初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アッチョスネブト、羽化 割り出し!
こんばんは。 毎週火曜日、水曜日は・・普通の業務+α があり、地味に忙しい(汗)
でも もう少し(今週末w)で・・・今期 第2回目となる 離島への遠征採集しに行けるので、
それまでは 大変なお仕事を全て片付けて・・のんびりと 楽しみたいものです。(^^)

さて、我が家で 飼育している 唯一の外国産クワガタである、
アッチョスネブトが そろそろ羽化してくる頃なので・・割り出しを開始してみた(^^)/
今から5年前までの我が家では・・外産ネブトのブリードに嵌まっていまして、
その頃は・・少なくとも 25種 800頭近くのネブト幼虫が居たような覚えがあります(笑)
アッチョスネブト ペア
しかし、その後は・・国家試験の勉強 により生活スタイルが 非常に忙しくなってしまい、
その頃に飼育していた 大半の種類を絶やしてしまった事(汗)と、現在の思考回路としては・・
ブリードよりも、色々な虫の採集の方が圧倒的に好き になってしまった事もあってか、
現在では・・・ぴんくあいすさんに頂いた アッチョスネブトしか 外国産は飼育しておりません。
アッチョスネブト 繭玉たち
この光景も・・かなり久しぶりチョコエッグの誘惑 とは 素晴らしい表現 だと思う(笑)
繭玉を確認してから、1ヶ月経過しているので・・もう羽化している筈なので、割ってみる。
とりあへず、全ての幼虫が無事に羽化していました。 皆イイサイズだった (^^)/
羽化する アッチョスネブト
本種の幼虫飼育マットは、ダイトウヒラタ幼虫で使用した お古のマットのみ でしたが・・・
それでも アッチョスにしては・・十分な大型個体が羽化してきました。 いやぁーエコですな。(爆)
この世代で・・ちょうど F10となりますどれ位まで 累代数が続くのかな?
もう少ししたら・・何時ものプリンカップ特大で 本種の採卵セットを組んでみたい。(^^)
スポンサーサイト

アッチョスネブト 割り出し
こんにちは。 どうも、一部の方々を除いて・・プチお久しぶりです(^^;)
夜間 及び 深夜1時前後に更新する頻度が高い当ブログとしては・・
こうした昼間でのブログ更新は、かなり久しぶりな現象ですね。
さて、諸事情により・・今週中に 最低4記事を更新しなければイケナイので、駆け足です。
まずは…昨年10月にセットしてから、そのまま放置プレーとなっていた アッチョスネブト
アッチョスネブト ペア
あれから、全く産む気配が無かった(笑)ので・・エサだけは せっせと換えて
真面目に飼育はしていましたが・・それでも産卵の さ の字がありませんでした(^^;)
でも、ふと先日 見てみると…不思議と 3令幼虫が沸いていたので 早速割り出しです。
アッチョスネブト 3令 割り出し
採卵結果は・・3令 12 頭 という結果でした。
外国産ネブトの割り出しは・・かなり久しぶりだったので、なかなか新鮮でした。(^^)/
数年前は…同セットでアッチョスは、40頭前後は簡単に得られていましたが・・・
今回の幼虫で F10となりますので、流石にF値が2桁になると…産卵数は減りますね(^^;)
何はともあれ、現在の我が家で・・唯一の外国産である 本種は、もう少し続けてみたい所。

今日は、もう1つの飼育記事アップがあります。 さて、駆け足で書くぞ!(^^;)

久しぶりの外産ネブト
こんばんは。 現在、東京の池袋にある ジュンク堂書店池袋本店7階にて、
昆虫文献の販売で 非常に有名な 六本脚さんが主催している 「昆虫図鑑 今昔」という
昆虫図鑑を眺めるのが 大好きな方にとっては 非常に面白そうな企画
11月10日までやっているみたいなので、お近くの方は、是非 足を運ぶと良いかもです。

さて、先月末にあったフェア時に・・ぴんくあいすさんより頂いた アッチョスネブト
良い感じに、成熟してきたように見えたので、セットを組んでみました(^^)/
アッチョスネブト ペア
この種を飼育するのも・・生体を見るのも、たぶん4年ぶりかも です。 懐かしい(笑)
その当時は、希少ネブトの1つで、オークションでも そこそこの良い価格が付いていました。
しかし現在では ムシそのものよりも・・本種を飼育している人の方が希少(笑)になるほど、
本種を 飼育している! と言う声を、あまり聞かなくなってしまいました。(^_^;)
数年前の我が家では、最も一般的だった 下記のセットを組むのも・・かなり久々です。
プリンカップ採卵セット
「ケース」…プリン特大 「材」…なし 「マット」…色々ブレンド 「環境」…水分 多め 25度。
今回は 残念ながら・・ネブトに適した産卵マットの在庫が手元になかったので、
急遽 よく発酵した市販のマット購入して、篩にかけて・・他種の喰いカスマットを
ほどよくブレンドさせたマットで、本種の産卵セットを組んでみました。(^^)/
累代数が次で、F10 になるらしく・・我が家で初めて 2桁の累代数のムシなので、ワクワクです(爆)

