FC2ブログ
初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

久しぶりの本土ネブト飼育
こんばんは。 いやぁー先日の雪日和。。運良く 私が住んでいる
千葉県 中部では、雪でなく 雨のみ終わりましたが・・今週の木曜日の天気は、
降るのか? 降らないのか? 雪に慣れていない身だけに 今から ビクビクです(^^;)

さて、先日の日曜日に行った採集について 記事を書く時間が まだ取れないので・・
今日は‥飼育記事として、掘り納めとして 伊豆大島にて採集してきた本土ネブト記事です。


いやぁー このカテゴリでのブログ更新は・・おそらく4年ぶり になりますね。
あの頃は、自己採集してきた埼玉ネブトが まだ生き残っていた古き良き時代(笑)ですが・・・
多忙な学校における実習授業 と 国家試験に向けた受験勉強により、早々に絶えました(^^;)
あれから・・4年経ち。 前回と産地は違えど、また本土ネブトを飼育してみることに。。。
本土ネブト幼虫 伊豆大島 飼育開始
とりあへず 持ち帰った3令幼虫のうち 17頭我が家で飼育する事にした。
残りの幼虫たちは、国産ネブトが大好きムシ友さんの元へ 次々と里子させた。(^^)/

今回の飼育では、成長期過ぎた3令なので、もう羽化サイズは望めない と思うので・・
無事に羽化させるべく 小ケースで、17頭まとめて飼育して 多頭羽化させる予定。
なお、新成虫で採集してきた個体群も、ごく一部は 春になったと同時に・・セットを組みます
本土ネブト 30ミリ以上 屋久島産
また、ビギナーズラック(笑)で 5年前に羽化した 32ミリ以上の こんな本土ネブトを、
もう1度 見てみたいけど・・・かなりの努力 と 飼育熱を注がないと、ちょっと無理かも?です(^^;)

我が家の絶滅危惧種
昨日の日曜は、震災後 久しぶりに・・学校の方に行きまして 軽くお手伝いしてきました。(*^^)v
なんか 高価な機材床に落下したりして 少し大変な事になっておりましたが・・・
レンズ類等の 割れやすい物に関しては・・それほど 被害が無かったようで良かったです。

ただ、気になる事が1つ。 進級し 学年が変わったので、来月からの予定表を 少しチラ見した所・・・
4月中の土日の大半が休みではなく・・当たり前の様に 授業があるみたいでした。(――;)
一応、まだ 学生の身分ですが・・・新学期以降 初めてのお休み 5月のGWですな。(笑)

なに これっ? 普通に…死にそうな授業スケジュールだな・・実習も週3あるし。。(汗)

現在の 週2回濃い実習内容ですら、あぁ~ヤバイ あぁ~ヤバイ と、散々 言いながら・・・
放課後 ほぼ毎日残りに残って友人らと力を合わせ 何とかレポート等も終らせている感じなので、
こういう 実習関連の授業が 週3回になる。 これ、慣れるかな? とても不安です。(^_^.)
でも、自分の興味のある 数少ない分野の勉強ですので・・諦めず 死ぬ気で 頑張っていきます!


と言う感じ今後のマイ予定らしく・・・今年の4月以降は、ブログ処では無くなるので、
訪問やコメントも…大幅に減少するかもしれませんが・・どうか気長に 見守って下さいな。(苦笑)
さて、我が家で・・絶滅危惧種に認定中本土ネブトをセットしてみました。(*^^)v
本土ネブト 小♂ 埼玉産本土ネブト ♀ 埼玉産
数ある国産種の中でも、本土ネブトは・・最も好きな国産種 と言ってイイほど、大好きです。
でも・・自分とのブリード相性哀しいかな~ 結構イマイチですね。(泣)
なにせ、離島(屋久島や対馬 等)でない 普通の本土ネブトは、2♀同時に投入したセットでも・・・
何時もの内容で、ミニケースでセットしても…我が家では、30頭を超えた事は、ありません。(^_^.)
ネブト用 採卵セット
「ケース」…小ケース 「材」…なし 「マット」…赤枯れ&無添加 「環境」…水分 多め 24度。
本種は…元々 難しい種類なのか? 自身との相性が悪い種類なのか? 未だに 分かりませんが・・・
今回のセットでは、念には念を入れて・・小ケース4頭投入してみました。(汗)
我が家で、一番産んで欲しい 自己採集した埼玉ネブトの子孫だけに・・成功して欲しいです。
本土ネブト 30ミリ以上 屋久島産
また、今回は・・雌雄の羽化ズレ2ヶ月ほどあるので、掛かっているのか? 不安だ。(^_^.)
運よく本種の幼虫が取れたら・・VIP飼育して、30ミリ以上カッコイイ♂を また羽化させてみたい

本土ネブトの神降臨
ブログ更新を一時的に 休むといいながら・・2週間立たずに 更新してすいません。(^_^;)
ちょっと、信じられない出来事があったので・・臨時ニュース的な飼育記事を書きますね。

