初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤエヤマノコギリ 蛹化開始!
こんばんは。 先日から・・お仕事が終わって 夕ご飯を食べてから、
地元の谷津田ゴミムシの夜間観察しに出かけておりますが、まだ夜間の気温が低く。。
例年よりも あまり活動していない印象強く受けるのですが・・気のせいかな?(^^;)

少なくとも、地元の谷津田で・・最初に繁殖期を迎える ヒメキベリが出ているので・・・
この調子で‥昼間だけで無く 夜間の方も‥気温が上がってきてくれると、嬉しい限りです。

さて、昨年6月に 遠征採集しに行った 西表島で・・・
運良く 自己採集する事ができた ヤエヤマノコギリも、一部の幼虫が蛹化しました(^^)/


昨年6月の西表島で・・産地違いで 運良く1♀ずつ採ることが出来た ヤエヤマノコギリ
久しぶりに様子を見てみたところ、最初に産卵確認できた 野外♀からの幼虫達の一部が・・
早くも蛹になっておりました。(笑) この幼虫は割り出し時から・・やや放置してしまった事もあり。
ヤエヤマノコギリ ♀蛹 カップ越しにて
この産地大型狙いでの飼育は、完全に次世代だな。。と思い、この産地に関しては・・・
全ての幼虫を 430ccで安全飼育していましたが‥こんな小さな容器であっても、
カップ越しから ♂蛹を眺めるに‥中歯♂羽化しそうな感じだった ので、意外にも・・
この系統は、大型になりやすい素質もしかしたら あるのかも? しれませんね。 (^^;)


もう1つの野外♀からの個体は、上記のヤエノコに比べて ケース底で採卵確認できたのが、
やや遅く。 幼虫がまだ小さな内から‥割り出せたこともあって 期待出来る幼虫達は・・・
800ccボトルマット飼育しておりますが、コチラは‥未だに 蛹化する気配がない。(汗)
ヤエヤマノコギリ 3令幼虫 ボトルにて
この幼虫の 体色を見る限りここから・・急激に成長することはない とは思いますが、
少なくとも、前産地の幼虫よりは 大きく育っているので コチラの産地からは・・・
野外でも‥ほぼ見る事がない とてもカッコイイ大歯型羽化するかも? しれません。(^^)
スポンサーサイト

ダイトウヒラタ 蛹化ラッシュ開始!
こんばんは。 宿が もういっぱいです。。と 宿泊を 断られ続ける事・・22 件目。(汗)
ようやくGW中に行く 今季2回目となる 離島への遠征採集の宿が決まりました。
これで、あとは・・事前発送さえ 終われば楽しい遠征採集遂に始まりますね(^^)/

今から、たいぶ楽しみ なのですが・・GW前までに、必ず 終わらさなければ いけない
大切なお仕事が 幾つか残っている ので、出来る限り早めに‥終わらせて行きたい ですね。

さて、今から 3年前の 人生で初めての遠征採集となった 南大東島にて、
運良く 自己採集する事ができた ダイトウヒラタ達蛹化ラッシュが 始まりました(^^)/


今回は、実家の狭い飼育スペースの関係上。 系統維持のために飼育している個体群は、
やや狭くて ちょっと可愛そうでしたが・・430ccカップでの単独飼育。(汗)
それ以外の 最も大切にしている 成虫採集個体からの幼虫達は、800ccボトルにて、
気ままにマット飼育しておりました。(^^)/ どちらの個体群も・・
ダイトウヒラタ ボトル越しの蛹
サイズ以外は、蛹化日などは それほど大きくずれなかった ので、とても嬉しい限り(^^)
唯一 悩みの種としては・・本種は、産みすぎてしまう傾向が強い ので・・・
年々 エサ交換がズボラになってしまい、サイズが伸び悩んでいること 位でしょうか?(笑)
何はともあれ、どちらの個体群も 無事に・・羽化して欲しいモノです。


また、2月のプチオフ会にて。 ムシ友ぴんくあいすさんより、同産地の別系統のペアが・・
我が家に 3年ぶりに里帰りしてきました。(^^) コチラは、昨年12月羽化 との事なので、
もう、そろそろしたら・・産卵セットを組んでいきたい と思います。(^^)/
ダイトウヒラタ 里帰り♂ダイトウヒラタ 里帰り♀
しかし、ダイトウヒラタ1番の特徴である この紅さ を 写真で表現するのは 難しい。
この上で アップした生体写真が、現在の私が持つ へっぽこ写真技術限界ですね。(笑)
最後に‥ぴんくあいすさん わざわざの里帰り個体ありがとうございましたm(_ _)m

ミシマコクワ 遅いエサ交換!
こんばんは。 この時期の天気って、やはり コロコロと 変わるモノ なんですね。(^^;)
昨晩は‥気温こそ良いけれど、私の地元では 雨がぱらついてしまい、両生類観察には・・・
良い天気でしたが・・地元な湿地性ゴミムシ観察には、不向きすぎて‥参りました。(汗)

次に‥晴れる のは、明後日 金曜日なので・・その前後に、今期初
地元での観察が出来れば良いな。。と思います。 お願いだから‥予報が当たって下さい

さて、種こそ 全く違えど‥同じコクワガタ繋がりで‥2年前の7月口永良部島にて、
運良く 自己採集する事が出来た ミシマコクワにおける 最後のエサ交換をやった(^^)/


過去の記事を見る限り 昨年11月後半辺りに‥200ccの菌糸カップ移して以来。
私情お仕事などが 色々と忙しくなってしまい、本来なら・・・
2月中旬にやらなければ‥いけなかった最後のエサ交換を、4月上旬にやりました。(^^;)
ミシマコクワ ズボラ飼育
かなりのズボラ飼育でしたので、ミシマの幼虫達は‥すっかりと成熟しきっていました。(笑)
この成熟した状態で‥新しい菌糸カップに投入するのは、かなり勿体ない気がする のですが・・・
先日あった むし社の春セールで、200cc菌糸カップを 幼虫数だけ買ってしまったので、
ミシマコクワ 今更のエサ交換
せっかくなので・・前蛹だった幼虫以外の 計12頭を、菌糸カップに投入です。(^^)
軽く雌雄判別してみましたが 幾ら3令幼虫とはいえ 1カップ返しのため、幼虫自体が小さく・・・
更に 幼虫が成熟しすぎて(笑)いて・・精巣が余り見えない(汗) ので、よく分かりませんでした。
ミシマコクワ ♂蛹 中歯
このエサ交換時に・・あえて交換しなかった 前蛹な幼虫が、先日 蛹化しました。
小さな幼虫の大きさから、これはかな?当初思っていましたが・・何と、でした(笑)
200ccカップ飼育とはいえ、流石に菌糸を 使っただけに‥意外と 歯型が良いですね(^^)
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。