初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波照間島 採集記 最終日
波照間島 採集記 最終日 (晴れ)

全く体験した事がない頭痛で・・急に目が覚める。。そして 身体全体が 凄くだるい。(^^;)
おそらく 二日酔い と 呼ばれる症状に ほぼ間違いない。。実は人生初体験だった(笑)
とりあへず、頭痛薬を飲んで だるい身体を頑張って起こし別館の食堂へと向かう。
波照間島 星空荘 朝ご飯 その2
こんな朝から、かなりボリューム満点な朝ご飯で・・胃が本調子でないこともあって、
やや死にかけましたが・・しっかりと栄養を付けるべく 頑張って完食しました。(笑)
朝ご飯を食べ終わり ふとメールを見ると・・昨日の成果を送った Y氏から返信が来ていた。


そのメールを読むと、昨日の篩採集で・・私が最後に採った あの細くスジの強いムシが、
なかなかヤバイ虫だった(汗)らしく もう少し採ってきて欲しい との事だったので・・・
波照間島でのラスト採集は‥昨日の謎ムシ追加採集するべく、あの浜辺篩をする事に。。
波照間島 浜辺の環境
たしか、この辺だった気がする。。あやふやな記憶をたどりながら・・篩を開始。(^^;)
ほどなく サキシマケシマグソは、それなりに入るが‥あの謎虫の方は 全く入ってこない。
この状況から見て、謎虫は‥こんな良い浜辺環境であっても‥それなりに 珍しいようだ。(汗)
篩を使った採集方法 残った砂を見る
そんなこんなで、気ままに篩を続ける事・・1時間半後。 やっと謎虫が追加された。
この謎虫は、サキシマと居る場所が同じでも‥とある物の存在意外と重要みたいだ(^^;)
そんな強い直感を 浮かべながら・・出た環境の雰囲気肌身で覚えて 気ままに 攻める事・・・
波照間島 謎虫 その1
時間ほどで・・あの謎虫を‥何と12頭追加採集する事が出来た。(^^)/
とりあへず、不器用な私(笑)であっても・・ これ位の数が採れれば 2ミリの虫であっても、
数頭くらいは、立派な展足済みの台紙標本出来る と思うので・・ほっと一安心です(笑)


ふと時計を見ると・・12時近くになっていたので、あの美味しいご飯を食べるべく、
やや駆け足気味30分ほどかけて 島食堂 あやふふぁみに 向かう。(^^)
今日は、昨日食べて美味しかった 二日酔いに効きそうな ゴーヤチャンプルーにしてみた。
波照間島 ゴーヤチャンプルー波照間島 ゴーヤーチャンプルー 拡大
やはり、この食堂で食べる事ができる こうしたチャンプルー系は‥本当に 美味しい。(^^)
決まった時間帯に ほぼ毎日やって来ていたので・・お店の人とも、だいぶ仲良くなった
波照間島 食堂の本棚
すると、オフの日には 波照間島で 昆虫を含めて色々な生き物の観察 をしているらしく、
食堂の本棚が、生き物の関連の書籍一杯だった理由が・・この時 ようやく分かった。(笑)


お腹が、一杯に・・なったところで、最後の観光 として波照間の集落内軽くお散歩。(^^)
波照間島 郵便局波照間島 駐在所
日本最南端にある郵便局。そして、駐在所。。共に、とても良い雰囲気が出ていて良かった。
なお、波照間島には・・信号機横断歩道は、驚くべき事に 1つありません(汗)
そして‥昨日 とても飲みやすかった 幻の泡盛 こと 泡波 を製造している場所も訪れた。
波照間島 酒造所波照間島 マンホール
この付近には、とても甘い香りが漂っていて・・ほんのり気持ちが良いですね。(笑)
そして、波照間島にある 独特なマンホールも・・良い雰囲気が出ていた(^^)/
こんな感じで・・ぶらりと散歩して、波照間島のお土産少し買ってから、港へと向かう。


