初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2産地に増えました
自分の好きな漫画家の新作数年ぶりに出ていたので、久々に…とある漫画を買いました。
自分が ムシを初めとした 5つの趣味を持ってからと言うもの、なるべく趣味用の資金を減らさぬ様に、
雑費といった月々の余分な出費は控える様にしていますが、今回ばかりは・・無理でした。(爆)
でも、その新作の中で・・出費した以上の 素晴らしいお話に出会えたので、良かったです。(^^♪
さて今日の雑談は…これ位にして、本日の話題は・・2産地に増えた プラティオドンネブトです。

・プラティオドンネブト パプア州 MT.アルファック産 西イリアン亜種
プラティオドンネブト 西イリアン亜種 ♂プラティオドンネブト 西イリアン亜種 ♀
本種の野外品から運よく20頭前後の幼虫が得られたものの、前回のプレ企画協賛で3頭提供し、
その後の不注意により、10頭以上の幼虫を死なせてしまった為、現在は3頭だけになりました。(汗)
3令幼虫の雌雄判別をしてみると・・1♂2♀でした。 今回は幼虫の絶対数が少ないので・・・
当初の目標であった 大型個体を目指す事 から、無事に羽化させる事に、目標を変更して、
羽化時期をなるべく同時期にさせるべく、安全な発酵マットで ミニケースで多頭飼育を行っていた所、
数日前から・・壁面より、幼虫が確認できなくなったので、繭玉をサルベージしてみました。(^^♪
プラティオドンネブト 繭玉
予想通り、3頭全てが繭玉になっておりました。 軽く振った感じでは・・前蛹のようです。(汗)
とりあへず、ケースから 250ccカップに繭玉を移して、羽化するまで気長に待ちたいと思います。


・プラティオドンネブト モルッカ諸島 モロタイ島産 原名亜種 rioさん系統

この産地のドンは、先月のプリン隊 オフ会の時に、rioさんから頂いた里子の幼虫たちです。(^^♪
当初 20頭くらいは・・居そうな雰囲気でしたが、改めて数えてみると・・12頭ほどでした。(爆)
長期間に渡って産んだ為か 成長にバラつきがあったので、3令×6頭を小ケースで、多頭飼育し、
残りの1令~2令幼虫×6頭を、上で書いた西イリアン亜種幼虫たちのサルベージ作業によって、
運よく空きが出来たミニケースに発酵マットを詰めて、多頭飼育させる事にしました。(*^^)v
プラティオドンネブト 原名亜種 2令
この産地のドンは・・プラティオドンの中で最も大型になる と言われる原名亜種なので、
自身の出来る範囲内で、この産地における大型個体の羽化を狙ってみたい! と思います。(汗)
とりあへず、最低目標は 大型化しやすい原名亜種なので・・50ミリですかね。。無理か。 (^_^;)


本種プラティオドンは・・随分前から外産ネブト入門種にして、ネブトの入門種的な存在ですが、
プラティオドンネブト 西イリアン亜種 ♂
結構 カッコいい種類ですので、ネブトの入門種として・・是非、本種を飼育してみて下さい。(^^♪
ちなみに、本種の産卵マットは・・赤枯れマットがなくても、全く問題ない大型ネブトです。(爆)
スポンサーサイト

プレ企画の当選発表
先日、えりだんさんの所で行われた プレ企画における当選結果発表されましたね。(*^^)v
今回のプレ企画における 主催者様・協賛者様・参加者の方々、本当にお疲れ様でした。
また、このようなプレ企画に協賛する機会があれば・・自分は是非とも参加していきますので、
当ブログに いつも遊びに来てくれる イイ意味での変 態の皆さん 今後とも…宜しくです。(^^♪


気になるプレ企画の当選結果は・・・コチラ

さて、本日は…マイ協賛品の1つであった プラティオドンネブトの割り出しを行いました。(爆)
プラティオドンネブト 西イリアン亜種 ♂プラティオドンネブト 西イリアン亜種 ♀
なかなか作業する時間が取れず 協賛品の頭数確認せずに、プレ企画に協賛しましたが・・・
プレ企画の協賛品メールを贈る際に、容器から見えた頭数が たまたま2令×3頭だったので、
その頭数での協賛メールを送っていましたが・・実際は もう少し幼虫が要るはずです。(^_^;)
と言う事で、本種の当選者が決まったせっかくの機会ですので・・本種の幼虫を割り出しました。
DSC00280.jpg
結果は・・3令×18頭 2令×2頭20頭と言う まずまずの割り出し結果でした。
20頭という頭数は、爆産種プラティオドンネブトにしては 採卵数が少ないように感じますが・・・
今回は、店頭で良く出回っている飼育品の方では無く 貴重な野外品からの採卵でしたので、
この幼虫の頭数は、そこそこの頭数(15頭以上)が得られた当たり♀だったと思われます。
ただ 2令3頭ではなく、3令3頭の提供になりそうです。 本種の当選者様、本当にすいません。(汗)

