FC2ブログ
初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

アシブトメミズムシ 飼育開始!
こんばんは。 昆虫関連で 色々と溜まっている事があって、なかなか大変です(^^;)
1つ1つに‥優先順位を付けてこなして行くのが、学生の頃から苦手(汗)なのですが、
もう少しで 忙しい年末年始が近づいている だけに、早めに終わらせないと‥ですね。

さて、波照間島で運良く自己採集できた アシブトメミズムシの飼育初挑戦です!(^^)/


アシブトメミズムシは、九州以南の綺麗な砂浜に生息している カメムシの仲間です。
本種に 1番近い仲間は・・国産最大の水棲昆虫で有名な あのタガメとのこと。(^^)
アシブトは‥海岸近くの砂浜に生息しますが・・全く泳ぐことが出来ないムシ(汗)みたいです。
アシブトメミズムシ 野外♂アシブトメミズムシ 野外♀
和名の由来は、前足の根元が太くなっている事から、アシブト(足太) と言われて居ます。(^^)
それにしても‥見れば見るほど・・アシブトメミズムシは 本当に不思議な形をしていて、
どこからともなく彼らの生活史を見てみたくなる様な 妙な 飼育欲が 沸きませんか?(笑)
アシブトメミズムシ ♂と♀ サイズ比較
サイズ比較となる お馴染みの10円玉が 今回 一緒に撮影していなくて、すいませんが・・
アシブトメミズムシの大きさは、スマートフォンのホームボタンほぼ同じです。(^^)
上の写真で、向かって左側が右側がとなり、♀の方が サイズが やや大きくなります
アシブトメミズムシのエサ ハマダンゴムシ
彼らの気になるエサは、同じ浜辺環境に生息している 生きたダンゴムシワラジムシ
とりあえず彼らの餌用として、波照間島の遠征採集時に これ位の数は‥持ち帰った

でも、さすがに・・足りない(汗)ので、近くの浜辺でダンゴムシを 採ります(^^;)

1時間近くかけて 生息地を観察して、最も生息環境に近かったサンゴ砂お店で購入。(^^)/
オカヤドカリ用 サンゴ砂
これは オカヤドカリ用の床材(笑)ですが・・海水魚の飼育用として 一般的なサンゴ砂
粒子が細かすぎていた ので、色々と見比べてみて・・これが最も近かったので、チョイス
そしてネット上に・・僅かにあった飼育記事を参考にしながら、こんな産卵セットを組んだ。(^^)/
アシブトメミズムシ 産卵セット その1
「ケース」…20センチ水槽  「マット」…サンゴ砂 「環境」…水分 多め 24度。
なお 白い物は・・波照間の海岸で拾ってきた珊瑚。 私の遊び心(爆)何となく入れた(笑)
このセットで・・ただ飼育するだけで無く 産卵が確認出来れば、かなり嬉しい のですが・・・
なにせ、アシブトメミズムシ初めて飼育する種だけに・・なかなかドキドキですね。(^^;)

ナミゲンゴロウ リベンジに成功!
こんばんは。 少し前から、体調を崩して・・1年半ぶり(?)に風邪を引きました(汗)
ノドの痛み から、冷や汗に変わり。。現在では、鼻へと 症状が移ってきましたが・・・
あと、もう少しで‥遠征採集しに行く身だけに、早めに体調を整えたいところ ですね(^^;)

さて、今日の記事は‥今年度の飼育において・・あの オオキベリアオゴミムシと共に、
最も力を入れた と言っても、けして過言ではない。。ナミゲンゴロウのその後です(^^)/


