初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシブトメミズムシ 飼育開始!
こんばんは。 昆虫関連で 色々と溜まっている事があって、なかなか大変です(^^;)
1つ1つに‥優先順位を付けてこなして行くのが、学生の頃から苦手(汗)なのですが、
もう少しで 忙しい年末年始が近づいている だけに、早めに終わらせないと‥ですね。

さて、波照間島で運良く自己採集できた アシブトメミズムシの飼育初挑戦です!(^^)/


アシブトメミズムシは、九州以南の綺麗な砂浜に生息している カメムシの仲間です。
本種に 1番近い仲間は・・国産最大の水棲昆虫で有名な あのタガメとのこと。(^^)
アシブトは‥海岸近くの砂浜に生息しますが・・全く泳ぐことが出来ないムシ(汗)みたいです。
アシブトメミズムシ 野外♂アシブトメミズムシ 野外♀
和名の由来は、前足の根元が太くなっている事から、アシブト(足太) と言われて居ます。(^^)
それにしても‥見れば見るほど・・アシブトメミズムシは 本当に不思議な形をしていて、
どこからともなく彼らの生活史を見てみたくなる様な 妙な 飼育欲が 沸きませんか?(笑)
アシブトメミズムシ ♂と♀ サイズ比較
サイズ比較となる お馴染みの10円玉が 今回 一緒に撮影していなくて、すいませんが・・
アシブトメミズムシの大きさは、スマートフォンのホームボタンほぼ同じです。(^^)
上の写真で、向かって左側が右側がとなり、♀の方が サイズが やや大きくなります
アシブトメミズムシのエサ ハマダンゴムシ
彼らの気になるエサは、同じ浜辺環境に生息している 生きたダンゴムシワラジムシ
とりあえず彼らの餌用として、波照間島の遠征採集時に これ位の数は‥持ち帰った

でも、さすがに・・足りない(汗)ので、近くの浜辺でダンゴムシを 採ります(^^;)

1時間近くかけて 生息地を観察して、最も生息環境に近かったサンゴ砂お店で購入。(^^)/
オカヤドカリ用 サンゴ砂
これは オカヤドカリ用の床材(笑)ですが・・海水魚の飼育用として 一般的なサンゴ砂
粒子が細かすぎていた ので、色々と見比べてみて・・これが最も近かったので、チョイス
そしてネット上に・・僅かにあった飼育記事を参考にしながら、こんな産卵セットを組んだ。(^^)/
アシブトメミズムシ 産卵セット その1
「ケース」…20センチ水槽  「マット」…サンゴ砂 「環境」…水分 多め 24度。
なお 白い物は・・波照間の海岸で拾ってきた珊瑚。 私の遊び心(爆)何となく入れた(笑)
このセットで・・ただ飼育するだけで無く 産卵が確認出来れば、かなり嬉しい のですが・・・
なにせ、アシブトメミズムシ初めて飼育する種だけに・・なかなかドキドキですね。(^^;)
スポンサーサイト
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。