初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツチヤカブト 最後のエサ交換!
こんばんは。 先週末にあった ポカポカ陽気の影響により、外で・・越冬させていた
ナミゲンゴロウの越冬が かなり中途半端に起きてしまった(汗)みたいで、
大手町フェアで格安購入した 多頭越冬中の長野県産1頭が 共食いされてしまいました。(^^;)
なお、miwa♂さんから頂いた 関東産の野外ペアから得られた 子孫達は、みんな無事でした。

大急ぎ(汗)で・・少量のエサを与えて、今日から また寒くなるので・・再び越冬させました。
もう少しすると、地味に大変な ナミゲンゴロウコガタノゲンゴロウブリードが始まる(汗)ので・・・
より計画的に 飼育をやらないと、寝る時間が無くなる可能性が高い ですね。いやはや(苦笑)

さて、こちらも・・時期的に 最後のエサ交換になるかな? と思われる、
2年前の7月に口永良部島にて、運良く自己採集してきた ツチヤカブトのエサ交換です(^^)/


現在、ツチヤカブト幼虫は・・25 頭。 この全てを 特大ケース多頭飼育していました(笑)
さすがに、この容器サイズに対して この頭数は、無事に羽化できなくなりそうなので・・・
特大ケースを、もう1つ用意してきて・・12頭13頭に、幼虫を小分けしてみた。(^^;)
ツチヤカブト 3令幼虫 エサ交換ツチヤカブト 3令 後期
前回のエサ交換時の12月の時(左)よりも、今回の2月は‥より黄色みを帯びてきた(右)ので・・・
25頭の幼虫全て成熟期間に突入したみたいです。 それにしても・・・
あの特大ケースに 25頭と‥過密飼育していても、全く共食いしない辺りは‥スゴイですね。(^^;)
ツチヤカブト エサ交換!
そして、12頭13頭に・・幼虫を小分けして、2つの特大ケースに それぞれ投入です(笑)
幼虫のエサは・・我が家で飼育している他種の飼育から出た 廃マット2ヶ月以上経過した
割り出し時の材などを、5リットルのカブトマットに ブレンドして与えております。(^^)/
時期的に‥コレが最後の交換になると思うので・・新成虫が羽化するまで、気ままに待ちましょう。
スポンサーサイト

ツチヤカブト エサ交換!2015年
こんばんは。 ここ最近の私は・・軽い睡眠障害(?)でも起きているのか?
夜8時頃からの眠気が半端なく、そのまま熟睡出来れば かなり良いのですが・・・
熟睡出来ずに、深夜12時頃に起床。(汗) その後は目が覚めてしまい
仕方なく深夜3時頃まで・・標本整理やらをやって、また寝て‥朝6時半に起床という、
かなり中途半端な睡眠を取る事になってしまい、地味にヤバイかも? しれません(^^;)

冬季なら、何とかなるけど‥夜間採集がある 4月から10月の間に この状態は・・・
心身を壊しかねない(汗)ので、なるべく早めに・・正常な睡眠リズム取り戻したいです。(^^;)

さて、我が家で飼育している 唯一のカブトムシ。昨年7月に、
口永良部島で 運良く自己採集してきた ツチヤカブトエサ交換をやった。(^^)/


昨年、口永良部島まで・・単独で採集しに行って、ツチヤカブトごく一部を除き・・
特徴らしい特徴がない 小型個体しか採れなかったので…このカブトは、本当に亜種にするほど
普通のカブトとの明確な違いは あるのかな?(^^;) と、地味に思っていましたが・・・
ツチヤカブト 新成虫♂
今年の春に、羽化してきたピカピカな新成虫たちを 見る限り 普通のカブトムシよりも、
本種ツチヤは‥黒化する傾向があり、光沢が非常に強い などの特徴があって・・
以前 飼育していた口永良部島のお隣屋久島の個体群とは‥全く違っていて驚きました。(笑)
ツチヤカブト 3令幼虫 エサ交換
現在では・・25頭前後の3令幼虫たちが 手元に残りましたので、スペースの関係上・・・
全て特大ケースに入れて飼育しております。(^^) ただ、この状態は‥過密すぎる(汗)ので、
来年2月か 3月くらいになったら・・小分けして‥全個体の羽化を目指したいです。
本種ツチヤも・・全部羽化したら、かなり大変な事になるので‥プレ企画ゆきですな。(笑)


