初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茨城 緑色ヒメマイマイカブリ 採集記
こんばんは。 マイ職業における研修会を 今週末に…丸1日 受けてきました。 (^^)
なにせ、今の職場に…私と同じ職種の方が 独りもいない(笑)ので、新人ながら・・・
同職の先輩から 教わる事ができない環境なので、こうした研修会は 本当に頼もしいです。
いやぁ~良い事を沢山学びました。 明日から…現場で 少しずつ実践していこう!(^^)/

さて、先日の週末は・・現在の職場の新年会こと 親睦会が 東京でありましたが・・
その親睦会が始まるのが 夕方だったので、朝のみ 自由な時間が出来たので、
ココ東京から近くて 行った事がない産地ヒメマイマイカブリとゴミムシの下見をするべく、
緑色ヒメマイマイカブリが採れる事で有名な 茨城県の河川敷に 行ってきました(^^)/


2014年 1月25日 茨城県 某所(晴れ)
この日は、とても暖かい日で・・絶好の採集日和となりました。 本来なら・・・
もっと遠くの採集地に行くべき天気でしたが、この日の午後は職場の新年会の為、
これ以上、遠くに行ってしまうと・・集合時間に間に合わなくなるので、当地となった(汗)
茨城 河川敷 その1
この地域は、先日のミヤママイマイカブリ採集記で 一緒に 遠征採集しに行った
最近 妙に…マイマイカブリに熱い(笑)tsuyo25さんが1週間前に単独で訪れた地域です。
あの時 彼は・・初見かつ 初めての単独ながら 短い時間で 3頭のヒメマイマイカブリを
採集してきたので、私も…それ位の 個体数が得られれば良いかな? の気持ちでした(笑)
茨城 採集者の爪痕
当地は・・非常に広大で、アカガネオサムシの採集で訪れた 栃木県の湿地帯を思い出します(^^)
しかし、先日訪れたtsuyo25さんも…言っていた通りに…有名ポイントならではの光景で、
立ち枯れが かなり割られていました。 マイマイ狙いか? それとも…クワガタ狙いか?(汗)
上の様な他人が手を付けた所攻めても面白くないので、目の付かなそうな倒木を探していく。
茨城 茂みの倒木
暫く歩いて行くと、ノイバラの茂みで 水分を適度に含んだ小さな倒木発見!(^^)/
直ぐ側の大きな倒木は、既に割られていたので…どうやら、この小さな倒木は・・
ノイバラの茂みに隠れていて 他人には見つからなかったみたいです。 手で崩していく。
アオゴミムシ 集団越冬隊
何時もお馴染みのアオゴミムシマンションが出現。 これは・・イイ感じだな。
そう思いながら・・丁寧に この材を攻めていくと、何時もの青いヒメマイマイカブリが出てきた。
茨城 ヒメマイマイカブリ
よく行く東京の河川敷産 と比べると・・この地域のヒメマイマイは より青みが強いように感じた。
この個体は…初産地かつ、とても綺麗な個体だったので・・あまり迷うことなく 持ち帰る。
この倒木をひっくり返してみると・・大きめの 見慣れない黒いオサムシも出てきた(^^)
茨城 クロナガオサムシ
クロナガオサムシ。普通種ながら・・なぜか? 私の行く採集地では、
あまり出てこない種類のオサムシなので、これもお持ち帰り。 意外と大きいのが印象的。
暫く歩き回る物の、コチラの方面には・・良い物件がない感じだった(汗)ので、
タイムリミットまで 残り2時間という事を確認してから・・ポイント移動開始。(^^)/
茨城 大きめの倒木
ポイントを少し移動して、小さな藪を抜けると・・上の良い感じの倒木がありました。
枯れ草が巻き付いているのは…まだ 誰も手を付けていない証拠なので、ウキウキです(笑)
この材も、軽く手で崩せるほど、柔らかかったです。 大量のアオゴミムシと共に・・・
茨城 ヒメマイマイとアオゴミ
綺麗なヒメマイマイカブリを発見! 集団越冬ではありませんが・・
そこそこ大きめの倒木だったので、上のような感じで・・1頭ずつ 計5頭ほど出てきました。
それと同時に…アオゴミムシなマンション内から 見慣れない青いゴミムシが居た。
茨城 チビアオゴミムシ
自己初採集となる チビアオゴミムシ。 美麗種が多い アオゴミムシの仲間で、
Y氏曰く あまり見掛けない ゴミムシらしくとても嬉しいです。 この材から3頭も出てきた。


