初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤエヤマノコギリ 蛹化開始!
こんばんは。 先日から・・お仕事が終わって 夕ご飯を食べてから、
地元の谷津田ゴミムシの夜間観察しに出かけておりますが、まだ夜間の気温が低く。。
例年よりも あまり活動していない印象強く受けるのですが・・気のせいかな?(^^;)

少なくとも、地元の谷津田で・・最初に繁殖期を迎える ヒメキベリが出ているので・・・
この調子で‥昼間だけで無く 夜間の方も‥気温が上がってきてくれると、嬉しい限りです。

さて、昨年6月に 遠征採集しに行った 西表島で・・・
運良く 自己採集する事ができた ヤエヤマノコギリも、一部の幼虫が蛹化しました(^^)/


昨年6月の西表島で・・産地違いで 運良く1♀ずつ採ることが出来た ヤエヤマノコギリ
久しぶりに様子を見てみたところ、最初に産卵確認できた 野外♀からの幼虫達の一部が・・
早くも蛹になっておりました。(笑) この幼虫は割り出し時から・・やや放置してしまった事もあり。
ヤエヤマノコギリ ♀蛹 カップ越しにて
この産地大型狙いでの飼育は、完全に次世代だな。。と思い、この産地に関しては・・・
全ての幼虫を 430ccで安全飼育していましたが‥こんな小さな容器であっても、
カップ越しから ♂蛹を眺めるに‥中歯♂羽化しそうな感じだった ので、意外にも・・
この系統は、大型になりやすい素質もしかしたら あるのかも? しれませんね。 (^^;)


もう1つの野外♀からの個体は、上記のヤエノコに比べて ケース底で採卵確認できたのが、
やや遅く。 幼虫がまだ小さな内から‥割り出せたこともあって 期待出来る幼虫達は・・・
800ccボトルマット飼育しておりますが、コチラは‥未だに 蛹化する気配がない。(汗)
ヤエヤマノコギリ 3令幼虫 ボトルにて
この幼虫の 体色を見る限りここから・・急激に成長することはない とは思いますが、
少なくとも、前産地の幼虫よりは 大きく育っているので コチラの産地からは・・・
野外でも‥ほぼ見る事がない とてもカッコイイ大歯型羽化するかも? しれません。(^^)
スポンサーサイト

ヤエヤマノコギリ エサ交換! 2015年
こんばんは。 本日18日で・・また、1つマイレベル上がってしまいました。(苦笑)
精神的には‥当ブログ開設時である 20代前半の頃と あまり変わっていませんが・・・
年々、身体の方が ムリが出来なくなってきた(2徹夜な採集は、流石にムリw)ので、
あまり無謀な事はせずに、気ままに楽しくを モットー人生を楽しみたい ものですね。(^^)

さて、今年6月に 西表島で運良く自己採集できた ヤエヤマノコギリエサ交換をやった(^^)/


西表島での滞在時には‥別産地1♀ずつ採れた事もあって、2♀個別セットしたところ。
2頭の野外♀からの次世代幼虫合計30頭前後 と・・かなりの幼虫が得られました。(^^)
ヤエヤマノコギリ 小♂ 野外個体
ヤエノコかなり好きな国産ノコギリなので‥全て VIP待遇で飼育したい のですが・・・
私の狭い飼育スペースでは、全ての個体をボトルに入れての飼育は、かなり厳しい(汗)ので、
まだ成長が見込めそうな 10頭の2令幼虫のみを、800ccボトル他の幼虫たちは・・・
430ccプリンカップへ投入!
少し可愛そう だけど・・無事に羽化する事だけ を願って、430ccカップで飼育する。
こんな容器で飼育すると・・野外個体と変わらないサイズ羽化しそう(笑)ですが・・・
下手に大きく育ってしまい、羽化ズレを起こすよりは‥良いよね開き直っています(^^;)
ヤエヤマノコギリ 2令幼虫
もちろん、ヤエノコ幼虫たちも・・この30頭 全部羽化したら 確実にヤバイ(笑)ので、
来年度あたりに開催されると思わしき、どこかのプレ企画に 一応 協賛予定です。(^^)
でも、人気がある アマミノコの仲間とは違い 通好みなヤエノコは、希望者は居るのかな?(笑)


追伸
今月22日にある 職場の忘年会における 隠し芸(?)で、公演予定の 昆虫関連 以外における、
マイナーな もう1つの趣味・・ジャグリング(大道芸) が 現在 練習ピーク真っ盛りです。(^^;)
今年の忘年会では・・何時もの 3クラブ と、かなり久しぶりに・・3ボール(お手玉) で行きます。
クラブ
ここ数年における マイ週末の8割近く採集しに行ってしまう(笑)ので、
ジャグリングな趣味の方は、あまり練習できません。(^^;) 既に・・職場の方々には
私のやる芸が 分かっているので、隠し芸(?)に、なっていないのですが。。楽しく頑張ります。

ヤエヤマノコギリ 再割り出し開始!
こんばんは。 とりあへず、今日 さえ・・お仕事を 頑張れば、
少しは‥私情が落ち着きそうな気がするので、今週末の遠征採集に何とか行けるように、
あまり、ムリをせずに気ままに‥頑張りますね。(^^;)
それでもって、アホながら 実は・・・いや、コレは‥まだ内緒にしておきましょう。(笑)

