初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石垣島 ヤエヤママルバネ採集記 1日目
こんばんは。 つい先日・・左足 甲の部分に・・経験した事がない激痛が走りまして、
整形外科の方に行ったところ、これは‥歩き過ぎ(採集しすぎ笑)による 疲労骨折 もしくは、
関節を痛めたね。。2週間はあまり無理をしないように という診断を頂きましたが、
処方された痛み止めを飲めば、まぁ 何とかなるだろう(爆)と思い 半年前から計画した
この時期限定原生林のワインレッド こと ヤエヤママルバネクワガタを狙って、
人生初のマルバネ採集しに 石垣島へ ムシ友さん3人で 遠征採集しに行ってきました(^^)/


石垣島へ行こう! 2014年 10月24日(晴れ)
ことの始まりは・・昨年12月末のオフ会にまで、さかのぼる。 ムシ友の京四郎さんから・・・
2014年の10月 石垣島へヤエヤママルバネクワガタを 一緒に採りに行きましょうよ! と、
言われたのが、今回の遠征採集しに行くきっかけとなった。 はっきり言って、私は・・・
那覇空港へと向かう 那覇行きの飛行機
猛毒を持つ事で 非常に有名ハブが動き回る 夜の原生林を何時間も徘徊して、
ようやく見る事が出来るマルバネを採集するのは、はっきり言って 正気の沙汰ではない(爆)
と、強く感じていたので・・やや悩みましたが、良い人生経験になるかも?(笑)という
石垣島空港へ向かう石垣島空港
非常にアホな考えで、今回の遠征採集が決まった。。その後、気ままに計画していた時に、
最近は 色々な採集に熱い miwa♂さんが 一緒に行きたい!参加表明したので・・
最終的には、私。京四郎さんmiwa♂さんの計3人で石垣島へ遠征しに行くことになった。
石垣島 どこへ行こうか?
何事なく、命知らずなムシ馬鹿3人(笑)は・・那覇空港で乗り換えて 石垣島空港へと到着(^^)/
この時の私は、マルバネは 採れるかな? という ボーズになる不安よりも・・
何事もなく、無事に帰れるかな? といった 不安の方が 圧倒的に大きかった(笑)
まずは・・せっかく石垣島へ来た事もあり、ご当地グルメで お腹を満たすことにした。


石垣島 名物の八重山そば。 まるでパスタのような麺ですが・・・
素朴な味わいは、本当に美味しかった。 私の ささやかな遠征採集ジンクスとして、
石垣島 八重山そば八重山そば 麺の様子
神社への神頼み(笑)以外に ご当地の食べ物 を取る事で、ムシ運が上がるのだ。
お腹を膨らませ、必要な物資を町で購入した後は・・下見をするべく山へと向かう(^^)/
こんな感じの山。 昼間といえども・・この何処かに 猛毒のハブが居る可能性があるので、
石垣島 昼間の原生林 その1
慎重に 下見をしていく。。 この採集の為に用意した GPSも・・まだ慣れていないせいか?
調子がおかしくなってしまい、他の2人の足を少し止めました。すいません(^^;)
そんな下見中に・・よさげな赤枯れを見つけたので、ネブト居るかも? と思い 軽く割ってみる。
石垣島の赤枯れ材ヤエヤマサソリ 石垣島の原生林にて
狙いのネブトこそ 全く出てこなかったものの、今回のマルバネ採集中に・・
運良く採れたら必ず お持ち帰りしよう! と決めていた ヤエヤマサソリが1発で出た(^^)/
これは・・なかなかイイ出だしだな。 そんな風に思いながら、慎重にタッパーに納める


宿へチェックインする関係上、最も大切な原生林での下見が・・2時間しか取れなかったが、
こればかりは・・仕方が無い。(汗) ダークゾーンだけは、本当に勘弁です。(^^;)
チェックインを済ませ、山に向かう途中で・・お弁当を買って、原生林の車内で頂く。
石垣島 豆腐チャンプル弁当
豆腐チャンプル弁当。 これから・・猛毒のハブが居る 夜の原生林に・・
人生で始めて入る関係上、かなり興奮気味だった(笑)ので、味は 美味しかったはず。
お腹も満たし、色々な装備も・・万全になった事を確認して、いざいざ 夜の原生林へ(^^)/
石垣島 夜の原生林 その1
昼間の下見が 十分出来なかった為、遭難・ハブの恐怖から、この日は 3人一緒に行動した(笑)
それにしても 夜の原生林は・・本当に、すごい。 昼間も同じ所に来ているはずなのに・・・
全く違う原生林に居るようだ。。数多くあるシイの木を ぐるぐる回りながら やる採集なので、
方向感覚が、あっという間に・・無くなります(^^;) あぁ、恐ろしや
そんな採集を始めてから、1時間後。 人一倍、藪を漕いでいた miwa♂さんが声を上げた!

       居たぁ!