2泊3日での 波照間島遠征採集も、そろそろ終わりの時が迫ってきた。(汗)
この波照間島は‥本当にのどかで 素晴らしい 八重山諸島の1つでした。(^^)
どの離島でもそうですが・・・島を離れる時に感じる 切なさ だけ は、未だに慣れませんね
波照間島 帰りの船がやって来た
過去 多くの旅人が 魅了され、波照間島を訪れる方7割近くリピーター というのが、
今の私には、何となく分かる気がします。 何というか。。島の雰囲気素晴らしいのだ(笑)
こんなブログ記事を書いていると・・また、波照間島に 行きたくなってしまいます が・・
波照間島 歓迎の壁画
なかなか頻繁に行ける離島では無い上に、この島は それほど・・昆虫の種類数多くないので、
この波照間島への再訪予定は・・正直な所、何時になるのか? 全く分かりません。(^^;)
でも、余裕ができたら・・必ず 波照間島へ行きたい! そんな魅力溢れる 離島でした。
波照間島 日本最南端の碑波照間島 美しい ニシ浜 その2
さようなら、波照間島! また 訪れる その日まで。


沖縄県 波照間島 遠征採集記 完結 (^^)/
スポンサーサイト

波照間島 採集記 2日目 後編
波照間島 採集記 2日目 後編

30分ほど気ままに歩いて、島の食堂 あやふふぁみに ようやく到着です。
今日は‥何を食べようか? 5分ほど地味に悩んでから・・ベタな料理を注文です。(^^)
波照間島 ゴーヤチャンプルー波照間島 ゴーヤーチャンプルー 拡大
本日のお昼は、ゴーヤチャンプルーにしてみました。(^^)/ これも・・・
昨日のトーフチャンプルーと 同じくらいに、食材が生かされて本当に美味しかった
単独で遠征採集しに行くと‥色々な出会い出来事が 私の場合‥多くある のですが・・・
ムシだけで無く何気ない景色美味しいお店に出会えた時は、妙に嬉しくなりますね(笑)


最終日である明日も、あの美味しいお店に お昼を食べに行こう! そう心に決めてから、
採集活動を再開する前に‥少し気分転換しに あのニシ浜の素晴らしい海を見に行った(^^)
この日は、昨日以上に‥晴れた事もあってか? より美しいニシ浜を見る事ができた。
波照間島 ニシ浜への道 晴れ波照間島 美しい ニシ浜 その2
2年前。今と同じく単独で行った南大東島の時に、君が人生で 何かに行き詰まった時には・・・
「直ぐに 海を眺めな。 何気ない景色波音が 嫌な事。。全て洗い流してくれるさ。」と、
地元の方から 教えて貰った時があった。今ならあの方が言っていた事が 分かる気がする(^^;)


昨日に引き続き センチメンタルな気分になった 辺りで・・採集活動を再開(^^)/
今回 目的となった種類は‥全て採っている とは言え、どうも 歩に落ちない点がある。。。
それは‥この波照間アシブトメミズムシたった1頭 しか 採れていない 辺りだ。(汗)
波照間島 浜辺の環境
普通ならば‥たった1頭見つければ、芋づる式に‥次々と 目的種が見つかる筈だけど・・・
篩採集メイン とはいえ3時間近くやっていて、午前中の あの環境では たった1頭なのだ。(^^;)
これが・・意味する事 は、大きく分けて2つ まずは‥狙いのムシが 珍品である事と。。
そしてもう1つは。。。そのムシ本来の生息地で無くて 偶然 採れてしまった という事だ。(汗)
波照間島 アシブトメミズムシ 初採集!
南西諸島の綺麗な砂浜がアル地域でのアシブトは、それほど・・珍しい虫では無いはず。
すると 考えられるのは・・・この島 本来の生息地で 採っていない という事になる。。(^^;)
こんなアホな事を歩きながら 10分ほど真剣に考えて、午前中の採集ポイントに行かずに・・・
思い切って他を 見に行こう! と・・した時に、ある側溝内を歩く小さな昆虫を 偶然見つけた。
波照間島 側溝内で・・波照間島 側溝内で見つけた アシブトメミズムシ
なんと、アシブトメミズムシだった。(笑) 何でこんな所に いるのかな?(^^;)
そんな疑問をよそに、ほぼ無意識に‥ 風上方向へ目を向けると、怪しげな小道があった。
波照間島 不思議な小道
この先には、一体 何があるのかな? そんなドキドキする気持ちを持って 小道を進む。


