FC2ブログ
初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

対馬 採集記 3日目
長崎県 対馬 採集記 3日目(晴れ)

今日は・・遠征採集時の何時もの起床時間である、朝6時に起床
朝3時に寝ているので、非常に眠いのだが・・今日は、遠くの観光地に行きたいので、
ココで‥2度寝しないように・・眠い身体に、ムチを打ち 意地で起きた(^^;)
朝ご飯を食べてから、3桁ベイト10個のバナトラの様子を確認しに行った。
対馬の林内 その1
3桁ベイトには・・ゴミムシ が 数頭入っていたが、カブリモドキは 入って無かった(汗)
10個のバナトラには、スズメバチ と クロコマノチョウ以外、全く来ていなかった
唯一の救いは・・一昨日まで採集していたのと別産地の ヒメダイコクコガネが採れた事。
対馬でのベイト ゴミムシ対馬でのベイト ヒメダイコク
堅い地面の中に、コップを埋めるのに2時間かかった 3桁ベイトを仕掛けておいて、
一番の狙いのツシマカブリモドキは・・ ゼ ロ でした。。。 やっとれん!(爆)
昨日の朝の2時間が、ほぼ無駄になってしまったので‥少し気分転換(笑)するべく、
対馬の林道 その3
ココ対馬で一番行きたかった観光地である 対馬野生生物保護センターへと、車を走らせる。
いくつものトンネル。いくつもの田んぼ。いくつもの狭い山道をひたすら越えて、
車を走らせること、2時間弱で・・対馬野生生物保護センターがある 棹崎公園へ到着(^^)/
対馬 棹崎公園
さて、この公園の中にある 対馬野生生物保護センターに行く前に、
にわか秘境マニアの私(笑) としては・・死ぬ前(笑)に・・絶対に訪れたい場所
この棹崎公園内にあるので、まずは、その場所へと・・足を運びました(^^)
対馬 日本最北西端の地日本最北西端の地 アップ
それが・・この場所。 いやぁー1度行きたかった所なので、感動モンです(^^)/
知らない方が大半(笑)だと思うので説明すると・・ココが、日本の最北西端 であります。
あの対岸に見える山々は、韓国の釜山市近郊です。 この日は・・かなり見えました(笑)
対馬から眺める 韓国
あまりの感動に・・通りすがりに居た韓国からの観光客に 記念写真を1枚撮って貰った
これで、この地に思い残す事は・・何もない(笑)ので、保護センターへと足を運んだ(^^)/
対馬野生生物保護センター対馬野生生物保護センター 案内書き
最も有名な対馬の観光地である対馬野生生物保護センター。ココでの一番の目的は・・・
もちろん、言うまでも無く 天然記念物である ツシマヤマネコ生で見ることです。(^^)
さて、生きたツシマヤマネコは・・どんなに カワイイ姿をしているのかな?
ツシマヤマネコ 保護センターにて
いやー本当に、可愛かった。(笑) 家ネコよりも、ほのかに大きく しっぽが太いですね。
私が訪れたこの時、ちょうど・・ヤマネコのお食事タイム と 幸運にも重なりまして・・・
エサやりの光景を見ることが出来ました。 エサやりを兼ねた訓練もやっているみたいです。
ツシマヤマネコ 顔面アップ
カワイイお顔を、此方に向けてくれました生き物好きには‥たまらん一時です(笑)
ちなみに・・このセンター内では、対馬に生息する動植物剥製・標本で展示されており、
その中には、ツシマカブリモドキ。 ツシマヒラタクワガタの標本もありました(^^)


さらに 裏技(笑)として、この保護センターに行く前に 訪れた 日本最北西端の地 ですが、
このセンター内で、「日本最北西端の地に行ったよ! 」と、受付で一声をかけると・・・
日本最北西端の地への こんな 素晴らしい到達証明書が・・なんと、無料で貰えるのだ。(^^)
日本最北西端の地 到達証明書
こうした証明書は・・素晴らしい旅の思い出になる と 私は思いますので、
もし、対馬へ観光・採集しに行く機会がある方は、是非とも ゲットしに行って下さいませ。
さて 次は・・何処へ行こうか? と、思った時に・・ある展示物に釘付けになった。(汗)


