初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予告どおり その1
どうも、こんにちは。 一応 春休み中の身の為、好きな時に休憩が出来る環境なので・・・
のびのびと 追試対策なお勉強 や クラスメイトらとの実習練習に励んでおりますが、
普段の私生活よりも…やる気勉強のはかどり具合が違うのが、本当に不思議ですね(^_^;)
毎回 これ位のやる気が出て欲しい と常に思うのですが・・上手くいかないですな(笑)

さて、予告どおり セットから15日間経過しましたので・・野外パプキンのセットを割り出しました。
パプキン アルファック産 野外♀ その1パプキン アルファック産 野外♀ その2
この2♀たちは・・サイズが大きく大型化に期待できそう良い個体群ですので、
何時もよりも温度に気を配り 採卵ケースに振動を与えないように…注意しておりました。(笑)
その結果・・とりあへず、2♀とも産卵に成功しました。(*^^)v
パプキン アルファック産 野外♀ その1パプキン アルファック産 卵 緑♀
上記の緑♀からは・・28個の卵が採卵できました。(^^♪
やや細長い卵もありましたが・・丸い卵もたくさん出てきましたので、ほぼ有精卵ですね
パプキン アルファック産 野外♀ その2パプキン アルファック産 卵 赤♀
上の綺麗な赤♀からは・・16個の卵が採卵できました。(^^♪
赤♀は…緑♀に比べて、産み始めるのが遅かったようで…細長い卵が大半でしたが・・・
こちらの系統も…丸い卵が出てきましたので、ほぼ有精卵と思って 大丈夫ですね!


過去8年間における我が家での、野外パプキンからの平均採卵数は・・15個ですので、
今回の採卵目標であった、2♀ 50個 は達成できませんでしたが、今回は2♀とも…
我が家における野外♀からの平均採卵数を超えているので、個人的には…満足です。(*^^)v
とりあへず、野外2♀がまだ元気ですので、今日1日は…エサをしっかりと食べさせてから、
明日に…もう1度、この間と同じ 以下のセット内容で・・2♀を再セットしていきますね。(笑)
産卵セット マット産み小型種
「ケース」…ミニケース 「材」…なし 「マット」…自作マット 「環境」…水分 少なめ 24度。
この 25ミリな野外♀からの次世代幼虫は、自分の周りに居るブリーダーさんからも・・
非常に人気が高いので、色々な所に…里子できるように、もう少しばかり産んでほしいです。(*^^)v
次回の採卵日は、25度の環境15日目がベスト なので…3月9日の割り出しだ!


追伸
さらに、本日・・中野のむ○社に行った所…元気の良い25ミリ♀が居たので、追加購入!(*^^)v
パプキン アルファック産 野外♀ 25ミリ
もう、既に…孵化するであろう 50頭近くな同産地の次世代(2系統)がいるのですが・・・
別系統の元気の良い 野外♀25ミリでしたので、ほぼ衝動買いしちゃいました。(^_^;)
こちらの♀も、先に購入した2♀と同様に…明日 セットを組んでみます。
今月は…例年以上にパプ熱がやばく、アルファク産のパプキンだけで…諭吉が飛びました。(爆)
スポンサーサイト

今年も、挑戦します!
どうも、お久しぶりです。 ややご無沙汰気味で…コメントが残せずに すいません。(汗)
只今、期末試験中なので…やや簡略した感じで 飼育記事を書きますね!

さて、自分が一番好きな外産種である、パプキンの野外品が入荷したので、今年も購入
今回、購入してきた このアルファク産パプキン・・本当に すごい個体群なのです。
なんと、中野にある あのむ○社さんの店長さん 自ら採集してきた野外個体なのです。(驚)

ということで、試験の中盤戦が終って・・後半に向けた少々の息抜きをするべく、
昨日 む○社さんを訪れて、所狭しと 並ぶ沢山の 野外パプキンたちかなり興奮しつつ・・・
1時間 じっくりと時間を掛けて・・自身で 気に入った2ペアを選び 購入してきました。(*^^)v
パプキン アルファック産 野外♀ その1パプキン アルファック産 野外♀ その2