小道を進むこと・・1分で、今まで見た事がない 不思議な浜辺環境に出た。(^^;)
この場所浜辺環境がある とは・・すごく意外だ そんな気持ちが フツフツと沸いた(笑)
波照間島 不思議な浜辺波照間島 浜辺の石起こし
この当地は、午前中にやってきた浜辺環境とは・・明らかに違って 砂の粒子がより粗くて、
とてもでないけど・・細かい砂をふるっていく あの篩採集には 不向きな浜辺でした。(^^;)
篩採集がダメなら、石起こしをしてみよう! そんな軽い気持ち目の前の石を捲った。
波照間島 アシブトメミズムシ 発見!波照間島 アシブトメミズムシ 成虫 野外
なんと、今日の午前中。結構苦労していた アシブトメミズムシあっさりと出てきた。(^^;)
また 偶然採集かも知れない ので、この近くにあった石も 同じ様にひっくり返してみる。。
すると‥今度は、アシブト幼虫が出てきた。(汗) 成育中の幼虫を見た この瞬間・・・
波照間島 アシブトメミズムシ 幼虫 野外
ココが 波照間島なアシブトメミズムシ本来の生息地ある事が分かって、嬉しかった(^^)/
こうした徒歩での移動中に あの側溝内で アシブトメミズムシ偶然見つけていなかったら・・
この島。本来のアシブト生息地を、見つける事が出来なかった と思うので、ラッキーでした。
波照間島 採集した アシブトメミズムシ
アシブトメミズムシは、昔からブリードに 挑戦してみたいムシの1つ(笑)なので、
この浜辺を‥1時間ほど掛けて、彼らの飼育に必要な情報を得るべく しみじみ観察して・・
自身のブリード用に3ペアと お世話になっている Y氏へのお土産として 1ペアのみ採集(^^)


ふと、時計の方を見ると・・4時過ぎ。。夕ご飯を食べに 波照間の中心集落へと・・・
足取り軽く戻ると‥なにやら賑やかな音楽しそうな声広場から‥聞こえてきました。(^^)
波照間島 べすま祭り プログラム波照間島 べすま祭り その2
なんとも、楽しそうなお祭りが始まっていた。(笑) 実は、私が遠征しに行った日と・・・
この波照間島で 年に1回しかないべすま祭りの開催日と‥見事に被っていました。(爆)
遠征採集中に、こうした島のお祭りに遭遇する機会は‥ほぼない ので、かなり新鮮です。(^^)
そして 今日の夕飯は、島の発展の為に‥屋台で買って食べて下さい との事なので・・・
波照間島 焼き豚 お祭りにて波照間島 ラフティー お祭りにて
焼き豚 と 沖縄料理の1つ。ラフティーを 適当に選んでみた。 共に、美味しかったです(^^)
そして 波照間島といえば・・もちろん アレの存在忘れてはイケません
もちろんそれは・・ 波照間島の製造所で製造されている 幻の泡盛 こと 泡波です。(笑)
波照間島 幻の泡盛 泡波
この泡波。色々な泡盛とは違って‥波照間島での消費最優先しているため、
とにかく製造数そのものが少なく 島外に出るのは・・かなり稀で、入手が難しいのです(汗)
波照間島 べすま祭り その1
そんな幻の泡盛が、このお祭り内では・・ビックリするくらい1杯安く飲めるのだ。(^^;)


