初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄 宮古島 ゆる~い採集記
こんばんは。 さて、前回のブログ記事でも少し書いたように・・
今日のブログ記事は、2泊3日で 家族旅行(おまけに、縛り有りの ツアー旅行)で
行った 沖縄県 宮古島における隙間時間を利用した ゆる~い採集記です。(爆)


2014年 3月 23日 沖縄県 宮古島(晴れ)
現地に行くまで 私は全く知りませんでしたが・・この宮古島には、南大東島と同じように、
猛毒を持つハブが生息していないみたいです。 宮古島の東に位置する沖縄本島には…
ホンハブ。 西に位置する石垣島には…サキシマハブが生息するのに これは不思議ですね。
沖縄県 宮古島空港 貝殻シーサー
宮古島は、沖縄の他の離島に比較して、昆虫採集しにあまり行かない島みたいですが・・
ハナムグリに関しては、固有種・固有亜種が生息するので、面白い離島だと思います。(^^)
でも、3月下旬は・・完全に彼らの オフシーズンなので、ハナムグリは採集できません。


そんな中、私が 今回ツアー中にやった昆虫採集は・・砂浜でのゴミ漁り街灯巡りでした。
宮古島にある砂浜の多くは、こんな感じで・・砂浜とても美しかったです。(^^)
宮古島の 綺麗な海と浜辺
私の家族を含む 多くのツアー客が この美しい砂浜 や 海に対して…カメラを向ける中、
は ビーチの写真を数枚撮ってから、この美しい砂浜で、昆虫採集しに向かいます(^^)/
まずは・・こんな植物が生い茂っている場所にある 石やゴミを ひっくり返していきます。
宮古島の浜辺な植物
なお、観光バスのツアーで巡っている関係上、ココで採集できる時間は・・たった5分です(^^;)
少しでもダメだな と、感じたら・・直ぐに早足で 浜辺を移動し、落ちているゴミを見て行きます。
探索から 2分ほどで、古びて捨てられた靴 という よさげな物件を・・運良く 発見!(爆)
宮古島 浜辺での物件
何か 甲虫・・居ないかな? と思い、この靴をひっくり返す。 すると・・
靴下の砂浜に 素早く潜り込もうとする、とても小さな 海浜性と思われる甲虫を 数種発見!(^^)/
たぶん、何処の砂浜でも居る普通種だと思うけど・・何も採れないよりは 全然良いよね!
宮古島な海浜性甲虫 その1宮古島な海浜性甲虫 その2
更に…運良く この砂浜を低空飛行していた オキナワイチモンジハムシも採集出来た。
こんな感じの採集を、2・3日ツアーの合間で・・合計15分ほど やりまして、6頭ほど採集。


宮古島での夜間の街灯採集は・・強風とこの時期の宮古島としては、19度と非常に寒く・・
轢死したタイワンサイカブトの頭部パーツ以外は、昆虫は 何も見付けられず
ホテル周辺にある ココヤシにぶら下がる ヤエヤマオオコウモリの観察に明け暮れました。
宮古島のヤエヤマオオコウモリ 夜間
今から思えば・・この時期の宮古島の昼間は・・島の至る所で、
ベニモンアゲハ。シロオビアゲハ。リュウキュウアサギマダラ。が そこそこ飛んで居たので、
持ち運びが簡単なムシ網位は、密かに持って行けば良かったかも しれません。(^^;)


まぁ、ハナムグリも…大好きなムシだし 私的には・・宮古島は、昨年3月の家族旅行で行った
あの石垣島よりも 海が綺麗だったので、何れ 昆虫採集で…個人的に 訪れてみたい
宮古島 池間大橋宮古島 宮古そば
左上は・・宮古島で とても有名な橋である 宮古島の北部と池間島を結ぶ 池間大橋です。
また、宮古島に行った時には・・かなり美味しかった 宮古そばも…また 食べてみたい(^^)/
スポンサーサイト
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。