初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北関東 タガメ 採集記 2015年
こんばんは。 かなり久しぶりに・・職場の上司(女性)から、
幾つかある マイナーな私の趣味の1つ。。。大道芸の公演依頼 を受けました。(^^;)
大学時代は、昆虫の趣味以上に‥大道芸(ジャグリング)にハマリまして1日時間ほどは・・・
ほぼ毎日 大道芸の練習をしていた。 その結果・・大学側から依頼されて 路上公演の方も、

何回か、やっていた経験(笑)も 実はありまして・・あまり練習しなくなった現在でも、
5個のお手玉 や 3クラブなら、一応出来るので、宴会芸クラスなら 大丈夫かな? と、
かなり甘く見ていますが。。上司への評価を上げる(笑)べく、今週末は、頑張って来ます(^^)

さて、先日の隠岐遠征は‥悔しさ半分で・・泣く泣く帰ってきたこともアリ、
良く晴れていたフェア前日には 気分転換を兼ねて タガメ採集しに行ってきました。(^^)/


北関東 某所 2015年 9月22日(晴れ)
今回は、気分転換を兼ねていた ので・・高確率で見られる場所 と言うことで、
敢えて新規開拓せずに、行き先は・・昨年度 人生初となるタガメを採集した場所に決めた。(笑)
ほぼ同じ時期に 昨年度も行きましたが・・環境は変わっては居なそうなので、ひと安心です。
北関東 某所 田んぼ
今回 私が訪れた当地は‥幼虫を含めて たった2頭しか タガメを見ていないので・・・
タガメの多産地 では無いと思いますが‥運が良ければ‥
今でも、国産最大の水棲昆虫である あのタガメが見られる とても貴重な地域ですね。(^^)
しかも当地は 信じられない事に・・山奥ではなく民家が近い平地な田んぼに生息しています。
北関東 某所 タガメの居る地域 
今年は・・例年よりも 水を抜くのが早かったのか? 全体的に‥カラカラな状態でした。(^^;)
田んぼの隅に 少しだけ残っている こうした水たまりに‥網をそっと入れても・・・
網の中に入るのは、コシマゲンゴロウクロゲンゴロウのみで、目的のタガメの姿はなし。(汗)


当地で 気ままに探す事 1時間それなりに・・水が溜まった。。こんな水路があった。
北関東 某所 水路 1
さすがに・・全面が舗装された水路は、水があっても タガメは居ないかな?(^^;)
心の中で思いながら・・ちょっと気になった ので、水路の壁面を見てみると・・・
なんと、コンクリートで舗装された水路にも・・あの タガメが居ました!(笑)
水路内のタガメ成虫 その1
これを見る限り 田んぼに水がない場合・・その地域タガメの生息地でさえあれば、
壁面がコンクリート覆われた水路だろうと、成虫の場合は‥あまり関係ないようです(笑)
水棲網を使わなくても‥普通に採れそうな状況だった ので、思い切って素手で掴んだ。
タガメ 野外成虫♀
初採集となった 昨年度のタガメよりも・・明らかに大きいので、おそらく♀だと思う。
お恥ずかしながら‥タガメの♀成虫は、この時が 人生初採集だったので・・
2年越し同産地の成虫ペアが やっと揃ったので‥とても嬉しい一時となった。(^^)
北関東 流れのアル水路
その後は、似たような雰囲気のする 水路を中心に‥くまなく見て行きますが・・・
田んぼの王者タガメは・・たくさん見つかるほど 採集が簡単なムシでは ありませんね(汗)


