初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MINAMIさん によるプレ企画 2016年
こんばんは。さてさて、いろいろなクワカブな飼育ブログを常に見ている皆さんなら・・・
すでにご存じかと思いますが・・MINAMIさんのブログにて、この時期恒例となった
夏の大規模なプレ企画をやるみたいなので、私も‥これに便乗(笑)して、
ささやかな協賛品 を 3つ出しましたので 今日の記事では‥協賛品を軽く紹介です(^^)/


第7回 MINAMIさん による、プレ企画 開催中

【協賛受付期間】
2016年 7月1日(金)~2016年 7月10日(日)まで

【応募受付期間】 第一回  ※応募は、協賛者様 限定
2016年 7月11日(月)~2016年 7月17日(日)まで

【応募受付期間】 第二回  どなたでも、参加できます
2016年 7月20日(水)~2016年 7月24日(日)まで

【当選 発表】 第一回
2016年 7月19日(火)

【当選 発表】 第二回
2016年 7月26日(火)


気になるプレ企画の詳細は・・・コチラ




私の協賛品 は・・以下の3種類の生体を、各1名様 です。(^^)


・自己採集 ダイトウヒラタ 新成虫ペア 
ダイトウヒラタ 里帰り♂ダイトウヒラタ 里帰り♀
【産地】 沖縄県 島尻郡 南大東村 ○○○産
【体長】 フリーサイズ
【累代】 F2
【羽化】 2016年 4月下旬 羽化


3年前の3月に 沖縄県の南大東島で運良く 自己採集する事ができた
ダイトウヒラタ野外幼虫を持ち帰って、そこから継続飼育している 新成虫ペアです。(^^)/
国産ヒラタとしては、最も小型の亜種で‥かなりの異彩を放つムシなので‥とてもお勧めです。
○○○の詳細産地については、当選者のみに…お知らせ致します。

※画像の写真は・・その種類における 参考画像 です。(^^;)


・自己採集 サキシマヒラタ 野外成虫ペア 
サキシマヒラタ 与那国島 バナトラその1与那国島 日本最西端の碑
【産地】 沖縄県 八重山郡 与那国町 ○○○産
【体長】 フリーサイズ
【累代】 WILD
【羽化】 2016年 6月26日採集 


今年6月下旬に 沖縄県の与那国島で運良く 自己採集する事ができた
サキシマヒラタにおける 野外成虫ペアです。(^^)/与那国島のサキシマヒラタは、
現地では‥普通種なのですが・・最近の市場では あまり流通しない貴重な産地だと思います。
なので、サキシマヒラタが 好きな方にとっては‥かなりお勧め出来ます(^^)

○○○の詳細産地については、当選者のみに…お知らせ致します。

※画像の写真は・・その種類における 参考画像 です。(^^;)


・自己採集 ヤエヤマノコギリ 新成虫ペア 
ヤエヤマノコギリ 新成虫♂ 羽化
【産地】 沖縄県 八重山郡 竹富町(西表島) ○○○産
【体長】 フリーサイズ
【累代】 WF1
【羽化】 2016年 5月下旬 羽化 


昨年6月中旬に 沖縄県の西表島で運良く 自己採集する事ができた
ヤエヤマノコギリにおける 野外♀を持ち帰って、そこからブリードした 新成虫ペアです。(^^)/
西表島における ヤエヤマノコギリは、真剣に本種を狙っても‥それほど 数が採れません。(汗)
ただ、採集とは裏腹に‥飼育その物は とても簡単な種類なので、かなりお勧めです(^^)

○○○の詳細産地については、当選者のみに…お知らせ致します。

※画像の写真は・・その種類における 参考画像 です。(^^;)


※千葉在住ですが・・クワガタ関連は、東京の実家にあるので 東京から発送致します。


以上。 個性溢れる 国産クワガタ達を 3種 を ささやかに協賛しております。(^^)
幸運にも 当選されましたら・・当選メールなどで、 ここのブログ見ています! 等の
とても嬉しい1言(泣)を 書いていただけましたら・・
ささやかなオマケ を お付けしますので、当選者の方は お気軽に・・どうぞ!(^^)/