ただ 私は‥もの凄い下戸でして、食前酒 たった2杯で・・無言になるレベル(笑)なので、
アルコール度数37(爆)を誇る 泡波を飲む事は‥正直 ヤバイ気がする。。。
でも、せっかく波照間島にやってきて、これを飲まずに‥帰るのは人として どうなの? と思い・・
波照間島 幻の泡波 を頂く!
私も‥記念に頂く。(爆) こうして飲酒するのは、2年ぶり以上だったかも? しれない。。
で、気になる(?)この泡波ですが・・あまり変な癖らしい癖がなく、大変 飲みやすいお酒で驚いた。
その後・・ 民宿に泊まっている方々と、外の風に吹かれながら・・楽しいゆんたく開始(^^)/
波照間島 楽しいゆんたく な一時波照間島 べすま祭り フィナーレ
なぜか? このゆんたく時に 集まった皆さん。私と同じく下戸だった(笑)ようで・・・
泡波は、コーラと割ると‥より飲み易くなるよ 」とアドバイスを頂いたが‥最後。(^^;)
その場の雰囲気もあってか、自身の限界レベルゆうに超えて3杯 も 飲んでしまった(爆)


沖縄県 波照間島 遠征採集記 2日目 後編 続く(^^)/

波照間島 採集記 2日目 前編
波照間島 採集記 2日目(晴れ) 前編

窓越しから 聞こえる鳥の鳴く声で 朝7時と やや遅めに目が覚める。(^^;)
昨晩は 夜間採集をしていないのですが・・思った以上に 身体が疲れていたみたいですね。
7時半からの朝食に間に合うように、せっせと身支度を整えて‥別館の食堂に向かう。
仕事を休みすぎた 波照間展波照間島 民宿 朝食 その1
そんな食堂の一角に、こんな張り紙があった。 この気持ち‥今なら だいぶ分かるぞ(笑)
朝ご飯を食べ終えてから・・早速 昨日下見して良いと感じたフィールドに向かうべく、
本日の散策にも 近くのレンタル自転車を借りよう! と思い 昨日借りた場所に行きましたが・・・
波照間島 臨時休業のお知らせ
うーむ 残念。。。 今日以降は・・臨時休業 になるそうだ。(爆)
これが 普通の離島ならば・・この時点で、レンタカー や 新しいレンタル自転車 を探さないと、
採集活動その物成り立たなくなるので、これは‥詰んだかも? の段階なのですが・・・
波照間島 島内案内図
この波照間島は、島の周囲が12キロとても小さな島 かつ 昨日のうちに、
良さそうな浜辺の場所は、全て下見し終わっているので‥今日は、良いと感じた場所で・・・
篩採集に 全て打ち込めば良いだけ なので、あまり深く考えずに‥徒歩採集する事に(笑)


波照間の中心集落を過ぎ、徒歩採集を開始してから‥30分ほどで・・
昨日下見していて もっとも周辺環境が良いかも? と感じた 浜辺のある環境に到着。(^^)/
浜辺での 篩採集は・・全くやった経験がない(爆) ので・・こんな感じにやってみた。
篩を使った採集方法 砂を入れる篩を使った採集方法 残った砂を見る
皆さんが 気になる(?) 篩採集のやり方は‥非常に 単純で・・ピピッと 直感で何かを感じた場所
砂をザルに入れて せっせとふるい、ザル上に残った物を・・丹念に観察する だけです(^^)/
運良く一ふるい目で・・目標種の1つのキーワードとなる生き物それなりに入ってきた
波照間島 ハマダンゴムシ
こうした綺麗な砂浜に生息している ハマダンゴムシ。(^^)
目標種の1つ。アシブトメミズムシのエサ となる重要な生き物なので、もしかしたら‥
この直ぐ近くに 居るかもしれない。。そんな思いを巡らせながら、せっせとふるっていくが・・
色々な浜辺の環境で‥よく見掛けるゴミムシダマシの仲間位しか、全く入ってこない。(^^;)
波照間島 浜辺のゴミムシダマシの仲間
最初の数頭までは‥地味に嬉しかったが・・4ふるい目にして、20頭を超えた辺りから・・・
この類いのゴミダマは 完全に見飽きてしまった(苦笑)。。開始してから 2時間半後
数種の小さなアリゴミダマ  しか採れない この状況下に、だいぶ焦りがでてきた。(^^;)