なんと、この広い対馬の中で・・たった 1ヶ所にしかない 幻の道路標示
ある事を知った。。うーむ、レア過ぎる。。これは、絶対に探しに行かないと イケナイね(笑)
ただ、対馬全域の道路のどこか! だと、捜索範囲が広すぎるので・・係員に聞いてみた。(^^;)
対馬の林道 その4
すると・・上県町 志多留にある 道路のどこか! まで 分かったので、車で向かった(爆)
目的地が、その地域の道路のどこか なので・・カーナビは、志多留 近郊に設定して
その地域に着くと 適当に・・ぐるぐると回ってトンネルを抜けた先で、やっと見つけた!
対馬 ヤマネコ注意 道路標示
たぶん、世界でも・・ココだけに違いない ヤ マ ネ コ 注 意  なる道路標示。(爆)
私は 保護センターの展示物で偶然見つけて 興味を持って探して・・ようやく見つけた物なので、
おそらく対馬を普通に運転しているだけでは、まず見る事が出来ない道路標示 だと思う(汗)

レアな道路標示も・・運良く発見出来て満足した ので、さらにリラックスするべく
よい景色を眺めながらの露天風呂に入る為に 対馬で最も北にある温泉へ向かった(^^)/
今居る 志多留町から 車で行くこと、1時間半ほどで・・ようやく到着です。
上対馬温泉 渚の湯
対馬で最も北にある温泉上対馬温泉 渚の湯です。(^^)
ココは、日曜日のみ 眺めが良い露天風呂が解放されるので・・日曜日に行くのがお勧め!
私が訪れた日は・・運良く日曜日だったので、景色を眺めながらノンビリしました。


といったかんじで・・3日目の昼間は 完全に 対馬観光モード(笑)になりましたが・・・
採集目標の9割は 前日の晩までに 既に何頭か採れているので・・・これで イイのだ!
ちなみに この3日日は、移動中に食べ物屋を 全く発見できずに、お昼ご飯は抜いた(^^;)
その後は・・職場へのお土産を買うべく3時間近く運転(汗)して、対馬 南部に戻った。
対馬の銘菓 かすまきかすまき 断面
職場へのお土産は・・対馬ならではの銘菓である、かすまき に決めた。(^^)/
気になる味は・・どら焼きに近いけど、より甘みとボリュームがある お菓子でした。
お土産を買い終わって、残り1つになった ガソリンを給油し 宿に戻ると、既に 5時過ぎ(汗)


民宿での最後の晩餐を済ませて、対馬での最後の夜間採集へと、向かう!
クツワムシの鳴く声が 辺り一面に・・聞こえる中、今宵も街灯周りを開始する(^^)/
対馬の街灯
今日は・・そこそこの当たりだったみたいで、ヒメダイコクコガネ
初日の晩と同じくらい 多数飛来していた。 大きい個体を選んで摘んでいると・・・
後ろから車がやってきて、「こんばんは。虫採りですか?」 と、後ろから声を掛けられた
街灯下での ヒメダイコクコガネ達
どうやら、私と同じ ツシマカブリモドキ。ヒメダイコクコガネ狙いムシ屋さんのようだ。 (^^)
対馬に滞在にして、最後の晩で始めて他の採集者に出会った。(笑)
話を聞いていると・・先輩・後輩の関係で、先輩は 2回目の対馬。後輩は 初対馬との事。
それを聞いて、対馬2回目の先輩と・・ココで会うと言うことは、私のポイント選びは・・・
間違っていない と言うことが分かったので・・自身の直感が当たって 地味に嬉しかった。
対馬での夜間ルッキング 側溝対馬での夜間ルッキング 下草
お互いの検討を祈って、軽く情報交換を済ませてから・・ツシマカブリモドキの追加を狙う
昼間のベイトで、そこそこ採れていたのであれば、ココまで真剣に採集はしないのだが・・・
なにせ、ベイトでは・・ボーズだった(笑)ので、真面目に 夜間ルッキングをしていく(^^;)
夜間 壁際のツシマカブリモドキ夜間 下草でのツシマカブリモドキ
側溝では・・なぜか? 見つける事が出来なかったのだが、壁の隙間。 下草にて発見!
地道な採集により3日間でツシマカブリモドキ2桁を超えたので、ここいらで・・・
バナトラを確認しに向かう。 3日目なので そろそろバナトラの効果が出てくる筈だ(笑)
その途中、側溝内で・・不思議な甲虫を発見する。(^^;)
側溝内のツシマヒラタ♂
なんと、人生で初めての初採集となった ツシマヒラタの♂だった(^^)
樹液採集でも‥バナトラ採集でもなく、なぜか? 側溝にて採集(笑)だったが・・
彼らのシーズンが終わった今では、ツシマヒラタ♂の採集は厳しいように感じていたので、
ツシマヒラタ♂ 初採集
かなり ボロボロの個体でしたが・・最後の晩で、自己採集できて本当に嬉しかった(^^)/
更に、近くに落ちていた ハッカムシも採集して・・バナトラの確認しに行った。
今宵は・・ツシマカブリモドキが来ていなかったものの、昨晩では・・考えられない程
バナトラ上のツシマヒラタ♂バナトラの下から、5頭のクワガタ 対馬にて
ツシマヒラタクワガタ。スジクワガタ。コクワガタが バナトラにそこそこ来ていた。(^^)/
あるバナトラの下には・・5頭のクワガタムシが来ていて、非常に・・驚いた。
1つのバナトラに集まったクワガタムシの数として、5頭は・・自己ベストなので嬉しい限り。