なお、第一回目の応募に関しては…協賛者さま 限定となっているようなので・・ご注意下さいませ
スポンサーサイト

かっつさん によるプレ企画 2016年
こんばんは。 あっという間に・・今年も GWが終わってしまいましたね。(^^;)
この連休中に行った 遠征採集の方も・・なるべく早めアップしていきたい と思います。

さてさて、飼育好きの皆さん。 すでにご存じかと思いますが・・何時もお世話になっている、
かっつさん飼育ブログにて、この時期における 恒例行事(笑)となった
春の大規模なプレ企画をやるみたい なので、私も‥これに便乗(笑)して、
ささやかな協賛品 を 4つ出しましたので 今日の記事では‥協賛品を 軽く紹介です(^^)/


第6回 かっつさん による、プレ企画 開催中

【協賛受付期間】
2016年 5月9日(月)~2016年 5月15日(日)まで

【応募受付期間】
2016年 5月16日(月)~2016年 5月21日(土)まで

【当選 発表】
2016年 5月23日(月)



気になるプレ企画の詳細は・・・コチラ



私の協賛品 は・・以下の4種類の生体を、各1名様 です。(^^)


・自己採集 ダイトウヒラタ 新成虫ペア 
ダイトウヒラタ 里帰り♂ダイトウヒラタ 里帰り♀
【産地】 沖縄県 島尻郡 南大東村 ○○○産
【体長】 フリーサイズ
【累代】 F2
【羽化】 2016年 4月下旬 羽化


3年前の3月に 沖縄県の南大東島で運良く 自己採集する事ができた
ダイトウヒラタ野外幼虫を持ち帰って、そこから継続飼育している 新成虫ペアです。(^^)/
国産ヒラタとしては、最も小型の亜種で‥かなりの異彩を放つムシなので‥とてもお勧めです。
○○○の詳細産地については、当選者のみに…お知らせ致します。

※画像の写真は・・その種類における 参考画像 です。(^^;)


・自己採集 ツチヤカブト 新成虫トリオ(1♂2♀) 
ツチヤカブト 新成虫♂ツチヤカブト 新成虫♀
【産地】 鹿児島県 熊毛郡 屋久島町 口永良部島 ○○○産
【体長】 フリーサイズ
【累代】 F2
【羽化】 2016年 4月下旬


一昨年7月中旬に 鹿児島県の口永良部島で運良く 自己採集する事ができた
ツチヤカブト野外♀を持ち帰ってブリードし、そこから飼育している 新成虫トリオです。(^^)/
あまり人気がないためか? 最近の市場 や 昆虫ショップ等では ほとんど見かけません
○○○の詳細産地については、当選者のみに…お知らせ致します。

※画像の写真は・・その種類における 参考画像 です。(^^;)


・自己採集 ミシマコクワ 新成虫ペア
ミシマコクワ 新成虫♂ミシマコクワ 新成虫♀
【産地】 鹿児島県 熊毛郡 屋久島町 口永良部島 ○○○産
【体長】 フリーサイズ
【累代】 F2
【羽化】 2016年 5月中旬 予定
 

一昨年7月中旬に 鹿児島県の口永良部島で運良く 自己採集する事ができた
ミシマコクワ野外♀を持ち帰ってブリードし、そこから飼育している新成虫ペアです。(^^)/
あまり人気がないためか? 最近の市場 や 昆虫ショップ等では ほとんど見かけません
現在、蛹の状態 なので・・羽化まで 気ままに待てる方のみ応募で、宜しくお願いしますm(_ _)m
○○○の詳細産地については、当選者のみに…お知らせ致します。

※画像の写真は・・その種類における 参考画像 です。(^^;)


