初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栃木 オオルリハムシ 採集記
こんばんは。 先日の週末に2日連続で行った 湿地の宝石 と呼ばれている
とある甲虫を狙って、群馬県・栃木県に行っていましたが・・見事にボーズだったのが、
非常に悔しくて、それから・・いつもお世話になっている Y氏の知人である、
1年365日のうち、なんと300日(汗)も…採集しに行った経験を持つ K氏より・・
彼らの食草であるシロネ簡単に見分ける方法を習ったので、3度目の正直に挑んだ(^^;)


2014年 5月25日 栃木県 某所(晴れ)
群馬県・栃木県のどちらに行こうか? 地味に悩んだが・・より環境が良い栃木県に決めた。
当地は、過去に 色々な採集でお世話になったが、今回の湿地の宝石探し のように・・・
特定の植物に依存する昆虫の採集は、本当に始めに近いので…なかなか難しい。(汗)
栃木 湿地帯 初夏
こんな感じの場所をひたすら歩いて、前回訪れた時に ココ よさげかな? と思った場所で・・・
彼らの食草である シロネ と呼ばれているシソ科の植物を、ココで再度探してみる。
今から 数日前に・・Y氏の友人である K氏から習ったシロネの特徴は、以下の3点(^^)

・葉っぱの形はギザギザ している。

・茎全体は、緑色だが・・葉の根元にある茎のみは 紅くなる。

・茎の断面は…正方形である。


これらの条件を元に、日当たりの良い場所で・・探していると、それっぽい植物を発見!(^^)/
あまり自信がないけど・・たぶん、これが 食草のシロネなのかな?(汗)
栃木 シロネ栃木 シロネ 2
ここ栃木県 某所には、上であげた条件を ほぼ満たしている植物 が結構あって
無知だった前回の採集では シロネらしき植物を 最後の最後まで見つける事が出来なかった(^^;)
そんな中、 茎の断面が・・正方形なのは、これのみだった ので…これがシロネだと思う。


1度、シロネらしき植物を見つけると…道ばたにある藪の中から、次々と見つかったが・・・
狙っている 湿地の宝石の姿は、どこにもない。 う~ん、時期が早いのかな?(汗)
そんな事が頭によぎりつつも・・自分の背丈ほどに すくすくと成長(笑)した
アシ原をかき分けていると、私の目の前にあったアシ上に佇んでいるムシ陰発見!(^^)
栃木 怪しいムシ陰
アシの上に居る昆虫は、色々と居るけど・・このムシ陰の正体は 何だろう?
その陰は 逃げる様子がないので、驚かさないように…その葉っぱを手元にたぐり寄せる(汗)
葉上のムシが はっきりと見えた瞬間・・予想外すぎて 思わず息を呑んだ。(^^;)
栃木 オオルリハムシ 野外
これが・・湿地の宝石 と呼ばれ、今回の一番の目的種・・オオルリハムシです。(^^)/
3回目の挑戦である今日…やっと出会えた事。(泣)標本フェアで 標本を見ていた以上に
生きた本種の持つ その美しさ・サイズ(15ミリ)に・・感動してしまい、しばし 放心状態になった(笑)
栃木 オオルリハムシ 太陽光にて
こうして 採集したオオルリハムシを 指先に乗せて 絶妙な角度で 太陽光に当てたときに、
七色に輝くその姿は・・あのヤマトタマムシ以上に・・本当に美しかった。(^^)
おそらく この時に 感じた感動一生 忘れられないと思う。 いやぁ~良い経験ですね!(笑)


その後、時間を掛けてこの近辺を探索してみると・・今まで見つからなかったのが 不思議なくらい
本当に たくさんのオオルリハムシ達に出会う事が出来ました。 不思議なことに・・・
シロネに居た個体が少なくて、大半の個体が シロネ近くのアシの葉っぱの上に居ました(笑)
栃木 シロネに潜る オオルリハムシ栃木 羽化不全 オオルリハムシ
その中には、羽化不全している個体も居たので・・自然界の厳しさが感じられた(^^;)
ちなみに…日本海側のオオルリハムシは、その和名通りに・・全身が青くなり、
ココ栃木を含む 関東近郊及び 太平洋側に居るオオルリハムシの個体群の大半は 赤褐色になる。
栃木 オオルリハムシ 2
オオルリハムシを自己採集するまでは、青色と違って赤褐色は 地味に感じていましたが・・・
実際には、赤褐色のオオルリには 個体ごとの微妙な色彩変異かなり多くて、
紅い背中の中に、緑色の線が入る個体も居て、採集していて 本当に楽しかったです(^^)/
栃木 湿地帯 初夏栃木 オオルリハムシ 太陽光にて
何はともあれ、3度目の挑戦で・・湿地の宝石と呼ばれている
憧れだった あの オオルリハムシが そこそこ採集出来て、この日は・・とても 嬉しかった(^^)
食草であるシロネの見分け方を 快くアドバイスして頂いたK氏本当にありがとうございました
こうなると…青色をした 日本海側のオオルリハムシも 自己採集してみたい ものですね(笑)
スポンサーサイト