そんなこんなで、4時間 経過。(笑) この場所は、最寄り駅から 1時間半近く
地道に歩かなければ‥たどり着く事ができない ドMすぎる場所(笑)なので、
そろそろ帰宅時間を意識しないと・・・ 明日の大手町インセクトフェアに 参加できなくなる(^^;)
雰囲気のある 水路 その2
そんな考え頭上をちらつき始めた時に、とても良い雰囲気がある水路を 運良く発見!
この水路を見たら・・タガメが居る居ない に拘わらず、早めに帰ろうかな?(汗)
そんな情けない考え方 を持ちながら、思い切って 水路の中を くまなく見てみると・・・
水路内に居る 野外のタガメ成虫
当初は 全く気付きませんでした(笑)が、本日。2頭目となる タガメが居た(^^)/
コチラの個体は、先ほど採った個体よりも‥やや小ぶりなので・・どうも♂みたいです。
最初、見る角度が悪かったのか? この2頭目のタガメに 気がつかなかったのですが・・・
タガメ 野外成虫♂
右上の方に、強い違和感があったので・・もう1度よく見て、見つける事が出来ました(汗)
これからも・・1回目で 強い違和感がある時には、もう1度。。
同じ場所を、よく見てみる という事を 必ずやろう と、心に決めました。(^^;)


何はともあれ、多産地とは言いがたい この場所で・・タガメの成虫ペアが採れたので、
隠岐で惨敗したブルーな気持ちが、だいぶ晴れた(笑)ので、とても楽しい1日でした(^^)
同産地における、タガメの成虫ペアがそろった 事もあって、今後・・この地域へは、
北関東 某所 田んぼ
今回の様に タガメだけを狙って、わざわざ採りに行く事は ほぼ無くなる と思うけど、
あのタガメが生息するほど・・自然が豊かな地域なので、色々な昆虫を採りに また行きたい!
スポンサーサイト

北関東 タガメ 採集記 リベンジ編
こんばんは。 不言実行という行動は・・大の苦手(笑)なへっぽこな私ですが・・・
有言実行 と言うことで、先日 見事までにボーズを食らった
北関東タガメ自力で何とか 自己初採集するべく、またリベンジしに行きました(爆)


北関東 某所 2014年 10月3日(晴れ)
本来、この日の私は・・普通にお仕事(笑)で 土日の2連休の予定 でしたが、
私の上司がどうしても 土曜日の職場に出て欲しい との言うことで金曜が代休になった。(笑)
幸か不幸か、今週末の天気が かなり悪かったので・・この申し出は、ラッキーでしたね。
今日は、先日ボーズとなった地域から、さらに北部の水田地帯を攻めてみることに(^^)
北関東 秋の田園地帯 1
最寄り駅から 歩いて1時間半ほどで、予め 目を付けていたポイントへと到着!(^^)/
よさげな田んぼを探していくが・・田んぼは 多いけど‥これが予想以上に見つからない(汗)
1時間近くさまよって、うーん。これは・・どうかな?思える場所に目を付けた。
北関東 流れのアル水路
舗装されまくりの水路ですが・・水草が適度に生い茂っているので、居るかも知れない
さっそく水棲網を入れていくけど、タイコウチ。 コオイムシ以外は、採れなかった(汗)
そんな中、妙に‥細かい砂が多いところを掬うと、今まで全く見た事がないムシが入った。
北関東 ナベブタムシ
ナベブタムシだった。(笑) 小さいけど・・れっきとした水棲昆虫の仲間です(^^)/
初採集で 嬉しいのですが・・このナベブタムシは、綺麗な流水域に生息するムシなので、
止水域を好むタガメの生息環境とは、微妙に違うような気がしたので、ココは見送った
でも、ナベブタムシが居ると言うことは・・ココは、かなり水が綺麗な環境 ということだ。(^_^;)
北関東 秋の水田地帯
なら、この地域の水辺 や 田んぼには・・タガメが居ても けして可笑しくないだろう。
まだ生息確認出来ていないムシに対して、何の根拠も無い自信だけが 密かにわいた(笑)
そんなこんなで、更に・・探す事 2時間・・ほとんどの田んぼの水が抜かれている中、
不思議と・・僅かに水(水たまり)が残っている田んぼを 運良く発見した(^^)/
北関東 雰囲気のある 水田脇
おぉ・・この水域、雰囲気だけ(爆)は、今まで見てきた中では・・かなり良いぞ!(^^)
早速 稲を痛めないように・・細心の注意を払って 水棲網をそっと入れてみる。
おびただしい数クロゲンゴロウと共に、今まで 全く見た事がなかったゲンゴロウが居た。
北関東 マルガタゲンゴロウ
マルガタゲンゴロウ。中型ゲンゴロウとしては、あのシマゲンゴロウよりも小さいのですが・・・
より綺麗な水を好むゲンゴロウなので、この水田は・・かなり自然環境が良いことが分かった。
この調子だと・・ひょっとすると・・今日は 本当に イけるんじゃないかな?(汗)