・自己採集 本土ネブト初2令5頭セット & 屋久島のお土産
本土ネブト 大歯型♂ 伊豆大島産屋久島のお箸
【産地】 鹿児島県 熊毛郡 屋久島町 ○○○産
【累代】 WILD
【採集】 2016年 3月20日採集


今年3月に 鹿児島県の屋久島で運良く 自己採集する事ができた
屋久島産 本土ネブト幼虫における 初2令5頭セット となります。(^^)/
この産地における 本土ネブトの生体は・・最近、あまり見掛けないので とてもお勧め。
なお、屋久島のお土産は‥屋久島名産貴重な屋久杉を原材料とした、お箸 1膳 になります。
○○○の詳細産地については、当選者のみに…お知らせ致します。


※千葉在住ですが・・クワガタ関連は、東京の実家にある ので 東京から発送致します。

※上の成虫写真は・・その種類における 参考画像 です。(^^;)



以上、 個性豊かな4種類の国産クワカブ生体を、ささやかに‥協賛しております。(^^)
幸運にも 当選されましたら・・当選メールなどで、 ここのブログを 見ています! 等の
とても嬉しい1言(泣)を 書いていただけましたら・・
ささやかな オマケ を お付けしますので、当選者の方お気軽に・・どうぞ!(^^)/

埼玉インセクトフェスティバル 2016年
こんばんは。 恥ずかしいお話しなのですが・・今日の休憩時間に、目薬を点眼しよう と思い
メガネを外し 目の上まで 容器を持ち上げ、何回か押していて なかなか出ないな。。と思って
ふと 手元を見てみたら‥それは 目薬の容器ではなくて・・なんと、印鑑 でした(爆)

その奇怪な光景を・・目の当たりにしてしまった 2人の同僚たち は‥もう 大爆笑
うーむ。 知らず知らずのうちに だいぶ疲れているのかも? しれませんね。(^^;)
今週末は、1ヶ月ぶりに‥近場採集しに行くので 少しでも体力を回復させないと。

さて、先日の記事でも 予告したように 先日の日曜日は・・大宮で、この時期の恒例となった
埼玉インセクトフェスティバル開催されましたので、採集したい虫たち情報収集
普段 なかなかお会いできない むし友さんに お会いする為、私も‥参加してきました(^^)/


この 埼玉インセクトフェスティバルには・・運良く 3年連続での参加 となりました。(^^)
学生時代は、日曜日祝日開催にもかかわらず 何かと‥実習特別授業が入ってしまい、
結局・・学生時代に参加出来たのは、初参加時であった 2011年のみ でしたね(苦笑)
会場前の 埼玉インセクトフェスティバル
そんな苦い思い出も持ちながら・・少しでも長く このフェアに居て、標本を眺めて・・・
採集意欲を上げたかった(笑)ので、今年は‥ 開場1時間前に行き、気ままに待ちました。
この時点で・・私の前には、40人近くが並んでいたので‥今年のフェア参加者は、
私が参加してきた ここ数年の当フェアの中では・・最も人が多かった様な気がします。(^^;)


気ままに、待つこと・・1時間ちょっとで、フェア会場に入場です。(^^)
私の場合。最初に見るのは、書籍が中心のブース。 今回は、特に欲しい物は、無かった(汗)
なので、興味がある ゴミムシオサムシ糞虫標本を中心に・・見て行きました。
埼玉インセクトフェスティバル 2016年 その1
とあるブースで、 かなり気になっていた とある離島における マイマイカブリ採集記発見
もしかしたら・・オサムシ屋の友人らと 今後 狙いに行く可能性もあるので、即購入です。
購入時に、出展者の方から・・コイツは、難しいぞ。。採れないぞ!」と、散々言われた(笑)
埼玉インセクトフェスティバル 2016年 その2
そんなこんなで、 気ままにフェア会場内回っている内に・・
何時も色々とお世話になっている、miwa♂さんと合流。 そして、彼が自己採集してきた
とても貴重な とある国産ノコギリの幼虫なんと‥10頭も 頂いてしまった。(笑)
この時 頂いた 国産ノコギリの詳細に関しては・・次回のブログ記事で、より詳しく書きますね。


