初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焦らずに・・行こう
今日から、師走。 今年も・・残す事、1ヶ月となりました。 1年は ほんと早いですね。(^_^;)
11月中に・・全てのネブトネタ関連の記事が書き終るかな? と安易に考えていましたが・・・
意外と休眠から目覚めない種類が多くいて、休眠明けにセットする ネブトが積み状態でして、
今年の11月までに・・全てのネブト関連のネタを、書き終える事が出来ませんでした。(汗)
まぁ、ココで慌てて休眠から起こしても・・ろくな事が無いので、マイペースでいきます。(*^^)v
と言うわけで・・本日の話題は、今年の7月にセットを組んだ ニシカワネブトを割り出してみました。
ニシカワネブト ♂ニシカワネブト ♀
本種ニシカワは、今年の初期に…バンダヒラタと共に 国内に初入荷してきた中型の外産ネブトで、
初入荷種の為、そこそこの値段が付いていた関係で・・自分は 本種の野外品を見送りましたが・・
今年の7月に…愛知県にネブト採集に行った際に、大変お世話になった ブルードラゴンさんから、
ニシカワが結構増えたから・・という事で、本種の新成虫ペアを里子として譲って頂きました。
そして、7月下旬頃に 早くも交尾を確認したので・・赤枯れで真剣にセットを組みました。(*^^)v
しかしながら、5ヶ月経過しても…幼虫が確認できなかったので、本日割り出してみました。(汗)

結果は・・予想通り ボウズでした。(汗) ただ、成虫たちは・・ともすこぶる元気でした。(爆) 
もしかしたら・・本種ニシカワは、意外と成熟期間が長いネブトなのかも しれませんね。(^_^;)
とりあへず、60ccカップで♂♀を同居させ・・年明けにでも、再セットしてみようと思います。
それと、最近・・ネブト採卵に必須の赤枯れが 足りなくなってきたので、買い足しに行かねば。。(汗)

追伸
先日、セットを組んだ野外品アクミナートゥスネブトで、産卵が確認できました。(号泣)
アクミナートゥスネブト 小型♂底面にて 産卵確認
野外ネブトは、滅多に産卵しないので・・これは お世辞とかで無く、本当に嬉しかったです。(^^♪
スポンサーサイト

タンニバル諸島からの刺客
先週の日曜日にあった クワタフェアには・・皆さんは、行かれましたでしょうか?
皆さんのブログを拝見する限り、色々な生体やブリーダーさんとの出会いが会ったようで、
自分は 前回に引き続き、今回のクワタも参加できなかったのが・・少し、残念です。
次回11月のクワタには・・行けるかな? もし、日程が合えば…ぜひ 行こうと思います。(*^^)v
それと 最近の自分は、マイナーな小型種のクワカブに どんどんハマりつつあるので、
色々な情報を収集するべく、9月にある大手町のフェアには・・今年こそ 行ってみたいですね。

さて 先日、名古屋にネブト採集をしに行った際に・・名古屋在住のブルードラゴンさんから、
我が家で飼育中のミレスサビ との交換で、今年の1月辺りに 国内に初入荷したばかりの、
ニシカワネブトという、大変貴重な外産ネブトを譲っていただいたので、ご紹介致します。(*^^)v
ニシカワネブト ♂ニシカワネブト ♀
この外産ネブトは・・今年の1月辺りに初入荷していた際に、自分も気になったネブトでしたが、
初入荷の外産ネブト と言う事もあって、どれも素晴らしいお値段が付いておりました。
しかも・・本種の生息地が特殊で 今後の入荷は ほぼ見込めない との事でした。(^_^;)
その当時…少し頑張れば 貧乏な自分でも…けして買えなくない 初入荷の外産ネブトでしたが・・・
ほとんど産まない とされている野外品の しかも 飼育難易度が未知のネブト であった為、
そこまでの大きなリスクを犯してまで、冒険する程 自由な資金が自分には無かったので、
その時は・・潔く 本種ニシカワネブトの購入を見送る事にしました。 それから・・半年後。
友人のご好意により、飼育品ペアを譲って頂きました。 本当に感謝いたします。(*^_^*)

とりあへず、頂いた当初から ♂♀を同じ容器にいれて、同居させていた所・・1週間位して、
不思議と 成虫ペアの後食を確認する前に・・早くも、目の前で交尾が確認できたので、
少し早い気もしますが・・成虫の鮮度が落ちない内に 本種の採卵セットを組んで見ました。(*^^)v
プリンカップ採卵セット
「ケース」…プリン特大 「材」…なし 「マット」…赤枯れ 「環境」…水分 多め 25度。
とりあへず、本種は 飼育がそこまで難しくないネブトだったようで、飼育品を見かけるように、
なってきましたが・・それでも、現在 国内に流通している外産ネブトの仲間の中では・・・
まだまだ貴重な外産ネブトの1つだと思われるので、本種を飼育できる この貴重な機会を、
絶対にムダにしたくなかった ので、やや高価ですが…赤枯れマットを用いて見る事にしました。

それと 先日、都内の某店でお会いした ある方の助言により 外産ネブト全般のブリードは・・
温度を高く設定する方が良い と習ったので、今回は…通常よりもやや高めで行く事にした。
野外品に比較して、産卵が成功しやすい 飼育品の外産ネブトとは言え 自分にとっては・・
今回が 初挑戦の外産ネブトなので、本種のブリードが成功できる事を願いたいです。(*^^)v
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。