リベンジ シリーズ 第3弾
明日から、来週の週末を挟んで・・父母の2つの田舎に1週間ほど帰省しますので、
ココのブログ更新は、暫くの間 お休みさせていただきます。 すいません。(^^♪
さて、本日の記事は・・前回の記事が少々マニアックすぎたので、中和する意味あいをこめて、
外産ネブトの入門種で、飼育がとても簡単なプラティオドンネブトの話題です。(*^^)v

本種は、前回の4月に同産地の野外品で挑戦しましたが、どうも産卵しない外れ♀だったようで、
外産ネブトの入門種である、プラティオドンネブトで失敗してしまいました。(^_^;)
プラティオドンネブト 西イリアン亜種 ♂プラティオドンネブト 西イリアン亜種 ♀
さすがに 悔しかったので、中野の某店で3ヶ月以上売れ残っていた野外ペアを再購入した。
入荷から3ヶ月以上立っていた事と、産卵しない事が多い野外ネブトの再購入だったので、
今回は 通常価格の約半分で購入できました。 店長 ほんと、ありがとうございます。(*^_^*)
なので、今回も・・飼育品で無く前回と同様に、ほぼ産まない野外品から始めてみました。
しかしながら、入荷から3ヶ月以上の時間が立っているにも関わらず、♂♀共に・・・
まだまだ、元気だったので、これは・・期待できるかも? と思い、セットを組んでみました。
プリンカップ採卵セット
「ケース」…プリン特大 「材」…なし 「マット」…無添加 「環境」…水分 多め 25度。
とりあへず、本種プラティオドンネブトは 一般的にも、人気がある大型の外産ネブトですが・・・
成虫が大型になる故に、あまり増えすぎても困るので 何時もどおりのプリンカップ特大で、
今回も・・外産ネブト入門種 プラティオドンネブトの採卵セットを組んでみました。(*^^)v

そして、このセットを組んでから 1ヶ月が経過したので、セットの様子を見てみると・・・
DSC00046_20090808152137.jpgDSC00052.jpg
どうやら、今回は・・リベンジに成功のようです。 幼虫が壁面だけで10頭以上います。
とりあへず、見えるのが まだ1令なので 全ての幼虫が2令になるまで放置する事にした。(*^^)v

その親切心に、感動!
いつの間にか・・当ブログの総アクセス数が、1000アクセス を超えておりました。(^_^;)
マイナー種に関する飼育記事が多いにも拘らず、見にきて頂き、本当にありがとうございます。
一般的な飼育ブログと違って、1つの記事に・・1種のみという、変わった形式でやっておりますが・・・
これは、同じマイナー種を、飼育される際の参考にして頂きたい という気持ち から来る物なので、
見る人によっては 見難いかも 知れませんが・・・ご理解の方を、宜しくお願い致します。m(__)m


さて 先日 外産ネブト入門種である、プラティオドンネブトの野外品が入荷 との耳寄り情報を得た。
プラティオドンネブトその物は・・某オクでも沢山出ているネブトであるが、今回入荷した、
インドネシア Mt,アルファック産のプラティオドンは、年間で10数ペアしか入らない為か、
某オクや店頭でも・・・滅多に、飼育品を見ないので、入荷した♀の状態を 見てから 買おうと思い、
プラティオドンが入荷した 中野にある、密林王国に、久しぶりに・・行ってきました。(*^^)v


お店に到着し、野外品コーナーの中に 今回のお目当てである プラティオドンを 発見!!
さっそく、何時もの要領で・・・時間を掛け お店に入荷した 全てのプラティオドンの状態を確認する。
耳たこだが・・・どんなネブトにしろ、野外ネブトを購入する時は・・慎重に選ぼう。
うん。2年前の入荷時と違って・・今回は、どれも状態がイイ。 よし、買いだ。(^^♪
プラティオドンネブト 西イリアン亜種 ♂プラティオドンネブト 西イリアン亜種 ♀
と言う感じで、コストダウンを図るべく 一番小さな♂とのペアで、購入した。(^_^;)
しかし これの購入時に、お店の店長が すごく優しくしてくれて、一番小さな♂だったのにも拘らず、
野外品のネブトを買う人は・・最近 少ないから、これで ブリード 頑張ってください と、
ココのお店で、入荷した♀の中で 一番大きくて重い♀を ペア♀として 付けてくれました。
ネブト好きな自分としては・・本当に ありがたかったです。 ありがとうございました。m(__)m

さて、店長の親切心を裏切らない様に・・さっそく 本種の採卵セットを組みました。
ネブト用 採卵セット
「ケース」…ミニ 「材」…無し 「マット」…自作マット 「環境」…水分 少量 23度
上でも書いたが 本種は・・外産ネブトの入門種であり、赤枯れ等の特殊な物を使わなくても、
誰でも簡単に、産卵できる外産ネブト
であるが・・・本種もネブト属なので、他のネブト同様に、
野外品の当たり外れが激しく もしかしたら、入門種で 失敗する可能性もありますが・・・
入手した♀個体が なんとか、産卵する当たり♀である事を望みます。 頼む 産んでくれ~。(^_^;)


追伸

その後・・上記の♂は数日で他界。
♀はなぜか、ほとんどマットに潜らず、セット後3週間ほどで マット上で死亡を確認。
その後・・2週間ほど立ってから、割り出してみる物の・・何も出てきませんでした。(>_<)
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。