初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのカブト報告
最近 ここの飼育ブログとしては・・珍しく、ほぼ毎日更新が、地道に続いております。(汗)
なにせ私情の多忙により、ブログ更新を休んでいる間に・・溜まってしまった飼育関連のネタが、
まだまだ 腐るほどありますので・・早く記事を書かないと、記事内容が古くになりますので。(笑)
さて 本日の話題は、かなり久しぶり(約2ヶ月ぶり)に・・我が家で飼育中の外産カブト関連です。

ミヌトゥスタテヅノカブト チリ アリカ・デ・アサパ産  八汰さん系統
ミヌトゥス 3令
前回、前々回の飼育記事と・・掲載している写真が同じという、手抜き掲載ですいません。(^_^;)
なにせ、幼虫のエサ交換をしても・・それほど、大きな変化が無いので、ミヌトゥスに関しては・・・
あまり面白い事が書けません。 でも、サイズの割りに意外と幼虫期間が長いかもしれませんね。(笑)
ちなみに生息地柄・・寒さに強いのでは? と思い、現在15度前後で実験飼育しております。
どんな結果が出るのかは、不明ですが・・大切な里子なので、死なせない様に注意せねば。(汗)


ヨーロッパサイカブト フランス産  ブルードラゴンさん系統
ヨーロッパサイカブト ♂ヨーロッパサイカブト ♀
本種の採卵セットを組んでから・・2ヶ月前後が経過して、本日 ケース底に幼虫が確認できたので、
種♀に、卵や幼虫が食べられないように・・思い切って、採卵セットを暴いてみました。(^^♪
ヨーロッパサイカブト 卵ヨーロッパサイカブト 1令
結果は・・1令×2頭 卵×5個7頭と言う、この属としては・・少ない結果に終りました。(笑)
この原因は・・使用しているケースのサイズが小なので、ケースが狭すぎたせいかも しれませんが、
ココで調子に乗って、マイナーで人気が無い本種を、中ケースとかで本気のセットを組んでしまうと・・・
貰い手に困るほど、たくさん産卵してしまう危険性があるので・・注意が必要ですな。(汗)
でも、さすがに・・この頭数では、雌雄の偏りが出てきそうな雰囲気なので、しぶしぶ再セットしました。
ネブト用 採卵セット
「ケース」…小  「材」…なし 「マット」…無添加 「環境」…水分 多め 24度。
とりあへず、前回と同内容での再セットなので・・今回も産卵すると思います。
取れすぎてしまった場合には・・希望者が居ないかもしれませんが、里子に出す予定です。(^^♪


ヨーロッパクロマルカブト ルーマニア産
ヨーロッパクロマルカブトDSC00059.jpg
本種ヨーロッパクロマルカブトの飼育記は 全く興味が沸かない方のほうが多いかもしれませんが・・・
実物を手に取ると・・意外と愛嬌があって 見ていて飽きない小型カブトだと、自分は思います。(爆)
何しろ本種は、飼育情報が皆無且つ生息環境すら不明 と言う、未知の外産カブトでしたが・・・
少ないながらも・・なんとか、産卵には運よく成功したので、この時 産卵できたマットをベースに、
黒土とクワ幼虫の喰いカス等を混ぜて・・安全に本種の幼虫を飼育していました。(^_^;)
ただ不思議な事に、直ぐに同内容で再セットを試みましたが・・再セットの方は、ボウズでした。(泣)
ヨーロッパクロマル 3令 ヨーロッパクロマルカブト 3令
現在では、最初のセット時に・・運よく採卵できた 3頭の幼虫全てが、3令幼虫になりました。(笑)
3令になった事により、幼虫に合うエサが何となく分かったので・・今後が楽になりそうです。(^^♪
本種はマイナー過ぎるので今後の入荷が全く見込めなさそうなので、大切にしていきたいです。


ナンベイフタヅノコカブト アルゼンチン産  ブルードラゴンさん系統
先日 横浜であったクワタフェアにおいて、久しぶりにブルードラゴンさんとお会いした際に・・
図々しくも頂いてしまったのが、とてもマイナーナンベイフタヅノコカブトの3令幼虫です。(^^♪
早速、カップを開けて幼虫を見ましたが・・自分の想像した以上幼虫が大きかったです。
ナンベイフタヅノコカブト 3令
コカブト」と言うので・・てっきり 5円玉サイズ位の幼虫かと 勝手に思っていましたが・・
上の写真を見て貰うと分かると思いますが・・本種の3令幼虫は10円玉位の大きさがありますね!
昔は、結構出回っていた種類みたいですが、最近では、ほぼ見かけなくなくなった様です。(^_^;)
ナンベイフタヅノコカブト 3令集団
とりあへず、我が家の飼育下でよく用いている 小型カブト幼虫飼育と同様に、本種の幼虫も・・
クワ幼虫の喰いカスを入れたミニケースに、頂いた5頭全ての幼虫を多頭飼育する事にした。
ちなみに自分は、この成虫を見た事が無いので・・成虫が羽化するのが、本当に楽しみです。(^^♪