今年のパプキン目標も、目指せ! 50ミリ以上の♂ 27ミリ以上の♀ですので、
より良い大型系統を最初から得るべく、上記の野外2♀とも・・25ミリ以上 という、
かなり大きくて体重が重めな とても元気が良い 2♀を選んでみました。 (*^^)v
ちなみに、どんなに大きい♀ と思っても…野外♀だと、だいたい22~23ミリ止まりなので、
今回の25ミリ♀たちは、色々な意味で・・ヤバイ。 自分も…久しぶりに見ました(笑)
産卵セット マット産み小型種
「ケース」…ミニケース 「材」…なし 「マット」…自作マット 「環境」…水分 少なめ 24度。
そして、この8年間・・試行錯誤を繰り返し、一番良い成果が出た内容にて 2♀を個別セット。
採卵目標は・・野外♀からの採卵なので、2♀で50頭の幼虫たちが 取れる事を願います。
採卵日は…過去の経験上、25度の環境15日目がベスト なので…2月21日の割り出しだ!
裏側の色彩 綺麗です!
ちなみに…♀の腹部にも・・注目! 普通色の♀とは言え 滅多に出ない裏側の色彩ですね。
今回は・・♂♀の大型化を重視するので、色彩は後回しですが…次世代の色彩も 楽しみです!
上でも書きましたが・・・パプキンは、一番好きな外産種なので、やる気が違いますな。(^_^;)
それでは・・あとの後半戦な期末試験の方も 地道に、頑張ってきますね!


追伸
昨年度のパプ幼虫たちは、15頭全てを・・初令から 800cc最終的には 1500cc
という、お馬鹿な単独飼育を試みまして、最大体重 12g 最大49ミリの♂ が羽化しました。(笑)
49ミリのパプキン
また、昨年度の飼育個体にて、実験的に 大型の♂幼虫に対して 蛹化施し をやった所・・・
意外と 良い平均サイズが出たので、非常に面倒な作業ですが・・今年も この方法を試みます!

※ コメ欄では、アルファックだと 自動的に弾かれてしまうので、アルファクにて お願いします。

コチラも順調に 増殖中です
ほんと 非常に…どうでも良い事かも知れませんが、日本の地図を作成している国土地理院が、
地図上で「奄美諸島」としていたものを「奄美群島」という新名称に、統一する事を決めたようです。
とりあへず、今後の奄美関連の採集ラベルには・・「奄美群島」という地名が付きそうですね。(笑)
さて、採卵セットを組んでから・・15日が経過しましたので・・PNGパプキンを割り出してみました。

・パプアキンイロクワガタ インドネシア パプア州 Mt.アルファック産
パプキン アルファック産 ♂パプキン アルファック産 ♀
この産地個体群は大型♂が多く出現する アルファック産の個体群なので、色彩変異に拘るのでなく、
なるべく大きく育てるべく、1令幼虫から 250ccカップに個別飼育する事にした。(*^^)v
250ccカップ 
現在、手持ち16頭の幼虫を・・250ccカップに単独飼育中ですが、1ヶ月経過して・・3令になったら、
♂♀関係なく、800cc以上の容器を用いて、本種の大型個体を 真剣に狙います!(*^^)v


・パプアキンイロクワガタ パプアニューギニア モロベ州 アセキ産
現在、国内に現存するのは・・おそらく3系統未満と思われる。 貴重なPNGの個体群です。(^_^;)
これは、絶対に失敗できない 事もあってか、次世代の色彩とかサイズ等は…関係なく、まずは・・・
この系統を確実に維持するべく、下記の2♀を、同♂とペアリングして・・2♀を個別セットしていました。
パプキン アセキ産 新成虫♂ 2パプキン アセキ産 新成虫♀ 3
パプキン アセキ産 新成虫♂ 2パプキン アセキ産 新成虫♀ 2
で、過去7年間に学んだマイ経験上・・ランプリマ属卵割り出しのベストは、24度の環境下で、
セットを組んでから・・15日目が最適ですので、早速割り出してみました。(*^^)v
パプキン 割り出し その1パプキン 割り出し その2
気になる採卵結果の方は・・・青♀ 23個 赤♀ 30個の 計53個という、結果でした。
今回、飼育個体からの採卵でしたので…1♀30頭の目標でしたが・・惜しくも届きませんでした。(汗)
でも、1人分と この系統を維持していくには・・十分な頭数が得られましたので、良かったです。
ただし、PNG方面のパプキンは、通常のパプア州方面のパプキンと違って、あのアエネアの如く、
同時期に羽化した新成虫であっても・・成熟までに掛かる期間が 結構ばらつくので・・・
とりあへず、念には念を込めて・・元気な赤♀のみ、再セットを組んで見る事にしました。(*^^)v
産卵セット マット産み小型種
「ケース」…ミニケース 「材」…なし 「マット」…自作マット 「環境」…水分 少なめ 24度。
前回と違い、今回の再セットは・・そこそこの頭数が得られればイイので、かなり気が楽ですね。(笑)
また、この産地・・PNG アセキ産パプキンは、意外と…コアな人気があるみたいですので・・
PNG産パプキンに興味がある方の所に…たくさん里子できる位、もっと増えてくれる事を願います!