これだけやって‥全く採れない となると・・始めから 波照間島に生息していない
もしくは・・目標となる2種の 探す環境が根本的に間違っているか? 2択である(汗)
せっかく単独で はるばる波照間島までやってきて、前者が正しい となるのが・・
ちょっと信じたくない(汗) ので、後者である事を信じて‥違う環境で、篩を振ってみた(^^;)
波照間島 グンバイヒルガオ
お次は こうした植物の影になっている やや陸側環境の砂を 今度は狙って見る。(^^;)
それまで‥やや海側にある 砂浜上の下草ゴミ下の砂を中心に やっていたのだが・・・
海風の影響をモロに受ける 上の場所に・・2ミリのムシが 居るわけが無い。(爆) と、
2時間半ほど・・やっている内に 強く思いましてより陸地側で‥で リベンジ開始。(^^)/
波照間島 篩の上に残った物をじっくりと・・観察
さて、リベンジ環境での篩成果は・・どうかな? そんな思いを巡らせながら・・
ザル上に残った物を、真剣に見て行く。。マイ目標種の1つ。ケシマグソコガネの仲間というのは、
およそ 2ミリ(笑)なので、より真剣に見て行かないと‥絶対に 見つけられない。(^^;)
左上の方に残った黒い物に・・強い違和感があった ので、より近づいて見てみると・・・
波照間島 やっとみつけた ケシマグソコガネ波照間島 サキシマケシマグソコガネ 初採集
この独特の形‥目的種の1つ。 ケシマグソコガネの仲間に 間違いない。(^^;)
体型色彩から、これは‥八重山諸島に広く生息する サキシマケシマグソコガネだと思います。
たった1頭とはいえ ケシマグソコガネが好む砂地生息環境が ようやく分かったので・・・
波照間島 浜辺の環境
こうした植物がある環境を‥せっせと攻めていくと、3ふるい毎に‥1頭採れる 様な
ケシマグソコガネの優良ポイントを・・かなり運良く見つけてしまい、常にウキウキでした(笑)
そんなこんなで、暫く篩採集を続けていると・・ゴミに混ざってあのムシも採れた
波照間島 アシブトメミズムシ 初採集!
なんと、それまで全く採れなかった 最後の目標種アシブトメミズムシだった(^^)/
今から2時間前真剣に本種を狙った時には・・全く採れなかっただけに、意外な出会いでした
何はともあれ‥今回の遠征採集において 私が狙っていたムシ全て採れたことと。。。
全く情報が無い中、波照間島まで来ただけに‥全て自己開拓でき 本当に嬉しかった(>_<)


もう少しすると・・お昼時なので、あと数回やったら‥1度 お昼ご飯を食べよう。(^^)
そんな感じで、11時半までと 時間を決めてから・・先ほどの優良ポイントを中心に、
少しずつ環境を換えて色々な環境で篩を再開。すると、より小さな甲虫ザルに入ってきた
波照間島 スジが強い謎のムシ その1
ムシが小さすぎて・・あやうくザル穴から 今にも逃げそうな所を、運良く見つけて採集。(笑)
先ほど採った サキシマケシマグソよりも‥体型がより細く、背中のスジがより強いのですが・・・
おそらくこの甲虫も、形状こそ全く違えど‥ケシマグソコガネの仲間かも? しれない(^^;)
波照間島 何気ない坂道
そんな風に思いながら、大事に‥キープ。(^^)/ それと同時に、今まで採れたムシを‥
波照間島の成果が気になっている、 度々お世話になっているY氏に 写メールで送った(^^)
そして、昨日美味しかった島食堂 あやふふぁみ に向かうべく、足取り軽く歩いて行きました。


