初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、爆撃の準備でも・・
ここ最近の関東では・・すごく暖かな気候が続いていて、この調子で気温が上がってきますと、
例年よりも 少し早めに…23区東部の春型シロチョウ採集出来そうですので・・
いまか? いまか? と、今週末にある昆虫フェアと同様に・・非常にウキウキしております。(*^^)v
とりあへず、今年の春こそ…3年連続でボウズを喰らっている、春の初めにしか登場しない
東京23区版のギフチョウ こと、23区東部産のツマキチョウ自己採集してみたいですね。(汗)
さて、イイ感じで・・昨年末にセットしていた爆産種 フィリピンネブトの採卵カップの壁面から・・
2令幼虫が見えてきましたので、今週末のフェアで配る里子用に、割り出してみる事にしました。

・フィリピンネブト フィリピン ルソン島産
フィリピンネブト ルソン島産 大型♂フィリピンネブト ルソン島産 ♀
このルソン島産フィリピンネブトは、台湾産と比較して…産卵スイッチが入るのが、
やや遅かったようで・・一応 産卵はしているものの、壁面で見える全ての幼虫1令ばかりで、
この幼虫の生育状態で割り出してしまうと…死亡率が高くなってしまう可能性があるので・・・
少し待ってから割り出しを行う事に決めた。 なお、割り出し予定日は・・4月頃にしたい と思う。(笑)

・フィリピンネブト 台湾 台中県産
フィリピンネブト 台湾産 ♂フィリピンネブト 台湾産 ♀
コチラ台湾産フィリピンネブトは・・採卵カップの壁面から、例年よりやや少ないものの・・
10頭前後2令幼虫が確認できたので、今週末のフェアで配る里子用に割り出しました。(*^^)v
フィリピンネブト 台湾産 2令フィリピンネブト 台湾産 1令
今回の採卵結果は・・3令 16頭 2令 19頭 1令 7頭の 計42頭という結果でした。
とりあへず、自分の手元には・・10頭前後いれば十分ですので、残りの30頭近くの幼虫たちを・・
今週末のフェアに持って行きますので、この種に興味のある方は…気軽にお声を掛け下さいね!
なお、本種を予約されている京四郎さんには…もちろんのことネブト飼育に興味があるけど・・
ネブトを飼育していない東京の ぐっさんには…必ず譲りますので…気長にお待ち下さいね!(爆)

追伸
早くも・・先日、セットを組んだ野外個体プンクティトラックス♀から産卵確認ができました!
プンクティトラックスネブト ♀(?) 早くも 産卵確認!
本当に、プンクティトラックスの♀なのか?・・分かりませんが、とリあへず嬉しいですね!(*^^)v
スポンサーサイト

爆産種をセットしました
さて、数日前の誰かさんの 飼育記事の中で、本種のセットを組んだ という内容がありましたので、
我が家で飼育中の、2産地フィリピンネブトもとい 爆産種の採卵セットを組んでみました。(*^^)v

・フィリピンネブト フィリピン ルソン島産
フィリピンネブト ルソン島産 大型♂フィリピンネブト ルソン島産 ♀
今号のビー○ワにて、参考ギネス個体として・・この産地のフィリピン密かに登場していました。
この書籍によると、ルソン島産の個体群は・・フィリピンネブトの原名亜種になるみたいですね!
本種は、以前紹介したチェリフェルネブトと同様に・・コバエ並みの繁殖率を誇るネブトなので、
あまり気合を入れ過ぎると・・とんでもない事になるので、気合を入れずにセットしました。(汗)
プリンカップ採卵セット
「ケース」…プリン特大 「材」…なし 「マット」…無添加 「環境」…水分 少なめ 25度。
セット内容自体は変わりませんが・・爆産を防ぐべく、今回は通常よりもやや水分を控えてみました。
とりあへず、プレ企画に出せる位の、20頭前後の次世代幼虫が得れる事を願います。(^^♪