そんな声が 目の前の藪から 聞こえた。(汗) どんな発見状況か 見てみたくなり、
声がした方に 早く駆け寄る。。この時、全く 足下を見ていませんでした。。危ない 危ない(笑)
ちょっとした藪を抜けた先にある 1本のシイの木に、そいつは居た。。。
miwa♂さん採集 ヤエヤママルバネ♂
このクワガタムシが 原生林のワインレッド こと、目的のヤエヤママルバネクワガタ です。
人生で始めて見る 野外でのマルバネクワガタは、中歯と言えども‥ものすごく大きく感じた
見つけたmiwa♂さんは、本当にイイ表情をしていた。 いやぁーすごく羨ましい限り。(^^;)


とりあへず、少ないながらも・・この近辺に 目的のマルバネが居る事が分かったので、
私も・・何とか miwa♂さんの成果に続こうと、周辺のシイの木を照らそうと思い・・・
ヘッドライトを動かした時に、目の前に ワインレッドに反射する光目に飛び込んできた
人生初採集 ヤエヤママルバネ♂ 小歯型
この時は、目の前の光景が信じられなかった発見時には‥ 居たぁ! と 声が出た(笑)
かなり小さな♂ですが・・人生初めてマルバネクワガタだったので、本当に 本当に嬉しかった
そして 人生で始めて嗅ぐマルバネクワガタの独特の臭いにも・・かなり感動(^^)


この1頭を採ってから というもの・・頭の片隅にあった ハブの恐怖が 急に消え失せて(笑)しまい、
さらなる マルバネクワガタの追加採集を狙って 2時間。3時間。4時間(笑)と・・
猛毒のハブが居る 暗い原生林内を 3人で気ままに頑張りましたが、全く追加出来ないまま
石垣島 夜の原生林 その2石垣島 原生林にバナトラを設置
同じムシを狙う ライバルも多い事もあってか、深夜12時を回った所で、採集終了(^^;)
宿に帰る前に・・持参したバナトラを原生林内に、しっかりと仕掛けてみた。
宿に戻って、シャワーを浴びて 石垣島限定 と思われるマイナーな飲み物を飲みながら・・
石垣島限定(?)な飲み物人生初のヤエヤママルバネ!
運良く自己採集する事ができた マルバネの♂を手に乗せて、記念撮影。(^^)
私の中で、今回の様な 人生初採集のムシでは サイズ や 採集数 というのは 二の次で、
たった1頭でも‥自力で採る事に 意味がある と思っているので、本当に嬉しい一時だった。


沖縄県 石垣島 遠征採集記 続く (^^)/
スポンサーサイト

遠征採集しに行ってきます 2014年 10月
こんばんは。 さて、1週間前から・・ブログ記事の冒頭で書いていた様に、
遠い離島への遠征採集に、明日(24日)から、2泊3日の日程で 行ってきます(^^)/


2013年3月南大東島から始まった 私における 過去4回の 離島への遠征採集は・・
お互いに・・ 休みを合わせる事の難しさ当地で1番狙いたいムシの違い などから
基本的に 単独(笑)で行きますが・・今回は珍しく 北海道 遠征以来の複数で行きます(^^)
遠征採集時のお供 2014年10月
とりあへず、1番の目的種は・・かの有名な 原生林のワインレッド(ですが・・・
それだけで あの島へ行くのは 非常に勿体ないので・・やれるだけの事は 全部やろう! と思い、
上記の荷物も・・5日ほど前に 発送済みです。 何らかしらの良いムシが採れるとイイな(^^)

何はともあれ、いつも以上に・・体力と気力を使う ドM採集になりそう(なので・・
色々な事に適度に 注意しつつ、滅多にない機会なので・・たくさん 楽しんで行ってきます(^^)/

オニクワガタ セット開始!
こんばんは。 先日あった ★かぶ☆さんプレ企画にて、
私が協賛していた2品を 本日の夕方までに・・全て発送し終えました。(^^)/
明日着の協賛品が 無事に届けば、私のミッション完了です。 無事に届いて下さい。
さて、1週間ほど前になりますが・・先日 ぴんくあいすさんから
新成虫ペアで頂いた オニクワガタの産卵セットを 速攻でセットしてみました(^^)/
オニクワガタ ♂オニクワガタ ♀
オニクワガタ・・懐かしい感じがするな。。 と思って、今みたいに ブログをやる前には、
必ず記録を取っていた飼育ノートを見返してみると・・2004年2月に 飼育していた(爆)。
確か、パイネさん での購入だったかな? 福島県の幼虫採集品の季節外れ羽化 と言うことで・・・
非常に格安だったので、当時は・・本土コクワ と 国産カブトしか ブリード経験がない中、
始めて お金を出して 真剣にブリードに挑戦した 国産の小型マイナー種のクワガタでした。(^^)/

当時は、ミニケースのセットで 運良く20頭前後の幼虫が得られ・・小さいながらも、
その大半を羽化させる事が出来た事が 非常に嬉しかったので、このブリード経験
私を 小型マイナー種好きに・・進むきっかけを 作ったと言っても過言ではないですね(笑)
よーく見ると、オニクワガタの♂は・・独特の大アゴを持っていてカッコイイです(^^)/
マットのみの小ケース 産卵セット
「ケース」…ミニ 「材」…なし 「マット」…無添加 微粒子 「環境」…水分 少量 22度
当時のセット内容は・・古めの産卵木微粒子マットで覆う感じのセットでしたが・・・
今回は オニクワの産卵は 微粒子マットの堅く詰めるだけでも大丈夫だよ! という、
ぴんくあいすさんからの飼育アドバイスを参考に、今回は・・マットのみでセットした(^^)/
オニクワガタ ♂
何分、オニクワは 羽化してから死ぬまでの期間が短く、たった3週間の命なので・・・
1回目の産卵に失敗してしまうと、再セットは寿命的に不可能なので 何とか採れて欲しい所(^^;)
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。