初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミシマコクワ 遅いエサ交換!
こんばんは。 この時期の天気って、やはり コロコロと 変わるモノ なんですね。(^^;)
昨晩は‥気温こそ良いけれど、私の地元では 雨がぱらついてしまい、両生類観察には・・・
良い天気でしたが・・地元な湿地性ゴミムシ観察には、不向きすぎて‥参りました。(汗)

次に‥晴れる のは、明後日 金曜日なので・・その前後に、今期初
地元での観察が出来れば良いな。。と思います。 お願いだから‥予報が当たって下さい

さて、種こそ 全く違えど‥同じコクワガタ繋がりで‥2年前の7月口永良部島にて、
運良く 自己採集する事が出来た ミシマコクワにおける 最後のエサ交換をやった(^^)/


過去の記事を見る限り 昨年11月後半辺りに‥200ccの菌糸カップ移して以来。
私情お仕事などが 色々と忙しくなってしまい、本来なら・・・
2月中旬にやらなければ‥いけなかった最後のエサ交換を、4月上旬にやりました。(^^;)
ミシマコクワ ズボラ飼育
かなりのズボラ飼育でしたので、ミシマの幼虫達は‥すっかりと成熟しきっていました。(笑)
この成熟した状態で‥新しい菌糸カップに投入するのは、かなり勿体ない気がする のですが・・・
先日あった むし社の春セールで、200cc菌糸カップを 幼虫数だけ買ってしまったので、
ミシマコクワ 今更のエサ交換
せっかくなので・・前蛹だった幼虫以外の 計12頭を、菌糸カップに投入です。(^^)
軽く雌雄判別してみましたが 幾ら3令幼虫とはいえ 1カップ返しのため、幼虫自体が小さく・・・
更に 幼虫が成熟しすぎて(笑)いて・・精巣が余り見えない(汗) ので、よく分かりませんでした。
ミシマコクワ ♂蛹 中歯
このエサ交換時に・・あえて交換しなかった 前蛹な幼虫が、先日 蛹化しました。
小さな幼虫の大きさから、これはかな?当初思っていましたが・・何と、でした(笑)
200ccカップ飼育とはいえ、流石に菌糸を 使っただけに‥意外と 歯型が良いですね(^^)
スポンサーサイト

ミシマコクワ 割り出し! 2015
こんばんは。 実は ほんの少し前に・・昆虫関連 という趣味を掲げてから・・12年。(^^;)
へっぽこな私今まで購入してきた昆虫関連(生体・標本・用品)で‥もっとも高額な とある物を・・・
2つの理由が重なり、ここぞ! とばかりに・・・思い切って購入しちゃいました。 (笑)
既に‥その物は‥東京の実家には届いているので・・早く帰って 対面したい ものです。

さて、昨年7月に口永良部島で 運良く自己採集できた ミシマコクワを割り出しました(^^)/


過去記事を 見る限り、本種のセットしたのは・・9月中旬頃。 実は・・
10月中旬ぐらいに、1度・・軽くセットを見てみたところ、まだ卵の状態だった(汗) ので
ミシマコクワ 新成虫♂ミシマコクワ 産卵確認!
この状態では・・必ず見落とすだろうな。。と思い、あえて放置しておりました(笑)
そして・・先日。 そろそろ孵化して幼虫になった頃かな? と思い、割り出し開始!(^^)/
かびる 産卵木 
産卵木のごく一部もの凄いカビに、包まれていますが・・・おそらく 問題無いはず。(笑)
こんな状態の材(笑)であっても・・ミシマコクワの初2令幼虫達が 次々と、出てきました。
幼虫の成長具合を 見る限りでも、最も良い時期での割り出しだった と思います。(^^)
ミシマコクワ 2令幼虫 材よりミシマコクワ2令幼虫 マットから・・
ごく一部の幼虫は・・マットから出てきた。 ミシマコクワ完全な材産みの種類なので、
おそらく 材からこぼれ落ちた個体が、マット内に潜行していたのだろう と思います。
そんなこんなで・・1時間ほど 地味に時間を掛けて、せっせと・・割り出していくと。。。
ミシマコクワ 割り出し結果 2015
気になる採卵結果は、初2令幼虫 全て合わせて、20頭の次世代が得られた。(^^)
わたし独り全部飼育するには・・ちょっと多いのですが まぁ、そのうち・・プレ企画などで、
何頭か里子していく事を 皮算用している(笑)ので、それまでは 気ままに育てます
ミシマコクワ幼虫 菌床へ投入!
なお、割り出した幼虫たちの中で・・10頭2令幼虫たちは、全て200ccの
菌床カップで単独飼育する事に決めた。 これで、どの個体も‥それなりに育つ筈。(笑)
残りの10頭は・・まだ小さいので、200ccカップにマットを詰めて暫く多頭飼育する事を決めた。

ミシマコクワ 産卵セット開始! 2015年
こんばんは。 先週の木曜日位から、ずぅーと引きずっていた ノド・鼻風邪が・・・
ようやく治ってきました。(汗)いやぁー季節の移り変わりには、体調が優れないことが、
それなりに多いのですが・・ここまで、風邪が長引いたのは久しぶりでした。(^^;)
職場の周辺を見ると、体調を崩されている方意外と多いので‥皆さん。ご注意下さいませ

さて、先日・・ようやく産卵ケースに 空きが出来た(笑)ので、少し遅いながらも・・・
昨年7月に口永良部島自己採集してきた ミシマコクワ産卵セットを組んでみました(^^)/


