初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナミゲンゴロウ リベンジに成功!
こんばんは。 少し前から、体調を崩して・・1年半ぶり(?)に風邪を引きました(汗)
ノドの痛み から、冷や汗に変わり。。現在では、鼻へと 症状が移ってきましたが・・・
あと、もう少しで‥遠征採集しに行く身だけに、早めに体調を整えたいところ ですね(^^;)

さて、今日の記事は‥今年度の飼育において・・あの オオキベリアオゴミムシと共に、
最も力を入れた と言っても、けして過言ではない。。ナミゲンゴロウのその後です(^^)/


何時もお世話になっている ムシ友のmiwa♂さんからの 野外ペアの里子により、
運良く 2015年度もブリードする機会を得た ナミゲンゴロウ。
今年は水槽内で 卵こそ発見できなかったが・・2令幼虫を 計6頭発見出来たので、
この6頭の幼虫を、大失敗した 昨年の苦い経験を踏まえて、リベンジ飼育しました。(^^;)
ナミゲンゴロウ 3令幼虫 頭部の拡大
今回 ナミゲンの リベンジ飼育において、最も注意した点は・・魚中心の食生活にせずに、
餌用として爬虫類専門店などで売られている 生きたコオロギなどの昆虫を中心に与えたこと。
もう1つは・・食べ終えた餌を、速やかに取り除き・・毎日水替え を行うことである(汗)
上陸間近のナミゲンゴロウ幼虫
毎日 水替えをする」・・という、すごく簡単に文章を書いているかも 知れないけど・・・
幼虫飼育時における 毎日の水替え作業は、皆さんが想像する以上に、かなり大変です。(汗)
でも、この作業をサボってしまうと・・昨年の経験上。。確実に 幼虫が体調を崩して、
ほぼ死亡してしまうので、「必ず 成功したい!」 という強い思いを持って 毎晩やった。(笑)


3令幼虫になってから、16日後。餌のコオロギを 全く食べなくなったので・・・
先に上陸したコガタノゲンゴロウの蛹化容器よりも、少し大きめの容器にて‥強制上陸させた。
ナミゲンゴロウ 強制上陸セット強制上陸させた ナミゲンゴロウ幼虫
6頭中の 5頭は、すんなり潜っていったが・・残る1頭の幼虫は、なかなか潜らなかった。(^^;)
こうした潜らない幼虫陸上に放置すると‥当然 ミイラ化(汗)してしまうので、
色々と、悩んだあげくに・・ひと手間を加えた この幼虫専用の蛹化容器を作成してみた。
ゲンゴロウ上陸ケース その1ゲンゴロウ上陸ケース内の 幼虫
作るのが 面倒(笑)でしたが・・この上陸方法なら、幼虫が 好きな時に上陸できるので、
少なくとも‥ミイラ化溺死させてしまう危険性が ほぼ無くなるので、イイですね。(^^)
このセットの欠点としては、作成するのに・・手間が掛かること と スペースが倍掛かる ことかも?
上陸ケースに 潜っていったナミゲン幼虫
この容器の作成から、1日後には・・潜らなかった幼虫も、何とか上陸した模様。(^^)
これで、しばらくの間は・・温度が安定している やや暗めの場所に そっと。。置いておきます。


成熟した ナミゲンの3令幼虫を 強制上陸 並びに 任意上陸(笑)させてから・・20日後。
ふと、最後に上陸した幼虫が入った蛹化ケースの中を 何気なく観察してみると・・・
上陸ケース。。穴が空いた
なんと、ピートモス上に ピンポン球サイズの 丸い穴が ぽっかり と空いていた。(^^;)
慌てて 穴の中を覗き込むも、ムシの姿は無し。。それならば と思い、水中を見てみると・・・
上陸ケース内で泳ぐ ナミゲンゴロウ新成虫
居ました! ピートモスまみれの泥水の中に、綺麗な新成虫が居た。
この容器のままだと、泥まみれで可愛そうだった ので・・綺麗なVIPルーム(笑)へ ご案内
無事に羽化した ナミゲンゴロウ
新成虫の羽化サイズは、miwa♂さんより頂いた 野外ペアよりも 一回り小さいですが‥
綺麗なナミゲンゴロウ新成虫今回のリベンジでやっと観られたので、本当に嬉しかった(^^)