何時もお世話になっている ムシ友のmiwa♂さんからの 野外ペアの里子により、
運良く 2015年度もブリードする機会を得た ナミゲンゴロウ。
今年は水槽内で 卵こそ発見できなかったが・・2令幼虫を 計6頭発見出来たので、
この6頭の幼虫を、大失敗した 昨年の苦い経験を踏まえて、リベンジ飼育しました。(^^;)
ナミゲンゴロウ 3令幼虫 頭部の拡大
今回 ナミゲンの リベンジ飼育において、最も注意した点は・・魚中心の食生活にせずに、
餌用として爬虫類専門店などで売られている 生きたコオロギなどの昆虫を中心に与えたこと。
もう1つは・・食べ終えた餌を、速やかに取り除き・・毎日水替え を行うことである(汗)
上陸間近のナミゲンゴロウ幼虫
毎日 水替えをする」・・という、すごく簡単に文章を書いているかも 知れないけど・・・
幼虫飼育時における 毎日の水替え作業は、皆さんが想像する以上に、かなり大変です。(汗)
でも、この作業をサボってしまうと・・昨年の経験上。。確実に 幼虫が体調を崩して、
ほぼ死亡してしまうので、「必ず 成功したい!」 という強い思いを持って 毎晩やった。(笑)


3令幼虫になってから、16日後。餌のコオロギを 全く食べなくなったので・・・
先に上陸したコガタノゲンゴロウの蛹化容器よりも、少し大きめの容器にて‥強制上陸させた。
ナミゲンゴロウ 強制上陸セット強制上陸させた ナミゲンゴロウ幼虫
6頭中の 5頭は、すんなり潜っていったが・・残る1頭の幼虫は、なかなか潜らなかった。(^^;)
こうした潜らない幼虫陸上に放置すると‥当然 ミイラ化(汗)してしまうので、
色々と、悩んだあげくに・・ひと手間を加えた この幼虫専用の蛹化容器を作成してみた。
ゲンゴロウ上陸ケース その1ゲンゴロウ上陸ケース内の 幼虫
作るのが 面倒(笑)でしたが・・この上陸方法なら、幼虫が 好きな時に上陸できるので、
少なくとも‥ミイラ化溺死させてしまう危険性が ほぼ無くなるので、イイですね。(^^)
このセットの欠点としては、作成するのに・・手間が掛かること と スペースが倍掛かる ことかも?
上陸ケースに 潜っていったナミゲン幼虫
この容器の作成から、1日後には・・潜らなかった幼虫も、何とか上陸した模様。(^^)
これで、しばらくの間は・・温度が安定している やや暗めの場所に そっと。。置いておきます。


成熟した ナミゲンの3令幼虫を 強制上陸 並びに 任意上陸(笑)させてから・・20日後。
ふと、最後に上陸した幼虫が入った蛹化ケースの中を 何気なく観察してみると・・・
上陸ケース。。穴が空いた
なんと、ピートモス上に ピンポン球サイズの 丸い穴が ぽっかり と空いていた。(^^;)
慌てて 穴の中を覗き込むも、ムシの姿は無し。。それならば と思い、水中を見てみると・・・
上陸ケース内で泳ぐ ナミゲンゴロウ新成虫
居ました! ピートモスまみれの泥水の中に、綺麗な新成虫が居た。
この容器のままだと、泥まみれで可愛そうだった ので・・綺麗なVIPルーム(笑)へ ご案内
無事に羽化した ナミゲンゴロウ
新成虫の羽化サイズは、miwa♂さんより頂いた 野外ペアよりも 一回り小さいですが‥
綺麗なナミゲンゴロウ新成虫今回のリベンジでやっと観られたので、本当に嬉しかった(^^)