徹夜作業・・種目。 西表島自己採集した ヤエヤマノコギリ再割出しをやった(^^)/
幸運にも、今年6月の西表島の遠征採集において・・大小の2♀が採れていたので、
ヤエヤマノコギリ 大♀ 野外個体ヤエヤマノコギリ 小♀ 野外個体
採れた2♀の産地が違うこともあって 個別に‥セットしていました。(^^)
1回目の割り出しにて、大♀からは・・8頭。 小♀からは、5頭の幼虫が取れた。
再セットしよう としたときに、大♀の方は力尽きてしまったので・・小♀のみ、再セット(^^)/
ヤエヤマノコギリ 卵ヤエヤマノコギリ 初齡幼虫
再セットでは、意外と産んでいて・・卵 10個 幼虫10頭の 20の次世代が取れた。
これ位の頭数が 得られれば、休眠ズレ♂♀の偏りが無くなる筈なので、だいぶ安心です(笑)
なお、大♀をセットしたケースから 取りこぼし と思われる幼虫を3頭回収
この3頭は、少し前に行われた ★かぶ☆さんのプレ企画に 協賛してみた。(^^)
430ccプリンカップへ投入!
そして、今回の作業は・・割り出しだけで無く 1回目の割り出しで得られた 幼虫たちを、
多頭飼育から個別飼育にするべく、エサ交換(汗)そこまで大きくならない種類ですが・・・
最終的には、期待の出来る幼虫たちは‥800ccボトル飼育になりそうです。(^^)
なお、カップ画像は どの幼虫を入れても‥基本同じなので、画像節約イイですよね?(爆)

ヤエヤマノコギリ 割り出し開始!
こんばんは。 お盆前の駆け込みラッシュ と 上司の息子さんのバザー出店の為の
カブトムシ採集の同行 並び に 飼育中のムシ達のお世話最盛期(爆)になってしまい、
非常に 私生活が忙しくて・・ようやく 与那国島の遠征採集記を アップ出来ました(汗)

そんなこんなで、昨日から私も・・ようやく お盆休み。(^^)
8月中は、離島に採集しに行く予定は 全くありませんが、9月から また行けるように、
気ままに‥お金時間を作って、頑張って行けたらな。。と思います。

さて、今年6月行った西表島で 運良く自己採集することが出来た
ヤエヤマノコギリ産卵セットから、幼虫が チラホラと見え始めたので、割り出しです。(^^)/


西表島では、運良く産地違いで・・1♀ずつ計2頭のヤエノコ♀が
自己採集出来たので・・今年6月下旬より 2♀を 個別産卵セットしておりました(^^)
ヤエヤマノコギリ 大♀ 野外個体ヤエヤマノコギリ 小♀ 野外個体
かなり擦れた大きな♀からは、早々に・・ケース底より 産卵が確認出来ていましたが、
小さめの♀は・・産卵がなかなか確認できず、7月中旬になってから 急に産み始めました(汗)
幸運にも2ケースとも、幼虫が見えるようになってきたので・・割り出してみた。
ヤエヤマノコギリ 割り出し結果 野外♀より
大♀からは・・初令6頭 卵2個。 小♀からは・・初令3頭 卵3個でした。
10頭前後は 産むかな? と思っていましたが・・産卵数は 意外と少なかったです。(^^;)
種♀が幼虫を食べた可能性もあるので、本来は もう少し早く割り出すべきなのかも? しれません。
この頭数だと、♂♀の偏り2年1化となった時に、ブリードが不可能になりそうなので・・
産卵木埋め込みセット
「ケース」…小 「材」…コナラ S 「マット」…無添加 「環境」…水分 多め 24度。
こんな感じで、2♀とも再セットを組んでみました。 もう少しだけ 産んで下さいませ。(^^)


追伸
ほぼ同時期にセットした ヤエヤマコクワの野外♀は、 全く 産卵が確認できず。。
ヤエヤマコクワ 野外♀ 飼育下にて
やはり未交尾なのか? それとも・・産卵木が 気に入っていないだけなのか?
どちらが、真相なのか。。よく分かりませんが、近々 産卵木を換えて再セットします。(^^;)

ヤエヤマノコギリ 産卵セット開始!
こんばんは。 いやぁー最近は、疲れているのか? 非常に夕方から眠くて・・
6月中には 全てアップしようと気ままに思っていた 西表島 遠征採集記
前月中に 完全にアップできませんでした。(汗) 4月下旬から色々な飼育関連のネタ
かなり溜まってきている(爆)ので、早々に・・飼育記事をアップしていきますね(^^)/

とりあへず 西表島採ってきたシリーズです。 まずは 本命ヤエヤマノコギリの産卵セットです。


このヤエヤマノコギリを飼育した経験は・・実は、全くありません。 今回が初飼育(^^;)
私が飼育全盛期だった8年前当時‥専門店などで 本種の姿を見ても・・特徴らしい特徴があまりない
ヤエヤマノコギリ 小♂ 野外個体ヤエヤマノコギリ 小♀ 野外個体
微妙な 国産ノコギリだな。。 と思ってしまい、イマイチ興味がわきませんでしたが、
国内外の色々な種類のクワガタムシ10年以上 ブリードしてきて、改めて見てみると・・・
なんて、カッコイイ国産ノコギリなのだろう!(^^) と、最近 思うようになってきました。(笑)
産卵木埋め込みセット
「ケース」…小 「材」…コナラ S 「マット」…無添加 「環境」…水分 多め 24度。
自ら離島に行き 種親となるムシを 自己採集しに行くと・・どんな虫も かなり良く見える のですが、
それがマイブームな虫 となってくると・・より色眼鏡(笑)が掛かるようで、
上の小歯♂ですら、かなり格好良く見えてくる のだから・・結構 重傷かも? しれない(爆)
ヤエヤマノコギリ 大♀ 野外個体ヤエヤマノコギリ 小♀ 野外個体
現地では‥別産地ヤエヤマノコ運良く1♀づつ採ったので・・個別に2セット組んでみました。
今後 採りに行けるか? 微妙な離島のクワガタムシ なので、何とか産んで欲しいものです。(^^)/
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。