と言うわけで・・個性豊かな小型カブト4種における、久しぶりの飼育報告でした。(^^♪
ほんと今更ですが、我が家で飼育されている小型カブトは、ネブトよりも マニアックですね。(爆)
スポンサーサイト

久々の外産かぶちん
現在、えりだんさんのサイトにて、2周年&10万ヒットのプレ企画が行われております。
自分も・・ささやかで、人気が有るかどうか微妙な種類ですが・・協賛しておりますので、
もし、このプレ企画に 興味のある方がいらっしゃいましたら・・是非、参加してくださいね!

プレ企画の詳細は・・コチラ   マイ協賛品の紹介は・・コチラ


研修で 栃木県に行っていますので、コメ返しなどは 17日以降になります。 すいません。
さて 本日の話題は、かなり久しぶり(約3ヶ月ぶり)に・・飼育中の外産カブト関連です。


ミヌトゥスタテヅノカブト チリ アリカ・デ・アサパ産  八汰さん系統
ミヌトゥス 2令ミヌトゥス 3令
先日、惨敗したタイワンヒメミヤマの割り出しにより、貴重な空きの小ケースができたので・・
ミニケースで多頭飼育している本種の幼虫たちを、小ケースの多頭飼育に変更してみた。
多忙により3ヶ月ほど・・エサ交換していなかった為か、1頭が死亡。 ほんと申し訳ない。
とりあへず、他の幼虫たちは・・前回とあまり変化がないので元気そうであった。(^_^;)
自分にとっては…本種が初めての小型ゴロファなので、成虫になるまで地道にがんばります。


ヨーロッパサイカブト フランス産  ブルードラゴンさん系統
ヨーロッパサイカブト ♂ヨーロッパサイカブト ♀
前回の更新から・・ちょうど1ヵ月後に、待ちに待った 本種が羽化してきました。
今回 はじめて本種の成虫を見ましたが・・自分の予想以上にカッコよく カワイイ カブトでした!
昨年の6月頃に格安で、2令6頭頂きましたが・・それが 運よく3ペアになってくれましたので、
本種に興味がある 自分の親しいブリーダーさんの所に、2ペア里子に出しました。(*^^)v
そして、自分の手元に残った1ペアが羽化後…雌雄そろって1ヵ月半ほどで後食を始めたので、
2週間ほど、じっくりとエサを食べさせ、研修に行く前に・・本種の採卵セットを組んで見ました。
ネブト用 採卵セット
「ケース」…小  「材」…なし 「マット」…無添加 「環境」…水分 多め 24度。
サイカブトの飼育は・・今回が初めてですが、頑張って次世代が取れる事を願います。(*^^)v


ヨーロッパクロマルカブト ルーマニア産
ヨーロッパクロマルカブトDSC00059.jpg
その姿に、ついつい買ってしまった 我が家のカブトの中で、最もマイナーな外産カブトです。(汗)
入手した当初から、現在に至るまで・・自分では雌雄判別が全く出来ませんでした。(^_^;)
とりあへず、一応 カブトなので、材には産まないと思い・・・ミニケースに無添加のマットを入れて、
雌雄判別が出来なかった関係で、入手した6頭全てを、同環境で個別セットを組んでいました。
それから、自分の親しいブリーダーさん宛てに、採卵セットごと 2頭里子に出し、そして、本日・・
セットから3ヶ月経過したので、手元に残った 4頭の採卵ケースを、暴いてみました。(*^^)v
ヨーロッパクロマルカブト 卵ヨーロッパクロマルカブト 2令
全く期待していませんでしたが・・・なんと、本種の卵1個2令3頭が出てきました! 
え・・今回ばかりは はっきり、言います。 物凄く嬉しいです!(笑)
なにせ、本種は 飼育情報どころか、現地の情報すら 皆無だったので、久しぶりに・・感動しました。
しかし、幼虫が出てきたのは、1ケースのみで・・他の3ケースは全く出てきませんでした。(^_^;)
3つとも…同じ飼育環境で組んでいたので、今回 産まなかった3頭は、♂だから だと思いました。
とりあへず、もう少しばかり追加個体が欲しいので、産卵した個体のみを 再セットしました。(*^^)v
ネブト用 採卵セット
「ケース」…小  「材」…なし 「マット」…無添加 「環境」…水分 多め 24度。
本種を 我が家でのマスコットカブト に認定するべく、出来る限り沢山増やしてみたいです。
あと、成虫の見た目以上に・・長生きである と言う事も分かったので、今後も楽しみです。(*^_^*)

