初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとした クイズです!
とりあへず、今年度は…残り1日となりましたが・・今日の朝早くから帰省しますので・・
ここで、タイムアップとなりました。(^_^;) とりあへず、エサ交換だけは…意地で終えました。(爆)
ちなみに、Sランク指定中の採卵セットの方は・・ヒメヒラタを除いて全て組み終わり
割り出しは、チチジマのみ終りました。 気になる その結果は・・本当に、言葉に出来ない。(爆)
これに関しては・・ せっかくのイイ機会ですので、ちょっとしたクイズ でもしましょう!(*^^)v 

気になるクイズの内容は・・上記チチジマネブトの産卵数を、正確に当ててみて下さい
えっ、ヒントですか?・・無添加マットを用いてミニケースで組んだ物を、1♀のみ投入しました。(汗)


見事・・今回のチチジマネブトの産卵数を正確に当てられた方には、「お年玉」と称して・・
近頃、滅多に入手できない PNG アセキ産 パプキン新成虫ペア(下記の個体)差し上げます
(大変、申し訳ありませんが・・発送に掛かる送料のみご負担下さいませ。m(__)m)
この兄弟では・・地味ながら渋い色彩が数多く出ていますので・・かなり オススメです。(*^^)v
パプキン アセキ産 新成虫♂ 3パプキン アセキ産 新成虫♀ 1
我こそは! と思う自信のある方は・・下記のコメント欄今回の産卵数をお書き下さいませ
また、ほとんどないと思いますが・・正解者が多数の場合には・・コチラで、抽選させて頂きます!
なお、誰1人として、正解者が居ない場合には・・一番近い数を書いた方を、正解と致します。
この ちょっとしたクイズの締め切りは・・次回の更新予定(1月4日)まで とさせて頂きます。(^^♪ 

今年2月に、開設した当初は・・毎日更新しても たった2人しか来ない 寂しいブログでしたが、
今では、本当に沢山の方に遊びに来て頂けるようになり、お陰さまでいつの間にか・・・
9000ヒットを達成 していました。 いつも見に来て頂き、本当に有難うございます。(*^^)v

それでは・・少し早いのですが・・皆さま、良いお年をお迎え下さいませ。m(__)m

追伸
帰省中は…ネット環境がないので、ご訪問及び コメ返しが出来ませんので、ご了承下さいませ。(汗)
スポンサーサイト

クリスマスのクワガタ採集
とりあへず、昨日・・採集好きの友人と一緒に行った クリスマス採集の詳細を書きますね。(*^^)v 
で、結論から言うと・・今回の採集では…ネブトは採集できませんでした。(爆)
まぁ、関東ネブトは、オオクワ並みの貴重種ですので、行けば採集出来るものではありません。
それでは、ボウズでしたが・・色々と面白い採集でしたので、簡潔に書いて行きますね!

東京都 西部 某山 12月24日 晴れ
友人と午前7時半頃に待ち合わせをしていた 都内の駅に集合して・・電車に振られること、
約2時間半ほどで・・今回の採集地近くと言っても、4キロ 離れている)の駅に到着!
早速、目の前に ヨサゲな山があるものの、斜面が急すぎて、とても登れる気がしない。(汗)
仕方が無いので、お店に寄って 付近の地図を購入し・・登山道の入り口を探す事にした。
(ほんと、今回の様に・・始めて行く採集場所では、地図は必須ですね少し反省。(^_^;))
地図によると どうやら、今居る地点と反対側に登山道があるようなので・・反対側に向かう事にした。
そして30分ほどで、反対側の登山道に到着し、地道に山道を登っていく事に。(*^^)v
東京のとある山道
早速 登山している途中で、なかなか良い材を見つけたので、割ってみるものの・・ネブトはおろか、
外道の虫ですら、あまり居ない有様で・・見た目以上に、ムシが居ないように感じた。(^_^;)
とりあへず、現在居る場所の標高80メートル前後の低地なので、もう少し標高を挙げる事に。
やや辛い斜面を登りつつ、1時間後・・標高150メートル前後に到着した。(^_^;)
そして、山道からそれほど離れていない所で、久々に…ヨサゲな材があったので、割ってみる事に。
材採集の愉快な仲間たち(シロアリ、ムカデ、コウガイビル、コメツキ)等も出てきましたが・・
ようやく、クワガタの幼虫、成虫が登場しました。 といっても・・ネブトで無くコクワです。(爆)
材採集した コクワ ♂材採集した コクワ 幼虫と♀
恥ずかしながら・・このコクワ達に出会うまでに 登山開始から2時間ほど掛かりました。
探し方が下手だからかも しれませんが・・この場所には、良い材がほぼありません。(^_^;)
もし、あったとしても・・人間が入って行けない位 急な崖の下にあるのでしょうね。(笑)
東京のとある山道 崖に注意
上の写真はコクワが出てきた場所の光景です。 真ん中の黒い部分は…やぶで無くがけです。
写真だけで見ると・・大した事がないように感じますが、ココの崖は かなり急です。(^_^;)
この時、自分達が居た崖の上部分の場所が、まるで…ネズミ返しみたいな構造になっており、
もし、このがけ下に落ちたら・・この時 居た場所まで、登って来られないかと。 というより・・
このがけ下は、ヨサゲな材と共にに、鋭い岩がゴロゴロしているので・・たぶん、死にます。(汗)
こんな感じの場所だったので、良い材を求めて・・標高を挙げて、地道に登っていきましたが・・
1時間半後・・かなり、あっけなくこの山の頂上付近に 到着してしまいました。(爆)
東京のとある山道の頂上
頂上付近の樹木環境は・・見渡す限りスギ林材を割る気力が、一気に削がれます。(^_^;)
この時点で・・12時半を少し回った所でしたので、まだ余裕で次の峠を目指そうと思いましたが、
次の峠までは、急な斜面と崖が多く軽く2時間ほど掛かる事が 地図から判明したので、
このまま進むと、現在地に戻る頃には…確実に日没になるので、素直に諦めました。(笑)