その後は、時間が許すまで ゴミムシが好みそうな材 を 見つけては弄る を繰り返して・・
大量のアオゴミムシマンションの中に 居候しているゴミムシ(仮名)である、
コホソゴミムシ。オオホソゴミムシ。ヨツボシゴミムシ。クビナガヨツボシゴミムシ。
キンナガゴミムシ。ナガゴミムシの1種。が 出てきたので・・アオゴミムシ以外の全てを 持ち帰る。
茨城 見つけてしまった
今日のタイムリミットまで、残り10分となった 河川敷の帰り道で、
この日一番では? と思われる とても良い倒木運悪く見つけてしまった。。(^^;)
これは、やるしかない。(爆) 帰りのバスが迫っているので 5分だけと決めて採集開始!
茨城 ヒメマイマイとクロナガ
運良く、最後の良材から・・ヒメマイマイカブリクロナガオサムシが 同時に出てくれた。
しかも このクロナガは、♀だったので・・最初に採集した♂と合わせて 成虫ペアが揃った(^^)/
そして、今日の採集してきたヒメマイマイの中で、最も綺麗な個体がこの材から出てきました。
茨城 この緑色は・・茨城 緑色 ヒメマイマイカブリ
残念ながら・・前足のフセツがないB品ですが、この地のヒメマイマイカブリ
稀に出る 緑色系の出現率100頭 に 3頭 と言われる位 希少なので、迷わずに持ち帰る。
時計を見ると、バスの時間まで・・残り4分。材の後始末をして、急いで帰りました(^^;)


その後は、一度 東京の実家に帰って 汚れた衣服から 新しい服へ 着替えをしてから・・
午前中の出来事は、何も無かった(笑)のごとく、17時から職場の親睦会へ参加した。(^^)/
21時に 職場の親睦会が終わり、品川駅まで・・職場の上司を見送ってから、ふと 携帯を見ると・・・
「ミヤママイマイな お土産 いります?」tsuyo25さんからのメールがあった(笑)
ので、二言返事で 直ぐに送信してから、少しばかりムシ話をする為に、彼に会いに行った。
tsuyo25さん とムシトーク
間違いなく 今日のスケジュールは・・若いからこそ なせる業だと、思います。 ええ。(笑)
朝~昼は、採集。 夕方~夜は、職場の親睦会。夜から12時まで、ムシ友との 楽しいむしト~ク。
この次の日は、朝早くから職業の研修会でした(爆)が・・それを忘れる位 楽しい一時でした。(^^)

今日の冒頭でも、書きましたが・・研修会には 忘れずにきちんと参加してきました。 念のため(笑)
tsuyo25さん、栃木なミヤママイマイのお土産・・ありがとうございました。(^^)/
スポンサーサイト

東京 チビゴミムシ採集ツアー
こんばんは。 今月の中で・・最も忙しい仕事の山が やっと終わりました。(^^;)
いやぁ~緊張しすぎて 寿命が何年縮んだことか。。(爆)今週末は お仕事の研修会もあるので、
何とか この研修も…終わらせて、早く山に行きたいところ(笑)です。 さて、先日は・・・
昨年11月より、私が ゴミムシに興味を持つきっかけを作った(引きづり込んだ とも言う w
何時もお世話になっている Y氏と一緒に・・とても馴染み深い 東京のお山河川敷
Y氏からの 貴重なレクチャーを受ける かつ、ゴミムシ採集しに 一緒に行きました(^^)/