追伸
今年5月下旬に、噴火があった このツチヤカブトが生息する 口永良部島
その後‥全島民 避難指示が出て かなり心配していましたが、最近になって・・・
避難指示が解除されたようで、来年からは小中学校も 口永良部島で再開されるみたいです。
口永良部島 記念碑夕景さんからの景色
口永良部島は、今まで私が行った離島の中で・・もっとも印象的 に残っている離島です。
1度。この島を 訪れた者として・・早めの復興を 心から願っております。(^^)

ツチヤカブト 割り出し開始!
こんばんは。 明後日 8月最後の日曜日に開催される 西日本を代表する標本フェア
キョウト インセクトフェア参加するか? しないか? で、地味に悩んでいます。(^^;)
標本や用品狙いのフェアなら、来月23日に開催される 世界最大の標本フェアである、
大手町インセクトフェア があったりするので、今回の標本フェアでは・・

お目当ての標本などは・・特にないのですが、私は‥一度も 関西方面の標本フェアには、
参加したことがないので、一体どんな感じなのかな? といった 強い好奇心があります(笑)
もう少しだけ じっくりと考えて‥明日の土曜日には、最終決断をしたい と思います。(^^)

さて、我が家で唯一 飼育しているカブトムシである、昨年7月に口永良部島
運良く 自己採集してきた ツチヤカブトの産卵セット割り出しを行ってみました(^^)/


♂♀ともに、羽化してから・・1週間以内には、早くも後食を開始して・・・
そのまま10日ほど 沢山エサを食べさせてから、せっせとペアリングを行いました。
ツチヤカブト 新成虫♂ツチヤカブト 新成虫♀
ツチヤカブト自体は、我が家で初飼育ですが・・このムシは 国産カブトの亜種だけに、
おそらくは‥普通の国産カブト並あの産卵数を誇ってくる(笑)と思うので・・・
こんな感じで、少し控えめの中ケースで、シンプルな産卵セットを組んでみました。(^^)/
カブト用 採卵セット
「ケース」…中  「材」…なし 「マット」…腐葉土 「環境」…水分 普通 25度。
このセット時期は、色々な採集で忙しかったので・・2♀を 同セット内に投入!
という、なかなかの荒技をやっていました。(爆) その成果
エサを沢山与える。排泄物が増える。ケース内が蒸れる。 といった魔の3段階で・・・
セットしてから3週間後に、あっという間に・・成虫たちは 死亡してしまった。(^^;)


やはり横着するのは、行けなかったな・・少し反省しながら、割り出していくと・・・
あっけなく、卵が出てきた。(^^;) しかも‥あっという間に 20頭の大台を超えてきた。(汗)
さすがは、国産カブトの亜種。(笑) あの過酷な飼育環境でも‥こんなに産むのですね。
ツチヤカブト 割り出し
気になる採卵結果は・・・卵 70
正直、20頭前後 取れれば・・イイかな? と思っていただけに、この頭数はヤバイ。(爆)
この割り出し作業をしてから、1週間後に‥100%の孵化率を確認した ので・・・
親しいムシ友さんへ里子したり、プレ企画に出したりして・・沢山 減らしました。(^^)