東京 ホソネクイハムシ 採集記
こんばんは。 先日の週末における採集 は・・湿地の宝石 と呼ばれている
とある甲虫初採集するべく、栃木県・群馬県 を2日連続で 訪れていましたが・・・
2日間共 見事に…敗北。(爆) 副産物も…行った場所が 場所だけに、特になし(汗)

いやぁ~ この2日間の採集で 予想以上の厳しさを感じた ので 彼らの食草
もっと しっかりと勉強してから・・またリベンジしよう! と思い、同じ湿地性の昆虫
今まで 採集時期が合わずに・・後回しになっていた 東京産のネクイハムシを採りに行った。(^^)/


2014年 5月19日 東京都 某所 (晴れ)
この日は、シフトの関係で・・運良くお休みになったので、ネクイハムシを探しに行った。
今からの2年前の標本フェアで、運良く 東京都産ネクイハムシ標本を見る機会があって、
彼らが生息する 市までの産地は…携帯でメモをしていた(笑)ので、その市内における・・・
航空写真 や 過去の探索を踏まえて、ココかな? と目を付けた湿地へ行ってみました(^^)/
東京の湿地帯 初夏
地図上では、非常に・・小さい池でしたが、現地に着いてみると・・結構 広かった(汗)
ネクイハムシの仲間を採集しよう! と 本気で思うこと自体が、始めて経験だったので、
どんな所に居るのか? を 前の晩に ネットを使って 彼らの生態写真を見るなりで調べた所・・・
どうも、水際に生えている草の上に居る事が多いようなので、そこを 重点的に見ていく。。。
東京 ドロ上の植物 初夏
う~ん。見つかりません。(苦笑) 例え居ても・・小さなクモとか ハエとか そんなのばかり(^^;)
この市内にある 湿地は・・他にもまだあるので、生息地はココじゃ無いのかもしれない。
そんな考えも…よぎる中、ぬかるんだ場所にも足を踏み入れ 丹念に見ること・・15分
目の前あった水際ギリギリに生えた植物上金色に光る小さな甲虫が 静かに佇んでいた(汗)
東京 佇む金色のシルエット
あっ!  これは・・間違いなく 探していた ネクイハムシの仲間 だ。(^^;)
焦る気持ち を何とか抑えながら・・慎重に網を出すものの、運悪く逃げられてしまった(泣)
次こそは、絶対に 採る!(^^;) そんな気持ちで・・真剣に探して再発見。今度は 素手で採る。
ホソネクイハムシ 初採集!
1頭目は、逃げられましたが・・何とか初採集となる ネクイハムシの仲間が 採集できた(^^)/
いやぁ~市名までしか 分からなかったムシを 初挑戦となる今日 で採れた事が 純粋に嬉しかった。
この時の私は あまりにも無知何という ネクイハムシ を採ったのか? 分からなかったが・・・
帰宅後・・お尻の切れ込み具合等から 本種は、ホソネクイハムシで有る事が分かった(^^)


その後は、見るべき場所 だいたい分かったので・・・本当に 多くの個体に出会えました(^^)
必要分だけ採集して、私が予想した以上に…綺麗なムシだったので 生態写真を撮っていました。
人の気配を感じると・・彼らは直ぐに、草の上から落下してしまう(笑)上に・・・
彼らの生息している環境が あのハンミョウモドキ程でないにしろ、ぬかるんだドロ上の植物なので、
東京 ホソネクハムシ 生態 1東京 ホソネクイハムシ 生態 2
足下に対する集中力が ある意味必要で・・なかなか 疲れた(笑)でも 楽しかった(^^)
今回採集した ホソネクイハムシは、色彩変異が乏しいネクイハムシ なので…
もし、機会があれば、色彩変異が豊富スゲハムシ1度 自己採集してみたいものです。

三重 フェモラータオオモモブトハムシ 採集記
こんばんは。 一昨日 27日(金)が私の仕事納めでした。 ひとまず一安心です (^^)
さて、今年も…残り少なくなってきましたので、来年のげん担ぎの 意味合いを込めて、
数年前に…国内への帰化が確認 されてしまった 東南アジアが原産である
フェモラータオオモモブトハムシ虫こぶ を採集しに・・三重県に採集しに行きました。(^^)/


2013年 12月28日 三重県 某所 (晴れ)
今から1年前に・・三重県の とあるサイトで この種の存在を知った時には、大変驚いた。(汗)
東南アジア原産である このムシが・・なぜか? 三重県の ある河川敷で大発生している。
興味深いから、採集しに行きたい! しかし、今居るココ千葉から三重県は・・地味に遠い。(^^;)

