初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らっきょに、嫌われてます
ほんと、最近は色々と忙しく、なかなかブログ更新できずに、ほんとすいません。(^_^;)
更新する飼育ネタはあります。 しかし、飼育記事を書く時間が・・・・な状態なのです。(汗;)
ただ、2月から3月辺りまでは… 一時的にかなり落ち着き、以前のように頻繁に更新しますので、
それまでの1月中の間は・・・どうか、温かな目で陰ながら 見守って下さいな。m(__)m
さて、本日は…巷で「らっきょ」の愛称を持つ、グランディスネブトの割り出しを行いました。
グランディスネブト ♂グランディスネブト ♀
本種は・・外産ネブトの中でも、かなりの爆産種らしく 国内のネブトブリーダーの間では、
常に持て余している外産ネブトらしい のですが…なぜか、自分と本種は相性が悪いようで・・・
未だかつて、グランディスネブトを爆産させた経験(50頭以上)が全くありません。(^_^;)
そんな感じの 嫌なジンクスがあるので、今回の採卵セットを暴く際にも…やや憂鬱気味でした。(汗)
グランディスネブト 2令
気になる採卵結果は・・2令 9頭 1令 5頭 の 計14頭という ジンクス通りの結果でした。
やはり、爆産しないですね。(汗) 一応、自分なりの本気セットだったのですが。。(^_^;)
まぁ、爆産しても・・貰い手に困るネブトなので、これ位が 丁度イイかもしれませんね。(笑)
とりあへず、今回得られた 幼虫14頭中の1令5頭を里子に出し、2令9頭を個別飼育する事に。
今回の目標も・・前回と同様の50ミリに設定しましたが・・これ、地味に 難しいです!(^_^;)

追伸
動きが活発になってきたので、オベススツノヒョウタンの採卵ケースをセットしました。
オベススツノヒョウタン ♂産卵木埋め込みセット
「ケース」…ミニ 「材」…コナラ S 「マット」…無添加 「環境」…水分 多め 25度。
本属の割り出しは、3令が見えたら・・割り出すので、それまでは気長に放置ですね。(*^^)v
スポンサーサイト

見事に・・らっきょ化です
最近、この飼育ブログを ほぼ毎日見ている という、とあるブリーダーさんから・・
中々 コメントが出来ませんが・・記事がアップされるのを 毎日楽しみにしております。
という、非常に 心温まる私信メールを頂きました。これは・・本当に嬉しい限りですね。(*^^)v
当ブログの記事は、自己満足かつ、人気がない マイナーな種類の飼育記事が多いので・・・
無理して、コメントしなくても・・全然OKです。 むしろ 遊びに来てくれるだけでも嬉しいですね。
あと、自分の知らない間に・・当ブログの訪問者合計6000ヒットを越えていました。(汗)
ココは、人気がないマイナー種の記事が多いのに…この訪問者数は、ちょっと予想外でした。
何はともあれ、今後も・・マイナー路線をつき進んでいく と思いますので 宜しくです。(*^^)v

さて、久しぶりに・・我が家のグランディスネブト こと らっきょネブト のその後です。
グランディスネブト ♂グランディスネブト ♀
すいません。 前回 偉そうな詳細を書いておきながら・・見事に 全て らっきょ化しました。(笑)
やはりこの種における、50ミリ以上の♂個体を 羽化させるのは・・かなり難しいですね。(^_^;)
ちなみに、今回の最大は・・左下の41ミリ。 最小は・・右下の30ミリでした。
グランディスネブト ♂DSC00738.jpg
そういえば・・先週末辺りに、某オクにて 本種の53ミリ♂が出品されていましたが・・・
この種の出品価格とは思えないほど、かなりのプレミアム価格が付いていましたね! (汗)
上記は・・結構、興味があったのですが・・やはりお気に入りのネブトにおける大型個体は、
自分の飼育下で 自分の力で羽化させないと・・その個体への愛着が 全く沸きませんので、
今回は・・前回以上に真剣に 本種グランディスネブトの大型化を目指したいと思います。(*^^)v
なお 雌雄共に…羽化後2ヶ月が経過していたので、さっそく本種の採卵セットを組んで見ました。
ネブト用 採卵セット
「ケース」…小  「材」…なし 「マット」…無添加 「環境」…水分 多め 25度。
今回は、本種の大型化を 真剣に狙うべく 最低100頭幼虫にて飼育していきたいと思うので、
産卵する♀が死なない程度のマット量を備える 少し大き目のケースを用いてみる事にした。
とりあへず、爆産して困るほど・・沢山の幼虫が得られる事を期待しております。(爆)


さて、ある方からの リクエスト私信 を受けましたので・・呪いのネブト をご紹介。(^_^;)
この個体は・・我が家で 不幸にも羽化 してしまった、ブゥードゥーネブトクワガタ(仮名)です。
なぜ、呪いなのか? それは・・この個体をマジかで見てしまった、ブリーダーさん全員が、
普段では・・考えられないほど 色々な災いが 降りかかっているからです。(実話)