え~ かなり、興奮気味なので・・単刀直入に。 先日、羽化した 自己ベスト記録の、
東京産 本土ネブト 29.2ミリより、遥かに大きい 屋久島産の本土ネブトが羽化しました。


その羽化サイズ なんと・・・33.2ミリ  (某誌の飼育ギネスより0.1ミリ上です。


ただ、羽化したばかりなので、これから縮む事を計算すると、最終サイズは 33ミリ前後では?
と思われます。 ココを見ている方で、常に 本土ネブトをブリードされている方であれば、
これが どれ程の物か分かりますね。 はっきり、言って・・やばい レベルです。(^_^;)
一般の方に 分かりやすく 国産オオクワで例えるならば・・84ミリと 同レベルでしょうか?
本土ネブト 屋久島 ♂
しかも、この産地のネブトは 昨年 自分で 卵から成虫まで 始めて成功させた本土ネブトなので、
まさに、今回は・・ビギナーズラック の何者でもない と自分は思っています。(^_^;)
そうでなきゃ、へっぽこな自分が・・ベテランのブリーダーさんが 真剣に・・10年やっても、
羽化するかどうか分からない、
こんなサイズの本土ネブトが羽化するわけありません。(爆)

もしかしたら・・さらに縮んで、最終サイズが 32ミリ代になるかもしれませんが・・・、
ヘッポコな自分としては・・本土で 31ミリを越えている時点で、満足しておりますので、十分です。
とりあへず、今季の屋久島産は・・コレを種親をして、目指せ 飼育ギネス と言う感じで、
地道に この個体を初めとして、他地域の本土ネブトのブリードを 続けて生きたいと思います。


それでは・・自己満足な文章を最後まで、読んでいただき 本当に ありがとうございました。(*^^)v
また、1週間位したら・・必ず ブログ更新を再開しますので、その時は 宜しくお願い致します。
それでは・・暫くの間、また 失礼致します。(^^♪


追伸
以前、愛知の某大学生が、やっていたように・・この約33ミリと、29ミリの♂を並べてみましたが・・・
29ミリの♂個体が、かなり 小さく感じられました。 あれは・・本当だったんですね。(^_^;)

チョコエッグの誘惑
この時期になると。。我が家の飼育部屋こと寝室では、この時期ならではの 風物詩が訪れます。
そうです。 ネブト好きには堪らない 待ちに待った 彼らの繭玉期間の到来です。(*^^)v
我が家の本土ネブトでも・・繭玉作成する個体が全体の8割を 超えましたので・・すこし ご紹介。
繭玉から
本土ネブト 東京都 青梅市 産
手元に残った 残りの3ペアの幼虫全てが 繭玉を作成いたしました。(*^^)v
軽く振ってみたところ・・コトコトと、指先に振動を感じるので・・既に蛹になったようです。
この調子だと、3週間後には・・今までの経験上 必ず 羽化してくるので、ウマくいけば・・・
とある場所で、開催するプレ企画の協賛品として、この産地の新成虫ペアを出すかも しれません。
ただ、プレ企画において 本土ネブトが出る事を期待している人は・・まず 居ないと思いますが、
もし、ネブト好きな方で、ココを見ている方が いらっしゃいましたら、楽しみにしていてくださいね!
なお、上の画像は 誤って、繭玉を少しだけ 割ってしまった個体です。 どうも♂っぽい。 (^_^;)

本土ネブト 埼玉県 産
先日、採集してきた全ての1令幼虫が 無事に2令幼虫に成長していたので・・
200ccカップでの多頭飼育から、ミニケースでの多頭飼育へと、飼育容器を変更した。
なお、1頭だけ居る 3令幼虫は・・このままの250ccカップ単独で飼育継続してみる事にした。
この産地のネブトが羽化するのは・・来年の4月下旬ぐらいかも? 気長に 気長に。(^_^;)

本土ネブト 鹿児島県 屋久島産
東京産と違い 屋久島産は、繭玉になっていない個体が多く なぜか♂のみが繭玉になっていた。
特に・・早く繭玉を作成すると思われる ♀が全く作成していない。マットが サラサラしすぎたのかも?
とりあへず、羽化サイズが縮みそうだが・・蛹化を促進すべく ♀のみマット交換をしてみた。
なんとか、♂♀の羽化ズレを防いで・・次世代に繋げてみたいものです。(^_^;)


と言うのが・・現在 我が家で起こっている 風物詩こと ネブトの繭玉ラッシュです。(^^♪
ネブトの繭玉はその大きさがチョコエッグに似ている ので チョコエッグの誘惑 とでも言いますか・・
この繭玉を 割りたい衝動に 常に駆られますが・・羽化不全防止の為 ココは…ぐっと 我慢です。ww
並べてみた。
遊び心として、繭玉を並べてみました。 左2つが3g幼虫の繭玉です。 羽化が楽しみ。(^^♪