あの1頭が羽化 しているなら・・先に潜った5頭全て羽化しているかも?
と思いまして、ウキウキしながら‥強制上陸させた幼虫たちの容器を、慎重に暴いていく。。
蛹室から出てきた ナミゲンゴロウ新成虫蛹室内にいる ナミゲンゴロウ新成虫
私の予想通り、大半の幼虫が無事に・・羽化していました。 本当に嬉しい限り。(^^)/
今年は 2・3令幼虫時の餌確実に羽化をさせるべく コオロギのみだった ので、
少し栄養価が低いせいか? 羽化してくる個体は・・野外個体に比べて 軒並み小型でした(汗)
ナミゲンゴロウ 蛹 室内にてナミゲンゴロウ蛹 大きさ比較
そして、なぜか? この1頭だけ、まだ蛹の状態でした。(笑) ただ、こんな感じで・・
ナミゲンな蛹を じっくりと見るのは‥初めてだった ので、何枚も写真を撮った。(^^)/
繊細な蛹を暴いてしまったので、無事に羽化するのか? ひやひやする毎日でしたが・・4日後
ナミゲンゴロウ 新成虫 羽化直後
こうして、無事に・・蛹も羽化してきました。 かなり幸運にも、真っ白な状態を撮影できた。
通常のナミゲン色彩へ 完全に色づくのは‥たった1日と、とても早くて驚きました(^^;)
その後は、種親 や 新成虫同士の共食いを防ぐべく。。10日間ほど、単独飼育をしまして。。
羽化後。。3~4日間で、水中に潜れなかった新成虫達が スムーズに泳げるようになった。


昨年は大失敗して。。今年はナミゲンゴロウの、リベンジに燃えたシーズン でしたが・・・
今年は、水槽より回収した6頭全ての幼虫を 無事に 羽化させる事ができた(^^)/
子供の頃から 強く憧れたナミゲンを‥遂に ブリード初成功しただけに、本当に嬉しかった。
ナミゲンゴロウ 飼育下にて
ナミゲンゴロウは、産卵させるのが やや気難しい面があるけど‥何とか 産卵させてしまえば、
孵化直後の幼虫サイズが大きく 幼虫自体が強いので、飼育全般としては‥比較的簡単です。
来年も、コガタノゲンゴロウと同じく ブリード継続出来るように‥気ままに頑張りますね(^^)/

ツチヤカブト 割り出し開始!
こんばんは。 明後日 8月最後の日曜日に開催される 西日本を代表する標本フェア
キョウト インセクトフェア参加するか? しないか? で、地味に悩んでいます。(^^;)
標本や用品狙いのフェアなら、来月23日に開催される 世界最大の標本フェアである、
大手町インセクトフェア があったりするので、今回の標本フェアでは・・

お目当ての標本などは・・特にないのですが、私は‥一度も 関西方面の標本フェアには、
参加したことがないので、一体どんな感じなのかな? といった 強い好奇心があります(笑)
もう少しだけ じっくりと考えて‥明日の土曜日には、最終決断をしたい と思います。(^^)

さて、我が家で唯一 飼育しているカブトムシである、昨年7月に口永良部島
運良く 自己採集してきた ツチヤカブトの産卵セット割り出しを行ってみました(^^)/


♂♀ともに、羽化してから・・1週間以内には、早くも後食を開始して・・・
そのまま10日ほど 沢山エサを食べさせてから、せっせとペアリングを行いました。
ツチヤカブト 新成虫♂ツチヤカブト 新成虫♀
ツチヤカブト自体は、我が家で初飼育ですが・・このムシは 国産カブトの亜種だけに、
おそらくは‥普通の国産カブト並あの産卵数を誇ってくる(笑)と思うので・・・
こんな感じで、少し控えめの中ケースで、シンプルな産卵セットを組んでみました。(^^)/
カブト用 採卵セット
「ケース」…中  「材」…なし 「マット」…腐葉土 「環境」…水分 普通 25度。
このセット時期は、色々な採集で忙しかったので・・2♀を 同セット内に投入!
という、なかなかの荒技をやっていました。(爆) その成果
エサを沢山与える。排泄物が増える。ケース内が蒸れる。 といった魔の3段階で・・・
セットしてから3週間後に、あっという間に・・成虫たちは 死亡してしまった。(^^;)


