初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一応 目標達成です
外部実習が開始して、早くも1週間が経過しました。 思っていたよりも・・疲れますね(苦笑)
何かをしつつの7時間な立ち仕事は、意外と絶えられますが・・何もしないで、見学の為に
ただ その場に突っ立ってるだけの 7時間の立ち仕事(?)は、精神はもちろんのこと・・
たった3日目で 負担が掛かっていた両膝が死にまして…現在 両膝サポーターを巻きました(笑)
3ヶ月間の実習中は・・毎日が こんな感じなので、健康第一 に地道にやりますね!(^_^;)


さて、本日のブログ記事は・・1年ぶり近くの更新となる ファベールノコギリ飼育のその後です。
(本種の幼虫画像は、その当時も多忙で・・全く撮影していません。 ごめんなさい。(汗))
ファベールノコ 中歯 野外♂ファベールノコ 野外♀
幼虫は、昨年の10月~11月頃に割り出した所、25頭ほどの2令幼虫が得られました。
その後は…ノコギリの幼虫なので、水分多めを意識した 加水済みの発酵マット
全ての幼虫を単独でマット飼育していたものの、この水分を多めにしたマットを使用していると・・

なぜか? 急激に幼虫の死亡率が上がったので、全滅を防ぐべく 幼虫のマット交換を行い
マットの水分量を普通に戻して、ほぼ加水しない状態でマット飼育を行ったところ、
生き残った全ての幼虫何事も無かったように、またすくすくと…育ち始めました。(*^^)v
ファベール幼虫
どうやら本種の幼虫は、そこまで水分量を必要とする種ではないみたいで、あまりにも・・・
水分が多すぎる環境では、マットの劣化によるものか? どうかは よく分かりませんが、
我が家の環境(24度前後)では、水分量をあげると 急激に 幼虫の死亡率が上がりましたので・・

本種の幼虫は、購入したマットの持つ 元々の水分量(カラカラではない)が ベスト

のように、私は 感じました。 そして、生き残った幼虫 18頭は・・
アフリカ産のムシらしく かなり雌雄が偏りまして、今年1月から3月にかけて 17♀が羽化。
そして肝心の♂は、♀の羽化より 3ヶ月遅れまして、今年の5月に1♂が羽化してきました。
ファベールノコ 大歯♂ファベールノコ ♂蛹
上の個体は、今回の飼育で 我が家で羽化した 唯一♂個体です。(*^_^*)
今回は、ファベール幼虫の全滅を防ぐべく、幼虫の成長時期に 急遽マット交換をしたので、
羽化サイズは、全く期待していませんでしたが・・とりあへず 今回の飼育目標だった
大歯型の♂羽化させる事ができました。 いや~ やっぱりカッコイイ種類ですね!(*^^)v
手に乗せる ファベール大歯♂
まぁ 本種は、大歯型でも…小型なノコギリなので、成虫サイズは、この位ですが。。(^_^;)
本種ファベールは アフリカ産のノコギリでは、ベスト3位に入る私の好きな種類ですが・・・
今年は多忙すぎて 産卵材にややうるさい本種を 構って上げられる時間がないので、
我が家では、この代を持ちまして・・撤退する事にしました。(泣) と言うわけで・・
本種の飼育に興味があった リンク先の京四郎さんの所に、既に里子済みです。 お元気で!


追伸
明日6月17日は、東京青山にある小原流会館 にて 東京 青山インセクトカーニバル という
昆虫標本展示即売会12時半より行われますね! 私も…息抜き参加しますので、
当日のフェア会場内で、運よく(小柄で 黒いメガネを掛けて、中型の桐製な標本箱を持参してます)
を 見掛けましたら・・・どうか 遠慮せずに お声の方を 掛けてくださいね。(*^^)v
スポンサーサイト

久しぶりの ユミツノ系
期末テスト終了~ まぁ、1ヵ月後に追試があるので・・喜んでは いられません。(汗)
と言うより、明日も・・特別講義(汗;)だし、明後日からは・・・
神奈川の西部方面(2時間掛かる)まで 外部実習(2週間)しに 朝5時半に電車に乗るなので、
夏休み…何それ美味しいの? という感じの状態なので、夏休みって 感じがしません(苦笑)

でも、来年は・・国家試験なお勉強就職活動も…しなければ ならない身(汗)なので、
来年は、趣味どころでは…無くなる感じですが、今後も息抜き程度に…やっていこうと思います。
さてさて 今日は、久しぶりに・・飼育のお話。 5月末に入手していた ファベールノコギリです。


このファベールは、アフリカなノコギリの中では・・セリコルニス、サバゲについで 好きな種類で、
数年前から 気になってはいたのですが…2~3年前は 入荷数はそこそこあっても・・・
あの レギウス や タランドゥス以上に…当時は 本当に高くて・・全く手が出ませんでした。(苦笑)
ファベールノコ 中歯 野外♂ファベールノコ 野外♀
それが3年経った現在では・・過去の4分の1以下で 買えるほど値段が下がりました。 (^_^;)
今回は・・過去の野外入荷に比べて、2~3ヶ月ほど早く入荷して来た事もあってか?
非常に状態がよかったので、飼育個体に比べてややクセがある野外品でしたが・・即 購入!
丸1日は…野外♀にしっかりとエサを食べさせてから、サバゲと同じ様なセットで次の日組みました。
産卵木埋め込みセット
「ケース」…小 「材」…コナラ M 「マット」…無添加 「環境」…水分 多め 25度。
本種は、材産み種なので・・半年ほど マット内に漬け込んだやや太目の材
横向きに入れて、材の上部分氷山の一角になるまで、何時もの発酵マットで被せてみました。
アフリカのノコは… 一部を除き クセがある種類が多いので・・水分量は気を使います。(汗)

今回は、材を柔らかくするべく 材への水分をやや多めにした分 マットへの水分量を控えて・・・
余計な材の水分を、マットが吸ってくれる様に…少しだけ工夫し 暗所に放置しました。(*^^)v



で、このセットを組んでから2ヵ月後・・無事に、幼虫を確認できました。(*^_^*)
ファベール幼虫 確認です!
他のブログ等 では、なかなか産卵せずに苦戦中(汗) とか 色々と不吉な飼育情報が多いので・・
ウチも…ヤバイかな? と思っていましたが・・・意外と すんなり幼虫が取れたので、
ややクセがある野外個体であっても ファベール♀の状態さえ良ければ・・産卵は簡単でした。
割り出し作業は、材を割り出す作業が 少しメンドウ(笑)なので…しばらく放置です。(^_^;)

とりあへず、何はともあれ 貴重な野外個体からの ファベールの採卵に成功してよかったです。
今回は、少ないマイ予算の関係上・・中歯型での野外ペア購入だったので、
カッコイイ弓角のアゴを持った 立派な大歯型をめざして・・大事に飼育していきます。(*^^)v
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。