我が家の本土ネブト
プリン隊 第1回 プレ企画開催中

【応募受付期間】  
09年3月20日 ~ 09年3月27日 23時59分まで

気になる プレ企画の詳細は・・コチラ


さて さて、プレ企画の応募〆切までの日数が 1日 となって・・来ました。
皆さんは・・応募されましたでしょうか?  自分は・・皆さんのご想像に任せます。ww
あと、奇跡的に…自分が協賛している、4つの協賛品 全てに 希望者が現れました。(*^^)v
自分は、文章力がないので・・前回と、全く同じ文章しか、書けなくて・・すいませんが、
希望者が居てくれて・・本当に嬉しい限りです。 ありがとうございます。m(__)m

と言う感じで・・本日は、かなり嬉しいので、 プレ企画への 協賛品の1つである、
我が家で ヒメヒラタ についで・・VIP待遇で、飼育している 本土ネブト達のご紹介です。
現在の所・・我が家では、以下 3産地の本土ネブトを、産地別に飼育しております。(*^^)v


本土ネブト 東京都 青梅市 産
今回のプレ企画に、協賛させていただいた、大変貴重な東京産の本土ネブトです。
今から3年前の2006年の1月に、友人によって幼虫採集された個体からの子孫であり、
この種♂は・・なんと、31ミリの大型個体との事なので、大きな個体が羽化しにくい、
関東地方の個体群の中では・・かなり大型系統を持つ 本土ネブトの様な気がします。(^^♪
自分は、友人より1令幼虫で譲って貰っただけなので、まだこの産地における成虫を、
直には、見ていないので・・今年の5月頃に、羽化してくる個体が本当に、楽しみです。(*^^)v
なお、現在・・♂幼虫で、2,6グラムという、大型が期待できる個体が、2頭ほど います。


本土ネブト 埼玉県 産
色々と苦労しましたが・・先日 運よく自己採集する事ができた、埼玉産の本土ネブトです。
国産クワガタの中で、最も好きな本土ネブトに・・自己採集ラベルが付いている個体だけあって、
我が家に来ての日数こそ 浅いですが・・・今までで 一番、愛着がある 本土ネブトです。
今の所 採集して持ち帰った 1令幼虫×10頭 と 3令幼虫1頭のみが、居るだけなので、
今年の この産地は・・大型個体を狙う前に、無事に成虫にさせる事に 重点を置いて飼育し・・
この産地における、30ミリ狙いは・・来年度から、やっていきたいと思う。(*^^)v
なお、1頭だけ居る3令幼虫は・・貴重な♂幼虫(しかも 大型個体)の様だが、残念ながら・・・
この産地の他の幼虫達(1令)との生育ズレが、あまりにも・・かけ離れ過ぎているので、
可哀想かもしれないが・・・この♂幼虫は羽化しだい 〆て、標本箱行きである。(^_^;)
(ブリーダーさんからは、あまり知られていませんが・・・自分は、元々 標本家です。)


本土ネブト 鹿児島県 屋久島 産
欲しいと思って、真剣に探さないと・・なかなか見つからない 屋久島産の本土ネブトです。
何を隠そう自分は・・この産地の本土ネブトで、始めて本土ネブトの採卵に成功しました。ww
自分・・本土ネブトとの ブリード相性が悪く、産卵させるまでに5年掛かってしまいましたが・・・
昨年は、この産地の1♀を、ミニケースに入れた所・・80頭近い次世代が得られました。(*^^)v
ようやく、本土ネブトが好む産卵マットの水分量等が 分かった感じです。ww
ただ、小型のクワとはいえ、80頭は・・さすがに 多すぎるので、色々なプレ企画に協賛して、
現在では・・10頭前後という、ブリードするには ちょうど良い頭数になりました。(^_^;)

屋久島産の本土ネブトは・・結構 変わっていて、大型個体になると良く分かりますが・・
他産地の本土ネブトと比較すると、屋久島産は 体全体が太短く 眼状突起が発達する という、
特徴を、どの個体も持っているので・・近い将来、トカラ列島 中之島の ナカノシマネブトの様に、
ヤクシマネブト という、本土ネブトの新しい亜種に、認定される様な気がします。(^^♪
昨年の飼育では・・26ミリが最大だったので、今年は・・さらに大型を狙って 飼育しているので、
なんとか、30ミリを越えて欲しい所ですが・・どうなるのかは 全く分かりません。(^_^;)
なお、現在・・♂幼虫で、3グラムという、大型が かなり期待できるのが、いたりします。


以上・・我が家で、飼育中の 個性豊かな本土ネブト達のご紹介でした。
埼玉県産を除き、全ての産地が5月頃に羽化してくるので、本当に待ち遠しいです。(*^^)v
少し前までは・・和歌山県 紀伊大島産 愛知県の離島産 等の産地個体もいましたが・・
我が家のスペースと管理の関係上・・飼育産地を絞って、現在の3産地のみ になりました。(^_^;)

何はともあれ 大型個体は、カッコよく 小型個体は、カワイイ 本土ネブトです。
国産オオクワと同様に 本土ネブトの産地も色々あるので、コレクション性 抜群です。(^^♪
さらに、ミニカーのような愛らしさを持ち、日本人好みの盆栽の様な 奥の深いクワガタ なのです。
まだ 飼育した事がないブリーダーさんは・・是非、1度 本土ネブトを飼育してみてくださいね。
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.