初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きくな~れ!
本日の夕方は、高田馬場にある とある聖地にて・・クワカブ関係の忘年会があります。(^^♪
この聖地では・・ネット上のクワカブ会談で無く、生での楽しいクワカブ会談が行われますので、
自身の都合が付くたびに…こういった集まりに参加し、生のクワカブ会談を楽しんでいます。(爆)
という事で、今回の忘年会には・・自分も参加しますので、今回参加される方 宜しくです。(*^^)v

さて、本日の話題は・・台湾に生息する3キクロ1つである、アサヒナホソアカのエサ交換です。
アサヒナホソアカ ♂アサヒナホソアカ ♀
前回の割り出し時に、30頭近くの幼虫が居ましたが・・本種の予約していた友人達に配った関係で、
結局、自分の手元に残ったのは10頭前後の幼虫と、飼育にはちょうど良い頭数となりました。
台湾に生息する3キクロは・・3種とも、自身の好きなキクロのベスト3位以内ランクインしますが、
その台湾産キクロの中で・・あえて順位をつけるとしたら・・本種アサヒナ最も好きなキクロです。
という訳で・・本種の得大個体を狙って、何時もより真剣に…大真面目に飼育していきます!
アサヒナホソアカ 2令500ccボトル
1ヶ月ぶりに…幼虫を見ましたが・・単独飼育を始めるには、ベストな2令中期の状態でした。(笑)
どんな種のキクロであっても…キクロ幼虫は食が細いので・・途中でエサが劣化する事を考慮し、
本種にとって・・大き過ぎず 小さ過ぎない容器である、上の500cc容器を用いる事にした。(^^♪
幼虫のエサは・・カナリクラトゥスの経験を生かし、発酵が浅めで栄養価が有るマットを用いてみた。
そして、本種の管理温度は・・少し暑いかもしれませんが、22度前後にしてみる事に。(^^♪
これで、本気で飼育する準備が整いましたが・・・最後の最後に ちょっとだけ遊び心を試みました!
大きくな~れ!遊びラベルを貼って、モチベを挙げる!
これで、バッチリですね! 今回の飼育目標は・・50ミリ以上の特大♂を狙います。(*^^)v

追伸
本日の忘年会の模様については・・明日のブログ記事の方で書きますね。(*^^)v
スポンサーサイト

今日もキクロです
先週の日曜日に行われた1回目のジャグ公演は、特に問題も起きずに 大成功 しました。(^^♪
1回目のジャグ公演? と聞いて・・ピン! と来た方が 何人かいらっしゃると思いますが、
今週の土曜日には とある大学の学園祭関係者から公演依頼を受け、次週の土曜日にも・・・
東京中部にある とある市主催のイベント関連から 公演依頼を受けていますので、
暫くの間は マイ趣味の1つである ジャグリング関係の公演活動が まだまだ続きそうです。(^_^;)

さて、セットを組んでから1ヶ月弱が経過したので、アサヒナホソアカのセットを暴いてみました。
アサヒナホソアカ ♂アサヒナホソアカ ♀
2週間ほど前から、この手のキクロとしては珍しく、ケース壁面から卵と幼虫を確認でき、
採卵及び孵化には成功しているのが 既に分かっていたので・・楽しく作業が出来ました。(^^♪
ただ 残念ながら・・種♀は早々に死亡したようで、マット内で バラバラになっていました。(泣)
アサヒナホソアカ 1令
採卵結果は・・1令 26頭 卵 5個の 計31頭という まずまずの結果でした。
ただ、割り出すのが 少しだけ早すぎたようで、孵化したばかりの幼虫が5頭ほどいたので、
今後の我が家での中型キクロの割り出しは・・セット後1ヵ月半ぐらいを目安に行いたいと思う。(汗)
それでも、安定して元気な幼虫も何頭か居るので、本種アサヒナを幼虫で予約された方にも・・・
何とか1令幼虫の状態で、里子に出すことが出来そうなので、本当に良かったです。
なお、今回の飼育では・・本種の特大個体を狙って 真面目に飼育していきたいと思う。(*^^)v


追伸
1年ほど前から、気になり始め・・真剣に ずっと探していた ある物が 久しぶりに某オクにて、
格安出品されているのを 偶然 発見してしまったので、密かに入札していましたが・・・
幸運にも・・最後まで誰とも競り合う事無く、最低額で落札する事が出来ました。(笑)
近々、我が家に届くと思いますので・・到着しましたら、今回の落札品をご紹介しますね。(^^♪

これは・・国際交流かも
現在、えりだんさんのサイトにて、2周年&10万ヒットのプレ企画が行われております。
自分も・・ささやかで、人気が有るかどうか微妙な種類ですが・・協賛しておりますので、
もし、このプレ企画に 興味のある方がいらっしゃいましたら・・是非、参加してくださいね!

プレ企画の詳細は・・コチラ   マイ協賛品の紹介は・・コチラ


さて、本日は・・先日、中野の専門店でお会いし 小型マイナー種が大好き と言う事で、
お互いに 有得ないほど意気投合し、かなり親しくなった台湾人のブリーダーさんから、
台湾に生息する3キクロの1つである、アサヒナホソアカの新成虫ペアを頂きました。(*^^)v
アサヒナホソアカ ♂アサヒナホソアカ ♀
はっきり言って・・本種を舐めていました。 まさか こんなにも カッコいいキクロだったとは。(汗)
やはり本種を初めとする、ツヤホソアカ系呼ばれる小型キクロは 図鑑や標本写真だけでなく、
実際に生体を手にとり、実物を見ないと・・この種の持つ、本当の素晴らしさが分かりませんね。
アサヒナホソアカ ♂
さらに・・このアサヒナは、ただの新成虫ペアなんかでなく かなり凄い系統です。 なんと・・・
台湾人ブリーダーのお爺さんが、現地で自己採集した♀個体からの直系なのです。(汗)
これは、必ずや成功させなければいけない貴重なキクロだと思い、すぐさまセットしました。(^_^;)
産卵セット マット産み小型種
「ケース」…ミニ 「材」…なし 「マット」…自作マット 「環境」…水分 多め 24度。
何時も以上に・・気合を入れたものの、採卵セットの内容は 本種アサヒナとほぼ同所に生息し、
現在 飼育中のミニスゼッチで 50頭以上の幼虫が取れたのと、同様の採卵セットを、
アサヒナでも組んで見ました。本種は野外の珍品度こそ 台湾に生息する他2種に負けますが・・・
いかせん本種アサヒナは、国内流通量が かなり少ないキクロなので、大切に飼育していきます!
とりあへず、何人かの方に・・幼虫予約を受けているので、20頭以上を目標にしたいです。(*^^)v
ミニスゼッチホソアカ ♂アサヒナホソアカ ♂
それにしても・・台湾に生息する 3キクロの内の2キクロが、運よく揃ってしまいました。(笑)
こうなると、残りの1種も必ず入手したいですが・・滅多に見かけないので、難しいですね。(^_^;)
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。