また また 根拠のない自信(爆)だけが、この時・・更に沸いてきた。(^^)
そして、この田んぼのすぐ近くにあった 草で埋もれた非常に小さな水たまりを発見した。
この環境は・・どうだろ。。。ちょっと 微妙かな?(汗) 早速、網を入れてみるものの、
北関東 水草生い茂る掘り上げ
クロゲンゴロウコシマゲンゴロウヒメゲンゴロウ中 小型のゲンゴロウ・パラダイスだった(笑)
今日は・・先週 嫌になる位まで出てきた ガムシ(笑)が 全く出てこない 面白い環境だな~
と、心で思いながら・・2回目に 網を入れて持ち上げた時に・・今までにない手応えがあった。
北関東 始めてタガメを採った!
・・・えっ? おい、ウソだろ・・・ ちょっと 落ち着こう(^_^;)
この時は、自分の 見ている光景信じられなかった。 先週は・・往復4時間近く歩いて、
6時間近く探索するものの 見事までにボーズ(笑) となり、タガメ採集の厳しさを知った(汗)
あの時 採れなかった悔しさ と まだ見ぬ 強い憧れを抱いて挑んだ この日の正午過ぎ・・・
北関東 タガメ 初採集個体!
国産最大の水棲昆虫である、タガメ人生初採集成功しました(^^)/
今回・・他人から 採集ポイントを一切聞かずに、自力このポイントを当てる事が出来たので・・
はっきり言おう、5年前の東京ヒラタ初採集した時のように めちゃくちゃ嬉しかった(泣)
オマケに・・街灯採集でなく、最も採集したかった方法である 水棲網での初採集だった。
北関東 タガメの居る風景
これで・・ココには確実に タガメが居る事が分かったので、もう少し追加を狙うべく、
この周辺をくまなく探したが・・王者の持つ品格(?)なのか? これ以外全く見つからなかった(汗)
時間も時間だし、たった1頭だけといえども 本命が採れていたので 帰ろう! と思った時に・・
あぜ道を通る時は 全く気付かなかった 田んぼの隅に小さな水たまりを発見した。(^^)
北関東 僅かに残る田んぼのオアシス
アレを確認したら、今日は・・タイムアップだなそんな思いを持って近づいてみた。。。
すると・・ちょっと 信じられない光景が、私の目に・・飛び込んできた。(^_^;)
なんと、タガメ幼虫が居た しかも・・和名通り田んぼ内でのリアル田亀だ!(笑)
北関東 タガメ終令幼虫 田んぼにて
この時は‥1度見てみたかった 田んぼ内での野生のタガメに出会えてかなり嬉しかった
かなり夢中になって何枚も写真を撮った。 一緒に写っているコオイムシと比較しても・・・
成虫でなく まだ終令幼虫とは言え、やはり 国産最大の水棲昆虫 は・・デカイ!(^^)


