FC2ブログ
初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当、危なかった。
ブリーダーの皆さんは、クワガタの所属する「属」における 「基準種」の存在を、ご存知ですか?
今回は、一番人気の高い、ドルクス属の基準種である、ユーロオオクワの飼育記です。(*^^)v
ユーロオオ ♂ユーロオオ ♀
たった30ミリ程の本種が、国産オオ・アンテ・ホペイ・オオヒラタ 等のドルクス系の 基準種 と言うと、
かなり、奇妙な印象を受けますが・・実際に本種を飼育し、まじまじと 観察してみると・・・
オオの特徴とも言える、夜行性・交尾は八の字型 ・ 材産み といった、特徴を備えている種です。
以前は、ユーロミヤマのオマケな感覚で、コンスタントに、沢山の野外品の入荷がありましたが・・
現在では、何処の産地のユーロオオでも、ほとんど入荷が無くなってしまった だけでなく、
近縁種…ムシモンと違って、材産み種である事から、あまり 数が増え難いようです。(^_^;)
なので、最近では・・以前と比べて、産地に関係なく、ユーロオオ その物の価格が上がってきました。
なお、本種の飼育は、世間では 簡単と言われていますが・・・自分は、やや 苦手意識があります。
と、ココまでは 皆さんに…少しでも 興味を持って貰うべく、簡単なユーロオオ関係の雑学でした。w


さぁ~て、ココからが 今日の本題で、 我が家における・・ユーロオオの飼育記です。(*^^)v
昨年の8月に、お世話になっている 深山さんから、図々しくも 無償で譲って貰った
今後の入荷がほとんど見込めなそうな・・貴重産地である、ドイツ産のユーロオオ夫妻。 
セット開始から、まるで、タラレギのように・・勢い良く、材から木屑が出ていたので・・
間違いなく、爆産したぁ~ と思い、採卵セットを組んでから、2ヶ月経過したので、
非常に・・ウキウキしながら、採卵セットを暴いてみました。(*^^)v
            材からあふれる 木屑    見事なボウズです。w
結果は、見事までに・・親ムシが休眠してしまったようで、ボウズでした。(^_^;)
寿命が長めのドルクス属のクワガタでは、「サーカーディアンリズム」と言われる機能が
発達している事から、産卵時期以外の産卵は・・非常に困難な事があるのですが。
過去に飼育した チェコ ・ シリア産の個体では・・羽化後 半年で、産卵が確認できていたのですが、
今回、挑戦中のドイツ産は、羽化後7ヶ月経過して、後食・交尾が確認できていて・・
残念な結果に、なってしまったので、 ちょっと・・??? な状態です。w
やはり、ドイツ産は ドイツ人同様に、マイペースなのでしょうか。 ほんと、謎です。(^_^;)
とりあへず、もう暫くして、今年の3月ぐらいになったら・・再セットする予定。 



ところが、この後…非常に不思議な事があって、上の割り出しから・・2週間経過した本日。
本種の割り出し時の木屑から、本種と思わしき、幼虫が1頭だけ、発見されました。
あれ? あの時・・卵らしき白い物体 は、まったくなかったはず なんだけどなぁ・・・
もしかして、他種の割りカスと混ざった?? ほんとこの産地は・・よく分からん。(^_^;)
とりあへず、飼育容器には、「おそらく ユーロオオ」という、飼育ラベルを貼って置きました。
こんな 非常に、曖昧な飼育ラベルに・・・何の価値が あるのでしょうか??(^_^;)
というか・・危うく、ゴミ箱に 捨てかけました。 言うまでもないですが・・・気をつけましょう。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

謎のゲルマン人
こいつもよくわからない虫ですよね~。
楽勝かと思いきや、全然産卵していなくて意外と苦戦します。
ウチでも割りカスから3頭出てきましたよ(笑)
まだ累代が浅いから飼育慣れしていないのか、
単純に個体差なのか……謎な虫です。

