初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運よく成功です
今日の練習会では、今まで全く出来なかった技が やっと出来かけてきたので、嬉しかったです。
ただ、1年間ほど練習していますが・・・未だに4クラブが出来ないのは…悲しい所ですね。(^_^;)
とりあへず、ジャグリングに関しては今後も…自分のペースで、気ままに続けてみたいと思います。
さて、昨日の飼育記事の所でも書いたとおり、溜まっていた更新ネタが書き終わりましたので・・・
本日から数日間は、2,3ヶ月ほど前にセットをした物の結果発表をしていきますね。(*^^)v
それではいきます。 本日の話題は・・・ややマイナーな種類である中国産サビクワガタです。
中国サビクワガタ ♀
入荷した産地及び、手元に僅かにある文献から、本種は中国産ベルティヌスサビだと思うのだが・・・
愛知のとあるブリーダーさん曰く、最近 朝鮮半島からベルティヌスサビとは全く異なる
新種のサビクワガタが見つかったとの事で、本種も一概に「ベルティヌスサビ」と言えなくなりました
また、初入荷産地の個体の為 やや高価だったので・・飼育費用の関係上、♀単で購入したので、
未だに…自分は♂個体を見ていないので、暫くの間は「中国サビ」という呼び名を用いていきます。
さて、再セットを組んで2ヶ月経過した本日、幼虫が確認できましたので、割り出してみました。
中国サビ 1令
再セットの結果は・・1令×5頭5頭と言う かなり少なめの割り出し結果でした。(^_^;)
前々回のセットでは、材を入れずにセットしてしまい、幼虫を得る事が出来ませんでしたが・・・
今回の再セットでは柔らかい材を入れていたのが幸いしてか、何とか幼虫を得る事が出来ました
また、飼育費用の関係上・・ケチって♀単での購入でしたが、今回幼虫が得られた事により、
野外で既に交尾済みの♀個体だったようで・・今回は、本当に運が良かったと思います。(笑)
ちなみに、今回 得られた1令幼虫×5頭は・・なぜか、全てマットの方から出てきましたが・・・
おそらく材産み種ですので、この材を割り出せば…幼虫がまだまだ多数出てくると思いますが、
このサイズの幼虫を、材から割り出す作業が 少々面倒くさかったので、この材を割らずに、
再セット時のこの材を使いまわして・・もう少し頭数を得るべく、再々セットを組んでみました。(^^♪
産卵木埋め込みセット
「ケース」…ミニ 「材」…コナラ M 「マット」…無添加 「環境」…水分 少なめ 24度。
本種は、ややマイナーな種類なので、この中国サビクワを欲しがる方がいるとは思いませんが・・
どこぞのプレ企画なんかに協賛できるほど、沢山の幼虫が得られる事を願います。(*^^)v
また、今後の再入荷があるとは思えない産地のサビクワなので、大切に飼育していきたいですね。
スポンサーサイト

今週は、雨模様
最近は、この時期ならでは・・とも言える、ブリード関係と同じく、夢中になっている趣味である、
ジャグリング(大道芸)関連の公演依頼によって、何かと私情が忙しくなってしまい・・
リンク先へのブログ訪問やコメ付け、そしてココの更新&コメ辺が疎かになり、すいません。(^_^;)
今の所・・依頼を受けたジャグリング公演10月末に2回。 11月に1回ほどありますので、
これらを成功させるべく帰宅後…何とか練習時間を作り、夜に2時間ほど練習していますが・・・
今週は・・不幸にも、台風が接近している関係で・・外練が全くできません。 結構ヤバイです。(汗)