長いお休みがあれば…他に行きたい場所があるから、ココへ行く 優先順位が下がってしまう。
そんな感じの日々でしたが・・今年は幸運にも…たった1日だけ 行くチャンス がやって来た。(^^)/
これは、今 行くしかない! という気持ちで、いつも通り 東京駅 朝6時発の新幹線に乗った。
私鉄 名古屋駅
普段なら・・異常に 空いている車内が帰省ラッシュの影響により 凄い事になっていた。
いやぁ~これは、本当に凄かった(汗)今回は 近い名古屋駅で降りるから まだ良いけど・・・
もし 大阪や広島方面だったら、この時期自由席で行った事後悔していたと思う。(^^;)
三重県 松阪駅
名古屋駅で 三重県方面に行く電車に乗り換えて、三重県の途中駅で・・大雪に見舞われ
今日採集しに行った事若干 後悔(汗)したりしましたが…運良く 私が行く場所は、
お天気でしたので、わくわく気分で 採集地の最寄り駅(と言っても…7キロある)に到着(^^)/


上で書いたように・・最寄り駅から、今回訪れた採集地までは 片道7キロありますが・・
私は 日々 運動不足気味なので、地道に歩いた(笑) 途中 持参していた地図が古かった為、
かなり迷いました(汗)が・・そこは 地元の優しいおばちゃんに助けて貰い、
当初の到着時間よりも 20分ほど遅れて、今回の採集地である 三重県の河川敷に到着!(^^)/
三重県 河川敷 その1
着いてみて、私が思い描いていた環境と だいぶ違っていた・・ココ 本当にいるのかな?(汗)
と、最近 冬場の河川敷に行くと…無駄にテーションが上がる(笑)私が見るに・・
ここは、オサムシやゴミムシの採集には 向かなそうだ。ならば・・やる事は、たった1つ!


意地でも… フェモラータオオモモブトの虫こぶ を、発見しないと いけない。(^^;)


でないと…今期の惨敗遠征(笑) 大阪のナニワトンボ採集。京都のマイマイカブリ採集に引き続き、
今日の三重のフェモラータオオモモブトハムシ採集という 関西遠征で3ボーズ(泣)となってしまう。。
さすがに これだけは・・何とか避けたい。 この為だけに…片道7キロも 歩いてきた(爆)
三重県 フェモラータ現場
お遊びモードから、本気モード(笑)に 気持ちを切り替えて・・事前に調べておいた
彼らの虫こぶが見つかる クズ という植物の蔓を 河川敷の側を中心に丹念に見ていく。。
最初は 全く見つかりませんでしたが・・20分後 ノイバラに絡まる 不自然なクズ発見!(^^)/
三重 フェモラータのゴールを発見
たぶん、これだ! 今日 一番の目的である フェモラータオオモモブトハムシの虫こぶだ。
この虫こぶは、別名「ゴール」とも言われている。 とりあへず、ゴールを採集する前に、
私的に…やってみたかった事(笑)が ありますので、早速 実行しました。 それは・・・
三重 栄光のゴールを・・三重 栄光のゴールを掴んだ
栄光のゴール(虫こぶ)を・・・掴むぅ~!(^^)/  
うん、時期的にかなり 縁起が良いですな。(笑)これで・・来年のげん担ぎができました(?)
ので、剪定鋏を取り出して 採集開始(^^)/ 1度 ゴールを採集してしまえば…
今まで 全く見つからなかったのが 不思議なくらい 数多くのゴールが次々と見つかりました。
三重 フェモラータのゴール その2
そして やはり100円ショップの剪定鋏は、耐久性に・・難ありですね。(^^;)
たった3本太めのクズの枝を切ったあたりで、歯が全く噛み合わなくなった。新品なのに(笑)
その後は スマートに切るのではなく 力でねじ切る(汗)事に・・つ 疲れる。。
フェモラータオオモモブトハムシ幼虫 現地にて
クズをねじ切る際に・・ゴールの一部が大破して 中の繭玉から幼虫が複数出てきた。
誤って出してしまったこれらの幼虫を見る限り 今の時期は・・前蛹みたいです。
それと・・平均サイズ(フィルムケース位)な太さ1ゴールにつき 3頭前後が入っていました。
そんなこんなで、最初のゴールを発見してから・・たった1時間半ほどで・・
三重 採集したフェモラータのゴール
持参していた 大きめのビニール袋いっぱいになる位の、ゴールが採れた。 満足!(^^)/
もっと採ろうと思えば・・簡単に採れるけど、肝心の剪定鋏お亡くなりになってしまったので、
これ以上は、採集出来ない と判断して、また7キロの道を気ままに歩いて帰りました。
ゴールを ケース管理する
なお、今回 持ち帰った彼らのゴールは、羽化するまで・・
カミキリ材と同じように…実家でケース管理する事に決めた。 羽化次第全て標本にします。


