初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野外の大当たり♀でした
先週辺りに…同期から鬼ふりされた、やっかいな課題が たった今 終りました。(号泣;)
あと残っているのノルマは、執筆作業と 来週の土曜にある検定試験対策だけですな。(^_^;)
ほんと、上記のノルマさえ終ってしまえば・・私情の方が落ち着き、昆虫関係では・・・
本土ネブトの材採集×2回。 昆虫フェア×2回。 樹液採集の下見。プチオフ会 といった、
非常に楽しみなイベントが、沢山有るので・・・もうひと頑張りと言う感じです。(*^^)v
さて、本日は…昨年末にセットした、スマトラ産のアクミナートゥスネブトの割り出しを行いました。
アクミナートゥスネブト 小型♂アクミナートゥスネブト ♀(たぶん)
本種アクミナートゥスは、半年振りとなる野外♀からの採卵だったので、失敗覚悟の挑戦でしたが・・・
どうも、当たり♀だったみたいで、3週間ほど前からカップの壁面に幼虫が見えました。(*^^)v
そして、本日…壁面で確認できる限り、ほぼ2令に成長していたので、割り出してみました。
アクミナートゥスネブト 2令
気になる採卵結果は・・2令 20頭 1令 14頭 の 計34頭という 結果でした。
どんな種であっても…野外ネブトは9割産まないので、産卵するだけでも嬉しい事なのですが・・・
野外ネブトの1♀セットで 30頭を超えたのは・・今回のセットが初めてだったので、
冗談抜きで、本当に驚きました。 この野外♀は…かなりの大当たり♀ だったようです。(笑)
ちなみに、産卵に成功したのは・・セット後 直ぐにマット内に潜った♀(左下)のみで・・・
同様にセットしても・・マットに潜らなかった♀(右下)からは・・全く採卵できませんでした。(^_^;)
アクミナートゥスネブト ♀(たぶん)アクミナートゥスネブト ♀(たぶん) その2
今回の挑戦は…今までのネブト経験を活かして、幾つかの在庫から・・産みそうな野外♀を選び
2ペアのみ購入して、別々にセットしていたのですが、結果がまるで違いました。(^_^;)
とりあへず、手元に20頭ほど残して・・残りの10頭前後の幼虫たちは…里子する予定です。(笑)

追伸
誰かさんのブログで、ヒメヒラタ登場していたので、我が家でもサルベージしました。(^^♪
ヒメヒラタ 小型♂ ヒメヒラタ サルベージ
やっぱり、カワイイですね! 本種ヒメヒラタは…世界最小のヒラタクワガタ(17ミリ)なので、
あまりにも小さすぎて・・全く人気がありませんが、我が家ではメイン飼育種です!
ちなみに、上の写真だけで…どこの産地なのか? 直ぐに分かる方は…3人位かな?(爆)
スポンサーサイト

4ヶ月ぶりの挑戦です
昨日の飼育記事に引き続き、今日の飼育記事も・・ネブト関連の話題になります。(^^♪
さて、本日の記事は・・本来、違う種類のネブトの予定でしたが…中野の専門店にて・・・
野外品の本種久しぶりに購入したので、本日の話題は、普通種のアクミナートゥスネブトです。
アクミナートゥスネブト 小型♂アクミナートゥスネブト ♀(たぶん)
本種アクミナートゥス現在5亜種に分かれていて、店頭などで最もよく見かけるのが、
ジャワ島等に生息する本種のジャワ亜種の方なのですが、今回 自分が入手したのは・・・
市場で見かけることが 意外と少ないスマトラ島産の個体ですので、本種の原名亜種になります。
アクミナートゥスネブト 小型♂
写真の♂は、野外品ならではの大きさ個体ですので、このサイズの成虫だと お世辞にも・・・
カッコいいネブトとは思いませんが・・・本種は最大40ミリを超える外産ネブトですので、
外産ネブトの中でも 本種は・・比較的大型の部類になる外産ネブトだと、思われます。(^^♪
また 本種は、その亜種により大アゴの形状がだいぶ異なるので・・意外とコレクション性が高く
自身の飼育スペースが無限にあるのであれば・・・ぜひとも、亜種集めを試みたいですね。(笑)
アクミナートゥスネブト ♀(たぶん)アクミナートゥスネブト ♀(たぶん) その2
ただ、今回は・・野外ネブトから採卵ですので、産卵に・・成功するか? 失敗するか? は・・
ほとんどギャンブル状態ですので・・1♀だけではかなり不安でしたので、2ペア購入しました。
今回の2♀たちは見る限り やや前胸の幅が違うもののおそらく同種の♀だと思います。(^_^;)
野外の中型外産ネブト♀は・・結構な高確率別種が紛れ込むので、注意が必要です。)
とりあへず、それぞれの♀たちを、何時もの要領で・・別々にセットを組んでみました。(*^^)v
プリンカップ採卵セット
「ケース」…プリン特大 「材」…なし 「マット」…赤枯れ 「環境」…水分 多め 25度。
前回の記事のところでも、少し書きましたが・・野外のネブト♀は、9割産みませんので、
どうしても・・その種が欲しいのであれば、予算の範囲内で、複数購入をした方がイイです。(汗)
今回は本種の入手時に、今までの経験をフルに生かして、産みそうな♀を選んでみましたが・・・
産むかどうかは・・全くわかりません。 産卵する当たり♀である事を祈ります。 産んでください

追記
上記のセット後、1♀は速攻で・・マット内に潜り産卵坑道らしき物を掘り始めた。(^^♪
もう1♀は・・マット内に全く潜る事無く、採卵セット上を…今もなお、爆走中。(爆)
とりあへず 今回は・・速攻マット内に潜った1♀の方に・・期待をかけておきますね。(*^^)v

追伸
昨日の記事で、紹介したプンクティトラックスネブトで、早くも 産卵が確認できました。(^^♪
プンクティトラックスネブト ♂産卵確認!
とりあへず、休眠する事なく、産卵に専念しているようで・・本当に良かったです。(笑)
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。