この時、田んぼの隅から コチラを不思議そうに見ていたおばちゃん声を掛けてみると・・・
なんと、タガメの居た田んぼの持ち主だった。(笑) 事情を 軽く説明すると、
不思議と意気投合(笑)してしまい、軽トラで 駅まで送ってあげるよ! と言う事になった(爆)
北関東 美しい黄金の稲穂
いやぁーこの場所最寄り駅から歩いて1時間半ある ので、非常にありがたかった(^^)
別れ際に、私の家は・・何時も空いてるから、今度来る時は 家に泊まってイイよ! と、
ごく普通に言って頂けた。。えっ、何?この不思議な展開。。私と貴方、初対面だよね?(笑)
タガメ 野外♂ 飼育下タガメ 野外終令幼虫 飼育下
もし、今度行くような機会があれば・・・Aさんお土産を持って 遊びに行きますね!(^^)
今回 運良く自己採集できたタガメ成虫は、暫く飼育する事に。そして田んぼで採った幼虫は・・
終令幼虫ということもあり、あと一回の脱皮で 立派な成虫になるので 羽化が楽しみです。

北関東 タガメ 散策記
こんばんは。 先日の日曜日は・・すこぶる天気が良かったので、
まだ 野外で1度も生きた姿を見たことがない国産最大の水棲昆虫である、
タガメを 実際に見て 自己採集してみたくなったので・・北関東へ初挑戦しました(^^)/


北関東 某所 2014年 9月28日(晴れ)
ふと した思いつきで・・前日の夜8時くらいに、今回の日帰り遠征が決まった(^^;)
タガメは、ナミゲンゴロウと並び子供の頃から 図鑑の中でしか見掛けないムシなので・・・
そんな子供の頃に図鑑の中憧れたムシを。。今なら 採れるかも? と思い初挑戦です!
北関東 秋空の下
なお、北関東における タガメの詳細ポイントは・・全く知らない(爆)ので、
航空写真などを用いて、雰囲気が良さげだな と 直感だけ で感じた場所に 行ってみた(^^)
最寄り駅から、気ままに歩くこと 2時間(爆)ほどで 目を付けた場所に到着です。
ポイントに着くなり 水棲昆虫の居る雰囲気が漂う 良い場所を 早速みつける事ができた
北関東 有望な水路 その1
こんな場所。 水は・・ほどよく澄んでいて、わき水由来のためか? 非常に水が冷たい!
タガメ、居るかな? そんな思いを持ちつつ 水草の濃い場所に向けて水生網を入れていく。
ほどよく大量のクロメダカ川エビなどが 網の中に入ってきた。 うーん 凄い環境だな(^^;)
北関東 タイコウチ 採集!
しかし、タガメの姿は・・どこにも無い。 めぼしいムシは、コオイムシタイコウチ位。
この2種であれば・・現在のマイ地元 千葉県でも そこそこ採集出来るムシなので、
彼らの新規ポイントが分かって、嬉しいのだけど‥・両手をあげて喜ぶほどではない(^^;)
北関東 有望な水路 その2
次は、こんな場所。 適度に・・ゆっくりとした流れがあり 水深が浅い場所なので、
タガメのエサとなる 小魚が沢山いそうな気がする。。ココでも 網を入れていくと・・
地元の千葉では 余り見ることができない水棲昆虫が 少ないながらも・・2頭採れた(^^)/
北関東 クロゲンゴロウ
クロゲンゴロウ本種の初採集は・・今年6月に miwa♂さんに連れて行って貰った
ナミゲンゴロウ採集時でした。。その時以来だから、実に4ヶ月ぶりのご対面。(笑)
本種の初採集時は、miwa♂さんのゲンゴロウなポイント採らせて貰った感じなので・・・
本当の意味での自力で本種を採集したのは、これが始めてだったので・・非常に嬉しかった(^^)
コレに期待して 何回か 網を入れるものの。。やはり 本命 タガメの姿は、何処にも無い
北関東 有望な水場
今日の最後は・・こんな場所。 かなり水草が多く 水は澄んでいるけど・・流れはほぼ無い
この場所で外すと、今日は・・もうダメかも知れない。。そんな感じで、網を入れる(^^;)
網に入ったのは・・5頭のガムシ(笑)。無数のコシマゲンゴロウ。 ヒメゲンゴロウ位だった。。
北関東 ガムシ 野外にて
こうした3つのポイントで・・6時間ほどやりましたが、タガメは 全く採れなかった(^^;)
いやぁー国産最大の水棲昆虫である タガメの詳細ポイントを 全く知らないで・・・
航空写真だけで 生息地を1発で当てるのは・・無謀と言えば 無謀(爆)なんですが、
タガメの様な 貴重な昆虫を狙う採集は、採れるまでの過程非常に楽しかったりするので
北関東 エサに群がる シマゲンゴロウ
また、近々 必ず リベンジしに行きます。(笑) 次こそは・・自己採集出来る とイイな(^^;)
この日・・本命のタガメは採れなかったけど、関東地方で 地元 千葉以外の水棲昆虫の生息地
自力(←ココ重要)で 新規開拓する事ができたので・・とても有意義な日帰り遠征採集でした。