ぴんくあいすさん、貴重なネブトを 本当にありがとうございました。(^^)/
とりあへず本種は、産地柄・・2度と入荷がない種類だと思うので、真面目に飼育しますね。
ついでに・・ダイトウヒラタも、前回セットしたのと 同じ2♀を別々に再セットしました。
ダイトウヒラタ 幼採♂ 南大東ダイトウヒラタ 幼採♀ 南大東
こちらは2♀とも、あと10頭ずつ産んで欲しいところ。 前回 卵で割り出したものは・・・
続々と孵化してきているので、あと2週間ほどしたら…個別飼育に切り替えます。(^^)/
なお、未セットな別産地は…今年中に ♀が成熟しそうにないので、来年以降にセット予定です。

最盛期 真っ盛りです
先日の楽しかった プリン隊のオフ会から早くも・・1週間が経過しました。(^_^;)
気付けば・・忘年会シーズンが到来しますので、懐をしっかり締めなければいけません。(汗)
さて、オオクワなどの種類では・・冬眠体制に入る関係で、更新ネタがない時期なのですが・・・
我が家では、飼育中の外産ネブトたちのセットを組むのが、ほぼ最盛期 となっております。(^^♪
それでは・・今日から1週間ほどマイナーなネブトの飼育記事にお付き合い下さいませ。(爆)
まず、手始めに…成虫の羽化から、2ヶ月経過したので・・アッチョスネブトを組んでみました。
アッチョスネブト ♂アッチョスネブト ♀
本種アッチョスは・・半年ほど前まで、最近になって記載された新種のネブトだけあって、
Mr.X氏から 自分へ本種の依頼ブリードを頼まれたほど希少な外産ネブトだったのですが・・・
幸か不幸かブリードがそれほど難しくなかった為・・あっという間に…流通 し、価格が暴落して、
今では・・中型の外産ネブトが好きな方であれば・・誰もが飼育している状態になりました。(笑)
アッチョスネブト 集団
ただ、飼育者が多くなったとはいえ、ココで気を抜くと、必ずや、国内から絶えますので・・・
値段や希少価値などには・・全く関係なく、今後も大切に、飼育継続していきます。(*^^)v
依頼の成功時には・・48頭幼虫たちがいましたが・・依頼された方に半分以上の頭数をお渡しし、
そして、自分の手元に残った3令幼虫10頭の内の 2頭が♀ でしたので、今回は・・
実験的に・・産卵セットの内容を 少しだけ変えて2♀ともセットしてみる事にしました。(^^♪
プリンカップ採卵セット
「ケース」…プリン特大 「材」…なし 「マット」…下記を参照 「環境」…水分 多め 25度。
その実験内容は・・本種アッチョスの採卵に・・赤枯れは必要なのか? 必要でないのか? について、
調べてみたいと思い、片方のセットには・・完熟赤枯れマット無添加マットを 程よく混ぜた
国内外におけるネブトの採卵マットとして、自身が愛用している自家製のネブトマットにてセットした。
プリンカップ採卵セット
「ケース」…プリン特大 「材」…なし 「マット」…無添加 「環境」…水分 多め 25度。
もう1つのセットは・・市販されている無添加マットに何も加えずに、そのままでセットしてみた。
とりあへず、もし本種アッチョスの採卵マットに、赤枯れマットが不要なのであれば・・・
今後のアッチョス採卵が、かなり楽になる ので・・どんな結果が出るのかが、楽しみです。(^^♪

とりあへず、成功ですな。
なぜか最近は、飼育記事を書く時間と 書くモチベが なかなか上がらないので、
更新がやや放置気味ですいません。(^_^;) とりあへず、マイペースで続けていこうと思います。
さて、2ヶ月ほど前に・・Mr X氏の保険屋として、セットを組んだアッチョスの割り出しを行いました。
アッチョスネブト ♂アッチョスネブト ♀
雌雄ともセット後は・・ほとんどマット上に その姿を見せる事がありませんでしたが、
何とか 産卵には成功していたようで、セット後・・5日ほどで、壁面から卵が見えました。
この瞬間・・とりあへず、東京湾に沈められる可能性が無くなったので、本当に安心しました。(爆)
しかし、困った事が1つあり、通常のクワガタなどと違い 卵での割り出しをすると、
高確率で死亡するネブトの仲間は、幼虫での割り出しをしなければイケないのですが・・・
DSC00044_20090623094110.jpg
このネブト 意外にも・・見るたびに、卵がケースの壁面に増えていくタイプのネブトだったので、
ケースを割り出すタイミングが、本当に難しかったです。(なにせ、大切な預かり物なので。w)
とりあへず、その個体が元気である限り、半永久的に卵を産み続けるであろう・・
本種の♀をすぐさま 回収したかったのですが、なかなかマット上に出てきません。(^_^;)
で、2週間ほど気長に待ちましたが・・・とうとう我慢の限界が来たので、少しだけ暴いて・・
♀を回収してから、壁面に見える全ての卵の孵化を確認した 3週間後の本日、割り出しました。
アッチョス 割り出し
結果は・・・3令 12頭 2令 10頭 1令 23頭の 計45頭の幼虫が取れました。
とりあへず、爆産する飼育品のこの手の外産ネブトにしては・・意外と産卵数が少なめでしたが、
本種の依頼を受けた Mr X氏には、取れた幼虫の半分である 22頭を譲る事ができそうなので、
自分にとって 初の保険屋さんは、何とか依頼を達成できた様なので、本当に良かったです。

なお、手元に残った23頭の幼虫のうちの8頭は・・今回の保険屋の依頼を間接的に取って頂いた、
何時も個人的に お世話になりすぎている 深山さんにお礼の意味をこめて8頭ほど譲り、
そして最終的に手元に 残った15頭は・・まだ、1令なので、250ccカップに多頭飼育する事にした。
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。