個性豊かで何よりです。
自分は、どちらかといえば・・クワガタの方が好きで、カブトは あまりやっていませんが、
クワ中心の この飼育ブログとしては、珍しく今日は、外産カブトの飼育記事となります。
ただし、我が家で飼育中の外産カブトは言うまでも無く…マイナーな小型種のみとなります。(笑)


ミヌトゥスタテヅノカブト チリ アリカ・デ・アサパ産  八汰さん系統
ミヌトゥス 2令ミヌトゥス 3令
半年前に中野のグッツで知り合って以来、飼育している種類が自分も理解できないほど、
かなりマニアックになってきている、八汰さんから譲ってもらった 大切なムシです。(^^♪
譲っていただいた1ヶ月前の段階では、2令幼虫で左上位の大きさしかありませんでしたが・・・
現在では、全ての幼虫が早くも3令幼虫になったようで、かなり大きくなりました。
我が家の飼育環境は・・5頭全てミニケースの多頭飼育です。 ちょっと 狭いかも?(笑)
とりあへず、自分にとって初ゴロファが本種 なので、立派な成虫が羽化する事を願います。(*^^)v


ヨーロッパサイカブト フランス産  ブルードラゴンさん系統
昨年の7月に、某オクで2令幼虫を格安で入手し、現在ではブログでの交流を頻繁に行い、
密かに崇拝中のブルードラゴンさんから譲っていただいた 大切なムシです。(^^♪
入手時に、約10ヶ月で羽化するよ~ と 言われましたが・・どうやら、我が家の飼育環境が、
寒すぎたようで、飼育し始めてから11ヶ月が経過した現在、ようやく蛹 になりました。(汗)
おまけに本種の蛹が 外からの観察が非常にしにくい 飼育ケースの底部分にあるので、
本種は、今回が初挑戦なので 安全第一で、本種の蛹の撮影するのを諦めました。(^_^;)
とりあへず、本種は昆虫記で有名なファーブルさんも観察した 大変有名なサイカブトなので、
早く羽化して、ファーブルさんも…しみじみ観察した本種の立派な雄姿を見てみたいです。


ヨーロッパクロマルカブト ルーマニア産
アレは・・数週間前のある夜の事。結構気になる種が 久しぶりに某オクで出ていたので、
コレは入れるしかない と思い、通常よりもやや多めで入札していた物の、あっさり抜かされてしまい
当方にくれている最中・・本種の入荷を知り、前者の落札予定額で・・本種の6頭セットを購入。
ヨーロッパクロマルカブト
信じて貰えなそうだが・・・自分が購入した野外品の外産カブトでは、最も高額です。(汗)
幾ら自分でも…上記の様な出来事がなければ・・さすがに これは、購入しないと思う。(^_^;)
最初は・・日本のクロマルと同じだろう と思い、それほど期待はしていませんでしたが、
実物を見て、想像した以上に大きく 愛嬌もたっぷりで カワイイその姿に惚れました。(笑)
DSC00059.jpg
ちなみに、本種は、お腹と前羽をこすり合わせて ギコ ギコ と鳴く 事を知った。(^^♪
オマケに・・身の危険を感じると、お尻からある独特の臭いを出す事も分かった。(泣)
ヘリヘクソドン
その昔 自分は・・上記のヘリヘクソドンという、小型のカワイイ外産カブトを飼っていましたが、
このカブトは、あの時に感じた 何かを思い出させてくれるような 懐かしいカブトムシでした。
何とかして、本種を我が家のマスコット認定するべく、出来る限りたくさん増やしてみたいので、
我が家の外産カブトにしては・・異例とも言える 気合を入れたセットを組んでみた。(*^^)v
ネブト用 採卵セット
「ケース」…ミニ  「材」…なし 「マット」…無添加 「環境」…水分 多め 24度。
よ~く 観察すると・・本種は、前足のフセツの太さと長さが その個体によって微妙に違うので、
以前飼育したヘリヘクソドンと同様に…本種は ここで 雌雄判別するのかも しれませんが・・・
現段階で どっちが♂で、どっちが♀なのか・・自分では、全く分からなかったので、
少し 飼育スペースを取るが 6頭とも全て、ミニケースで個別にセットを組んで見ました。
とりあへず、全く興味がない方が多いと思いますが・・地道にがんばって飼育したいと思います。


以上・・個性豊かで マイナーな我が家の小型外産カブトの飼育記でした。(*^^)v
上を見て分かるように・・外産カブトは、ほぼ貰い物が多いですが・・大切に飼育しております。
本当は・・外産カブトでも やりたい種類が、山ほど居るのですが・・なかなか手が出ません。(汗)
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。