初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンボックエンシス 飼育方法
今日の飼育記事も・・昨日のタカサゴノコに引き続き、撤退種の飼育記事です。(汗)
撤退種なのに わざわざ飼育記事なんかアップしなくても・・と、自分でも思うのですが、
自分が飼育していた種類の多くが ネット上では、飼育情報が皆無な種類ばかりですので・・・
これから、こういったマイナー種を飼育する方に 少しでも参考になれば…な感じでアップします。
というわけで、今日の話題は・・最近 あまり見かけなくなった ロンボックエンシスです。
ロンボックエンシス ♂ロンボックエンシス ♀
本種ロンボックは、写真で見ての通り、非常に雌雄判別が困難なクワガタでしたが・・・
左側が♂個体右側が♀個体となります。 通常の撮影では・・♂♀の判別は困難ですね。(汗)
ところが、さる青いお方が、1年前に大アゴのアップ写真を撮っていた際に…偶然発見した という、
本種ロンボックエンシスにおける、簡単に雌雄判別ができる、魔法のような判別方法があるようです。
ロンボックエンシス ♂の頭楯アップロンボックエンシス ♀の頭楯アップ
とりあへず、自分も・・本種の大アゴのアップ写真を、頑張って撮ってみました。(*^^)v
上の写真をクリックして 更によく見てみると、小型種好きの方なら直ぐに分かると思いますが・・・
♂の頭楯がM字型(左)になるに対して、♀の頭楯は平らの台形型(右)になりますね!(^^♪
ロンボックエンシス 交尾
産卵形態は・・マット産みが主で、成熟期間は…およそ半年前後で、意外と短めです。
幼虫飼育は、どう見ても…菌糸が合う雰囲気の虫ではないので、我が家はマットでやりました。
ロンボックエンシス 3令幼虫 ♀
成虫は、ノコギリ属に似ていますが・・本種の幼虫は、ドルクス属のような面白い幼虫です。
なお、3令になると・・上の写真でも分かるように、♀幼虫には ♀班が出てきますので・・・
成虫で判別できる自信がない方には、3令幼虫時で見分けるのも…アリだと思います。(^^♪
ロンボックエンシス ♂ロンボックエンシス 極小♂
本種で大型を狙うには…200cc羽化するだけならば…120ccでも大丈夫でした。
ただし、120ccで飼育した場合には…小指の第一関節ほどの極小サイズ(右上)に なります。(笑)
ロンボックエンシス 蛹ロンボックエンシス ♀羽化
本種の蛹は・・上記の通りで、意外と 普通で・・あまり面白みが無いかもしれません。(^_^;)
もし、貴方が容器から蛹を取り出したい 掘り士であれば…蛹の生殖器雌雄判別しましょう!
幼虫時の判別よりも、ほぼ確実に判別できます。 なお、蛹期間は…25度で、1ヶ月前後です。
ロンボックエンシス 全員集合!
こんな感じで本日はロンボック関連の飼育を通して・・分かった事簡単に挙げてみました。(汗)
本種は、非常にカワイイ種類なので、本当は…何時までも飼育していきたかったのですが・・・
飼育スペースの関係上、泣く泣く 友人の京四郎さんの所へ 全て里子に出しました。 お元気で!
本当に、良いムシなので・・飼育する機会がありましたら…是非、飼育してみて下さいね。(*^^)v
スポンサーサイト

放置しすぎました 少し反省
先日の金曜 に行われたプチ会合では、色々と勉強なることが多く本当に楽しかったです。
とりあへず、今回のプチ会合で分かったこと は、大きな♂個体が羽化する生育環境では・・
あの憎きコバエたちも…通常の1,5倍ほど たくましく成長する と言う事ですね!(爆)
なお、詳しい会合内容は… 京四郎さんのブログ で 色々と書かれていますので、割愛しておきます。
たけろうさん京四郎さん 先日のマニアック会合は…色々とお疲れ様でした。(^^)
さて、遂に…ケース底から幼虫が確認できましたので、ロンボックエンシスを割り出しました。
ロンボックエンシス ♂ロンボックエンシス ♀
先月末に、ケース底産卵を確認し・・本種は ノコギリの様な産卵形態だったため、
親♀に、栄養補給がてらに 卵を食べられないよう…早めに回収したかったのですが・・・
自身の体調不良、PCの崩壊、チョウ採集などの 色々な出来事が、かなり重なってしまい、
底で見えていた卵が無くなり、幼虫を確認する という 今頃の割り出しになりました。(^_^;)
これは・・あまり 宜しくない飼育傾向ですね。 少しだけ反省です。(汗)
とりあへず、何時以上に注意しながら・・ほんと久しぶりに、小ケースでの割り出しを行いました。
ロンボックエンシス 卵ロンボックエンシス 1令
採卵結果は・・1令 4頭 卵 4個の 計8頭という 寂しい結果でした。(^_^;)
自身としては、かなり広めの飼育ケースを用いて真剣にセットしたつもりでしたが・・
マット産み種とはいえ、材を入れなかった為か? かなり少なめの採卵結果となりました。(汗)
なお、やや体重が軽くなったものの、種♀がまだまだ元気でしたので・・再セットしておきました。
産卵木埋め込みセット
「ケース」…ミニ 「材」…コナラ S 「マット」…ブナ系 「環境」…水分 多め 24度。
今回のセットは、我が家の飼育スペースの関係上・・ミニケースでのセットを組んでみました。(^_^;)
再セットには…本種の産卵をより誘発させるべく、小さな柔材も入れてみる事にしました。
今回は、あまり産まないかもしれませんが…少しでも多くの追加幼虫が得られる事を願います。