更に、2時間近く 色々なブースを巡って居ると・・愛知県からお越しの nebutoさん
色々な各方面(飼育・採集)で・・個人的にお世話になっている 京四郎さんぴんくあいすさん
むしけら屋さんホノホシさんかっきーさん九州のクマさん とも、運良くお会いできました。(^^)
埼玉インセクトフェスティバル 2016年
こうした 大きなフェアでもないと・・普段、なかなか お会いできない方々ばかり(笑)なので、
昆虫標本を見る以上に、とても有意義な時間が・・久しぶりに過ごせて 嬉しかったです。(^^)
また、ホノホシさんからは‥屋久島でのお土産を頂きました。 ありがとうございます。
このお礼は・・今期の遠征採集で行く、マニアックな産地の クワガタムシお返しますね(笑)


そんなこんなで、4時間半近く・・埼玉インセクトフェスティバルを たくさん楽しみました。(^^)
時期的に‥少し遅いですが、むし屋さんの 新年会みたいな雰囲気だったので・・・
今年における 採集目標なども、会場の色々な場面で・・ちらほらと聞かれました。(笑)

なお、私が今回のフェアで・・購入した標本は、以下の2つのみ です。(^^)/


・ エゾハンミョウモドキ
エゾハンミョウモドキ 標本
北方由来の ハンミョウモドキな仲間は、東日本を中心に5種ほど居るが・・その仲間の中で、
最も色彩が美しく採集難易度が高い と思われるのが、このエゾハンミョウモドキです。
その名の示す通り、本種は‥北海道 特産種な上に 採集難易度が高いゴミムシ(汗)なので・・
エゾハンミョウモドキ 側面アップ
何時、どの地域で・・採れるのか? すら、全く検討が付かない虫なので、資料用として購入
このハンミョウモドキの仲間は‥好きなゴミムシなので、何れ 自己採集しに行きます(^^)


・ クマガイクロアオゴミムシ

国産ゴミムシ界におけるマークオサムシ とも言われる 湿地帯に強く依存した、
かなりの渋さを持つ 全国的に見ても とても珍しい アオゴミムシの仲間です。 (^^)
こうした標本フェアでも・・滅多にお目に掛かる事ができず今回‥初めて実物を見ました(笑)
クマガイクロアオゴミムシ 標本
最初はただ 眺めるだけでしたが・・たまたま出展者の方が採集した標本でしたので・・・
どうしても 本種が採りたい私は、採れた時の状況下を・・図々しくも聞いてしまった(笑)
それによると・・かなり運的な要素が必要でした。。私に、本種が採れる日は やって来るのかな?
この標本は、採集状況を教えて貰った お礼の意味を込めて、少し高価でしたが‥購入です。

最後に‥今回のフェア参加された皆さん本当に お疲れ様でしたm(_ _)m

私がお勧めする 昆虫書籍 その2
こんばんは。 私が 昆虫採集 という趣味を持ったのは・・今から13年ほど前からですが・・・
ごく最近になって、離島を始めとした 宿泊を兼ねて色々な地域へ 採集に行くようになりました。
へっぽこな私は、○○屋です! と言えるほど・・そのムシ専門で昆虫採集して居るわけで無く、
そのシーズンに合わせて 魅力溢れる色々なムシを求めて、五目採集して居る関係で・・・

どうしても その時に 自己採集してきた昆虫 を しっかりと同定 や しみじみ観察するための
昆虫文献の必要性が、ここ数年・・つくづく感じてきました。(汗) そこで、今回は・・・
へっぽこな私が 現役で愛用している昆虫書籍簡単にご紹介したい と思います(^^)

あまりにも、素晴らしい昆虫書籍多すぎるので・・今回は、国産オサムシゴミムシ 限定 です(笑)