これで、あとは・・明日の朝8時に レンタカーを返却しなければイケナイので
早朝4時よりバナトラ・ベイト回収をするべく・・宿に帰って ゆっくり寝ることにした。。。
しかし、門限は・・無いはずの民宿の扉が この日だけ開いていなかった。(^^;)
時間は・・2時近く。 どうやら、この時間帯は・・門限なしでもアウトだったようだ(爆)

宿の人を呼ぶか? 非常に悩みましたが・・ココで迷惑を掛けるのも アレだったので、
宿をとったけど・・宿の駐車場で車中泊する という、滅多にない体験をする事に決めた(爆)
もちろん、車中泊する準備は・・全くしていなかった(笑)ので、車内は‥少し寒かった(^^;)


長崎県 対馬 遠征採集記 続く (^^)/

対馬 採集記 2日目
長崎県 対馬 採集記 2日目 (晴れ)

一昨日から続く寝不足で、離島遠征の朝としては・・遅めの朝8時半に起床。(笑)
遅めの朝食を食べてから・・昨日の昼間に見つけた場所へと ベイトを埋めるべく向かう(^^)/
ココ対馬で ベイトを仕掛ける場所は・・昨日の昼間から 探して居るものの、
対馬の林内 その1
私的に‥ここイイかも? と思えるような 良い場所が全く見つからなかった。(^^;)
ぱっと見た感じ‥よさげであっても・・とてもでないけど、掘れないほど 堅い所ばかりだった。。
そんな中、何とか妥協できる この環境を見つけて・・ココにベイトを仕掛けることにした。(^^)/
対馬での林床対馬でのベイト
劇的ビフォー・アフター的な ベイトトラップを埋めた同じ場所での 林内の光景です。
こんな感じで、25個のベイトを・・4ヶ所、計100個仕掛けた(^^)/
文章上では・・たった1行ですが、実際やると・・100個埋めるのに 2時間掛かった(笑)
ついでに、この近辺に・・持参してきた バナトラの方も、10個ほど設置した。
全て仕掛け終わると、お昼になったので・・今日も 対馬ふるさと伝承館で、お昼ご飯を食べる。
対州そば対州そば アップ画像
今日のお昼ご飯は・・対馬ならではの郷土料理の1つ、対州(たいしゅう)そば です。(^^)
対州そば は、本土における 普通のおそばとは違い、縄文時代後期に大陸から
日本へ伝わった際のそばの原種に近く 品種改良が進んだ今となっては・・貴重なそばです。
そのお味は・・普通のそばよりも、風味が良く ほのかな甘みがある 美味しいそばです。
私的には‥昨日のお昼に食べた ろくべい より・・この対州そばの方が好みでした。