追伸
先週の日曜日は、かなり久しぶりに…実家のある千葉県回転寿司やまと に行ってきました。
回転寿司 活あじ活あじ 全体像
写真写りが悪く、微妙な感じですが・・ココの 活あじは絶品ですので、是非!(^^)

少し反省、そして・・前向きに
どうもです。 一昨日 運よく書類審査をパスできましたので・・平穏な日々が到来しました。(*^^)v
しかしながら・・ここんとこ、非常に多忙だった関係で、新成虫の管理を かなり疎かにしてしまい、
60頭近い新成虫の後食気付く事ができずに・・乾燥死 及び 餓死 させてしまいました。(泣)
これは、クワカブの飼育下では・・最もいけない事ですね。 非常に落ち込むべき事なのですが・・
それ以上に、反省しました。 とりあへず、里子を除き大宮までは…禁増種 する事に決めました。
さて、そんな中・・青きお方から里子で頂いた ロンボックエンシスの採卵セットを組んでみました。
ロンボックエンシス ♂ロンボックエンシス ♀
数日前の誰かさんのブログ内でも・・タイミング良く 本種ロンボックのセットが組まれていたので、
そのセット内容を参考に…我が家でも 色々と考えながら、本種のセットを組みました。(*^^)v
ネブト用 採卵セット
「ケース」…小  「材」…なし 「マット」…ブナ系 「環境」…水分 普通 24度。
成虫を、見る限り 材には産みそうにない雰囲気を醸していたので、マット産みを意識してみました。
なお、今回のセットで使用した産卵マットは・・年末辺りに 中野の専門店にて無料配布された、
ブナマット という、黒枯れ系の新発売マットを使用してみる事にした。 そこの店員曰く
「これは・・ノコやミヤマ等の産卵かなり効果的で・・ネブトにも使えるよ!」と言う事なので・・
私的に、かなり優秀なマットだと感じたので・・これでセットしてみました。 どうか産んでください。(汗)

追伸
昨年の6月に…運よく、人生初となる樹液採集に成功した 東京産ヒラタが羽化してきました。(^^♪
本土ヒラタ 新成虫♂ 小型
安全第一の飼育でしたので、40ミリ前後ですが・・関東ヒラタの特徴が出ていて、イイ感じです。
この次世代では・・ぜひとも60ミリ以上の♂個体を、羽化させたいですね。(*^^)v

コロンブスの卵ですな
昨日は・・色々と疲れていたので、ブログ更新する事無く 速攻で寝落ちしてしまいました。(^_^;)
明日12月12日は、東京の中部にある とある公民館で、ジャグの夜間公演をやりますので、
おそらく、今回が今年のラスト公演になると思うので・・成功するように、頑張っていきます!(*^^)v

さて、先月のフェアにて さる青いお方より頂いた 原始的なムシ動きが活発になってきたので、
少々早いですが、雌雄を同居させました。と言うわけで、本日の話題は・・ロンボックエンシスです。
ロンボックエンシス ♂ロンボックエンシス ♀
左側が♂個体右側が♀個体となります。 通常の撮影では・・♂♀の判別は困難ですね。(汗)
ところが、さる青いお方が、大アゴのアップ写真を撮っていた際に…偶然発見した という、
本種ロンボックエンシスにおける、簡単に雌雄判別ができる、魔法のような判別方法があるようです。
ロンボックエンシス ♂の頭楯アップロンボックエンシス ♀の頭楯アップ
とりあへず、自分も・・本種の大アゴのアップ写真を、頑張って撮ってみました。(*^^)v
上の写真をクリックして 更によく見てみると、小型種好きの方なら直ぐに分かると思いますが・・・
♂の頭楯がM字型(左)になるに対して、♀の頭楯は平らの台形型(右)になりますね!(^^♪

こういうのは・・正解を言えば、「な~んだ」と、あっけなく思うような事が多いのですが・・
こういった事に、最初に気付く方は・・本当に凄いですね! まさに、コロンブスの卵です。(^^♪
ロンボックエンシス ♂
本種ロンボックは、今年の春頃に国内に初入荷したばかりの まだまだ新しい種ですので、
どの位で交尾や産卵が可能になるのか・・全く分かりませんが、地道に頑張って生きたいですね!
とりあへず、材産み種とは思えないような体型ですので、マット産み主体のセットで行こうと思う。

追伸
数日前より、自分達 兄弟で頼んでおいた 新しいジャグリング道具が到着しました。(^^♪
新しいジャグリング道具
どんな趣味でも、同じだと思いますが・・こういった専門道具って 本当に高いですね。(汗)
今まで使用していた道具が、一昨日の練習中に大破してしまったので、急遽 買い直しましたが・・
写真で写っている物だけで、約3万円前後という 痛い出費となりました。 と ほ ほ 。(^_^;)
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。