沖縄県 波照間島 遠征採集記 2日目 前編 続く(^^)/

波照間島 採集記 1日目 後編
波照間島 採集記 1日目 後編

美しいニシ浜を出発してから、10分ほどで・・波照間の中心集落に戻ってきた。(^^)
今回の波照間遠征で‥1番行きたい場所は、ココから4キロほど南下した場所にある。
ただ、この集落を抜けてしまう自販機すら 無くなってしまう(汗)ので・・・
波照間島 共同売店
ちょっとした 飲み物おやつ を買うべく、集落にある共同売店に向かう。
こうした情緒あふれる共同売店は‥沖縄県の山原 や 離島ならでは良い文化ですね。(^^)
一通りお店の中を覗いてみて、とても美味しそうな物があった ので‥興味本位で購入
波照間島 黒糖アイス波照間島 黒糖アイス 中身
波照間島で作られた黒糖を使った 波照間島 限定と思わしき 黒糖のアイスクリーム
10月下旬 とはいえ 波照間の気温は‥28度近くあるので‥若干、溶け気味でした(笑)
気になるお味は‥すごく濃厚かなり甘いのですが・・・後味が良くて とても美味しかった


美味しいおやつを食べてから・・波照間島最も行きたい場所へと歩を進める。(^^)
ほんの少し道に迷ったものの。。出発し始めてから、40分ほどで その場所へと到着です。
波照間島 1番行きたい場所へ!
この広い芝生の先に・・・私が 生きている間に‥どうしても行きたい場所あるのだ。(汗)
はるばる波照間島へ来た人ほぼ確実に行く と言われる位。。有名な当地ですが・・・
幸か不幸か、この日の夕方は‥誰一人として居なかった。(^^;) その場所に たどり着き、
ゆっくりと・・・目を閉じ、一呼吸置いてから、もう1度。。。ゆっくりと 目を開けた
波照間島 日本最南端の碑
このモニュメント波照間島 最南端の岬にある、日本最南端の碑 になります。(^^)
へっぽこな私における ささやかな人生目標 として・・・一般人が行ける範囲内 での、
日本全土の色々な端っこ に該当する地域に、全て訪れたい! という長年の夢があるので・・・
波照間島 日本最南端の景色
今年7月に訪れた日本最西端の地与那国島の西崎と並び、この有人最南端の地にも
若い時に‥本当に行くことが出来てかなり感動してしまいました。(>_<)
この最南端の碑の裏側にあった、日本最南端の平和な碑に向かって・・世界平和を祈った
波照間島 最南端 平和の碑
これで、日本の端っこ としては‥最西端(与那国島)最北西端(対馬)。そして・・・
最南端(波照間島)の3ヶ所を、達成できた。 これで残るは‥最北端最東端 ですね。(汗)
残り2つは・・全て 北の大地にある ので、来年以降の遠征採集と共に 是非 行きたい


