ペアリング中の とても綺麗な モンキの新成虫ペアでした。 これは…失礼。(^_^;)
さすがに…この新成虫なカップルを採集するのは、気が引けるので…写真だけ パチリ!
ただ、昨年以上に・・今年は 全体的なチョウの状態が良いので、独♂と喪♀狙い(笑)で・・・
この後、ほど良くリン粉がのった モンキ♂白色なモンキ♀を…1ペアだけ採りました
イイ感じの草原です新しいニュー ナイロン網 (緑版)
それと、今年は昨年よりも…キタテハの数異常なほど多く、自身が軽く網を振るだけで、
30分ほどで、簡単に…14頭も採れてしまいましたが。。 その内の1頭だけを 持ち帰る事に。
キタテハは、あまりにも たくさん採れるので…写真を撮るのを忘れました。(^_^;))
そんなこんなで、お昼過ぎ。 最後に・・キタキチョウを狙ってみようと、やや暗い林内へ!

キタキチョウは、モンキチョウに良く似ていますが・・ 前者は より黄色くなり、小型である事。
東京都 東部 某所 春の林内
さらに…モンキチョウ明るい草原に多く 水平に早く飛ぶ に対して、キタキチョウの方は・・
やや薄暗い林内で、茂みの中を上下に縫うように 飛ぶので、
慣れてくれば・・飛んでいる最中であっても、両者簡単に見分ける事ができます。(^^♪
なお、全国的キタキチョウは普通種ですが…当地は 年に数頭ほどしか 見られない貴重種です。


とりあへず、林内をじっくり探してみるものの・・やはり 当地の貴重種 なかなか発見できません。
じっくり探し始めてから・・1時間経過。 その間にモンキ・モンシロ・キタテハ・ベニシジミ等の
普通種は数多く見つかるものの 最後のお目当て・・キタキチョウは 全く見つかりません。(^_^;)
今日は諦めて そろそろ帰ろうかな? と思い 林内を引き返し始めた その時・・
林道脇に有る茂みの中を、上下に縫うような感じで、優雅に飛ぶ黄色なチョウを発見!
ほんと、明らかに…モンキチョウとは 色彩と大きさ・飛び方が違いましたコイツだ!!(*^^)v
東京 東部産 キタキチョウ
これから先・・ほぼ記憶がありません。(笑) 気付いたら…キタキチョウネットインしていました。
カブトやクワガタ等の甲虫を樹液採集する以上に…ドキドキする瞬間が 数多くあるから・・・
チョウやトンボといった、虫網を使う昔ながらのスイーピング採集が 未だに辞められません。(爆)


家に帰ってから・・早速 チョウの身体が硬くなる前に…直ぐさま 生展翅しました。(*^^)v
ただいま 展翅中 (モンキ)ただいま 展翅中(ベニシジミ)
未だに自分は…軟化展翅が苦手なので、今日中に出来る量しか、採集していません。(^_^;)
今年で 展翅を覚えてから8年目 とは思えない程…ほんと下手なので地道に技術を高めたい
そういえば・・展翅標本が作成できる 数少ない皆さんに、初歩的な質問があるのですが・・

展翅する際に、翅を持ち上げますが…この時、何を使って 翅を持ち上げていますか?
解剖用の スパーテール当地で自己採集した チョウの標本
自分は、今まで解剖用のスパーテール(上記)を使用していたのですが・・これだと、
かなり翅のリン粉を落としてしまうだけでなく、最悪 翅(特に 右前翅)が破れてしまうので…
現在、展翅の翅持ち上げに使用可能な 良い 柄付け針の様な物を、必死で模索中です。(^_^;)
ココを見ている方で、展翅が出来る方・・我が家では~ な感じで、是非 教えてくださいませ。


追伸
先ほど、試しにやってみた 志賀製の無頭針00号での 翅上げなかなか良い感じなので、
針の先端が かなり柔らか過ぎ力の掛け方が難しいけど…これかな? 地味に 悩むね。(笑)
それでは 明日、表参道で行われる 標本フェアに参加される方は、どうか宜しくです。(*^^)v
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。