・日本産 オサムシ図説
国産オサムシ図説 表紙
今さら、へっぽこな私が 説明するまでもない。 2013年に発行された
日本産オサムシ好きな方は・・必ず 買わなければ イケナイと思う バイブル本です(笑)
これは・・本当にスゴイ!(^^;) 掲載された オサムシの模式産地とかも 全て載っていたりします
国産オサムシ図説 中身
その分、お値段が やや高価なのですが・・持っていて 絶対に損はしない と思います。(^^)
というより この図鑑なし には‥採集地に赴き 頑張って採ってきた オサムシが
どの種類なのか? どの亜種になるのか? が、簡単には分からない と 私は思います(笑)


・オサムシ
オサムシ 表紙
今から10年ほど前に 滋賀の琵琶湖博物館にて開催された 特別展における 展示解説書を・・
改めて作り直した オサムシ書籍となります。(^^) 図鑑的な要素は‥ほぼない のですが、
オサムシ」と言う、和名の由来を始め として・・彼らの形態や生態採集方法標本作製などが・・・
オサムシ 中身
こと細かく 丁寧に 解説されていて、まさに・・オサムシに関する教科書みたいな本です。(^^)
お値段も‥かなりお買い得かつ、2008年発行なので 大型書店に行けば‥まだ 買えます
なお、オサムシ好き有名だった 漫画家 手塚治虫氏に関するエピソードは、面白いです(^^)/


・原色 日本甲虫図鑑Ⅱ
原色日本甲虫図鑑 Ⅱ 表紙
これは・・非常に有名な 昆虫図鑑なので、今更 説明するまでも無い と思います。(^^;)
発行から 既に30年年月が経過していますが・・へっぽこな私 が知る限りで、
日本産のゴミムシが、ココまで掲載された図鑑は、おそらく 無い と思います。(汗)よって・・・
原色日本甲虫図鑑 Ⅱ 中身
この図鑑なし には、日本産ゴミムシにおける 正確な同定は・・ほぼムリ だと思う。(^^;)
なので・・国産ゴミムシが好きな方々は、何が何でも この図鑑を手に入れましょう!
購入そのものが 難しい場合は・・最寄りの図書館借りに行きましょう。 だいたい置いてあります。


・昆虫と自然 2015年 6月号
昆虫と自然 表紙
昆虫と自然」という虫の月刊誌 は、同じく 虫の月刊誌である 「月刊むし」 に比べると・・
より マニアックな昆虫の話題が多く お馬鹿な私には‥掲載内容が ? ? ? (笑)な事が多く、
地味に高価なので‥あまり手が出ない(汗)のですが・・この号と、2012年4月号は・・・
昆虫と自然 中身
国産ゴミムシの中でも、かなり特異的な姿形を持つ チビゴミムシ と呼ばれる
地下浅層に生息する虫に対しての 採集法 や分類 が とても分かり易いので お勧め(^^)/
へっぽこな私も・・この本に載っていた方法を用いて、何れ 地中性トラップやってみたいですね。



以上が、国産のオサムシゴミムシに関して へっぽこな私が お勧めする昆虫書籍でした。(^^)/
今回 上で紹介した4つのうち、30年前に発行された 「原色 日本甲虫図鑑」を除く、
3つ昆虫書籍に関しては‥2016年2月現在 なら・・全て入手可能ですので、是非 是非!
書籍 東日本のオサムシ
この他にも‥東日本における オサムシ採集の歴史 が知りたい ディープな方々(笑)には・・・
「東日本のオサムシ」という 上の書籍もありますが・・すでに絶版なので 入手が難しいかも (^^;)


今回の様な 自身のお勧めする 昆虫書籍を紹介する記事は、次回 何時になるか? は、
分かりませんが・・その他の昆虫に関しても、お勧めの書籍がある ので、ご紹介していきます(^^)/


追伸

当ブログへ 遊びに来る方々の中で、愛用の昆虫書籍があって・・これが お勧めだよ!
という 素晴らしい書籍がありましたら、是非 読みたいのでコメントで 教えて下さいませm(_ _)m

世界の昆虫標本販売会 2015年
こんばんは。 やっと先日 職場での忘年会な大道芸公演が終わりました。(^^;)
でも、あと1ヶ月ほどすると・・新年会か なんかで、また お声が掛かりそうな予感。(汗)
同種目を連続でやるのは気が引けるので、次回は‥中国ゴマディアボロ)公演にしようかな?