へっぽこな私 における ささやかな目標1歩前進した事もあって、
観光モードから、遠征採集モードへと・・気持ちを大きく切り替えて、散策を開始する(^^)/
今日の残り時間は・・民宿での夕食がある関係で、残り3時間ほど。。
波照間島 何気ない坂道
ココで 1ヶ所で粘るのは、あまり得策ではない と感じたので、島内を1周しつつ、軽く散策
2時間半後・・・予め航空写真を見ていて、気になった環境は‥全て下見できた。(^^)/
そろそろ宿での夕ご飯の時間が近いので‥宿へと向かう途中。よい緑地運良く発見!
波照間島 林内波照間島 林内の倒木
この環境ならば・・マイ目標種の1つイシガキシロテンの幼虫居るかも?(^^)
そんな風に思いながら、比較的明るい場所にある 林内の倒木などを 材起こししていく。。。
5本目引き当てた。(^^)/ その材下には‥砂の粒とは 明らかに違う 無数の黒い塊
波照間島 材下から黒い塊
これは・・ハナムグリ幼虫の糞である。(^^) これが出てきた地面の土を 軽く払ってみる
すると、立派に育った ぷりぷりの3令幼虫が姿を現す。 周辺環境から見て、この幼虫が・・・
波照間島 イシガキシロテン幼虫 野外にて波照間島 イシガキシロテン幼虫たち 採集中
今回の目標種の1つ。 イシガキシロテンハナムグリの幼虫だと、思います。(^^)
この周辺環境を 更に攻めて‥9頭ほど追加出来たので これ位の頭数が採れれば・・・
♂♀が揃ってくれる と思うので、無事に綺麗な成虫にするべく、この10頭を大切に持ち帰る


この日は‥今回のメイン とも言うべき、浜辺での篩採集全く出来なかったが・・・
明日も・・この狭い波照間島探索する時間がある ので、何とかなるでしょう。(笑)
そんな 前向きな気持ちになりながら・・早々に宿に帰り、夕飯を食べた
波照間島 民宿 夕食
日本海側にある離島民宿ほどではないけど・・それなりに・・量が多くて驚いた。(^^;)
夕ご飯をすませてから、暫くすると‥この島ならでは星空ツアーがあったので参加した。


この星空観測ツアーは、波照間島の各集落内にある 民宿の宿泊者希望者を集って‥
星空観測タワーに行くツアーである。 時期的に 集落の外灯下には ほとんどムシが
来ていなかった ので夜間採集は・・無謀と判断し、夜は‥暇つぶしがてら参加した(笑)
波照間島 星空観測ツアー 
ツアー内容は‥天然の星空を用いた 星空観測タワーの職員による 解説付きの観察会
この日は、やや曇が多くて‥普段よりも あまり星空が見えていない との事でしたが・・・
波照間島 星空観測タワー 内部
雲の隙間から ときおり見せる とても綺麗な星空 と 職員によるアドリブ解説
とても面白くて、なかなか楽しい一時となりました。(^^) 流れ星も‥5年ぶりに見られた。


沖縄県 波照間島 遠征採集記 1日目 後編 続く(^^)/

波照間島 採集記 1日目 中編
波照間島 採集記 1日目 中編

そろそろ 限界に近いかも?(大汗) と思った矢先に・・何とか波照間島の港へと到着。(^^;)
いやぁー本当に、今まで乗った船の中で‥1番揺れましたアレが・・帰りも だと、
帰る時間が だいぶ遅いだけに・・かなりキツイかもしれない。。そんな気持ちになった(笑)
波照間島 港 日本最南端
こんな感じの独特な壁画で・・日本の最南端の有人島である 波照間島がお出迎え
ほんと・・昆虫採集という趣味を掲げ この日本最南端の有人島に、単独で来てしまった(^^;)
写真をほどほどに、本日・・お世話になる民宿の車に乗り込み 波照間の中心集落に行った。
波照間島 民宿 星空荘波照間島 星空荘 星座のお部屋
今回、私がお世話になったのは、波照間島のほぼ中心部にある、民宿 星空荘さん。
この民宿にある 部屋の名前全て星座の名前で・・書かれていて、イイ感じですね。(笑)
一通りの説明を受けた後、宿にあった島の地図を借りて‥近くのレンタル自転車も借りた。
波照間島 レンタル自転車
こうした自転車での採集スタイルは・・北大東島 以来だから・・6ヶ月ぶり。(^^)
その後。たまたま同じ船でやってきた 波照間島に魅了されて来島 5回目 という方から、
波照間島でお勧めの食べ屋さん を教えて頂いたので、お昼ご飯を 食べに向かう。