それでは 呪いのネブトクワガタ画像を 公開しますが・・これは 大変グロイ画像ですので・・・
どうしても、この画像が見たい方だけ、この先におすすみくださいませ。(^_^;)
なお、この画像を見た事により理解しがたい色々な災いが発生いたしましても・・
当方は 一切の責任を取りませんので・・自己責任にて 予めご了承くださいませ。m(__)m
続きを読む

ロード・オブ・ザ・らっきょ 第3章
今日も・・外産ネブトの飼育記事です。 うん、ココにしては・・順調な飼育内容ですね!ww
さて、2ヶ月前から、アホみたいに・・大真面目に飼育している、我が家のグランディスですが・・・
本日、全ての幼虫が無事に3令に加齢したのを確認できたので、ここからが・・
フルコース中の、メインディシュ とも言える 重要な飼育過程 となります。(^^♪
よって 巨大化させる為の儀式 とも言える、ロード・オブ・ザ・らっきょ 計画の幕開けである。www

(我が家のグランディスネブト における、飼育状況)
ケース・・・小ケース
形 態・・・単独飼育
エ サ・・・菌糸カス&発酵が浅い発酵マット
湿 度・・・少なめ
温 度・・・21度


これを 見て分かると思いますが・・・最大で60ミリ前後しかならない本種 にしては、
かなり おおげさな大き目の飼育ケースを、今回の飼育の為だけに・・用意いたしました。(^_^;)
おそらく、過去にグランディスネブトの飼育に 小ケースを用いた方は、居ない様な気がします。
それもその筈。 本種は かなり多産で、1♀から100頭以上の幼虫が取れてしまう ので、
共食いが無く まとめ飼いが出来るネブト幼虫に・・わざわざ単独飼育をするはずが無く、
ましては・・3桁の幼虫全てに、小ケース分の飼育スペースを用意する事は 不可能だからです。w

しかし、今回は・・大型個体を狙って、わざわざ1令のみを 専門店にて 7頭 購入してきました。
さらに・・前回のプレ企画にて、4頭出したので・・残り3頭。 その内の2頭が♂でした。
これ位の頭数であれば・・このような贅沢な単独飼育も十分可能です。(*^^)v

なお、世界中に、たった2頭しか確認されていない、幻の大歯型のグラネブは、2頭とも、
マメ科の立ち枯れから見つかり、小型個体は・・土化した所から見つかった という点を、参考に・・
このネブトを大型化させる鍵は・・発酵の浅い新鮮なマットを 常に与える事では? と考え、
こちらも 前回紹介した プンク同様に・・ネブトの幼虫飼育には 一般的に向いていないとされている、
発酵が浅い水分少なめの発酵マット
で、2令は エサに慣れさせる意味合いで飼育しましたが・・・
今回は、冒険として・・劣化した菌糸を、上記の発酵マットで、割って与える事にした。
これならば・・菌糸の働きを弱め、菌糸が使えないネブトにも・・有効なのでは? と、思ったのです。
ちなみに、温度に関しては・・フィージーという 土地柄 低温にせず、恒温環境で行く事にした。

さて、この結果は・・どんな感じになるでしょうか? 正直・・やっている自分でも わかりません。ww
あと、上に書いてある飼育法を真似して、貴方の貴重なネブト幼虫が死んだとしても・・
自分は、責任は持ちません ので、試す場合は・・自己責任で お願い致しますね。(^_^;)

ロード・オブ・ザ・らっきょ  第2章
今週に入ってから、バイト と 新年度に向けた代表者会議続き で、私生活が何かと忙しく・・
リンク先のブリーダーの皆さんへのブログ訪問やコメ がなかなか出来ずに、申し訳ない。(>_<)
なんとか、時間が取れ次第・・皆さんの所に遊びに行きますので・・宜しくです。(^_^;)

そんな感じで、ブリード面も・・やや放置気味で2週間ほど、成虫にエサをあげていなかった。
幸い、我が家の飼育種の大半が 小型種なので・・まだ、なんとかなった物の・・
大型種だったら、確実にアウトだったなぁ~ と、感じました。 ほんと ごめん。m(__)m
よって、2週間後にする筈だった、グラネブ幼虫のエサ換えを、4週間後の今日に行いました。
幸か不幸か・・・温度が低い所にあったので、エサの交換時期としてはベストでした。ww


さて、本種は・・57ミリの野外記録を持つ、世界で3番目に大きいネブトであるにも拘らず、
大型個体の羽化の話をまったく聞かない、意外と飼育課題の多いムシである。(^_^;)
しかし、不人気種であるためか・・真剣にやられている方が少ない様なので、自分としては、
外産を飼育し初めて7年目と成る、ラッキー7 な今年(?)は・・某誌のギネスを狙うべく、
本種を、マイ予算が許す限り、ブリード資金を導入して・・本種を大真面目に飼育してみたい
とりあへず、4週間前に購入した幼虫8頭は、雌雄判別が全くできない2令初期だったので…
今までの プリンカップ大 ではなく、小ケースでの 多頭飼育に切り替える事にした。(*^^)v
とりあへず、馬鹿みたいなタイトルの ロード・オブ・ザ・らっきょ 計画 の幕開けである。www