2014年 1月 20日 東京都 某所(晴れ)
朝7時に、予め メールにて待ち合わせしていた場所に到着。そして・・
そこで、Y氏の車に乗って 私にとって馴染み深い 東京のお山へ向かう(^^)/
Y氏は…ゴミムシ経験こそ浅いものの その他のムシに関して…50年以上のキャリア
あるので、移動中は・・採集時の服装採集道具など 本当に 色々な事を学びました(^^)
東京の沢登り Y氏と共に
そんなこんなで、何時ものお山に到着。 そして、今日の採集に適した服装に着替えて、
今回の狙いである チビゴミムシを狙って・・藪を漕ぎながら、小さな沢登りを開始(^^)/
足場は、かなり悪いです。(^^;) おまけに…水しぶきで濡れた場所の所々が凍っています
東京のお山 小さな沢 冬期
この沢を登り始めてから…30分ほどで、氏の直感が働いた場所 で腰を下ろす。
チビゴミムシの採集は・・数多くある採集方法の中でも…かなりキツイ部類との事なので、
一体、どれ位キツイのだろう? と、非常に興味しんしんでした(爆) その採集方法とは・・・


沢の側にある 瓦礫を 適度なスピードで 丁寧かつ大胆に40~50センチほど 深く掘り進む。

そして 5ミリ薄黄色のゴミムシが出たら、大当たり! との事でした。(^^;)

こうして文章にすると・・あまりキツく感じないかもしれないけど…実際は、
足場の悪く寒い山中の小さな沢の側で、半分凍った瓦礫をどかして、そこから50センチほど、
中腰スタイルで、丁寧かつ大胆に・・掘り進め 約5ミリのムシを探すので、かなりキツイです(爆)
東京 沢の瓦礫
しかも…狙いの種類は、そこそこ珍しい部類のゴミムシなので、採集出来るかどうかは・・・
氏曰く、半分は…実力。半分は…運。 と言うのだから、う~ん。かなりドM 採集ですな(笑)
そんなこんなで、2人して・・黙々と、目の前にある瓦礫を 無心で掘っていきます。(^^;)
瓦礫を掘る Y氏
もちろん、掘っていて 天井部分の瓦礫が崩れたら・・最初から やり直しです(爆)
これは もう あれですね・・地獄の刑罰(笑) 河原で千個の石を積み立てている感覚だ(笑)
ココを掘り始めてから・・1時間経過。 とりあへず30センチの深さが掘れました。
東京 沢の瓦礫 50センチ
掘っている途中で、大量に出てくる、ダンゴムシ・ムカデに混ざって、時折少し混ざる
小さなシミみたいな白いムシ。 氏曰く、「この白いムシが・・ガロアムシだよ」 との事。
ガロアムシの写真は、この時 私の手がドロドロに汚れていたので、カメラで 撮り忘れました(汗)
人生で初めて見る ガロアムシを 適度の観察しつつ、黙々と掘り進めました。
東京 不明ハネカクシ
50センチほどの深さになったものの 狙いのゴミムシは、全く出てきませんでした(^^;)
この時 唯一出てきた ガロアムシ以外のムシは・・上の不明ハネカクシのみ。
あまり狙って 私が採っていない種類のムシですが…キツイ採集記念(笑)に キープした。
この後、似た箇所を…何回か攻めるものの、足先の血行が より悪くなっただけでした(爆)
東京のお山 小さな沢 冬期
Y氏曰く、この時期のこの場所としては・・例年を比べて 今年は 寒すぎるので、
狙いのゴミムシは…より地中深くにいるから・・今日は 厳しいかも との事で、ポイント移動開始。


車内で お昼を途中はさんでから、午後からは・・何時もの河川敷に行きました。(^^)/
ココは 私がよく行く河川敷の1つですが、何時ものより、上流に位置しているので、
東京 河川敷 上流部
例えヒメマイマイではあっても…初ラベルになるので、湿地性ゴミムシと共に狙っていく(^^)
ココは、より枯れ草とノイバラが多くて・・藪こぎが かなり大変でした。
そんな中・・枯れ草に巻かれた根際のゴミから、何時も通りに ヒメマイマイが登場です。
東京の河川敷 切り株
ただ、何時ものゴミ漁り採集だと 色気もないので、今度は・・樹皮めくりで 採集したい!
そんな思いを抱きながら・・色々と探してみると、上の様な よさげな切り株があった。
少し樹皮を持ってみると、樹皮が水分を含み 適度に柔らかかったので…捲ってみる。
樹皮はがし ヒメマイマイ出現
ぽろっと言う感じで、樹皮ウラから ヒメマイマイが落ちて来ました。 おまけに…2頭も!
実は・・樹皮めくりでの採集経験は、この時が初めてだったので、とても嬉しかったです(^^)
この2頭は、色彩的にも…綺麗かつ 初めくり採集記念 と言う事もあり 持ち帰った。


