初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の決戦ですかね
どうも、お久しぶりです。 最近は…多忙でココが放置気味になってしまい、すいません。(汗)
とりあへず、残るノルマが執筆作業のみ になりましたので、現在 急ピッチで仕掛中です!
ほんと、あともう少しで・・自由の身ですよ~ 嬉しい事この上ないので…地道に頑張ります。
そうそう、いつの間にか1万ヒットしていました。 いつも遊びに来て頂き有難うございます。(^^♪
これからも、マイペースで・・自分の好きな国内外の小型クワカブを中心とした 飼育観察メモを、
私的な感想を踏まえて、気長に書いていきますので、今後とも宜しくです。(*^^)v
さて、そんな本日は・・・少し暗い話題で、一向に産卵する気配がない ヒョウタンクワガタです。
ヒョウタンクワガタヒョウタンクワガタ
現地のクワ図鑑や親しいブリーダーさんからの助言により、材産みである事が分かりましたが・・・
野外品の本種を購入し1年近く立ちますが、なぜか 全く産卵する気配がありません。(^_^;)
ほんと、本種ヒョウタンは・・・自分にとっては、かなりの難関種で本当に…お手上げ状態です。(爆)
でも、昨年の購入時には・・マット産みであると勘違いしたので、一番産卵しそうな 春と言う時期を、
みすみす逃してしまったので、今春が最後のチャンスだと思うので、諦めずに地道に頑張ります
ちなみに、今回の採卵セットは・・2月になってから、以下の感じでセットしていきたいと思う。(*^^)v
材産み採卵セット
「ケース」…小 「材」…霊芝材 M(改造) 「マット」…無添加 「環境」…水分 多め 25度
今から、数ヶ月前も…ほぼ同内容でセットしていたので、早速暴いてみましたが・・ボウズでした。(泣)
とりあへず、今回のヒョウタン決戦では…店頭販売される霊芝材以上の柔らかさを 材に求める為、
前回と同様の柔らかい霊芝材を、巷で有名な「寝かした材」こと「バクテリア材」にするべく、
今から2週間ほど・・他種における 喰いカスマットの中に…霊芝材を漬け込む事にした。(^^♪
ちなみに、台湾における本種の採集経験がある、知り合いの台湾人ブリーダーさん曰く、
本種は…林内に落ちている湿度が高く、かなり柔らかい太めの材に集団で居るらしいので、
今回の4度目セットでは・・その様な事も踏まえて、セットしてみようと思う。どうか 産んで下さい。(汗)

追伸
最近は、夜中に…しょっちゅうお腹が減るので、夜食として・・焼き芋が欠かせません。(笑)
現在の主食 焼き芋
100円ショップで購入しているのですが・・例え100円であっても クオリティーが高いです。(^_^;)
お芋は、何もつけずに食べれば意外と脂質が少なく、繊維質が豊富なので、健康に良いかと。。
そんなこんなで、今の時期は・・1日5食ほど、ほぼ毎日 お芋を食べております。(*^^)v
スポンサーサイト

再々セットします。
今日は、まんじさんのご要望により、スープ感覚あっさりした記事になります。(^^♪
昨日が ツノヒョウタン関連の飼育記ときたら・・・次は、これの飼育記しかないですね。(笑)
本日の話題は、ツノヒョウタンクワガタの近縁種といわれている、1属1種ヒョウタンクワガタです。
ヒョウタンクワガタヒョウタンクワガタ
本種ヒョウタンクワガタの産卵は、自分にとっては・・かなり鬼門種です。(汗)
赤枯れマットでも産まず。 1週間 必死で考えた材産み主体のセットでも・・・全く効果なし。(泣)
正直に言うと・・詰みました。 木っ端ミジンコ お手上げの状態であります。(^_^;)
ツノヒョウタン と ヒョウタンの大きさ比較
ちなみに、本種ヒョウタンクワガタは・・近縁種ツノヒョウタンの約2倍の大きさがあります。(*^^)v
でも 不思議な事に、入手時(今年の3月)よりも、なぜか成虫の動きが活発になってきたので、
ココで諦めて リング上に、タオルを投げるのは・・まだ早い! と、ひしひしと感じました。(爆)
さらに…専門店で柔らかい霊芝材が運よく入手できた事もあって、これで再々セットを組みました。
材産み採卵セット
「ケース」…小 「材」…霊芝材 M 「マット」…無添加 「環境」…水分 多め 25度
今回、入手した霊芝材は今年の新玉らしく、加水の必要がない程 よく湿っていて、さらに・・
素手で霊芝材の樹皮がむける位、柔らかかったので・・期待しております。 産んでください。m(__)m
しかし、今日は・・最短記録の飼育記ですね。 でも、イイのです。スープ感覚ですから。(爆)

真面目に再セットしよう
明後日8月1日は・・昆虫飼育と同様に…他人から理解されにくいマイ趣味の1つである、
ジャグリング関係において、久しぶりのパフォーマンスを 都内の某所で行う予定なのですが・・
ほんと ヤバイ。 最近 忙しすぎて ぜんぜん明後日のパフォーマンス練習をしてない。(^_^;)
とりあへず、本日の夕方にある 大仕事 が終れば・・私情の方が かなり落ち着くので、
それから・・死ぬ気でパフォーマンスの練習すれば・・・何とか間に合うと思うので・・・
最後まで、諦める事無く 明後日のパフォーマンスに専念いたします。 もち本業の方も。(^_^;)