千葉 シマゲンゴロウ 採集記
こんばんは。 いつの間にか、先週までの暑さを忘れるぐらい 涼しくなりましたね。
まぁ、秋になればなった で・・オサムシ採集の第2シーズンが始まる上に・・・
昨年度ボースになり、リベンジしに行かなければいけない とあるトンボが居たりするので、
まだ 今年度におけるマイ昆虫採集の熱終わる見込みがなさそうです。(^^;)

さて、飼育しているゲンゴロウ幼虫のエサ確保をするべく、仕事終わりに地元の谷津田へ!


2014年 8月20日 千葉県 某所(晴れ)
今住んでいる所から ほど近くにある谷津田も・・すっかり秋色になっていた。
私が住んでいる 千葉県中部は、今年の夏 あまり雨が降っていない ので、ちょっと心配。(汗)
そんな考えを 頭に浮かびながら、田んぼ近くにある こんな堀上げがさがさ してみる。
千葉 晩夏の掘り上げ
ほどなく、新鮮かつ ゲンゴロウ幼虫のエサとして良いサイズのドジョウ複数採れた! 
今日は 仕事終わりの寄り道で そろそろ日が暮れるから・・まぁ こんな所だろ。 (^^)
そんな感じで、この場を立ち去ろうとした時・・とある谷津田の一角妙に気になった
千葉 小さな水たまり
小さな水たまりですが・・遠目でも ある程度の深さがあり、水が澄んでいるように感じる。
これっ もしかしたら‥隣町で生息が確認できている シマゲンゴロウが居るかもしれない!
そんな軽い気持ちで、この小さな水たまりを 覗いてみる。。。いやぁー凄かった。(^^)/
水たまりに居る シマゲンゴロウ達
何か、信じられない程・・この小さな水たまりの植物に 複数のシマゲンゴロウ が居た。
ココに訪れるのは、初めてではありませんが・・この地で シマゲンゴロウに会えたのは、
今回が 初めてだった ので・・新しいシマゲン生息地の発見本当に 嬉しかった(^^)/
貴重な地元での採集記録 を残すべく、何頭か採集するために・・金魚網を軽く入れてみる。
千葉 シマゲンゴロウ 複数採れた!
たった1すくいでも、これだけのシマゲンゴロウが採れてしまった。。信じられん(^^;)
今年の6月は、このムシを狙って・・夜な夜な隣町の里山まで通い せっせと生息地を開拓して、
せいぜい 5頭のみだった ので・・あの時の苦労は、一体。。。いった気分でした(笑)
千葉 シマゲンゴロウ 野外にて
まぁ、時期的にも・・6月よりも 今くらいの時期シマゲンゴロウ採集のベストで・・
地元の方が 隣町の里山よりも・・シマゲンの個体数が濃いのかも? と 強く感じた。(^^)
上ですくったシマゲンの中から、気に入った2ペアだけ持ち帰り・・残りの個体は 全てリリースした。
千葉 秋を告げる稲穂
にしても、今日は・・仕事終わりたった30分のプチ採集でしたが・・・
非常に 良い成果と 地元での新規ポイント開拓が出来て・・本当に素晴らしい息抜きだった。
よーく写真を見ると、シマゲンゴロウに混ざって、コシマゲンゴロウ初採集していた(^^)