我が家のグランディスネブト(グラネブ)における、飼育状況
ケース・・・小ケース
形 態・・・多頭飼育
エ サ・・・某ショップ特注の発酵が浅く 水分多めの特殊発酵マット
温 度・・・25度

とりあへず、世界で たった2体しか存在しない幻の大歯型 のグラネブに関する情報として、
この大歯型個体は、いずれも…マメ科の立ち枯れから見つかっている点を、参考に・・
発酵が進んだ物を好むネブトとしては、かなり異例な発酵が浅めのマットを使用する事にした。
なお、本種の故郷である、フィジー諸島 は、年間平均25度を超える常夏の島であり、
現地の野外環境では・・・低 温 という概念が 全くないので、あえて恒温環境で行ってみる。
ちなみに、現地の最低温度は冬で・・20度だそうです。 色々と 凄いですね。(*^^)v
上でも書いたが、2令初期により、雌雄判別が まだ出来ないので・・しばらくはこの環境で成長させ、
3令初期になり、雌雄判別が でき次第・・♂の大型化を狙うべく、単独飼育に移します。

今回 使用している 特殊マットの値段は結構 高く、マット代だけで 諭吉が飛びそうですが・・・
真剣にやって、結果が全然ダメだった場合は・・本種への未練が無くなり易くなるので、
なんとか、バイトで稼ぎ、欲しい生体を見送る等して、今回の研究資金を地道に貯めます。(^_^;)
もちろん・・この 禁欲生活が、何よりも辛かったりするのは・・お約束である。www

ロード・オブ・ザ・らっきょ  第1章
突然ですが・・皆さんに素朴な質問です。 皆さんが カレーを食べる際の お供は・・・
       らっきょ? それとも 福神漬け? の どちらでしょうか?
ちなみに、自分は断然 らっきょ派で・・カレー と らっきょ が、幸運にも 同時に食べられる際には、
必ず、2桁の らっきょ を カレーの中に 入れる程、らっきょ 好きであります。(^^♪
今回はそんな カレーのお供の らっきょ に、よく似ている、グランディスネブトの話題です。(*^^)v
グランディスネブト ♂グランディスネブト ♀
グランディス」とは・・・「偉大な」と言う意味ですが、完全に…名前負けを しております。(^_^;)
本種は、一応 最大体長 57ミリと 世界のネブトの中でも、確実に ベスト5位 に入るくらい、
非常に大型になるネブトですが・・・イマイチ、というか 全く 人気がありません。ww
おまけに、多産 且つ 飼育も入手も 簡単な 50ミリを超える 大型ネブトなので、
某誌の飼育ギネス にも・・・登録されても イイ筈なのですが・・現在 未登録 ですね。(^_^;)

ちなみに、本種 グランディスネブト(以下 グラネブ)の野外品の入荷は、全くありません。
現在、国内に出回っている 全てのグラネブは、8年前に・・有名な日本人採集家のM先生が、
タンナ島の ラフェルトノコ を採集された際に、偶然に採集された ヴィチレブ島の♀個体から、
産卵させた子孫のみの系統が、出回っているのです。 と言う事は・・・ですよ。(^_^;)


最大50ミリを超える (飼育ギネス認定) 飼育ギネス 未登録  系統は全て同じ。

 
といった、感じで・・・何処のどんな ブリーダーさんでも、大型系統とか 全く関係なく、
気軽に…ギネスを狙う事が出来る 夢のようなチャンス を持った ネブトではないでしょうか?

と言うことで・・実際に 50ミリのらっきょ ではなく グラネブを この目で 見て見たくなったので、
数年ぶりに、大真面目に・・本種を、飼育ギネスを狙って 飼育してみることに。(*^^)v
そうです。 遊びは・・・真剣になれば なるほど、奥が深く 大変 面白いのです。www


さて、手始めに・・メイン となる、グラネブを…入手しなければ いけなかったので、
すぐさま、有名な専門店に行って、グラネブの1令幼虫を、調達してきました。(*^^)v
5頭での購入でしたが・・・ココのお店としては 珍しく 2頭ほど、オマケをつけて貰い、
これで、本格的に 大型化を目指すに当たって、7頭の勇敢な らっきょ が出揃いました。
そして、1週間後には・・大奮発して、自分なりに…色々と やって見たいと思います。(*^^)v


たまには、息抜きな感じで・・・たった、50ミリしかない、不人気種に対して、
こんな感じで、ア ホ みたいに、飼育するのも楽しいですよ~ 是非、お試しあれ。ww
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。