あの1頭が羽化 しているなら・・先に潜った5頭全て羽化しているかも?
と思いまして、ウキウキしながら‥強制上陸させた幼虫たちの容器を、慎重に暴いていく。。
蛹室から出てきた ナミゲンゴロウ新成虫蛹室内にいる ナミゲンゴロウ新成虫
私の予想通り、大半の幼虫が無事に・・羽化していました。 本当に嬉しい限り。(^^)/
今年は 2・3令幼虫時の餌確実に羽化をさせるべく コオロギのみだった ので、
少し栄養価が低いせいか? 羽化してくる個体は・・野外個体に比べて 軒並み小型でした(汗)
ナミゲンゴロウ 蛹 室内にてナミゲンゴロウ蛹 大きさ比較
そして、なぜか? この1頭だけ、まだ蛹の状態でした。(笑) ただ、こんな感じで・・
ナミゲンな蛹を じっくりと見るのは‥初めてだった ので、何枚も写真を撮った。(^^)/
繊細な蛹を暴いてしまったので、無事に羽化するのか? ひやひやする毎日でしたが・・4日後
ナミゲンゴロウ 新成虫 羽化直後
こうして、無事に・・蛹も羽化してきました。 かなり幸運にも、真っ白な状態を撮影できた。
通常のナミゲン色彩へ 完全に色づくのは‥たった1日と、とても早くて驚きました(^^;)
その後は、種親 や 新成虫同士の共食いを防ぐべく。。10日間ほど、単独飼育をしまして。。
羽化後。。3~4日間で、水中に潜れなかった新成虫達が スムーズに泳げるようになった。


昨年は大失敗して。。今年はナミゲンゴロウの、リベンジに燃えたシーズン でしたが・・・
今年は、水槽より回収した6頭全ての幼虫を 無事に 羽化させる事ができた(^^)/
子供の頃から 強く憧れたナミゲンを‥遂に ブリード初成功しただけに、本当に嬉しかった。
ナミゲンゴロウ 飼育下にて
ナミゲンゴロウは、産卵させるのが やや気難しい面があるけど‥何とか 産卵させてしまえば、
孵化直後の幼虫サイズが大きく 幼虫自体が強いので、飼育全般としては‥比較的簡単です。
来年も、コガタノゲンゴロウと同じく ブリード継続出来るように‥気ままに頑張りますね(^^)/
スポンサーサイト

ナミゲンゴロウ その後の様子
こんにちは。 ここ最近の関東な週末が・・どの地域も あまり天気が良くなくて、
気ままに昆虫採集しに行く事が出来ずに、なかなか ウズウズしております。(^^;)
ほんと。。なぜか? お仕事する日に限って・・なかなか良い天気なんですよね。(苦笑)

まぁ、今は・・しっかりと ブリード標本整理しなさい とのお告げだと思うので・・
今回も飼育関連の記事で行きます。 ただ毎回 クワガタムシ関連の記事だと飽きますので、
今日のブログ記事は・・久しぶりの更新となる ナミゲンゴロウさん のその後です(^^)/


4月下旬に 産卵セット後。。気温があまり上がらない日が続いてしまい、産卵スイッチ
イマイチ入らなかった様で・・飼育している2産地のナミゲンとも、全く産む気配が無かった(^^;)
そればかりか・・昨年6月21に 初めて自己採集した方のナミゲンさんが 死亡していた。
ナミゲンゴロウ 飼育下にて
死因がよく分からないけど・・数日前より 泳ぐ動作そのものが 日々ぎこちなくなって行ったので、
おそらく寿命のように感じました。 昨年度は‥産卵してくれて 本当にありがとう(^^)
もう1産地の方は・・なぜか? 産む気配なし。(汗)うーん。今期のブリード失敗かも?