やはり横着するのは、行けなかったな・・少し反省しながら、割り出していくと・・・
あっけなく、卵が出てきた。(^^;) しかも‥あっという間に 20頭の大台を超えてきた。(汗)
さすがは、国産カブトの亜種。(笑) あの過酷な飼育環境でも‥こんなに産むのですね。
ツチヤカブト 割り出し
気になる採卵結果は・・・卵 70
正直、20頭前後 取れれば・・イイかな? と思っていただけに、この頭数はヤバイ。(爆)
この割り出し作業をしてから、1週間後に‥100%の孵化率を確認した ので・・・
親しいムシ友さんへ里子したり、プレ企画に出したりして・・沢山 減らしました。(^^)


孵化してから、1ヶ月経ったので・・我が家に残った幼虫たちの エサ交換をやった。
既に‥3令幼虫の初期と思わしき個体も居て、成長スピードが速いですね(笑)
ちなみに現在は・・スペース節約のため 大ケースで、全個体を 多頭飼育しています(^^)/
ツチヤカブト エサ交換 2・3令幼虫たち
里子とプレ企画で だいぶ減らしたつもりですが・・まだまだ これだけの幼虫がいます。(^^;)
これを 全部飼育すると‥マット代だけで 破産しかねない(笑)ので、近々ある と思われる
ムシ友さん主催のプレ企画には このうちの何頭か協賛しようかな? と思っております。

オオキベリアオゴミムシ 蛹化・そして・・羽化へ!
こんばんは。 予め ココを見ている皆さんに・・お伝えすることがあります。(^^;)
今日の飼育記事は、いつも以上に 掲載内容が大変マニアックになるかも? しれません。
おまけに、ややグロイ写真も‥あるかも? しれませんので、ご注意下さいませ。m(_ _)m

さて、ごく一部の人たちから・・ブリードする事そのものが 素晴らしい とまで 言われた
幼虫時代生きたカエルを食べる事で とても有名な オオキベリアオゴミムシその後です。


派手な姿2令幼虫になってから 1日目・・すなわち孵化してから、たった日目で・・・
2頭目となるアマガエルを完食して、こんな感じに 2令幼虫が また急激に成長してきた。
どうも 身体の皺が、全て伸びきる位まで・・カエルの体液を 吸い尽くすみたいです。(^^;)
オオキベリアオゴミムシ 2令幼虫 カエルに襲いかかるオオキベリアオゴミムシ 2令 捕食後
成長しきった2令幼虫はその後、生きたカエルに対して 全く興味を示すこと無く
幼虫飼育の床材として使用している 濡れたティッシュの下へと・・潜っていった。(汗)
潜ってから、3日後に・・体全体が 少しごつくなって、幼虫が地上へと戻ってきた。
オオキベリアオゴミムシ 3令幼虫
3令幼虫は、こんな感じで・・2令時と 色彩的には あまり変化がありませんでしたが、
上でも書いたように、少しばかり全体的な体つきごつくなって戻ってきた気がします。(^^)
ちょうどこの辺りから、私情が 忙しくなってしまい・・エサとなる アマガエルを与えられない日が、


2日ほど続いたある日・・・とても興味深い行動を 3令幼虫が 急に取るようになってきた
本種の3令は2令幼虫時のように・・大あごを広げてカエルがやって来るのを
ただ待つだけでなく、なんと、大アゴの中心にある さす又状の 白い舌の様な突起を・・・
オオキベリアオゴミムシ 3令幼虫の頭部アップ
クイクイ と激しく動かし始めた。(汗) カエルに エサだと思わせる行動 と 思われる(^^;)
3令幼虫には、大きなカエルの方が良いだろう と思い、大きなアマガエルを与えたが・・・
色々と実験してみた限り どうも、幼虫が吸収する事ができる体液の量には・・限界がアルみたい で、
オオキベリアオゴミムシ 3令の捕食シーン
1令や2令幼虫時のように、ほどよいサイズのカエルを 幼虫に与えた場合の
アマガエルの体は‥2日目にはドロドロに溶けて 黒い廃液の状態になった が、大きなカエルを、
せっせと 与えた3令幼虫時には、かなり中途半端な こんな形で・・大半を 残していた(汗)