美味しいおそばを 堪能した後は・・天気も良かったので、観光するべく対馬の北側にある
烏帽子岳からの浅茅(あそう)湾展望より 眺める 有名なリアス式海岸を見に行きました。
今居る 対馬ふるさと伝承館から 車で・・30分ほどで、その場所へと到着。(^^)
浅茅湾展望 対馬にて烏帽子岳からの浅茅湾展望 対馬にて
私が撮った この写真では・・微妙かも知れませんが、非常に綺麗な風景でした。(^^)
風も強かったのですが・・私以外に観光客は誰も居なかったので、この景色を暫く独占した。
その後、この近辺の雲行きが 非常に怪しくなり、これは・・ヤバイかな?(^^;)
と思っていたときに・・・ものすごいゲリラ豪雨に 突然 襲われました(笑)
ワイパーを全開にしての運転は、初めての経験だったので、なかなか貴重な体験でした。
ツシマヤマネコに注意 の道路標識
烏帽子岳周辺から 少しそれると・・先ほどのゲリラ豪雨が ウソみたいに消えた
対馬の天気は・・山の天気のごとく、非常に変わりやすいのかも? しれないですね(^^;)
とりあへず、少しずぶ濡れになってしまったので・・この近くにある温泉に行った。
対馬 ほたるの湯
対馬にある4つの温泉の中でも、かなりイイよ! と宿の方から教えて貰った ほたるの湯です。
源泉掛け流しで 非常に・・気持ちよかったです。 なお、 対馬は比較的 都会な離島なので・・・
あの口永良部島のような強いインパクトを・・温泉時に体験する事は ありませんでした(爆)
対馬の林内 その2
温泉に入ってから、何気なく立ち寄った こんな林道気ままに散歩していると・・・
昼間から かさこそ と落ち葉を 踏みしめる音が聞こえたので、じっくり周辺を見てみる。
5分後・・昨晩も発見した あのムシに・・また会うことが出来た。(^^)/
昼間のツシマカブリモドキ
ツシマカブリモドキ。 夜行性である彼らに・・日が出ている内に 会えるとは ラッキーです。
非常に・・スレたボロい個体でしたが・・彼らの特徴とも言える 前翅の側面にある
イエローラインが日光に反射して、ピカピカと 強くひかり輝いて 非常に・・綺麗でした。(^^)


その後は、日が傾いたので宿に・・戻って 魚中心の 美味しい夕飯を食べた(^^)
この日の夕飯は・・高級魚として有名な クエを使った兜焼き。 お刺身が出てきて驚きました。
夕食後は、ツシマカブリモドキ・ヒメダイコクが採れた 昨晩の2ポイント夜間ルッキング開始!
対馬の街灯
しかし、今宵は・・なぜか? 不発で、どちらも‥追加する事は出来なかった。(^^;)
このままじゃ終われない ので・・涸れ沢の方で、もう1つの目的種ツシマナガゴミムシを狙う!
昨日のポイント探索中に 偶然見つけた こんな涸れ沢を じっくりと・・見ていく。(汗)
対馬 夜間の涸れ沢
ココは・・街灯が全くない山奥なので・・手持ちのライトだけが 唯一の光 です。
虫の鳴く声だけが 響き渡り、独特な静けさがありました。(^^;)
探す環境は間違っていない と、思うのだけど・・全く見つからないまま 30分経過(汗)
そんな時、2メートル先にある涸れ沢を歩く 中型の甲虫を 周辺視野が捕らえた。
ツシマオサムシ 夜間にて
残念ツシマオサムシでした。 非常に紛らわしい(笑) それでも・・
昨日のボロ個体の採集以来、2頭目。 しかも・・ピカピカの個体だったので、これも採集。
それから・・また 夜間ルッキングを始めようと思った時、目の前に・・急に現れた!(^^;)
ツシマナガゴミムシ 夜間にて
この状況からみて あのムシは‥目的種の1つ ツシマナガゴミムシで間違いないだろう。
今にも逃げられそうな状況だったので、採るのを優先して、ろくな生態写真を撮っていない(笑)
この ツシマナガゴミムシの遭遇率は・・あの ツシマカブリモドキより、低いような気がします。
ツシマナガゴミムシ 
こうした ナガゴミムシの仲間は・・やはり カッコイイムシですね。 ほれぼれします。(^^)
その後はB品ながらも・・3頭も追加採集出来た(笑)ので、バナトラを確認しに行った。
なんと、仕掛けてから・・まだ半日しか経っていないものの、ツシマヒラタ♀が来ていた。
バナトラでの ツシマヒラタ♀
ボロボロの♀ですが、時期的に仕方が無いので 贅沢は言わずに・・しっかりと採集する(^^)/
これは・・イイかも? と、勝手に・・思っていましたが、その後が 全く続かず(汗)
しかし、10本目となる 最後のバナトラで・・とても良い光景が見られました
バナトラに来た ツシマカブリモドキ
なんと、木の根元のバナトラにも・・あの ツシマカブリモドキが来てくれました。(^^)/
夜間ルッキングより採集効率がイイか? 微妙な所ですが・・一応、バナトラにも来るみたい。
今朝 仕掛けた3桁ベイトにも・・しっかりと、ツシマカブリモドキが掛かっているイイな
そんな ムフフな思い(笑)をほのかに浮かべつつ、かなり眠かったので 朝3時頃に就寝した。