こうした よさげな樹皮付きの物件は…この場所に まだまだ あれど、
この河川敷ヒメマイマイカブリは ある程度 採集できれば 十分なので…全てスルーしました。
そして 残りの時間は…湿地性ゴミムシ狙いで この河川敷では 数少ない崖を崩していく。
暫くすると…何時ものアオゴミムシに混ざって、一際 輝くゴミムシが出た。(^^)/
東京 ヒメキベリアオゴミムシ
初採集ヒメキベリアオゴミムシ。 普通種かもしれないけど、実に綺麗なゴミムシです。
こうしたアオゴミムシ系 と ヨツボシゴミムシ系は、数多くある ゴミムシの仲間の中では・・・
かなり人気の高いグループの虫みたいで、狙っている虫屋さんも多いみたいです。
その後は、コガシラアオゴミムシフタモンクビナガゴミムシ等が出てきて…今日の採集は 終了


今日の採集は・・Y氏から 色々と学べた上に…初採集のヒメキベリアオゴミムシ や
持っていなかった産地のヒメマイマイカブリが採れたので、当初狙っていた チビゴミムシこそ
全く採れませんでしたが・・それでも、時間を忘れる程 楽しいレクチャー採集となりました。
河川敷の崖を 崩す Y氏
また、時間と行く機会があれば…こうしたレクチャー採集を受けに 一緒に行きたいです。
Y氏・・貴重なお休みを、 私に付き合って下さり 本当にありがとうございましたm(_ _)m
あのお山のチビゴミムシ探索は、キツイけど 楽しい(爆)ので・・また リベンジしに行きます。

千葉 アワカズサオサムシ 採集記
こんばんは。 先日の行った 栃木のプチ遠征の成果を見る限りで・・最近 河川敷に行く事ばかりで、
里山の採集感覚が忘れかけていたので…今回は 河川敷でなく、里山のムシを狙います。
そして、いざ! 里山のムシで…今の時期に 成虫で採集可能な 私の欲しいムシを、
色々と 頭に浮かべてみたところ・・・今 私が居る ココ千葉県のみに生息している
特産亜種である、アワカズサオサムシアカオサムシの2種を狙って見る事にした。(^^)/