3頭目のカエルを食べ終えた 3令幼虫は・・かなり ぶくぶくと、膨れあがっていた。
噂で聞く。。オオキベリアオゴミムシ羽化するまで食べるカエルの数は 3頭らしいので・・・
この噂本当に正しい のであれば・・この幼虫が 前蛹という状態だと思う。(^^;)
オオキベリアオゴミムシ 3令幼虫 サイズ比較
幸運にも‥ この 前蛹と思わしきオオキベリ幼虫が 8頭ほど居たので、実験的に・・
今まで通りの床材ティッシュ管理組ピートモス管理組半々にして、飼育継続
ピートモス管理組の幼虫は、ゲンゴロウ関連を 蛹化させる容器と同じセットで・・やってみた(^^)/
ピートモス管理での オオキベリ幼虫
最初は・・どちらの飼育パターンイイ感じに事が進んでいたのだが・・有ろうことか・・
ティッシュ管理した4頭は、ほぼ例外なく・・頭全体が黒くなり全滅させてしまった。(^^;)
おそらく1令から2令の様な 幼虫の加令時には濡れたティッシュ管理でも 全く問題無いけど・・・
彼らが蛹化する時には、必ず土に潜る必要性があるのかも? しれませんね。(汗)


オオキベリの3令幼虫土の中に潜ってから、10日後
ネット上でも 余り見た事がない蛹の姿どうしても見たくて死亡するのを覚悟で暴いた。
ピートモス内での オオキベリな蛹ピートモス内のオオキベリな蛹 その2
私が予想した通りに、オオキベリな3令幼虫立派な蛹へとなっていた。(^^)/
オサムシゴミムシは、非常に近い仲間だけあって、蛹は・・オサムシにそっくりですね。
幸か不幸か、かなり浅い所に‥蛹室を作っていた個体は、誤って蛹室を壊してしまったので・・・
オオキベリアオゴミムシ 蛹オオキベリアオゴミムシ 蛹 サイズ比較
こんな感じで、かなり鮮明に・・オオキベリな蛹の姿を撮影する事が出来ました。(^^)
マイマイカブリの飼育経験上、こんな感じになった蛹は‥羽化不全する確率が高いので、
無事に羽化することを 祈りながら・・ヒヤヒヤな毎日が始まりました。(汗)
この蛹を確認してから、5日後の夕方頃に。。オオキベリアオゴミムシの羽化が始まった
オオキベリアオゴミムシ 新成虫 羽化不全 1オオキベリアオゴミムシ 新成虫 羽化不全 2
残念ながら、誤って・・蛹室を壊してしまった個体は、羽化不全してしまった。(泣)
やはり 蛹室を暴いて安全に観察出来るのは‥クワガタ・カブト関連だけなのかも? しれない。
さて、中途半端に・・暴いてしまった 最初の蛹は、果たして 無事だろうか?(^^;)
非常に ドキドキする気持ちを持ちながら、蛹化させた容器の中を覗いてみると・・・
オオキベリアオゴミムシ 新成虫 羽化直後オオキベリアオゴミムシ 新成虫 羽化直後 2
どうやら この個体は、異常な点はなく、運良く 無事に羽化することが出来たみたい
と言うことで・・人生 初飼育であった オオキベリアオゴミムシブリードに成功ですね(^^)/
もう1頭の個体も・・無事に羽化してきましたが、あえて暴かなかった最後の1頭は・・・
オオキベリアオゴミムシ 新成虫
飼育容器内が 8月上旬時の猛暑による影響で 蒸れた様で、蛹室内で死亡していた。(汗)
本種オオキベリ湿地性のゴミムシとはいえ、蒸れ に対しては・・かなり弱いみたいです。
と言うわけで、卵から、新成虫が羽化するまでの期間は・・常温下1ヶ月弱 でした。(^^)