といった、黒い雲が頭上に 立ちこめた時に・・思わぬ助け船がやって来ました。(笑)
なんと・・miwa♂さんが採集してきた ナミゲンゴロウを1ペア頂いてしまいました。
早速、前回の記事でも・・紹介したのと まったく同じ内容の産卵セットで、組んでみました(^^)/
ゲンゴロウ 産卵セット
「ケース」…30センチ水槽 「産卵床」…ホテイアオイ 「環境」…水温 25度。
この産卵セット後・・交尾を何回か確認して・・産卵床として入れた ホテイアオイ
かなり囓られていたので、これは・・産卵しているかも? と ワクワクしていましたが・・・
一向に、幼虫の姿が見えなかったので、 やはりダメか。。と思った 2週間後に、
産卵が確認された ナミゲンゴロウ水槽やっと見つけた ナミゲンゴロウ 2令幼虫
たまたま 水槽内の様子をじっくりと見ていた時に、ナミゲン幼虫の姿を発見です(^^)/
サイズを見る限り、既に 2令幼虫となっていたので・・小さい1令幼虫に 全く気付かず
産卵セットの水槽内で・・何らかの生物共食いをして、いつの間にか 成長してたようです。(笑)
ナミゲンゴロウ幼虫 カップ管理
慌てて、産卵セット内を くまなく見てみると、計5頭の2令幼虫を確認できた(^^)/
昨年度の失敗経験先人のアドバイスから・・ナミゲンゴロウ幼虫のエサとして、
魚中心ではなく 昆虫中心の方がイイよ と教えて頂いたので・・今年は 昆虫を中心に与える。
コオロギを食べる ナミゲンゴロウ2令幼虫
こんな感じで、都内の爬虫類専門店で・・購入してきたコオロギSを 毎日与えて、
半日ほどして エサを食べ終えたら必ず水替えをする という方法で やっています(^^;)
なかなか 毎日水替えする作業が・・めんどくさい ですが、今年こそは・・・
何とか ナミゲンゴロウのブリードに成功させたい ので、睡眠返上頑張っています。(笑)
カップ飼育な ナミゲンゴロウ3令幼虫
現在では・・全てのナミゲン幼虫が 3令幼虫になりました。(^^)/ 昨年の初挑戦時よりも・・
幼虫の生育状況かなり良いので、このままの調子で・・上陸。蛹化。羽化をさせたいです。

ナミゲンゴロウ セット開始!
こんばんは。 GW本番が まじまじと 迫ってくる中、駆け込み関連の方々が
たくさんやってくる関係で、お仕事が非常に‥忙しく ブログ更新できずに すいません(汗)
GW明けにも・・連休したツケ全て回ってくる(笑)ので、気ままに頑張ります。(^^;)

さて、先週末には・・今期 初のベイトトラップをしに、千葉県に行きましたが・・・
この採集記を上げる時間が、現段階では ちょっと厳しい(汗)ので‥
今回も、飼育関連で・・昨年 自己採集した ナミゲンゴロウ産卵セットを組みました(^^)/


昨年度のナミゲン 初ブリードでは、運良く ミラクル! とも言える、
湿った水苔への陸上産卵により、卵から羽化までを、運良く経験することが出来ましたが・・
2令と3令幼虫時代に、エサとして与えていた 魚中心の食生活あまり良くないようで、
せっかく蛹になって羽化させたものの。。 羽化不全(泣)で・・死亡させてしまった(^^;)
ナミゲンゴロウ 飼育下にて
私が 子供だった頃。 両親に買って貰った昆虫図鑑の中で始めて出会い、非常に憧れ、
国産の水棲昆虫の中では・・トップクラスに大好きナミゲンゴロウ。。(^^)
何としても、ブリードに成功したい! ので、昨年度の失敗を踏まえてリベンジ開始です。
ナミゲンゴロウ 産卵セット
「ケース」…30センチ水槽 「産卵床」…ホテイアオイ 「環境」…水温 25度。
本種のブリードがとても詳しく紹介された 「水生昆虫 完全飼育・繁殖マニュアル」を読むと、
ナミゲンゴロウが産卵する条件は、25度以上の水温13時間以上の日照時間 なので・・
日当たりがそれなりに良い窓際に 上の様な産卵セットを 2産地 組んでみた。(^^)/
今回は‥確実に産卵させたい ので、ゲンゴロウ産卵の定石である 水草への産卵に決めた。
ナミゲンゴロウ 別角度より
自己採集甲信越ラベルの方は、♀のみ採集で・・昨年度 産卵実績があるものの。。
今期は、種切れを起こしていないか? 地味に‥心配です(^^;)
国内外のクワガタムシの場合は、1度交尾すると・・種切れになる事は ほぼない のですが、
さて さて ゲンゴロウの場合は、どうなのかな? 何はともあれ、今年も‥産んで下さいな。(^^)/

ナミゲンゴロウ 蛹化 そして・・・
こんばんは。 今日のブログ記事。本当は・・あまり書きたくない内容なのですが・・・
アリのままに が もっとーな当ブログですので、ナミゲンゴロウ幼虫のその後です(^^;)