甲信越 ナミゲンゴロウ 採集記
こんばんは。 この1週間は、数ヶ月ぶりに…珍しく(笑) お仕事が忙しくて・・
現在 飼育している虫(クワガタ・ゴミムシ・水棲昆虫)のエサやりに専念していました。
そんな中、是非 日程 と 機会が合えば… 一緒に 灯火採集しに 行きたいです!(^^)/
と、とある虫のギネスブリーダー miwa♂さん に対して 猛アピールしていたところ、
運良く 彼が採集しに行く日と 私の暇な日が重なった ので・・南東北へ灯火採集しに行った。

でも、本命の南東北へ行く前に・・ささやかなマイ希望であった 子供の頃からの強い憧れ
ナミゲンゴロウ を どうしても…野外で見たい! あわよくば…自己採集したい! ので・・・
miwa♂さんに かなり無理を言って 南東北の地へ行く前に、甲信越に行って貰いました(^^;)


甲信越 某所 2014年 6月21日(深夜)
前日の夜8時に・・都内 某所で待ち合わせでしたが、お互いに 仕事終わってから
都内合流とあってか、これから始まる準備(1泊2日 車中泊)が なかなか出来ずに…
当初の 待ち合わせより1時間遅れで・・お互いに 待ち合わせ場所に・・到着。(笑)
そこから、miwa♂さんの安全運転で 快適にぶっぱなして、甲信越地方のポイントへ向かう(^^)/

今から行くポイントは、昨年度 miwa♂さんある昆虫の採集ポイントを探し中に・・
偶然 見つけた ほぼ確実に・・ナミゲンゴロウを見ることができる 貴重なため池との事で、
憧れのナミゲンゴロウに 会えるかも? と考えていると、ウキウキ感 が半端なかった(笑)


日付が変わって 1時間ほど経過した頃に・・甲信越地方の ため池付近に到着。
この周辺は 街灯もほとんど無い場所なので。非常に暗いです(^^;)
そんな暗い中・・miwa♂さんが慣れた手つきで、ナミゲンゴロウを狙った水中トラップ
4個作成し それらを ここぞ! と思う場所に向けて・・暗いため池に 放りこんでいく(^^)/
甲信越 ため池に トラップを投げ混む
これっ 普通に、立っていますが・・実は ため池の水際が 斜面になっていて・・非常に危険
なにせ 街灯が全くないので、明かりを消せば・・真の暗闇 が待っている上に・・
周辺環境と池の深さが 未知すぎて…もし 滑って落ちたら、ドングリころころ実体験できる(爆)

miwa♂さん曰く、トラップを投げ込んで 1時間待てば・・成果発表だよ との事で・・
あとは、1時間待つだけ なのですが・・私、こうした滅多に来られない採集地で、
待つのが非常に苦手なタイプな人間(笑)なので、危険を承知で・・水際を攻めていきます(^^)/
オリジナルの水棲網
もう この日のためだけに・・少し高価ながらも この分野における専門店で 購入して
私が使いやすいように ちょっとした改造 を施した 特性のマイ水棲網を 今回使ってみた。(^^)
ほどなく水際で・・泳いでいる ゲンゴロウと思わしき甲虫を運良く発見し、すくってみる。
クロゲンゴロウ 初採集
地域を問わず 初採集となる クロゲンゴロウだった。 私が今すんで居る地元 千葉で
たま~に見掛ける シマゲンゴロウより 本種は1周り大きく 漆黒のボディがカッコイイ!
miwa♂さん曰く このため池では・・かなりの普通種との事でしたが 記念に持ち帰る(^^)