さて、先週末の日曜日は・・関東で年内最後昆虫標本のフェア がありましたので・・
特に 欲しい標本は ありません でしたが・・ムシ友miwa♂さんと共に、参加してきました(^^)


今回のフェア会場は、例年の青山ではなく、日本橋の近く での開催となりました。
入り口付近で 入場料・・500円を払って、今日のフェア会場じっくりと見ていく。。(^^)
昆虫標本展示即売会 看板 その1
年内最後の関東フェアと言うことで、離島を始めとした 国産クワガタに強い インセクトマートさん
インド方面の外国産クワガタに強い Mさんが出店していたりして、楽しかったです(^^)
そして、だいぶ顔なじみになった 国産ハナムグリを始めとする甲虫に強いブースもあった。
昆虫標本フェア会場 2015年 12月 1
はるばる愛知県からお越しのムシ友のnebutoさんとも・・大手町フェア以来の再会
佐渡島でのあのムシは、記録はあれど・・採れる時期が 決まっていそう厳しそうですね。
私も・・同島の個体群どんな姿なのか? とても興味があるので、ぜひリベンジを!(笑)
このフェア会場では・・今夏のアオタマ採集中に出会った ムシ友さんの何人か とも再会した
昆虫標本展示即売会 会場内 その2
そうこうしている内に、miwa♂さんとも・・10月の西表島 以来の再会です。(^^)
ブログ上私信メール では ちょっと 書けない話題(笑)で、軽く盛り上がった後には・・・
軽く昼食むし社のセールに行くべく、地下鉄を使って・・中野へ行った


30分後 中野に到着。 先ず腹ごしらえ と言うことで・・青葉のラーメン を食べた。
青葉の中華そば青葉の中華そば 麺 拡大
昔の青葉は、それほど‥好みの味ではありません でしたが、8年ぶりに食べてみると・・・
だいぶ自身の味覚が変わったようで、美味しい と感じるようになっていて びっくりです。
その後は・・むし社に行きましてクワカブ成虫用の餌ゼリー100個ほど購入。 (^^)

この時 視線を感じたので・・そちらの方に 顔を向けると、こたつ01さんが居ました。(笑)
最近は、体調を崩され気味で・・地味に心配していましたが、お元気そうで良かった
こたつ01さん が クワカブの飼育を初めて まだ1年も経っていないらしい(!)ので、
最も新鮮な時期だと思うので‥今後 どこまで 悪化 成長するのか? 温かく見守りましょう(笑)

何はともあれ、 色々な地域の採集飼育面で・・日頃 たびたびお世話になっている
色々なジャンルのむし友さんと・・再会でき、とても充実した 楽しい週末でした。(^^)
そして、貴重なお休みに 私と付き合って頂いた miwa♂さんありがとうございました


追伸
何時もお世話になっている 昆虫文献の専門店 六本脚さんから・・
先日 店頭販売時売り切れていて、予約注文していた 素晴らしい昆虫文献が届いた。
トンボと水棲昆虫に関する 書籍
どちらも・・今から数年前に開催された 神奈川県立博物館の特別展での貴重な資料です。(^^)/
特に、右の水棲昆虫に関する本の方は‥小型ゲンゴロウ関連の図鑑が とても忠実していて、
1350円かなり安いわりには・・本当に、素晴らしい昆虫書籍だな。 と、しみじみ思います
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。