初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の魔物かも
先週末に、おそらく今年最後となる 東京 西部のとある公園で、樹液採集をしてきました。
結果は…25ミリ前後のコクワ3頭(3♂)という、非常に寂しい結果でしたが・・・
今年は、東京の色々な公園で、クワカブを樹液採集できるポイントが自己開拓できたので、
来年の5月中旬辺りからの都内の公園における、樹液採集が本当に待ち遠しいです。(*^_^*)

さて前回の、大型ミヤマのブログ更新から・・何ヶ月経過したのか? 全く覚えていませんが・・・
我が家で飼育中の ユダイ&アクベ幼虫達のエサ交換及び、体重測定を行いました。(*^^)v


・ユダイクス トルコ オスマニー産 深山さん系統
ユダイクス幼虫は生き残った3頭の内の1頭が 早くも・・♀として 羽化していました。 
DSC00493.jpgユダイクス 3令
もちろん、言うまでも無く・・♂はやや黄色いものの まだまだ幼虫・・立派な羽化ズレだぁ。。(泣)
さて、婿探しの旅をしなければいけませんね・・ とりあへず、ミー友(ミヤマ仲間)に連絡 連絡と。。

♂ 6g→13g ♂ 14g→18g ♀ 17g→羽化(43ミリ)  であった。(^^♪
残りの幼虫達の体重は、上記の通りで・・見た目よりも かなり軽かったので 少々 がっくり。(^_^;)
とりあへず、ココで幼虫の食べるエサの種類を 急に変えても・・3令幼虫が拒食するだけなので、
大きさ狙いは・・次世代に期待典型的な負けパターン)する事にして、今回も・・
前回と同じ内容の発酵マットで、♂の3令幼虫×2頭を、小ケース単独飼育を続ける事にした。
ユダイは、今回が初飼育なので・・小さくても ♂が羽化するのが本当に楽しみです。(*^^)v


・アクベシアヌス トルコ産 たけろうさん系統
アクベ幼虫は・・彼らの世話をする時間が取れずに…実に、7ヶ月ぶりのご対面であった。(汗)
頂いた時には既に2令だったので、安全に放置するべく ミニケースで単独飼育させていましたが・・・
どうも 放置しすぎてしまったようで・・ミニケース内のマットがもの凄い事になっていました。(^_^;)
結構グロイので 画像公開を控えますが・・ツヤクワに合いそうな感触のマットでしたね。(爆)
アクベシアヌス 3令初期
そのような状態のエサであっても・・全ての幼虫が3令となり、しっかりと 生きておりました。(^_^;)
でも・・栄養価が足りなかった様で、孵化後 1年目ですが・・お粗末な体重になりました。

♂ 2g→16g ♀ 2g→11g ♀ 6g→10g  であった。(^^♪
とりあへず、頂いた時の状態よりは・・確実に、幼虫の体重は倍に増えておりますね。(爆)
この時期にしては、幼虫の体重があまりにも低すぎるので、雌雄判別が微妙な所ですが・・・
おそらく 1♂2♀ という 羽化ズレがなければ・・理想的な割合になりそうです。(^^♪
本種もユダイと同様のマットで、♂を、小ケース単独飼育し、♀を、ミニケース単独飼育にした。
アクベも ユダイと同様に…今回が初飼育なので、成虫が羽化するのが本当に楽しみです。


次の大型ミヤマ関連の更新は・・・来年の5月辺りかな? その時は採集シーズンが到来するので、
来年の5月に ユダイ&アクベの状態を確認するのを、忘れない様に・・本当に注意しなければ。。
スポンサーサイト

何かと 忙しいですね。
この時期は・・本当に忙しいですね。(^_^;) この忙しさも 5月になれば・・少し落ち着くかな?
なかなか、リンク先の皆さんの所への訪問やコメが出来ずに、申し訳ありません。m(__)m
現在、飼育記事の全ては・・土日に3つ程作成し、それを予約投稿によって 分散していますが・・・
最近では・・この分散アップする方法も 辛くなってきました。(^_^;)  がんばれ、自分!ww
さて、余談はともかく 本日は・・久しぶりの大型種 外産ミヤマの飼育記事となります。


・ユダイクス トルコ オスマニー産 深山さん系統
幼虫のエサ交換したのが・・昨年の12月なので、かれこれ 4ヶ月ぶりのご対面となった。
深山さんから 貰った時が・・2令幼虫であった為、一番寒くなる時期(4度)と 幼虫の加齢する時期が
運悪く 重なってしまったのが、仇となったのか・・一番 体重が軽かった♀幼虫が死亡していた。
それ以外の幼虫は・・冬場 9度という、過酷な飼育環境であったが・・元気そうである。(^_^;)
全ての幼虫が3令になっており エサ交換時に、恒例の体重測定をしてみた。 結果は・・・

♂ 4g→6g ♂ 6g→14g ♀ 9g→17g ♀ 3g→昇天  であった。(^^♪
今回は・・今まで使っていた発酵マットで無く、劣化が遅く 幼虫のマット交換が少なくて済む、
グッツさん オリジナルのVNマットを、用いてみる事にした。 なかなか高価なマットであるが・・・
自分のようなズボラ人間にとって・・・このマット交換が一番めんどくさい作業なので、
このマット交換する時期が、少しでも延長されるのであれば・・・比較的 安い出費(?)と考えている。
ちなみに、我が家では ♂は・・小ケース単独。 ♀は・・ミニケース単独で 飼育している。
次のマット交換は・・今年の11月ごろと、予定している。 目指せ、90ミリ!(*^^)v