なお、パプア州方面(西部)とPNG方面(東部)の違いを見てみたい という、リクエストを頂いたので、
写真では、両産地における 大きな違いが・・分かりにくいかもしれませんが、アップしてみました。(汗)
西イリアン方面(西側)の裏側PNG方面(東側)の裏側
パプア州方面の裏(左)は、桃色が強くなる に対して、PNG方面の裏(右)は、黒色が強いですね。


追伸
先日 ブナマットでセットを組んでいた、ロンボックエンシスも・・採卵を確認できました。(*^^)v
ロンボックエンシス ♂ロンボックエンシス 産卵確認!
本種ロンボックエンシスは、非常にノコギリに近い種類みたいなので、近々 卵割り出しをします。

ようやくセットできました
昨日の気温は、今日の気温とは打って変わって・・本当に暖かかったですね。(*^^)v
お陰さまで昨日は、今季の夏場の樹液採集するための下見散歩が心地よく出来ました。(笑)
今季の樹液採集シーズンまで・・あと4ヶ月ほどですね! 今から本当に待ち遠しい限りです。
さて、本日は…既にアップ済みと思っていましたが・・実は未アップだった、パプキンの話題です。

・パプアキンイロクワガタ インドネシア パプア州 Mt.アルファック産
パプキン アルファック産 ♂パプキン アルファック産 ♀
コチラは・・再セットを組んでから15日間が経過していたので、割り出してみました。
今回は、野外個体における再セットですので・・予想通り、かなり少ない産卵数となりました。(汗)
パプキン 卵 その2
今回の再セットにおける、採卵結果は・・卵 5個 と、いう少なめの結果でした。(汗)
上の野外♀は既に死亡していたので、この野外♀からは 計22頭の卵が得られました。(*^^)v
また、前回の得られた17個のうち 16個の卵が無事に孵化して、立派な幼虫になりましたので・・・
今回、得られた5個の卵は・・自分とほぼ同時期に、同産地の野外個体を購入したにも拘らず、
不幸にも・・ボウズ に終った親しいブリーダーさんのお宅へ里子する事にした。 お元気で!
250ccカップ 
なお、コチラは大型♂が多く出現する アルファック産の個体群なので、色彩変異に拘るのでなく、
なるべく大きく育てるべく、1令幼虫から 250ccカップに個別飼育する事にした。(*^^)v
とりあへず、1ヵ月半後には・・1回目のエサ交換 と 容器サイズアップを兼ねたいと思う。
飼育下では、あまり大きくならない事が多いですが・・50ミリ以上の♂を目指したいですね!


・パプアキンイロクワガタ パプアニューギニア モロベ州 アセキ産
現在、国内に現存するのは・・おそらく3系統未満と思われる。 貴重なPNGの個体群です。(^_^;)
パプキン アセキ産 新成虫♂ 1パプキン アセキ産 新成虫♀ 3
パプキン アセキ産 新成虫♂ 1パプキン アセキ産 新成虫♀ 2
コチラは、後食を開始して2ヶ月が経過したので・・上記のペア達で ペアリングを試みましたが、
どうも・・上記♂の交尾が下手みたいで、なかなか成立しない微妙な日々が続きました。(汗)
今回 雌雄の羽化ズレ2ヶ月程あり、そろそろ♀のフセツが飛び始めてきたので・・・
上記♂との交尾を諦め・・下記の予備♂を用いて、ペアリングしてみる事にしました。(^_^;)
パプキン アセキ産 新成虫♂ 2
この♂は・・本当に交尾が上手で、あっという間に・・上記2♀との交尾を成立させました。(爆)
と言うわけで、当初のセット予定より・・2週間遅れてしまいましたが、2♀を個別にセットしました。
産卵セット マット産み小型種
「ケース」…ミニケース 「材」…なし 「マット」…自作マット 「環境」…水分 少なめ 24度。
過去の経験上、パプキンを初めとしたランプリマ系の卵割り出しのベスト期間は、24度の環境で、
採卵セットを組んでから・・15日目が最適なので、15日経過したら・・割り出したいと思います。
次回がF5と、かなり累代が進んできているので、そろそろ産卵数が落ちてきそうな気がしますが・・・
我が家と別系統のPNG アセキ産のパプキンを飼育している方が、周りに全く居ないので、
血の入れ替えが出来ないのが・・非常に辛い所なのですが、絶えるまでは地道に継続したいです!
なお、意外と・・PNG方面のパプキンは、コアな人気があるので・・1♀30頭は欲しいですね。(笑)