さて、心底どうでもいい こんな前振りはともかく・・セット後2ヶ月が経過しているにも拘らず、
一向にケースの壁面から 幼虫や卵が確認できずに・・コバエ観察キットに成り下がった
ヒョウタンクワガタの飼育観察キットを、ひとり寂しく暴いてみました。(^_^;)
ヒョウタンクワガタ観察キットでの 産卵セット
結果は・・見事にボウス。 その代わりに・・コバエがたくさん量産されました。(爆)
これにより 本種ヒョウタンは 赤枯れマットだけでは・・全く産まない種類である事が分かりました。
なので、セット内容その物が違うのでは? と思い、今度は前回の様な実験飼育で無く、
大真面目に、自分で考えられるだけ考えて・・本種ヒョウタンクワガタを再セット致しました。(*^^)v
材産み採卵セット
「ケース」…小 「材」…VN材 M 「マット」…無添加 「環境」…水分 少量 23度
コレで全く産まないのであれば・・・本種は、今の自分では 全く打つ手なし難関種です。(汗)
あっ でも ヒョウタンクワガタは、外見からの雌雄判別が全く出来ないクワガタだから・・・
飼育中の3頭が・・全て♂の可能性も有りえますな。 これは・・よい言い訳が出来た。(笑)
まぁ 半分冗談ですが…とりあへず、何とか この再セットで幼虫が取れる事を祈ります。(*^^)v

飼育と生態観察
先日の行われたプレ企画の当選発表から、早くも2日間が経過いたしましたが・・・
今回のプレ企画に応募していた、皆さんの結果は・・どうでしたか? 
自分は・・なかなかの競争率を誇った協賛品に、見事 当選 と言う結果になりました。
いずれ、紹介するかと思いますが・・初応募で、当選する事が出来て、本当に嬉しかったです。(^^♪


さて、先日に紹介した ツノヒョウタンクワガタの仲間に 非常に近縁と言われている、
大変 貴重なヒョウタンクワガタの野外品を、運よく入手する事ができましたので、ご紹介致します。
ヒョウタンクワガタヒョウタンクワガタ
これが、ヒョウタンクワガタです。 本種は、見た目での 雌雄判別が不可能な種類なので、
その事を、了承した上での・・2頭 購入となりました。 なので、2♂の可能性も。ww
まぁ、そんな憂鬱な事はおいて おいて・・ヒョウタンは、前々回のツノヒョウタンと何が違うのかを、
簡単に、説明すると、本種と ツノヒョウタンは・・所属する属と、成虫サイズが全く違います。
ヒョウタン と ツノヒョウタンの大きさ比較
ツノヒョウタンクワガタは、ツノヒョウタンクワガタ属 という、種類のクワガタですが・・・
ヒョウタンクワガタは、ヒョウタンクワガタ属 という、1属1種のクワガタ なのです。
さらに、両種を並べ10円玉と共に撮影した 上の写真を見ると、良く分かると思いますが・・・
ヒョウタンの成虫サイズは 意外と大きくツノヒョウタンの2倍位の大きさが、あります。(*^^)v

さて・・自分にとって 本種ヒョウタンクワガタのブリードは、もちろん 初めての経験になるので、
どの様な方法で 本種をブリードしていけば、イイのか? 全く検討が付きませんでしたが・・・
本種は、イイ値段が付いた飼育品を、時たま見るので・・一応 ブリードは可能な種類の様です。ww
まぁ、チビクワの姿形と非常に良く似ているので、チビクワと同じ方法で、大丈夫だと思いますが・・
せっかく、分類的に1属1種の貴重なクワガタを 飼育する機会が得られたので、普通に、
プラケースで 飼育するのは面白みにかける ので・・ちょっとばかり、遊んで見ました。(*^^)v
メダカ観察キット
これが 何か、分かりますか? そうです。ヘラクレス ブリーダーの方には お馴染みの、
幼虫観察ケースこと、メダカ観察キットですね! コレを用いて本種をブリードします。www
理由は・・ヒョウタンも…チビと同様に 亜社会性昆虫らしいので、コロニーを観察してみたいからです。
と言うわけで・・前代未聞 メダカ観察キットでの、採卵セットを組んでみました。(*^^)v
観察キットでの 産卵セットDSC00006_20090730034238.jpg
「ケース」…観察キット 「材」…なし 「マット」…赤枯れマット 「環境」…水分 普通 22度。
まるで、アリの巣観察キットの様な 見た目ですが・・セット内容は、自分なりに真剣にやりました。
なお、メダカ観察キットを用いて クワの産卵セットを組んだ方を、自分は 聞いた事がないので・・・
この容器を、産卵ケースに用いた場合・・ どんな結果が出るのか、非常に興味が沸きます。www
とりあへず、本種のブリードと同時並行に・・興味深い生態観察が できる事を、願います。(*^^)v

※ 亜社会性昆虫・・・産卵後ある期間にわたり、その親虫によって、
             卵や幼虫、若い成虫の世話が行われる昆虫の事を、こう呼ぶ。
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。