初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コガタノゲンゴロウ ブリード初成功!
こんばんは。 自身の仕事柄、お盆前のラッシュも・・かなり忙しい のですが、
お盆明けてからの ここ3日間の忙しさは、久しぶりに・・本当に やばかったです(^^;)
出勤して、ふと気付けば・・既に 定時を過ぎていて 残業ナウ って感じでした(笑)
早めに・・落ち着いてくれる嬉しい のですが、はたして・・どうなる事になるかな? は は。

さて、クワガタ関連の飼育記事ばかりだと おそらく飽きてきます ので・・
久しぶりに‥別種の飼育記事でも。今年の5月に・・北大東島へ採集しに行ったときに、
時期が良かったのか、運良く自己採集出来た コガタノゲンゴロウその後の様子です。(^^)/


運良く 20個以上の産卵に成功したものの・・本種コガタノは、ナミゲン以上に・・・
初令幼虫の飼育かなり気難しくて。。無事に2令まで育ったのは、たった4頭のみ。(汗)
コガタノゲンゴロウ 1令幼虫 エサを食べる
本当は、中型サイズ以上ゲンゴロウの初令幼虫の餌として、最適とされる ミズムシを、
コンスタントに与えられれば 最も良かったのですが・・何分。。私情が忙しくて、
無事に・・2令に成長したのは、コオロギの初令ピンセットから食べた優等生です(笑)
孵化してから、だいたい3週間ほどで・・この4頭が3令幼虫になりました。(^^)/
コガタノゲンゴロウ 3令幼虫 飼育下コガタノゲンゴロウ 幼虫の飼育環境
飼育ケースは 本種の3令がナミゲンの2令ほどの大きさだったので、250ccプリンカップ
足場水質 を少しでも良くするべく、こんな感じで水草を一切れ入れていました。
3令時のエサ頻度は、毎日 早朝 と 帰宅時に・・コオロギのMサイズを1頭ずつ与えて、
1日が終わるのと同時に・・必ず水替え毎晩やりました。。この作業が なかなかキツイ(^^;)


そんな感じの飼育が、2週間ほど続いた ある日・・今まで 夢中で食べていた
エサのコオロギ全く見向きもしなくなったので、そろそろ上陸するタイミングだな。。と思い、
コガタノゲンゴロウ 3令幼虫 強制上陸コガタノゲンゴロウ 蛹化容器
昨年度のナミゲンな失敗経験を踏まえて・・今回は、こんな感じの容器
イイ感じに湿らせたピートモスを、6割ほど緩く詰めて・・幼虫を強制上陸させてみた。(^^;)
最初は、なかなか潜らずに かなり心配しましたが・・時間をおいて 覗いてみると・・・
コガタノゲンゴロウ 潜る3令幼虫
まるで、モグラの如く‥成長しきった3令幼虫は 地中へと潜っていきました。(^^)/
これで 毎晩の水換え作業から解放される と思うと、本当に嬉しかったですね(爆)
その後は‥容器内が蒸れないに 温度変化が少ない場所で・・しっかりと管理しました。