長崎県 対馬 遠征採集記 続く (^^)/

対馬 採集記 1日目 後半
長崎県 対馬 採集記 1日目(晴れ)

はぁー あのプチ事件(笑)から始まる 対馬での初採集は、思うようにいかない。(^^;)
そんな中・・採集活動(?)開始して 計8ヶ所目に突撃した とある林道の雰囲気がよかった。
対馬の林道 その2
この林道は、モミ や クヌギが点在していて・・涸れ沢もあるし、何より 野犬が居ない(笑)
ココの環境で、今日は・・勝負してみよう、そんな気持ちを持って・・探索開始。
すると、たった5分この林道での採集における 重要なヒントを得ることが出来た(^^)/
ツシマヒラタ ヘッド 野外にて
ツシマヒラタの頭部が落ちていた。 この頭だけでも、爪楊枝ぐらいのサイズがあるぞ (^^;)
近くに樹液があるのかな? そんな風に・・探してみると、ほど近くに大きなクヌギがあった。
対馬のクヌギ
時期的には・・やや遅いけど 何か居ないかな? そんな気持ちを持って、
このクヌギの根元から 上の方をじっくりと見ていく、すると・・目線の樹液に甲虫が居た
おぉ・・ネブトクワガタだ。 地域を問わず 樹液でのネブトは、実に5年ぶりなので・・感動。
対馬 ネブトクワガタ 野外対馬ネブト 野外♂
対馬での初ムシは・・ネブトクワガタでした。 中々 良いスタートです。(^^)/
このクヌギの 更に上を見ていくと・・とことこと歩く甲虫が居たので、網を使って採集
なんと、ハラアカコブカミキリ だった。(笑)国内で 自然分布しているのは
ハラアカコブカミキリムシハラアカコブカミキリムシ 裏側
確か 対馬だけだった筈なので・・予想外の甲虫に驚くと共に 採集出来て嬉しかった
和名の由来は・・背中のコブお腹の側の この独特な紅さから来ています。(^^)
この林道沿いには・・青く光る あのムシが飛んでいたので コチラも しっかりと採集!
対馬 ナミハンミョウ
ナミハンミョウ。 口永良部島ほどではないものの、ここ対馬でも 個体数は多かった
特に亜種になっているムシではありませんが・・貴重な対馬ラベルなので 何頭かキープ
そんな感じで・・気ままに五目採集して、宿に向かう途中で・・オサムシを発見(^^)/
ツシマオサムシ ボロ♀
かなり ボロいけど・・対馬にしかない ヒメオサムシの対馬亜種こと ツシマオサムシです(汗)
明日以降からベイトを100個仕掛けるつもりなので、リリースでも良かったのですが・・・
確実に もう1頭のツシマオサムシが採れるまでは、生かしたままキープする事に。。(^^;)
その後は、日が傾き始めたので・・安全運転で 宿へ向かいました。(汗)
対馬 民宿 くろいわ 看板対馬 民宿 くろいわ 外観
今回 対馬滞在中お世話になったのは・・空港から ほど近い 民宿くろいわ さんです。
この民宿の売りは・・何と言っても その日に取れた新鮮な魚夕飯時に食べさせて貰える所
毎回の夕飯が、本当に・・楽しみでした。 今日の夕飯は・・何だろう? 的な(^^)
民宿 くろいわの夕食対馬でのお刺身
この日の夕飯は・・こんな感じ。 お刺身以外の料理も 本当に美味しかった
これ以外にも、魚介が一杯入った グラタンなども出てきまして、ボリュームが もの凄かった
はっきり言うと・・お昼を少なめにしておいて、大正解でした(爆)