今年度の初割り出し
12月中旬と同様に…自分の周りで、結構 風邪引きさんが、再び増えてきました。(汗)
最近の私生活は・・月末に提出期限が迫った 論文作成に、かなり追われていますので・・・
体調管理には、十分注意していきたいですね。 もちろん、論文も早く終らせたいものです。(^_^;)
さて、本日は…今年度の初割り出しとして、パプキンを割り出してみる事にしました。

・パプアキンイロクワガタ インドネシア パプア州 Mt.アルファック産
パプキン アルファック産 ♂パプキン アルファック産 ♀
過去の経験上、パプキンを初めとしたランプリマ系の卵割り出しのベスト期間は、24度の環境で、
採卵セットを組んでから・・15日目が最適なので、早速 割り出してみる事に。(^^♪
今回は、その15日目が帰省と被ってしまったので、3日ほど遅れての割り出しでした。(汗)
やはり、セットの底面や壁面からは・・全く産卵が確認できませんでしたが、それでも・・・
マットの中層部分から、有精卵と思える様な元気な卵ポロポロ出てきたので、良かったです。
パプキン 卵
採卵結果は・・卵 17個 と、野外個体からの産卵数としては、まずまずの結果でした。
ネブトの産卵数に慣れていると・・上の産卵数が少なく感じるのですが、これが普通ですね。(汗)
種♀が元気だった事と、同産地の野外品を同時期に購入したマイ友人が失敗した時の為に・・・
もう1度、前回と同様のセット内容で・・この産地個体の再セットを組んでみました。(*^^)v
産卵セット マット産み小型種
「ケース」…ミニケース 「材」…なし 「マット」…自作マット 「環境」…水分 少なめ 24度。
購入時より、やや体重が軽くなったので・・今回ほどの産卵数は、まず見込めないと思うので・・
最低でも・・5頭ほどは、追加個体として、しっかりと産んで欲しいですね。
また、この産地は野外♀の持ち腹で産ませる事ができたので・・次世代も色々と楽しみです。(^^♪


・パプアキンイロクワガタ パプアニューギニア モロベ州 アセキ産
コチラの個体群は、絶対に絶やしたくないので・・1♂2♀の万全体制で、今回は挑む事にした。
パプキン アセキ産 新成虫♂ 1パプキン アセキ産 新成虫♀ 2
パプキン アセキ産 新成虫♂ 1パプキン アセキ産 新成虫♀ 3
とりあへず、2♀は…体色が異なる物を選んでみました。 次世代の色彩比率が楽しみです。
上記の種♂は現在、少し前に後食を開始しましたが、イマイチ成熟仕切っていない様子なので、
あと2週間経過したら・・様子を見てから、ペアリング及びセットを組んでいきます。(*^^)v
前回のクイズ企画での反響を見る限りこの産地のパプキン結構な人気があるようなので・・・
もし、沢山の幼虫が取れたら、プレ企画やクイズ企画 等を用いて・・たくさん提供したいですね!


追伸
昨日は、自分の人生で始めて・・ムシ関係の福袋を購入してきました。(*^^)v
今回は、初福袋だったので・・ちょっと奮発しまして、グッツの3万円福袋を思い切って購入しました。
気になる中身の方ですが・・珍しい事に、生体関係は全く居ません。(笑) 中身は・・

・店内ブリードルーム 1年間 無料券
・今季のVN便のみに使える2000円分の生体割り引き券×10 
・飼育用品 1000円分の割り引き券×8
・砂埋めレイシ材  12本引き換え券×1
・10リットル 発酵マット 引き換え券×3
・16gのゼリー 250個 引き換え券×1
 

という感じで 入っている物自体は、金券で薄いのですが・・非常に、ボリューム満点の内容でした。
特に、1年間ブリードルーム 無料券を入手できたので、少しだけ 頭数が増やせそうです。(笑)
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。