さて、天候上の理由により・・本日は、積み状態のセットを組む時間が何とか取れましたので、
今年の7月上旬に購入した 野外品の中国産サビクワガタの再セットを行いました。(^_^;)
中国サビクワガタ ♀
本種のようなドルクス系のサビは・・マット産卵でもイケると思い、マットのみで組みましたが・・・
どうやら、偉い人曰く サビクワ採卵に材を用いるのは・・当たり前 と言う事でしたので、
急遽 マットのみの採卵セットでなく、材を入れた採卵セットで、再セットしてみました。
この時、2ヶ月経過した マットのみのセットを割り出しましたが・・全く産んでいませんでした。(^_^;)
産卵木埋め込みセット
「ケース」…ミニ 「材」…コナラ M 「マット」…無添加 「環境」…水分 少なめ 24度。
ドルクス系のサビは、時期的に産卵しない と思うので、産卵ケース 休眠ケースを意識した。(笑)
また、地理的に このサビクワは・・中国産ベルティヌスだと思うのだが・・・本種の購入時は、
中国産のサビクワガタ という標記のみだったので、運よく本種のブリードが成功して、
この♀からの次世代♂が出現するまでの暫くの間は・・「中国サビ」と読んでいきたいと思う。(^^♪
今後の入荷が あまり期待できそうにない地域のサビなので、何とか産んで欲しいものです。
それにしても・・今週は雨模様の天気が続くので、セットを組むのが かなりはかどりそう。。(苦笑)

中国のサビクワガタ
まだ、ココを見てくれている方が、居るかな? どうも・・おひさしぶりです。m(__)m
最近 何かと忙しく・・ブログ更新や皆さんの所へ遊びにいく事やコメントができずに、
本当に すいません。(^_^;) あと1週間前ですが・・7月3日・4日と連続でオフ会に参加しました。
やはり、色々なブリーダーさんと実際にお会いして お話しするのは・・ブログ上では、
ほぼ知る事ができない 色々な情報やテクニックが 効率よく学べるので、素晴らしいですね。
ただ、オフの詳細は・・覚えていないので、リンク先のブリーダーさんの記事を見てくださいな。(爆)
とりあへず、今回のオフ会に参加した皆様・・本当に、お疲れ様でした。(*^^)v

さて 諸事情により、今月末に横浜で行われるクワタに 自分は参加できない事が判明したので、
クワタ用に貯めて置いた資金を用いて、1週間で5種類ほど増種してしまいました。(^_^;)
今日は・・増種した 5種類のうちの1つ、目がとてもキュートな中国産のサビクワガタの話題です。
中国サビクワガタ ♂中国サビクワガタ ♀
中国におけるサビクワガタの入荷は、おそらく今回の中国便での入荷が 初入荷だと思うので・・
このサイズのマイナーな小型種にしては・・産地と初物 柄、なかなかイイ値段がしていたので、
今回は、次世代を得る事を優先すべく ケチって 野外♀単品のみでの購入となりました。(^_^;)
なお、写真の♂は、♀の購入時に・・浅草の販売店で、特別な許可を得て 撮影しました。

手元にある 僅かな資料を見る限り、中国に生息するサビクワは、インドシナ半島に広く生息している、
ベルティヌスサビ しか居ない との事なので、この♀も…ベルティヌスサビの♀ だと思うが、
♀だけでは・・イマイチ良く分からないので、暫くは・・販売時の 中国サビ という標記でいこうと思う。
とりあへず、この中国サビは ミレスサビとは違い ドルクス属に所属する サビクワなので・・
産卵させる際に・・材は必要ないと判断して、我が家で愛用中の採卵セットで組んでみた。(*^^)v
産卵セット マット産み小型種
「ケース」…ミニケース 「材」…なし 「マット」…自作マット 「環境」…水分 少なめ 24度。
ありきたりな採卵セットであるが・・サビクワガタは、人気のない小型種である事に加えて、
この産地は・・今後の入荷が全くなさそうな産地なので、沢山の幼虫が得られる事を祈ります。

追伸
明日は、ネブトの聖地に 在住のブリーダーさんと、お会いして・・ネブト採集しに行ってきます。
ついでに・・その聖地に居るであろう、ネブトの神もお持ち帰り拝見してきます。(爆)
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。