民宿での 美味しい魚料理で、お腹も、一杯になったところで・・
昼間の探索中・・車で偶然通りかかって、非常に気になった場所へと 街灯巡りをしていく。(^^)/
狙いは・・もちろん、路上を歩くツシマカブリモドキ街灯下での ヒメダイコクコガネ
対馬の街灯
こんな街灯の下を隅々まで見ていく。クツワムシコオロギかなり歩いているので、
遠目から見ると・・非常に紛らわしい(^^;)  そんなこんなで、
車を止めて気ままに歩いて探していると・・・アル街灯下で、遂に見つけた(^^)/
ヒメダイコクコガネ 初採集
今回の対馬遠征での目的種の1つヒメダイコクコガネです(^^)
先日、本家 ダイコクコガネの採集で・・見事にボーズを経験している身だけに、非常に嬉しかった
ココでは ヒメダイコクが不思議と沢山落ちていて・・ウキウキしながら、拾っていきました(笑)
シーズンなのか? ♀が圧倒的に多く、雌雄の割合は・・♂2に対して ♀8という感じ。


初日の夜から、目的のヒメダイコクが複数 採れて・・かなり嬉しかったのですが、
一番の狙いである ツシマカブリモドキの方は、居る痕跡すら 全く見つからなかった。(汗)
マイマイカブリの採集経験上、ココは・・絶対に居ると思うけど、微妙に 居る環境が違うのかな?
そんな感じで、考えながら・・2時間ほど 探していると。。カブリモドキを遂に発見!
轢死していたツシマカブリモドキ
しかし、轢死でした。。ここに来て、tsuyo25さんの呪い(爆)炸裂しました(^^;)
お~いマジかよ。予想以上に カブリモドキの遭遇率が低いから・・呪いは勘弁ですぞ!(笑)
そんな風に・・若干凹みつつも、この場所に 確実に生息する事が分かったので・・・
気合いを入れて、更に・・丁寧にルッキングしていく。2分後・・大きなムシを周辺視野がとらえた。
対馬・・感動の瞬間!
人生で始めて となった このカブリモドキ発見時には・・かなり過呼吸になった(笑)
私が 想像していた以上に・・ 生きたツシマカブリモドキは・・デカイ! そして、美しかった(^^)
確実に採集出来る位置まで移動して、手が震える中・・慎重に生態写真を撮ってみた。
夜間徘徊する ツシマカブリモドキ
いやぁー素晴らしい。 見たところ。。何処にも欠けが無く非常に綺麗な個体だった。
心ゆくまで・・生態写真を何枚か撮ってから、カブリモドキを おもむろに掴んだ
人生初採集となった ツシマカブリモドキこれを採る為だけ(笑)に・・はるばる対馬に来た!
ツシマカブリモドキ 初採集!
といっても 過言ではないので、この時は‥言葉で表現できない程、本当に嬉しかった(^^)/
掴んだ時に放たれる あの臭いは・・ツシマカブリモドキも、マイマイカブリと ほぼ同じ臭いでした。
その後・・深夜2時近くまで この周辺を中心夜間ルッキングをしまして・・
ツシマカブリモドキB品ながらも・・3頭ほど追加し、強い眠気が来たので 帰りました。


長崎県 対馬 遠征採集記 続く (^^)/

対馬 採集記 1日目 前半
こんばんは。 さて、むし屋の同窓会とも言える 大手町インセクトフェアまで、
1週間を切りましたね。 今年も‥運良く23日は・・お休みを取る事が出来たので・・
2年連続で、私も・・参加出来るようになりました。 (^^)
もし、会えましたら 何時もの方々を含めて、初めまして! の方も・・どうか宜しくです。

さて、先日あった秋の連休を使って・・長崎県の対馬へ採集しに行っていましたので、
今日からはじまるブログ記事は、その遠征採集時について 気ままに書いていきますね(^^)/