2014年 1月 16日 千葉県 某所(晴れ)
この日は、またシフトの関係で お仕事が休みだったので…いつも通り 朝6時半に
私が 今住んでいる千葉県の町よりも、更に…南下して 1時間ちょっとで、目的の町に到着。
本当は…この町よりも…もっと遠くに 上記2種の有名産地があるのですが…
今回は…給料日前(泣)という事もあって・・お金を節約したいので、ガマン・ガマン!(笑)
房総の お山 冬期
目指すは、あの山。 あまり知られていないけど・・あの山こそ アワカズサの基産地です。
なにしろ私は…ルイスオサムシの原名亜種すら 実際に採った経験がない(笑)ので・・・
ルイスオサムシ房総南部亜種 アワカズサオサムシを 確実な個体(基産地)で 見てみたい。
房総のお山への入り口
そんな感じで、少しだけ道に迷い タイムロスしたものの お山へと続く林道を行く(^^)
途中は、舗装道路で…あまり面白くないような光景(汗)が続きましたが・・・
暫く歩くと、未舗装な林道となった。 林道から…少し逸れると、良い物件があった!
房総の崖 その1
まずは、こんな崖を攻めてみる。 私が見る限り、なかなか良さそうな物件だ。(^^)/
ドキドキしながら…鍬を入れる。。うん? 何か いつもと…掘った時の感触が違うぞ。(汗)
まぁ、気のせいだろう? と思って・・掘り進める。 5分後・・ゴミムシが出た。
クビボソゴミムシスジアオゴミムシ
この崖からは、クビボソゴミムシスジアオゴミムシが出てきた 。 両種とも…初採集
ココで…30分程やるものの オサムシは…全く出てこなかったう~む なぜだ? (^^;)
やはり、あの変な感触がした崖は・・オサムシには合わないかな? そう思って後にする。
暫く歩いて・・林道を歩いていると、小さいながらも…良い根返りがあった。
房総 狭い 根返り
小さな根返りだけど…狙いの1種。 アカオサよりも…小型なアワカズサの方ならば、
こんな狭い根返りであっても簡単に…潜り込める筈。そう思って、鍬を試しに入れてみる。
こっ、この感触は・・あの茨城で掘り当てた ツクバクロの時と同じく かなりイイぞ!(^^)
間違えなく、これなら居る! そう、思って・・優しく掘っていると・・直ぐに穴が空いた
アワカズサ♀ 発見!
林道を歩き始めて、2時間以上経過して…ようやく アワカズサオサムシが 1頭採れた(^^)/
狙って採れただけでなく・・初採集かつ 基産地での採集なので 余計に嬉しかった
更に…掘り進めると、アワカズサが2頭も…出てきた。 小さな根返りさん・・ありがとう!
アワカズサオサムシ ♀
しかし、喜ぶのは・・まだ早い。残念ながら・・得られた この3個体は、全て♀だ。(^^;)
何としてでも・・♂を見つけないと、帰宅後に…ゲニ抜き作業が出来ないのだ(汗)
そんな事を頭に入れて、必死で良い物件を探すが・・全く見つからないまま頂上に着いてしまった
房総のお山 頂上より
何気に、このお山の頂上から見る景色は・・空気が澄んでいた事もあり 美しかったです
対岸の神奈川県だけでなく、あの伊豆大島も…うっすらと見ることが出来ました。
さてさて・・この山 あまり良い物件がないぞさて、何処で追加採集しようか?(汗)
房総のお山 未舗装道 冬期
色々と考えて見ましたが・・山を登る時降りる時では、見る視点が違うから・・・
今まで見えていなかった物が、見えるようになるかもしれない。 そう思って、
昨日 千葉県で珍しく積もった雪に 気をつけながら、周辺視野をフルにして下山開始。(^^)/
下山し始めてから、40分ほど経った辺りで・・目線を少し上にした時、運良く見つけた!
房総 魅力的な崖
根で巻かれた こんな日陰な崖。(^^) ココは、登る際には…斜面を登っている途中で、
根の部分が 私の背中側にあり、登っている時には・・全く気付かなかったのだ(汗)
この崖の高さは2メートル前後の高さがあるので、側にあった倒木を踏み台代わりにした。
滑りやすい20度の斜面で、倒木に乗ってバランスを取りながらの 掘りは 非常に疲れる。(^^;)
アワカズサオサムシ ♂
でも、苦労しただけあって・・あっという間に、目的のアワカズサの♂も 無事に採集できた。
おまけに…ココは、かなり良い物件だったみたいで…そこそこの個体数が得られた(^^)/
ふと 時計を見ると・・既に3時過ぎ。(汗)アカオサムシは・・今日は 出ないだろう
そう 強く確信したので、 雪で滑らないように・・注意して、そそくさと 急いで帰りました
房総の お山 冬期
今回は、目的の1種ルイスオサムシ房総南部亜種 アワカズサオサムシ
運良く そこそこ採れましたが・・・このアワカズサと ほぼ同所に生息しているであろう。
もう1つの目標 アオオサムシ南房総亜種 アカオサムシの方は、
採集する事が出来ませんでしたので・・本種は シーズン中にベイト採集してみたいです!


さてさて、ごくごく一部の方(変○w)が気になっている であろう クロオサムシ
今回 頑張って採集してきた アワカズサオサムシを 標本で並べて撮影してみました(^^)/
クロオサムシ と アワカズサオサムシ 標本比較
どうですか? この2種類の中型オサムシは・・非常に、よく似ていますよね!(汗)
ココを見ている皆さんは どちらが クロオサムシで、どちらが…
アワカズサオサムシなのか? ゲニを抜かずに…外見を見ただけで、分かりますか?

分かった方は、本当に・・素晴らしい。(爆) へっぽこな私は、写真だと…難しいです(^^;)
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。