コガタノな3令幼虫地中に潜ってから・・18日後
ふと、幼虫の様子が気になった ので・・・軽く容器内のピートモス掘って見ると。。。
コガタノゲンゴロウの蛹化容器に・・・顔を覗かせる コガタノゲンゴロウ新成虫
なんと、ピンポン玉の様な蛹室には 翡翠色に輝く とても美しい成虫が見えた!(^^)/
この時が・・人生で初めて ゲンゴロウ関連のブリードに成功した瞬間だった 事もあり、
非常に嬉しくなってしまい、コガタノゲンゴロウの新成虫を ドキドキしながら‥取り出してみた。
コガタノゲンゴロウ 新成虫 初羽化!
いやぁー このコガタノゲンゴロウは、本当に 綺麗でカワイイ虫です。(笑)
毎晩・毎晩の水換え作業は・・冗談抜きで大変でしたが・・真面目にやっていて良かったです。
他の3頭も・・気になって暴いてみると・・3頭とも 無事に羽化していました。(^^)/
コガタノゲンゴロウ新成虫 管理容器
「水棲昆虫 完全飼育・繁殖マニュアル」という 水棲昆虫のバイブル本を 読む限り、
羽化後は、身体が柔らかい為。。種親と一緒にすると‥共食いの危険がある とあったので、
種親とは一緒にせずに・・こんな感じの容器で1週間は、新成虫たちを単独飼育させてみた。(^^)
コガタノゲンゴロウ 交尾 飼育下にて
1♂3♀の新成虫は 最初は泳ぐのが下手でしたが・・次第に 上手く泳げる様になった
現在は、エサも食べる様になってきた ので・・新成虫4頭同じ水槽内で飼育しています。
種親の方も交尾する位‥まだまだ元気です。来年度も‥是非ブリード継続したいですね(^^)/
スポンサーサイト

コガタノゲンゴロウ 産卵セット!
こんばんは。 遂に、私が住んでいる千葉県の方も・・梅雨入りしました。
昆虫の種類的には・・この梅雨時期の前後が 1年を通して、最も昆虫が多く
色々な魅力的なムシ出てくる時期になるので、何処へ行くのも楽しい時期ですね(^^)

さて、先日 単独遠征しに行った北大東島での 思いがけない嬉しい副産物(笑)となった
コガタノゲンゴロウですが、運良く成虫ペアも揃っていたので・・ブリードしてみることに。。


コガタノゲンゴロウの生体を見るのは・・初めてでしたが 本当にカワイイです。(^^)
あの ナミゲンゴロウの色彩を持ちながら、サイズは‥クロゲンゴロウよりも 気持ち大きい位なので、
コガタノゲンゴロウ 成虫 飼育下にてコガタノゲンゴロウ 交尾 飼育下にて
もともと、小型種の昆虫が好きだった事もあり・・その魅力に かなり嵌まってしまった(笑)
当然 食欲の方は・・ナミゲンよりも小食なので、水の汚れるスピードも遅く素晴らしい。。
飼育開始早々から・・こんな感じで 交尾を確認出来たので、産卵セットをセットしてみた(^^)
ゲンゴロウ 産卵セット
「ケース」…30センチ水槽 「産卵床」…ホテイアオイ 「環境」…水温 25度。
一応 ナミゲンゴロウ全く同じ内容の産卵セットです。 このコガタノゲンゴロウも・・
水草の組織内に・・産卵らしい ので 気ままに・・産卵確認出来るまで待っておりました。
また スペースの都合上。手元に残った 2ペアのコガタノ同じ水槽内に入れております。(^^)/


セット後。 暫くすると・・水槽内のホテイアオイが かなり囓られていたので、
これは・・期待出来るかな? と思い、放置して。。先日 何気なく水槽を観察すると。。。
コガタノゲンゴロウ 1令幼虫 飼育下
やりました! 運良く コガタノゲンゴロウの1令幼虫10頭も確認出来ました(^^)/
とりあへず、最初のエサは・・生きたアカムシかな? と思い、せっせと与えましたが・・・
この5日後。。なぜか? 死亡する個体が増えた(泣)ので・・ナミゲンの1令幼虫とは違い、
エサとしての コオロギ幼体
アカムシは、コガタノ1令幼虫のエサとして・・全く合っていない と感じたので、現在では・・
地元の谷津田で採集できる ミズムシ東京の爬虫類専門店で購入したコオロギを、
栄養バランスを 適度に考えながら、毎日・・せっせと与えております。(^^)/
コガタノゲンゴロウ 1令幼虫 エサを食べる
このエサを 与える様にしてから、死亡する個体は・・全く居なくなり、現在では・・
5頭の1令幼虫気ままに飼育中です。(^^) 北大東島での副産物 とはいえ、
思い出がいっぱい自己採集コガタノさん なので、何とかブリードに成功したい です(^^)
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。