野外での採集を通して、オサムシ・ゴミムシの仲間の新成虫に 共通して言える点は・・・
かなり体が柔らかい状態であっても、蛹室に留まることなく 野外活動を開始する事です(^^)
もちろん オオキベリ新成虫も例外なく・・まだ、体が柔らかい状態から 活動を開始し始めた。
オオキベリアオゴミムシ 新成虫 後食開始!
ただ、あの柔らかい体では、生きたカエルを仕留めるのは・・ちょっと無理な気がした ので、
まず始めは‥コオロギのSサイズを弱らせてから、与えて見ると・・問題無く食べてくれた。(^^)
新成虫が 羽化してから・・まだ3日目でしたが‥既に 後食が始まった模様。
オオキベリアオゴミムシ新成虫 初カエル
一体 どの時期から、彼らの主食である カエルを食べるのか? 地味に気になりましたが・・・
身体全体が だいぶ固くなってきた 羽化後6日目から、小さめのカエルを与えて見たところ、
こんな感じで、しっかりと生きたカエルを 仕留められるように、たくましくなりました。(^^)/


以上が、私にとって ゴミムシ関連人生初飼育となった オオキベリな飼育記事です。(^^)
私が 現在住んでいる千葉県な地元の田んぼに居る 大型の美麗ゴミムシの1種である、
オオキベリアオゴミムシ 野外個体 飼育下にて
オオキベリアオゴミムシは・・前記事に出てきたコガタノゲンゴロウの飼育とは、全く違って・・・
飼育関連の書籍はおろか、ネット上でも・・本当に 飼育情報がない虫だった ので
完全な手探り状態でのドキドキ飼育でしたが、幸運にも ブリードに成功する事ができました(^^)/
オオキベリアオゴミムシ 交尾 飼育下にて
このオオキベリ飼育を通して、疑問に思った事調べて見たい事幾つか出てきた ので・・・
無事に 羽化までこぎ着けた 新成虫2頭が 運良くペアだった事もあり、来年度の飼育では
この 新成虫ペアから得られた F2幼虫を用いて、色々と調べてみたい と思います。(^^)


追伸
この生態写真は・・幼虫のエサとして、アマガエルを 必死に探していた ある日に・・・
偶然にも野外で見つける事が出来た カエルに食らいつくオオキベリの2令幼虫です(^^)
オオキベリアオゴミムシ 2令幼虫 野外にて 1
実は・・この時、カエルを確保する為だけに 田んぼに来ていた ので カメラを持参しておらず。。
野外での こんな貴重なシーンを逃したら、一生後悔するかも(^^;) と 強く思ってしまい、
暗い山道を 車で20分掛けて 慌てて自宅のカメラを取りに戻ったのは、良き思い出です。(爆)
オオキベリアオゴミムシ 2令幼虫 野外にて 2
なお 梅雨時は‥1週間で、3桁近くのアマガエル達を 毎晩たくさん見て来ましたが・・・
野外で 本種オオキベリ幼虫が食いついた アマガエルに会ったのは、この1回だけだった(笑)

コガタノゲンゴロウ ブリード初成功!
こんばんは。 自身の仕事柄、お盆前のラッシュも・・かなり忙しい のですが、
お盆明けてからの ここ3日間の忙しさは、久しぶりに・・本当に やばかったです(^^;)
出勤して、ふと気付けば・・既に 定時を過ぎていて 残業ナウ って感じでした(笑)
早めに・・落ち着いてくれる嬉しい のですが、はたして・・どうなる事になるかな? は は。

さて、クワガタ関連の飼育記事ばかりだと おそらく飽きてきます ので・・
久しぶりに‥別種の飼育記事でも。今年の5月に・・北大東島へ採集しに行ったときに、
時期が良かったのか、運良く自己採集出来た コガタノゲンゴロウその後の様子です。(^^)/