・アクベシアヌス トルコ産 たけろうさん系統
上記 ユダイ幼虫と 同じ環境に2令幼虫を置いて置いた物の、ユダイよりもアクベの方が、
寒さに強い様で・・全ての個体が生存していて 尚且つ、元気そうであった。
2月のオフ会の時に、本種の幼虫を 貰ったばかりなので、今回 コチラのマット交換は特にせず、
暑さが和らいでくるであろう・・10月頃に、初めてのマット交換をしてみようと思う。
今度のエサ交換時には・・アクベもユダイと同様に・・VNマット&同容器で 飼育していく予定。
なお、貰った時から・・雌雄判別ができなかったので、3頭全てをミニケースで 単独飼育している。


さて、本日は・・当ブログとしては・・珍しく、大型種の飼育内容でした。(*^^)v
飼育種が 小型種のみで、大型種に興味が無いのでは? と思われた方も 居るかもしれませんが・・・
大型種であっても・・自分が大好きな種類は 沢山いますので、ご安心くださいませ。ww
ただ、我が家の飼育スペースは・・用品置き場も含め たった2畳しか 取れないので・・・
スペースを喰う 外産カブトや 60ミリ以上になる種類は、飼育できないのが現状なのです。(^_^;)

タ ○ ム ふ ○ しき が欲しい。
成虫が羽化するまで 何年掛かるか、分からない。 と、表現される 幼虫期間の長い種が、
何処の、どんな ブリーダーさんのお宅でも、必ずや1種は・・・生息しているはずです。
なぜ、こう 断言できるのでしょうか? 答えは簡単です。自分も・・・そう だからです。(^_^;) 
それでは・・本日の話題は、我が家では比較的 珍しい、大型種の飼育記となります。


・ユダイクスミヤマ トルコ オスマニー産 深山さん系統
本当は、昨年12月中旬の話題なので・・少し古い気もするが、お礼をこめて、記事を書きたい。
12月中旬に・・誕生日プレゼントとして、深山さんから頂いた、ユダイクス3令ペア×2。
とりあへず、ミヤマ専用部屋こと、外の物置 は・・飼育スペースが 開いていたので・・
のび のび 且つ、大きく育って欲しかったので、♂を 中ケース ♀を ミニケース にて、
贅沢にも、単独飼育する事にした。 その際に、4頭全ての体重測定もしてみた。 結果は・・・

♂ 4g  ♂ 6g  ♀ 3g  ♀ 9g  という、結果になった。(*^^)v
昨年のユーロミヤマ幼虫と比較して、ユダイクス幼虫は、成長具合が非常に遅く感じられ、
この幼虫達が、成虫へと 羽化するまでは・・おそらく2・3年 は、掛かると思われる。(^_^;)
時間は掛かるが・・エサ交換は4ヶ月に一度なので、手間が掛からず 意外と楽である。ww
なお、カワラ菌糸を扱うのが嫌い なので・・幼虫飼育は 全てマットのみで行う事にした。
次のマット交換は・・4月下旬辺りに予定している。 もちろん、楽しみです。(*^^)v


・アクベシアヌスミヤマ  トルコ産 たけろうさん系統
先日のオフ会で、図々しくも たけろうさんから頂いた、アクベの2令幼虫さんトリオ。
種親が 90ミリ中盤 という 大型系統なので、自分なりに 大型化 を狙ってみたい。(*^^)v
頂いた幼虫は、まだ2令の為、雌雄判別ができなかったので、3頭全てを ミニケースにて、
贅沢にも、単独飼育する事にした。 その際に、3頭全ての体重測定もしてみた。 結果は・・・

不明 2g  不明 3g  ♀ 6g という、結果になった。(*^^)v
今回、一番体重が重かった 幼虫は、薄っすらであるが・・卵巣らしき物 が確認できたので、
体重が重く、やや幼虫の頭幅が大きいが・・おそらく、♀ であると思われる。
この♀と思われる幼虫は・・この、ミニケースという、容器サイズ のままで、飼育継続し、
他の2頭の幼虫は・・・3令になり、雌雄判別 が出来しだい、容器サイズを変更していこうと思う。
ユダイと同様にアクベも・・成虫が羽化するまでに・・おそらく2・3年 は、掛かると思われる。(^_^;)
まぁ、アクベも、ユダイ同様に・・・あまり、手間らしい手間が掛からないので、楽である。
なお、本種も・・カワラ菌糸を扱うのが嫌い なので・・幼虫飼育は 全てマットのみで行う事にした。
次のマット交換は、ユダイと同じ・・4月下旬辺りに予定している。 もちろん、楽しみです。(*^^)v


と言う感じの、我が家の大型種でした。(*^^)v  こう 見ると、我が家に居る大型種の
約8割が、ブリーダーさん からの 里 子 なんですね。  ありがたや ありがたや。m(__)m 
なお、このカテゴリーの次の更新は、今年のゴールデンウィーク 辺りに、成りそうです。
                   ド ○ え も ~ ん
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。