かなり 情けなく感じますが・・夜間の装備はしていないので、無理はできませんでした。
というわけで、来た登山道と、少しコースを換えて・・下山し始めました。(^_^;)
その途中の山道には、行きのコースと違い、ヨサゲな材は全く見つかりませんでした。(^_^;)
そして・・3時間ほどかけて、入山時と違う場所からの下山に成功して、7キロ先の駅を目指します。
(後から、知ったことだが・・帰りの駅は、ココに来た時の駅の 1駅先の駅だったようです。(爆))
ただ、このまま帰るのもアレなので、近くに温泉がある との事なので、そこに行く事にしました。
行く途中で、おもろすぎるエピソード満載でしたが・・現地ネタになってしまうので、自重。(爆)
ココの温泉は・・かなりイイ所でした。少し遠いですが・・また行ってみたい温泉ですね。(^^♪
東京産 ゆず
ついでに、安かったので・・お土産がてらに、ここ現地で収穫された、ゆずを購入
冬至はすっかり過ぎていますが・・少し遅れて、昨晩 我が家の湯船に浮かべました。(^^♪


と言う感じで・・自分の人生となる、クリスマスの採集は・・何ごともなく終了しました。(*^^)v
今回の目的である 東京産ネブトは死骸すら見つからないボウズ採集となりましたが・・・
自然を相手にしているので、これが普通だと思っているので、全然気にしておりません。(笑)
それに・・コクワとはいえ クワガタが材採集でき、イイ温泉にも入る事ができて良かったです。
最後に、自分に…色々と付き合ってくれた友人に、感謝して・・この採集記(?)を終了します。
友人こと・・深山さん、あんな寒い中・・本当に、お疲れ様でした。(*^^)v

3系統になりました
今日は、寒い中・・今年最後のジャグリングの練習会でしたので、これに参加してきました。(*^^)v
この時期におけるジャグ練は・・本当に修行かもしれませんね。 とにかく寒すぎです。(爆)
挙句の果てに・・「何時もより、何かすべるなぁ~」 と思い、ふいに手の方を見てみると・・・
寒さと乾燥化(?)により、両指付け根の至る所から流血し、愛用のジャグ道具が赤く染まったりして、
今日は、通常のジャグ練よりも…色々な意味で大変でしたが・・・こうした寒い日のジャグ練は、
今までの経験上・・春先からの新技の会得出来る技の安定度結びつく事が多いので、
外が寒いから と言って、練習を怠る事なく・・自主練も気ままに続けて、行きたいと思います。(^^♪

さて、本日の話題は・・自分の周りで「赤い彗星」という愛称で呼ばれる、エラフスミヤマです。
現在の我が家では・・個体数が少ないながらも…3系統のエラフス君を飼育しております。(*^^)v


・エラフスミヤマ USA ミズリー州 セントルイス産 たけろうさん系統
エラフスミヤマ 3令 ♀
コチラは・・今年の8月下旬頃に、たけろうさんから頂いたエラフス幼虫です。(^^♪
当初は3頭で頂きましたが・・先々月に起こった 例の事故により、2頭が死亡して・・
現在 この系統は、1頭のみとなりました。 不注意で死亡させてしまい、すいません。(――;)
生き残った幼虫を見る限り、卵巣が見えるので・・おそらく♀になると思われる。
とりあへず、この系統は♀幼虫のみですが・・大切に飼育していきたいです。(*^^)v


・エラフスミヤマ USA ミズリー州 セントルイス産 たけろうさん系統
エラフスミヤマ 3令 ♀ その2
コチラは・・少し前に、たけろうさんから、追加幼虫として頂いたエラフス幼虫です。(^^♪
最初に頂いた幼虫たちとは・・別系統だそうなので、こちらの飼育下でも別管理する事にした。
最初の系統とは…2ヶ月遅れて孵化している事もあってか、コチラの成長は遅く感じた
今の所、頂いた4頭が順調に育っているが・・・3頭から 既に卵巣が確認できているので、
残りの1頭(2令)が♂幼虫にならないと、こちらの系統も…絶える可能性がである。(泣)
ほんと、自分とエラフスは、雌雄の相性が悪いのか♀に偏り易く、ほんと不思議です。(^_^;)
とりあへず、雌雄判別が出来ていない最後の2令幼虫が♂幼虫である事を、真剣に願います。(汗;)


・エラフスミヤマ USA ミズリー州 セントルイス産
エラフスミヤマ ♂ 中型エラフスミヤマ ♀
先日の某オクにて、かなりの格安で・・同産地のエラフス新成虫ペアが出品されていたので、
思い切って入札していた所、自分の想定していた金額よりも…かなり安く落札できました。
今回 落札したのは…50ミリの中型♂なので、イマイチ迫力に欠けますが・・このサイズであっても、
可憐さ真っ赤な色彩を有しており、とても綺麗な中型の外産ミヤマだと思います。(^^♪
上記は10月生まれの新成虫ペアなので、後食するまでは・・17度前後で休眠させる事にした。
来期の産卵シーズンには・・たくさんの次世代幼虫が得られる事を、強く望みます。(*^^)v
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。