運良く 20個以上の産卵に成功したものの・・本種コガタノは、ナミゲン以上に・・・
初令幼虫の飼育かなり気難しくて。。無事に2令まで育ったのは、たった4頭のみ。(汗)
コガタノゲンゴロウ 1令幼虫 エサを食べる
本当は、中型サイズ以上ゲンゴロウの初令幼虫の餌として、最適とされる ミズムシを、
コンスタントに与えられれば 最も良かったのですが・・何分。。私情が忙しくて、
無事に・・2令に成長したのは、コオロギの初令ピンセットから食べた優等生です(笑)
孵化してから、だいたい3週間ほどで・・この4頭が3令幼虫になりました。(^^)/
コガタノゲンゴロウ 3令幼虫 飼育下コガタノゲンゴロウ 幼虫の飼育環境
飼育ケースは 本種の3令がナミゲンの2令ほどの大きさだったので、250ccプリンカップ
足場水質 を少しでも良くするべく、こんな感じで水草を一切れ入れていました。
3令時のエサ頻度は、毎日 早朝 と 帰宅時に・・コオロギのMサイズを1頭ずつ与えて、
1日が終わるのと同時に・・必ず水替え毎晩やりました。。この作業が なかなかキツイ(^^;)


そんな感じの飼育が、2週間ほど続いた ある日・・今まで 夢中で食べていた
エサのコオロギ全く見向きもしなくなったので、そろそろ上陸するタイミングだな。。と思い、
コガタノゲンゴロウ 3令幼虫 強制上陸コガタノゲンゴロウ 蛹化容器
昨年度のナミゲンな失敗経験を踏まえて・・今回は、こんな感じの容器
イイ感じに湿らせたピートモスを、6割ほど緩く詰めて・・幼虫を強制上陸させてみた。(^^;)
最初は、なかなか潜らずに かなり心配しましたが・・時間をおいて 覗いてみると・・・
コガタノゲンゴロウ 潜る3令幼虫
まるで、モグラの如く‥成長しきった3令幼虫は 地中へと潜っていきました。(^^)/
これで 毎晩の水換え作業から解放される と思うと、本当に嬉しかったですね(爆)
その後は‥容器内が蒸れないに 温度変化が少ない場所で・・しっかりと管理しました。


コガタノな3令幼虫地中に潜ってから・・18日後
ふと、幼虫の様子が気になった ので・・・軽く容器内のピートモス掘って見ると。。。
コガタノゲンゴロウの蛹化容器に・・・顔を覗かせる コガタノゲンゴロウ新成虫
なんと、ピンポン玉の様な蛹室には 翡翠色に輝く とても美しい成虫が見えた!(^^)/
この時が・・人生で初めて ゲンゴロウ関連のブリードに成功した瞬間だった 事もあり、
非常に嬉しくなってしまい、コガタノゲンゴロウの新成虫を ドキドキしながら‥取り出してみた。
コガタノゲンゴロウ 新成虫 初羽化!
いやぁー このコガタノゲンゴロウは、本当に 綺麗でカワイイ虫です。(笑)
毎晩・毎晩の水換え作業は・・冗談抜きで大変でしたが・・真面目にやっていて良かったです。
他の3頭も・・気になって暴いてみると・・3頭とも 無事に羽化していました。(^^)/
コガタノゲンゴロウ新成虫 管理容器
「水棲昆虫 完全飼育・繁殖マニュアル」という 水棲昆虫のバイブル本を 読む限り、
羽化後は、身体が柔らかい為。。種親と一緒にすると‥共食いの危険がある とあったので、
種親とは一緒にせずに・・こんな感じの容器で1週間は、新成虫たちを単独飼育させてみた。(^^)
コガタノゲンゴロウ 交尾 飼育下にて
1♂3♀の新成虫は 最初は泳ぐのが下手でしたが・・次第に 上手く泳げる様になった
現在は、エサも食べる様になってきた ので・・新成虫4頭同じ水槽内で飼育しています。
種親の方も交尾する位‥まだまだ元気です。来年度も‥是非ブリード継続したいですね(^^)/
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.