・フィリピンネブト 台湾 台中県産
フィリピンネブト 台湾産 ♂フィリピンネブト 台湾産 ♀
台湾産の本種は・・前回 あまり気合を入れずに…セットしたにも関わらず、50頭前後の幼虫
簡単に得られてしまったので、マイナーな本種の里子探しは・・本当に苦労しました。(^_^;)
この時は、前回のプレ企画のオマケとして・・新成虫を2~3ペアほど、おまけの有無を聞く前に・・
当選者宛てに送る協賛品のボックス内に、密かに潜り込ませて・・・無事に解決させました。(鬼w)
一応、レア産地のフィリピンネブトなのですが・・あまりカッコよくないのが、悩みの種ですね!
でも、今後の入荷が期待できない産地なので、こちらも・・気合を入れずにセットしました。(汗)
プリンカップ採卵セット
「ケース」…プリン特大 「材」…なし 「マット」…無添加 「環境」…水分 少なめ 25度。
とりあへず、ルソン島産の本種と同様のセット内容で、台湾産の本種もセットしてみました。(^_^;)
ほんと、愛知県の誰かさんの様に、ムシと会話して産卵数の交渉ができればイイのですが・・・
あいにく自分は、プロでなくヘッポコなので・・その領域には…到底たどり着けそうに無いので、
きっと、♀の思うがままに産むと思いますので、今の内から里子(爆撃地)を探しておこっと!(爆)
もちろん、毎日コメントして頂いている方には・・ダース単位で差し上げますので、宜しくです。(^^♪

コバエ並に、増えますな。
明日26日は、皆さんが楽しみにしている クワタフェアが 横浜で開催されますね!
残念ながら自分は、諸事情により今回の横浜には参加できませんが・・前回と同様に、
皆さんのブログ記事を読んで、楽しみますので・・記事アップを宜しくお願い致します。(笑)
なお、この時期は・・クワのお世話などで忙しく 2月ほど 衝動買いがないと思いますので、
この機会に、自身の買える範囲内で 好きな種類を増種しちゃいましょう。(*^^)v
フィリピンネブト 台湾産 ♂フィリピンネブト 台湾産 ♀
さて、1ヶ月ほど前に・・採卵セットを組んだ台湾産のフィリピンネブトの採卵カップが、
カップの壁面だけで 既に3令幼虫と思える幼虫が10頭前後確認できてしまい
このようにカップの壁面だけで10頭前後の幼虫が確認できる場合 今までの経験上・・・
その倍の幼虫が居る ので、この時期にやらないと 非常にヤバイ状況 になってしまうので、
プリンカップの在庫が少なく あまりやりたくなかったのですが・・・しぶしぶ割り出しました。
カップの割り出しDSC00044_20090623094110.jpg
上は、産卵マットの上層部分だけを、ひっくり返した所・・・既に、10頭以上います。(^_^;)
これ位が飼育しやすい頭数なので ここで辞めたいのですが・・まだ、3分の2残っています。(爆)
でも、ココで悩んでいても仕方がないので 覚悟を決め・・全てのマットを取り出す。(^_^;)
DSC00048_20090725144757.jpg
採卵結果は・・3令 24頭 2令 10頭 1令 6頭の 計40頭という結果でした。
ちなみに、今回は爆産する飼育品なので 取れすぎるのを恐れ 何時ものミニケースでなく、
プリンカップ特大を用いてやりましたが、それでもコレだけの頭数が取れてしまいました。(^_^;)
さすが、コバエ並みの増殖率を誇ると言われている フィリピンネブトです。(爆)

幾ら スペースを取らないネブトとはいえ さすがに・・40頭全ての幼虫を飼育しきれないので、
友人に爆撃するべく 色々な面で 非常にお世話になっている ネブト好きな親しいブリーダーさんに、
1令 6頭死着保証として2令10頭を爆撃し、この時さらに、非常にタイミングよく(悪く?)
ネブトが欲しい! と言ってしまったダイさんに、3令×6頭&その他もろもろ を爆撃しましたので、
現在の手持ちの幼虫は・・3令 18頭ほどになりました。 この頭数でも やや多いですが・・・
40頭飼育するよりは・・数倍マシなので、残った18頭の幼虫達は大切に飼育していきます。(*^^)v