今回は 私と相性が悪い 関西方面で 初めて良い成果が出せて、とても満足でしたが・・
あの三重県でのフェモラータオオモモブトハムシ帰化状況は、本当に…ヤバイですね。(^^;)
これは、現地から 本種を完全に駆除するには・・あのクズ一帯
焼き払う位 しないと無理なような感じがします。 それ位、ゴールの数が凄かった。。
現地の本種は、どうやら・・近くのペットショップから 逃げ出した個体が 繁殖したものみたいです。

東京 ユーカリハムシ 採集記
こんばんは。 あまり実感がありませんが・・今年も あと2週間となりました。
そして 本日18日を持って…自身が また1つだけ レベルアップしてしまいました。。(苦笑)
このままだと 順調に体力が落ちて、あっという間に…身体にガタが来そうなので、
体力をつけるため日々運動をしないといけませんね(^^;) 先日、実家のポストに来ていた
ボルダリング教室は、ちょっと興味のある分野だったので ココへ通うのも…ありかも?(爆)

さて、先日あったお休みは・・諸事情により 当初の採集地に行くことが出来なかったので、
今回は…コアラの植樹として有名な ユーカリ に強く依存し、今から数年前に・・
コアなムシ好きの間で話題となった とある 移入甲虫 を狙って 近場の緑地を見てみる事にした。


2013年 12月 16日 東京都 某所(晴れ)
当日は、上でも書いたように・・諸事情により、遠くへ出かける事出来なかったので・・
今日の採集地となる 緑地は…実家から 歩いて10分ほどの所にある小さな緑地。(^^;)
私が小学校の頃に、この近くを社会科見学で訪れた時に 頂いた配布資料で…
この緑地に植わっている植物一覧に「ユーカリ」と 確か見た記憶があるので、ココに行く事に。
東京 大都会 道
こんな大都会な舗装された道を歩き、やがて見えてくるのは・・とても小さな緑地
あの社会科見学から・・既に13年以上の時が経過していますが、あまり変わっていない様子。
幼い頃の記憶を思い出しながら・・緑地内を歩いて探すと…「ユーカリ」がありました(^^)
東京 ユーカリ その1ユーカリ 名前プレート
ご丁寧に…間違いなく 「ユーカリ」というお墨付きプレートも掛けられていました(笑)
さて、今日の一番の目的種である、あの移入昆虫は、このユーカリにも居るのかな?
そう思いながら・・このユーカリの至る所を、丁寧に探していく。(^^)
東京 ユーカリ その2
彼らのサイズは・・約 5ミリ。この種としては大型なので、居れば…まず見逃す事はない。
越冬したくなりそうな部分を丁寧に見ていく事 15分。 おぉ・・居ました!(^^)/
これが、ユーカリと共に…国外からやってきた 今日の目的種・・ユーカリハムシです。
東京 ユーカリハムシ 現地にて東京 ユーカリハムシ その1
本種ユーカリハムシの原産国は、依存している「ユーカリ」と同じくオーストラリアです。
今から5年前に…国内では初めて 大阪で発見されてから…その後は、東京・埼玉・千葉で、
生息が確認されているものの、国内に植樹された「ユーカリ」にも多くの種類が有るため
ユーカリがあれば・・・必ず本種がいる という訳では無いところが とても面白いと 思います。
ユーカリ 名前プレート
追加個体を探すものの、全く発見出来なかったので・・都市環境ならでは裏技を使う事に。
その都市環境の裏技とは・・樹のネームプレートの裏側をひっくり返して見ること。(笑)
さっそく、少し人目を気にしながら、上のプレート裏返してみました。すると・・・
東京 ユーカリハムシ越冬隊
このネームプレートの下には、20頭以上大きな越冬隊に 運良く会うことが出来ました(^^)/
さすがに 全部の個体を採集するのは…幾ら外来種とはいえども、少し可愛そうなので・・・
この越冬隊の中から6頭ほど追加採集して、残りの個体は…プレートの下へ戻しました。
東京 ユーカリ 見上げる
今回の採集時間は・・およそ30分と、私が目的を持って採集してきた種類の中で
最も早く終わった種類でしたが・・最近は オサムシ・ゴミムシの掘り採集ばかりだったので、
こうした樹皮ルッキング・プレート返し採集 は、とても久しぶりで 楽しかったです。(^^)/

そういえば…以前 私が住んでいた 東京のとある区にも・・ユーカリがあった気がする ので、
あのユーカリにも、このハムシは居るのか? も…時間がある時に 調べに行きたい所です。
皆さんの住んでいる地区に、もしユーカリがありましたら…是非 探して見て下さい(^^)
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。