孵化してから、1ヶ月経ったので・・我が家に残った幼虫たちの エサ交換をやった。
既に‥3令幼虫の初期と思わしき個体も居て、成長スピードが速いですね(笑)
ちなみに現在は・・スペース節約のため 大ケースで、全個体を 多頭飼育しています(^^)/
ツチヤカブト エサ交換 2・3令幼虫たち
里子とプレ企画で だいぶ減らしたつもりですが・・まだまだ これだけの幼虫がいます。(^^;)
これを 全部飼育すると‥マット代だけで 破産しかねない(笑)ので、近々ある と思われる
ムシ友さん主催のプレ企画には このうちの何頭か協賛しようかな? と思っております。

ツチヤカブト 羽化!
こんばんは。 ちょっと早いのですが 夏場のボーナスが出る のを宛てにして、
今後の 自身における採集方法の選択肢を 少しあげるべく、とある機材を注文しました。
おそらく 今週中には・・届いてくれると思うので 届くまで なかなか楽しみです(^^)

さて、昨年7月に 口永良部島自己採集してきた ツチヤカブトが羽化してきました。


我が家では・・数年ぶりとなる 久しぶりのカブト飼育だったので、とても新鮮でした。(^^)
口永良部島で見た 本種ツチヤの野外個体は、本当に・・小さくて、普通の国産カブトとの違い
正直 全く分かりません(笑)でしたが、ある程度の羽化サイズが見込める 新成虫では、
羽化する ツチヤカブト♂
さすが、国産カブトの亜種になるだけあって・・だいぶ違うような印象を強く受けました。
私の撮る写真で この違いを表現するのは、悲しいほど‥不可能(笑)ですが・・・
とにかく本種は 光沢が強くて 黒いです。 地味な種類ですが・・渋くてカッコイイですね。
羽化した ツチヤカブト♀
♀も・・ほぼ同時期に羽化してきました。 今期の我が家では ♀が多く羽化しているので・・
種♂には ちょっと頑張って貰って(笑)、2♀体制で 近々 個別セットしようと思います。
おそらく普通の国産カブト並の産卵数だと思うので、増えすぎたら。。ヤバイですね(笑)
ツチヤカブト 新成虫♂ツチヤカブト 新成虫♀
まぁ、ツチヤは 国産カブトのマイナーな亜種なので・・人気があまりないのですが、
思い出深い自己採集である事に加えて、累代の若い本種は‥貴重だと思うので気軽にやります。

ツチヤカブト エサ交換!
こんばんは。 先日行った 海岸でのチビゴミ採集で、私の想像していた以上に・・
体力を 一気に消耗したらしく、あまり本調子では無い状態 が ここ数日 続いてます(^^;)
はぁー最悪。。この状態の場合、強い風邪を引く傾向が強いので‥気をつけないと ヤバイ

さて、昨年7月に口永良部島自己採集してきた ツチヤカブトのエサ交換をやりました。(^^)/


ツチヤカブトも・・昨年10月に 800ccボトルで 6頭の幼虫全てを 単独飼育し始めてから、
ずぅーと放置していた(笑)ので、年末にエサ交換した あの国産オオクワ同様に・・・
そろそろヤバイ状態では? (^^;) と ふと思い、何とか時間を作ってエサ交換をしてみた。
ツチヤカブト 3令幼虫
大方の予想通り。800ccボトル内は・・ほぼフンだらけになっていました。(笑)
ただ、幼虫はすくすくと育っているようで、死亡している個体1頭も居ませんでした。
うーむ。さすがは・・国産カブトの亜種生命力の強さも‥国産カブトと何ら変わりませんね
ツチヤカブト3令幼虫たち
軽く雌雄判別 してみたところ、2♂4♀になりそうな感じでした。(^^)
今年の3月 か 4月頃に・・もう1度 エサ交換出来れば きちんとした成虫になってくれるかな?
今回 カブト用マットの量が微妙に足りなかったので、クワガタの産卵マットも混ぜてみた(爆)
カブト用マット と クワガタ産卵マットのブレンド
本種ツチヤは、特徴らしい特徴があまりない。 国産カブトのマイナーな亜種ですが・・・
あの口永良部島で、運良く自己採集できた思い出深い系統なので、大切に飼育していきます(^^)
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。