島の港から、少し集落方面に行った所にある 島の食堂 あやふふぁみ。(^^)/
私‥非常に滑舌が悪いので、滞在中を含めて お店の名前が 未だに‥言えません。(爆)
波照間島 島の食堂 あやふふぁみ
この食堂内の本棚には、不思議なほど・・生き物に関する本が一杯で、興味がそそられた
それも なぜか? 昆虫関連。それも・・チョウに関する書籍が多くて 驚きました。(^^;)
波照間島 食堂の本棚
ご飯が出来るまでの間。 昆虫好きの私にとっては‥かなり有意義読書時間でした。
そんなこんなで、壁掛けメニューで注文した トーフチャンプルー定食を頂きました(^^)/
波照間島 食堂 あやふふぁみ とーふちゃんぷる
このチャンプルーは・・本当に レベルが高い美味しすぎる(>_<) おそらく私が、
遠征採集時に食べてきた 沖縄のチャンプルーの中で、最も美味しいかも? しれません。
波照間島 とーふちゃんpる 拡大
こうした僻地系の離島は、お昼ご飯を食べる場所を探すのに‥かなり苦労する ので、
思いがけない出会いに、かなり感動してしまった。。明日の昼も 必ず来よう! と決めた(笑)


とても美味しいお昼ご飯に、かなり満足した後は・・波照間島での散策を始める。(^^;)
やや遅くなりましたが・・今回の波照間島な遠征採集で 私が狙ったムシは、以下の 3種類

ケシマグソコガネの仲間。 南の島の浜辺で 何時かやろう! と思っていた種類。

アシブトメミズムシ 昨年の石垣島みたく他人のポイントでなく‥自力開拓で採りたい

イシガキシロテンハナムグリ もちろん成虫は オフシーズンなので‥元気な幼虫を狙う

特に、篩を使って採集する ケシマグソコガネの仲間は・・一度も採集した事がない ので、
普段は‥南の島へ遠征採集しに行っても、他の種類の採集に目が行ってしまい・・
なかなか浜辺に行って 真面目に採集しないので‥今回は、篩メインでやる事に決めた。(汗)
波照間島 何気ない坂道
当然ながら・・目標昆虫たちにおける 波照間島のポイントは‥全く知らない(笑)ので、
全ての目標昆虫たちに共通する 海沿いの浜辺環境 というキーワードを 元に、
波照間島には、こうした浜辺が幾つかある ので・・全ての環境を観察する事から始まる。(^^;)


と・・その前に、せっかく はるばる波照間島に来た ので ヶ所だけ 観光地を巡る。(爆)
まずは、お昼を食べたお店から・・ほど近いところにある ニシ浜に行ってみた。(^^)/
あまり迷うことなく、ニシ浜の近くに到着です。 さてさて、多くの 観光ガイドで‥
波照間ブルー と表現されてきた 波照間島の海は、どんな色だろ? と思い、景色を見た。
波照間島 ニシ浜へと続く道波照間島 ニシ浜への入り口
これが・・波照間島が誇る ニシ浜へと続く道です。ヤバイ位・・海が綺麗でした。(^^;)
今年7月に与那国島でお世話になった素泊まり民宿たまたま知り合った旅人の方から、

あの波照間島は‥本当に良い所過ぎて、年に 3回以上は‥行ってしまうよ。」 と、

彼が言っていたのを・・ふと思い出した。。あぁーこの美しさなら、分かるかもしれない。。(笑)
波照間島 ニシ浜 その1
こんな美しすぎる ニシ浜の景色を見ていると、何もかも 忘れそうに(笑)なりかけました が・・
今回の波照間島で1番の目標は、遠征採集に行ってきます の記事でも 少し書いた様に、
昆虫採集の方ではなく、ある目標を達成する事 なので‥急いで、そちらの方に向かった(^^)


沖縄県 波照間島 遠征採集記 1日目 中編 続く(^^)/
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。