クロゲン採集で 気分を良くして、水際にある 水草 や 枯れ草 を より真剣に見ていると・・・
光を照らした際に 枯れ草が 一瞬、動いたように・・感じたので 枯れ草ごと網ですくう!
予想通り ミズカマキリ(左下)。 タイコウチ(右下)だった。 両種とも初採集!(^^)/
ミズカマキリ 初採集タイコウチ 初採集
私の想像以上に・・意外と タイコウチが小さくて、ミズカマキリが大きかったな。
この2種も…普通種みたいですが・・タガメより大好きな 水棲カメムシなので 持ち帰る。
今まで昆虫図鑑の中でしか見ることが出来なかった水棲昆虫に 多く出会えて、
かなり嬉しかったのですが・・今日の大本命 ナミゲンゴロウだけは、全く見つかりません(^^;)


こんなに 水棲昆虫が豊富甲信越のため池であっても・・ナミゲンは 難しそうだ。。
投げ込んだトラップ4個が 何とかしてくれるかも? そんな淡い期待もありましたが・・・
1時間という この待ち時間に できる限りの事無駄になるのを覚悟でやってみよう! と思い、
ため池に落ちないように・・気をつけて斜面に立って また ため池の水際を見ていく。。。
甲信越 深夜のため池
20分後・・ため池の とある1箇所の水際が、やけにイイオーラを放っていたので・・
その一点のみを見ていると・・そのオーラがあった水際から 50センチ離れた所を、
泳ぐクロゲンゴロウ達蹴散らす大きな甲虫が 目の前を 優雅に泳いでいるのを 発見(^^;)


この時は 全身が震えた。(爆)手で持っていた荷物などは・・全て下の地面に放り投げて、
ちょっと落ち着くために 深呼吸しつつ 水棲網のみを持って より水際に向かいます。
光を弱くした懐中電灯で、その大きな昆虫の姿を映すと・・全身が 翡翠色輝いた(汗)
採集チャンスは 1度のみだと思い・・その大きなムシとの 間合いを真剣に詰めて 網を振る。
網の中のナミゲンゴロウ
きた きた きたぁー (^^)/ 憧れのナミゲンゴロウ が元気よく網の中で、跳ねた。
興奮気味で、miwa♂さんを呼ぶと・・彼も まるで 自分の事のように喜んでいました。
文章表現が…下手なので、これが限界ですが・・本当に 感動した。 泣きそうだった(笑)
ナミゲンゴロウ 初採集
この重量感。 まるで魚でも…掴んでいるかの様な ぴちぴちと跳ねる感覚が、もうたまらん。
気になるサイズは、先ほど採集したクロゲンゴロウよりも…1周り大きいです。
さすが、世界最大のゲンゴロウ というだけあって 他のゲンゴロウとは存在感が違う。(^^;)

この5分後・・もう1頭 ナミゲンゴロウを見つけるものの、水際から
1メートル以上 離れた 池の深さが未知な場所 を泳いでいたので・・潔く諦めた(汗)


そして、4個のトラップの成果を見る時間がやってきたので・・池から引き上げてみる。。。
なんと トラップでの成果は・・4個とも不発でした(^^;) と言うわけで・・
本命の南東北へ向かうべく 当地でのナミゲンゴロウ採集これにて、終了となった。
ナミゲンゴロウ 別角度より
いやぁー無駄になるのを覚悟で、あの待ち時間に・・水際を 丁寧にルッキングしていて、
本当に 良かった。 でないと・・このナミゲンゴロウは たぶん採集できませんでした(笑)
miwa♂さんに、何度も何度も お礼を言って 次の採集…南東北の地へと向かいました。(^^)/


帰宅後・・ナミゲンゴロウに関しては、ちょっと信じられない出来事が起こった のですが・・・
これに関しては 別記事で・・必ず報告したい と思いますので、気ままにお待ち下さいませ(^^)
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。