あれから・・前回紹介した幼虫1頭が潜って、3週間近くが経過したので、暴いてみた。
蛹室内から、幼虫の頭だけが発見されて・・お亡くなりになっていた。。原因不明。(^^;)
それから・・もう1頭の幼虫が急に拒食するようになり、蛹化の合図かな? と思い、
ピートモスヘ潜る ナミゲンゴロウ3令幼虫
湿らせたピートモス上に上げるものの、その翌日に・・ピートモス上で、死亡を確認(汗)
またしても・・原因不明。。はっきり言って、卵から育ててきたので、ショックでした。。

ラスト1頭。。この幼虫に・・全てを掛けるしかない。(^^;)

そんな飼い主の気持ちに答えてか。。まだ成長途中なサイズ(60ミリ)にも・・関わらず
拒食ったので、慌てて上陸させると・・何事もなく潜っていた。 今回は どうだろう?
前回 蛹室で、死亡した事もあった(汗)ので、すごく気になり始めてしまい、
潜ってから3週間ほどで・・・羽化する という書籍の記述を信じて、暴いてみました(^^;)
ナミゲン 蛹部屋が出現!ナミゲンゴロウの蛹
う~ん。少し室温が低かったようで・・まだ、蛹の状態でした。(爆)
初めて見る ナミゲンゴロウの蛹かなり感動してしまい、何枚も写真を撮った。(^^)/
開けてしまって大丈夫かな? そんな気持ちを持ちながら。。出来る限り そっとしておいた。


それから1週間後に・・蛹の様子を見るべく、ケースを覗いてみると・・・
羽化不全で、唯一 最後まで生き残っていたナミゲンゴロウ死亡させてしまった。(汗)
羽化不全で死亡した ナミゲンゴロウ
原因は‥言うまでも無く あの繭玉を 暴いてしまったことに違いない。 本当に残念(>_<)
オマケに、羽化サイズクロゲンゴロウ並に小さい(汗)ので・・栄養不足な面も ありそうだ。


こんな感じで・・人生で始めてとなった ナミゲンゴロウのブリードは、
大失敗してしまいました。。でも、失敗したとは言え、卵から成虫まで行く事が出来たので・・・
もし、まだ存命中の 今年6月に自己採集してきた 甲信越ラベルのナミゲン野外♀ か
先月 大手町のフェアで格安で購入してきた 東北ラベルの野外ペアの
ナミゲンゴロウ
どちらかの個体群で・・また来年度の産卵シーズン中に 運良く産卵に成功したら、
今回の失敗談を踏まえた上で、よりよい飼育ができると思うので、また リベンジしたい(^^)/


追伸
飼育中のナミゲンの♂不思議な行動をしていたので・・軽くメモ書きしとく(^^)/
水草をかじるナミゲンゴロウ♂ナミゲン 前足の具合から・・♂だと分かる
なんと、普段 見向きもしない水草を かじっています! それも・・でなくが。。
エサを与えて1日後かつ 産卵行動ではない(筈w)ので・・すごく不思議。(^^;)
もしかしたら、ゲンゴロウ成虫は 時と場合によっては・・水草も食べるのかも? しれませんね。

ナミゲンゴロウ 加令 そして 上陸へ!
こんばんは。 9月にも 少しまとまったお休みが 運良く取れそうな感じなので・・・
また 離島へ採集しに行く計画を 今 立てていますが この時期に狙いたい候補が多すぎて、
未だに 島を決められない上に・・これから台風シーズンが到来するので、難しい限り(^^;)
まぁ 計画倒れ(笑)にならないように、今週中には、最低限 何処に行くのか? を決めたい。