国境の島 対馬を目指せ! 2014年 9月 12日 (晴れ)
今秋の3連休・・ぶっちゃけた話、2週間ほど前まで・・何処の島へ行こうか?
全くと言ってイイほど‥決めていませんでした。(笑)とりあへず オサムシをメインで!
と言うことだけは、既に決めていましたので・・候補地の島は 3つ上がりました。(^^;)
福岡空港へ向かう
そんな中、職場でのシフトの関係で・・何と 4連休となりましたので、迷うこと無く
3つの候補地の中で、最も遠い離島であった 長崎県の対馬へ行くことを決めた。
対馬での狙いは・・もちろん、日本で 唯一のカブリモドキの仲間である、ツシマカブリモドキ
ダイコクコガネの仲間で、国内では対馬のみに生息する ヒメダイコクコガネ
地味に人気がある ナガゴミムシの仲間で、対馬のみに生息する ツシマナガゴミムシ
そして、時期的に・・採れるか? 微妙ではありましたが・・ツシマヒラタクワガタ
福岡空港行き
以上、4種の甲虫の採集をメインに・・あとは‥こっ、これは! と思った対馬特産のムシ
運良く採集中に見つけたら、気ままに 五目採集していく事に決めた。(^^)
そんな採集計画(欲望w)を前日に建てて、羽田より飛行機で 福岡空港へ向かった。
1時間半ほどの時間を掛けて、何のトラブルも無く福岡空港に到着
ここから、対馬行きの飛行機へと また乗り換えます。次の出発は‥30分後でした(汗)
福岡空港を移動中
この福岡空港での対馬行きの飛行機は・・ほぼ確実に 別のターミナルから出発するので、
係員の誘導する方へ てくてくと後ろから付いていきます。なので、
乗り換えをスムーズにするために、航空会社は 全て統一しておいた方が良いかもです(汗)
対馬空港行き
そんなこんなで、歩くこと 15分で・・対馬行きのターミナルへと到着(^^)/
何の事故も無く30分のフライトで、憧れの地であった 国境の島・・対馬へ到着しました。
対馬は、非常に大きな離島で・・東京23区全部を合わせても、対馬の方が大きいです(笑)
対馬へ上陸!
なので 今回の遠征採集では・・人生で始めて レンタカーを借りました。
人生初めてのレンタカーなので、この車でのナビの使い方を習っていたのですが・・・

この時、私に説明して頂いたご年配の店員さんも・・久しぶりのナビ説明だったようで、
何処を操作して良いのか・・よう分からん という プチ事件が発生! お~い(爆)
分かる方が来るまで・・暫くお待ち下さい というので、1時間半近く(笑)待って・・何とか解決。
対馬空港 滑走路より
広い対馬でのナビなしの運転は、まともに目的地に行くことすら 出来なくなる恐れがあったので・・・
この1時間半は、よい授業料だったと思います。 後々の事を考えてみても。。。(^^;)
さて、この予想外なプチ事件(笑)により すっかりお昼を過ぎていた(汗)ので、
対馬ならではのお昼ご飯を食べるべく、予め調べておいた お店へと車で向かいました。
対馬ふるさと伝承館 看板対馬ふるさと伝承館 外観
5年ほど前に・・出来た 対馬ふるさと伝承館 です。 この施設内にある 食事処では・・・
近年では 気ままに食べることが難しくなった 対馬の郷土料理である
対州そば。ろくべい。いりやきそば 等を 誰でも 手軽に食べることが出来る 貴重な場所です。
今回は、ぷるっ とした独特な食感ろくべい という不思議な麺類を注文してみた。(^^)/
ろくべい
ろくべい とは・・せんだんご を粉にして水でこね、茹でて・・
独特な型おしきで まるで ところ天 のように押し出した ぷるっとした独特の麺を
対馬で栽培された しいたけのうま味が凝縮された汁につけた 対馬の郷土料理の1つです。
ろくべい 麺は、ぷるっとしてる
かなり気になる そのお味は・・しいたけ好き(笑) には、たまらない一品でした。(^^)/
ただ、麺については‥好き嫌いが はっきり分かれる 歯ごたえ だと思いました。
普通のうどんよりも・・やや堅い のが印象的です。 あと麺が マカロニ並に短い


対馬の郷土料理でお腹を そこそこ膨らませてから・・対馬の採集を開始(^^)/
予め 地図上で目星を付けていた2,3ヶ所へ行ってみるものの、私が想像していたよりも
その場所の環境が微妙だった(汗)ので、ココでは 何もせずに・・
ひたすら地図を見たりして 色々な場所を巡ってみるものの、ことごとくダメだった(汗)
対馬の林道 その1対馬の側溝 昼間
こりゃ、まずいぞ・・ポイントが決められない上に、対馬は 予想以上に植林が多い。(^^;)
山道の沿いにある こんな側溝を見てみるものの、めぼしいムシは 何も居なかった(汗)
この山道を越えた先の とある山の環境が良かったのですが、運悪く探索中に・・・
複数の野犬に遭遇(笑)してしまい、彼らを刺激しないように注意して・・速やかに逃げた(泣)


長崎県 対馬 遠征採集記 続く (^^)/
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.