全く違う話ですが、
VNオオヒラタケはパリー様にすさまじい効き目があるっぽいことが
たった今、判明致しましたw
他のビンと違い、
全く暴れず、綺麗に居食いで、最大体重と来たもんだ。
試しに一頭、頂いたコバシャ小でブロック一頭飼育ですよ(苦笑)
深山 ぷらね | URL | 2009/02/17/Tue 00:35 [編集]
ティーノさん、こんばんは^^
よく観察してますね^^
さすがです。廃棄しそうになった材の破片から幼虫が見つかる。
結構あるんですよね。怖くて材も捨てられなくなってしまいます。
ユーロオオって材産みなんですか。。。
ムシモンはマットだけで全然産みますから楽チンです。
ハッセ | URL | 2009/02/17/Tue 01:39 [編集]
おは^^
丁度今、ムシモンをセット中だったので、ムシモンと似ていると思って記事をみていましたが、材産みなんですね~。これは大きな違いですよね♪
なかなかクセのある虫なんですね~。
今後に期待です。
エビネ | URL | 2009/02/17/Tue 05:32 [編集]
深山 ぷらねさん こんにちは。
わざわざ、こちらの飼育ブログの方まで・・コメント、ありがとうございます。
あちらの方では・・何時も、お世話になっております。 今後とも宜しくです。(*^^)v

ほんと、ムシモンと違い、ユーロオオは かなり気を使うムシですよね。(^_^;)
材産み種なので、その時に使用した材の素質で、産卵結果が変わりますね。
しかも、運よく幼虫が取れたとしても・・幼虫自身の好き嫌いが激しいようで・・
下手したら・・マット飼育を実行しても、全滅と言う事が、ありえそうです。(^_^;)
あと、そちらでも、割りカスから見つかりましたか・・お互いに 気をつけましょう。w

おぉ・・・使用用途があまりないと、思われていた某店のVNのオオヒラタケに、
そのような効能がありましたか!! それっ、すごい発見ですよ。ww
是非、登録されていない亜種で、某誌のギネスを掻っ攫ってくださいな。(*^^)v
ティーノ | URL | 2009/02/17/Tue 15:51 [編集]
ハッセさん こんにちは。
いえいえ。 生き物を まじまじと観察するのが・・昔から好きな事なので、
それの延長線上に・・・今の累代飼育が成り立っている気がします。(*^^)v

小型材産みのドルクスには・・かなりの高確率で、取りこぼしがありますね。(^_^;)
特に、我が家のユーロオオでは、取りこぼしが良くあるので、通常 2ヶ月間は・・
きちんと、確保しておくんですが・・・今回のように、ボウズと思われた所から、
幼虫が急に、出現した経験は、今までに無かったので、ビックリしました。(^_^;)

ムシモンと違い、ユーロオオは…材産みですね。 両種は非常に、良く似ていますが・・・
あえて 例えるならば、ムシモンは アンテに近く、ユーロオオは コクワに近いです。(*^^)v
ティーノ | URL | 2009/02/17/Tue 16:08 [編集]
エビネさん こんにちは。
本当に、エビネさんは・・早起きですね。 是非、自分も見習いたい物です。(^_^;)
はい。 姿形はムシモンに、非常に良く似ていますが・・・ユーロは材産みですね。
なお 本種は、ユーロオオと言うより、むしろ・・ユーロコクワの雰囲気があります。ww
材産み種であることから、材の好みが結構 うるさいので・・その時に使用した、
材の素質によって、産卵結果がまったく変わってきてしまうので、厄介です。(^_^;)
エビネさんは、ムシモンをセットしましたか・・・種が違えど、お互いに、頑張りましょう。(*^^)v
ティーノ | URL | 2009/02/17/Tue 16:34 [編集]
ドルクスの基準種ってユーロだったんですか。。ミヤマと一緒だw
何気に存在感のある種ですね♪
えりだん | URL | 2009/02/17/Tue 19:48 [編集]
えりだんさん こんばんは。
そうです。 ミヤマと同じ、ドルクス属も ユーロが基準種なんですよ。(^^♪
やはり、学名というか、分類学 その物の基礎を定めたのが、スウェーデン人である、
リンネさんだった事が、非常に 大きく影響していると思われます。
こうして、歴史的背景を考えながら・・飼育すると、色々と面白くなりますね。(*^^)v
ちなみに、 ノコギリ属は…ブッタノコ  ネブト属は…チェリフェルが基準種となります。
ティーノ | URL | 2009/02/17/Tue 21:02 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。