さて、きょうのブログ記事は・・前回の記事で予告していたように・・
一部の方のみが楽しみ(?)にしている ナミゲンゴロウ幼虫 その後 となります。(^^)
7頭が無事に孵化して、初めての累代飼育のため 1令時に2頭を死亡させてしまいましたが・・・
残りの5頭は、真面目にお世話をしていたため 全ての個体が2令幼虫になった。
成長した ナミゲンゴロウ2令幼虫 飼育下
2令幼虫も・・毎日 2匹のメダカを与えていると、2令へ加令してから 約10日前後で、
明らかにエサの喰い付きが悪くなってきたので、これは3令になるための 加令前だな?
と、強く感じたので・・今までの200ccカップ飼育から 少し広めミニケース単独飼育へ!(^^)/
ナミゲンゴロウ 2令後期 飼育環境
ナミゲンゴロウ2令幼虫後期の飼育環境は、こんな感じにしてみた。(^^)/
この状態で 暫く様子を見ること・・2日前後で 無事に3令幼虫への脱皮が始まった。
運良く この脱皮する瞬間に・・居合わせる事が出来たので 脱皮時を撮影する事ができた。
加令するナミゲンゴロウ 2令幼虫脱皮直後の ナミゲンゴロウ 3令幼虫
脱皮直後の この透き通った 3令幼虫は・・本当に神秘的でした。 時間にして、
本当に あっという間の出来事で、幼虫の背中が割れてから 全部が脱ぎ終わるまで・・・
およそ1時間ぐらいだった と、記憶しております。 暇人ですね(笑)
ナミゲンゴロウ3令幼虫時における飼育容器のサイズは、ミニケース単独飼育にしてみた(^^)/
ナミゲンゴロウ 3令幼虫 飼育環境
脱皮が完全に終わってから・・丸1日後に またエサを せっせと食べ始めました。(^^)
私は ナミゲンの3令幼虫時のエサとして、メダカ小さめの金魚を与えました。
どちらも・・非常に喰い付きが良いのですが、金魚の方が より大きく成長するようで・・・
エサを食べる ナミゲンゴロウ 3令幼虫
1日に 2~3匹の金魚を与えると、どんどん成長するのが目に見えて 本当に嬉しかったです(^^)
ただ、メダカを与えていた時以上に・・金魚を与えていると・・・
非常に水が汚れやすく 水替えの頻度が上がってしまい、毎日 水換えする事になった(汗)


そして、この頃に・・口永良部島 や 北海道 への遠征採集しに行ってしまい、
平均にして4日ほど家を留守にする関係で、遠征に行く前に・・エサを与えてしまうと、
汚れた水の中で4日間過ごすことになり 確実に 幼虫を弱らせてしまう危険性があったので・・・
前日までしっかりとエサをあげて・・行く当日は あえてエサを与えませんでした。(^^;)
ナミゲンゴロウ 3令幼虫 飼育下
しかし、帰宅してみると・・大きかった2頭の幼虫が プカプカ 浮いていた。 残念です(泣)
この死因を 確認するべく、生き残っていた 3頭の3令幼虫を確認してみると・・・
死亡した2頭に次いで大きい幼虫の方は、あまり元気がなく ぐったりしていた。(^^;)
そして、不思議な事に 3令への加令時期 が 早かった3頭に比較して
2週間ほど遅かった 3令の初期と思われる方の幼虫は・・普通に 元気そのものでした。
ナミゲンゴロウ 3令幼虫 頭部の拡大
これは・・もしかすると気持ちを持って、ぐったり気味の大きな幼虫の目の前に、
ピンセットを揺らしてみた。。何時もなら 喰いつく仕草をするのに・・ 今日は全く反応が無い


これは、ヤバイ! 間違いなく あの本に載っていた 蛹化する前の仕草だ。(^^;)
ムシ好きの方であれば ご存じの方が多いかもしれませんが こうしたゲンゴロウの仲間は・・
3令幼虫が 成長しきると、蛹になるために・・・土の中に潜る必要性がある ので、
エサに興味を示さなかった3令1日半以内に土に上陸させないと、溺死してしまいます。
なので、大きく成長した幼虫2頭の死亡原因は・・おそらく 上の理由による溺死 だと 思う(汗)
ピートモス
とりあへず、蛹化前の仕草を確認した ので 上陸をさせる為のマットを購入するべく・・
急いでホームセンターに行き、ゲンゴロウ幼虫が蛹化するのに 必要なピートモスを購入!
このピートモスは、主に 園芸用品のコーナーで買う事ができます。(^^)
湿らせ具合は・・クワカブの産卵床に対する加水よりも、気持ち分 水分を多くしてみた。
強制的に上陸させた ナミゲンゴロウ3令幼虫
祈るような気持ちぐったりしていた3令幼虫を ミニケース内に 手押し程度の堅さで詰めた
ピートモスの上そっと置いてみると・・瞬く間に、マット内に潜っていきました(^^;)
いやぁー危なかった。。あと半日でも発見が遅れていたら、おそらくダメだったかと。。。
ピートモスヘ潜る ナミゲンゴロウ3令幼虫
書籍ネットでの 色々な飼育情報によると・・ナミゲンゴロウの3令幼虫が土に潜ってから、
24度の飼育環境下で、だいたい20日ほど新成虫が羽化して来るみたい なので、
あと もう少しで、ナミゲンゴロウの新成虫が見られる! と 思うと、本当に楽しみです。(^^)/
残り2頭の幼虫は‥せっせと 毎日エサを与えて 9月の遠征採集前に 上陸スイッチを入れたい!
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。