今年の4月から 5月中旬にかけて2産地合わせて、3♂4♀が 無事に羽化して・・・
このうちの1ペアをプレ企画で放出して、今年6月下旬くらいから後食開始してきました。(^^)
ミシマコクワの新成虫を、こうして・・しみじみと観察するのは、初めての経験でしたが・・・
ミシマコクワ 新成虫♂ミシマコクワ 新成虫♀
新成虫のミシマが持つ紅い光沢 と 華麗な細い大あごは、とても渋い格好良さがありますね。(^^)
菌床カップを用いて幼虫飼育すると・・・簡単に40ミリ以上の個体が 羽化するので、
口永良部島の野外よく見掛けた小歯♂という あのサイズは‥飼育下では たぶん稀ですね(笑)
材産みの簡易 産卵セット
「ケース」…小 「材」…コナラ M材 「マット」…無添加 「環境」…水分 普通 24度。
こんな感じで、2産地のミシマコクワを 別々のケースで・・個別セットしてみた。
本種は あまり人気が無い本土コクワの亜種ですが‥今年5月にあった口永良部島の噴火により、
当分の間は、この島に行く事が出来ない と思う(汗)ので、我が家では・・
同じく自己採集クチノエラブノコギリと共に‥ミシマの方も大切に飼育継続していきます(^^)

ミシマコクワ 羽化!
こんばんは。 そろそろGWが近いので・・今期 初遠征する 離島
先日決めまして、何とか 航空券 と 宿泊先を 運良く取る事が出来ました。(^^)/
心ゆくまで 遠征を楽しむべく、色々と大変なお仕事を・・全て片付けて 頑張りますね。(汗)

さて、先日・・東京の実家で 色々なクワガタムシの産卵セットを組んだ際に、
今期の我が家で・・初羽化となった 自己採集ミシマコクワが居たので、軽く紹介です(^^)/


このミシマコクワガタは。。ほんの少し前まで、当ブログへのワード検索(飼育種のみ)で‥
上位に 常にランクインするほど、地味に 人気があるクワガタムシだったみたいです。(笑)
一般的には、ほぼ人気が無いクワガタムシ だと思っていたのですが・・・とても意外でした(^^;)
ミシマコクワ♂ 無事に羽化
200cc菌床カップ2個での羽化。とりあへず、無事に羽化してくれて何よりです。
羽化してきたのは・・ぴんくあいすさんから里帰りしてきた 5頭のうちの1頭
我が家で 何とか産んでくれた別産地のミシマさんは、まだ前蛹か? 蛹の状態だと思います。
ミシマコクワは元々 紅いコクワガタですが、まだ羽化したばかりなので‥より紅いですね。(^^)
ミシマコクワ♂ 羽化直後
♀の方は、壁面から観察できませんが、壁面の一部が固くなっている(蛹室か?)関係で、
おそらく既に 蛹になっていると思う ので・・タイミングもイイですね。
今後、ミシマコクワを 採りに行く機会は‥ほぼない ので、ブリード継続も頑張ります。(^^)/


そう言えば、かなり久しぶりすぎて すっかり忘れてしまったのですが・・・
本土コクワガタの亜種って、羽化した年に 産卵できましたっけ? あとで 調べとこ。。(笑)

ミシマコクワ 3令へ成長!
こんばんは。 昨日は シフトの関係で 久しぶりの土曜休日だったので・・
通算6回目イズイソチビゴミムシを狙って、神奈川の磯浜まで行きましたが、
採集経験のあるY氏からヒントを頂き、7時間やったにも拘わらず、またボーズですた(爆)
神奈川県 敗北を悟った。。海岸にて
うーん。非常に悔しいけど・・難易度が高いムシの採集は・・まぁ こんなモンですね(^^;)
ただ難易度が高いとはいえ あまりにも採れない期間が続く精神衛生上あまり宜しくないので、
イズイソチビは保留にし、別のムシをターゲットにします。 さて、何処に行こうかな?
さて、採集面が・・イマイチですが、ゆるーい飼育面が 順調なミシマコクワの記事です。(笑)


このミシマコクワの方も、我が家で飼育中のクチノエラブノコギリと同じく。。 昨年7月に
運良く自己採集できた個体から 少ないながらも幼虫が取れて、すくすくと成長しています。
幼虫たちの種♀は・・既に 死亡してしまいましたが、血の入れ換えをするべく
あえて標本にせずに、飼育している小さな野外♂は、まだまだ元気なようで 一安心です(^^)/
ミシマコクワ 野外 小♂ミシマコクワ 野外♀
飼育中のミシマコクワの幼虫は、我が家で採卵したのは・・3頭
ぴんくあいすさんから 里帰りしてきた別産地の幼虫たちが・・5頭と、計8頭を 飼育中です。
全ての個体を、200ccの菌糸カップで飼育していますが、どれも順調のようです(^^)
ミシマコクワ 3令幼虫 菌糸にて
軽く雌雄判別したところ、我が家のが 1♂2♀。 里子のが 1♂4♀ と、♀が多いです。
先日、様子を見たところ。。かなり食い尽くされていたので、同サイズの菌糸カップへエサ交換
既に 黄色が強くなってきたので、そろそろ前蛹になるかも知れない ので、楽しみです(^^)


ミシマコクワは、それほど・・人気がある 国産クワガタではありませんが・・・
自己採集ラベル という愛着だけでなく、実際に現地に行き 自己採集してみて初めて
口永良部島 林道 その2ミシマコクワ 野外♂ 初採集
同じく紅いコクワで 過去に飼育経験のある ヤクシマコクワハチジョウコクワに比べて、
光沢が強く、細い大アゴも‥意外とカッコイイ! と思う様になり、お気に入りとなった。(笑)
ちなみに 人生初のバナトラで採った記念すべき最初のクワガタムシが このミシマコクワです。(^^;)
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。