久しぶりに成功です。
現在、ハマりにハマりまくっている外産ネブトである フィリピンネブトの珍産地が入荷したので、
迷う事無く、中野のむ○社と通販ショップで2ペアづつ、計4ペアほど買いました。(*^^)v
フィリピンネブト シブヤン島 ♂DSC00003_20090627003706.jpg
購入したのは・・ギラファやオオヒラタのレア産地で、非常に有名なシブヤン島産です。(^^♪
ここは地理的に・・ルソン島が近いので、ルソン島と変わらないかも? と思っていましたが・・
ルソン島とは、大アゴの形状が全く違い、一番よく似ているのは・・意外にも台湾産でした。
参考までに・・・左下の個体がルソン島産で、右下の個体が台湾産になります。
フィリピンネブト ルソン島 ♂フィリピンネブト 台湾産 ♂
で、今回も・・別種が混ざっていないか よ~く♀を観察しましたが、♀の大きさに差があれど、
全て、同じ特徴を持っていたので・・この♀が本当にフィリピンかどうか分かりませんが・・・
とりあへず今回は、成功しても…1種類しかで出てこなそうなので、一安心ですな。(*^^)v
で、今回も・・野外品のネブトに挑戦するにあたっての お手軽なセットを組んでみました。
プリンカップ採卵セット
「ケース」…プリン特大 「材」…なし 「マット」…赤枯れ 「環境」…水分 多め 24度。
このセットは 必ず産んで欲しいネブトだけど、そこまで沢山取れても困る。・・といった、
ネブトクワガタに対して愛用している、我が家のお手軽セットです。 こんな小さな容器であっても・・
産む時は・・軽く30頭前後の頭数が得られますので、非常にオススメです。(*^^)v
ただ、野外品のネブトは・・90%産まないので、今回も・・同産地の同じ種を4ペアほど入手し、
数打ちゃ どれかは・・・産むだろう作戦 でいっています。(爆)
単価が安いとはいえ、チリも積もれば・・山となる種類なので、産んでくれる事を願います。(汗)



で、上記のセットを組んだのが・・3日前。 そして本日 側面を観察していると・・・
産卵確認!
早くも・・産卵が確認できました。(*^_^*)  はっきり言うと・・物凄く嬉しいです!
なにせ、今年の4月中旬以降から野外品のネブトで、ことごとく採卵失敗が相次いでいたので、
久しぶりに、産卵する 当たり♀が引けたような様なので、本当に嬉しかったです。(*^^)v
ただ、産卵が確認できたのは・・一番大きな♀ 1頭のみで、他の小さめの3♀は・・・
側面に坑道は掘るものの 未だ産卵が確認できません。 3♀は、ハズレだな たぶん。(泣)


追記
その後・・卵は見えるものの なぜか幼虫が確認できず、そのまま失敗してしまいました。
おそらく未交尾だったのでは? と思われますが・・・野外ネブトでは始めてだったので、驚きです。

フィリピンネブトの北限
入手したのは 今から1ヶ月ほど前なのですが、ようやく新成虫ペアが後食を始めたので・・・
フィリピンネブトの生息する北限と思われる 台湾産のフィリピンネブトをセット致しました。
フィリピンネブト 台湾産 ♂フィリピンネブト 台湾産 ♀
自分にとって このフィリピンネブトは、かなり好きな中型の外産ネブトなので、
本種における 変わった産地の個体群は、スペースがヤバくても つい買ってしまいます。(爆)
ちなみに、左下の個体がルソン島産右下の個体がミンダナオ島産の個体なのですが・・・
へっぽこな自分が見ても・・同じ種類とは思えないほど 産地により大アゴの形状が違います。
ちなみに、現時点では・・上記の産地は 全て同じ原名亜種の扱いになっているようです。
フィリピンネブト ルソン島 ♂フィリピンネブト ミンダナオ島 ♂
ほんと、この微妙な大アゴの差異が・・まさに 自身のコレクト精神をくすぐるんですよね。(爆)
とりあへず、今回入手したのは・・コバエ並に爆産する飼育品なので、そこまで増えても、
本種は マイナーな外産ネブトなので、貰い手に困るので・・お手軽な採卵セットを組んでみた。
プリンカップ採卵セット
「ケース」…プリン特大 「材」…なし 「マット」…自作マット 「環境」…水分 多め 24度。
とりあへず、現在 飼育中のフィリピンネブトの中で・・この産地が 最も希少である事と、
同所に生息し、我が家で 飼育中の台湾産のチェリフェルネブトとの差異を見比べてみたいので、
それなりの頭数と大きさが出るように、地道に飼育していきたいと思います。(*^^)v


で・・セットを組んだのが 本日の午前中。 そして、本日の夕方 信じられない事に・・・
早くも 産卵確認!
もう、産卵していました。(爆) これは・・産卵確認までの 最速タイムです。
さすが、コバエのごとく増えると言われる フィリピンネブト 天晴れです。(*^^)v
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。