FC2ブログ
初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

まるで・・怪談話ですな。
こんばんは。昨日も・・ほんと、寒かったですね。 早く暖かい春が訪れて欲しいです。(汗)
明日以降は、震災後 初の学校側からの要請により、臨時バイトが行われるみたいなので・・・
少しばかり、自分もお手伝いしに行ってきます。 まぁ、器具類の 整理整頓がですな。(爆)

さて、今日の種類特に書く事がない ので・・かなり簡潔に書いて行きますね!(^^♪
オベススツノヒョウタン ♂オベススツノヒョウタン ♀
少し前までは・・タイ産の本種は、オベススツノヒョウタンクワガタ表記されていましたが、
昨年の12月に発行された 世界のクワガタ新大図鑑の方で、上記 タイ産のオベスス達は・・・
ボルネオ島等のオベススとは、別種である事が分かった為・・シノニムとして消えていた
ラルッソンツノヒョウタンクワガタ へと 種名が変更されたようなので・・我が家でも、
この図鑑の表記に従いまして、今後のタイ産な本種は…「ラルッソン」と 表記する事にします
ラルッソン 割り出しオベスス 取り出し
今回は 小ケースに 細材 1本投入でしたが・・割ると出てくる、オベスス・・いや、ラルッソン
1頭だけだと、カッコよくて カワイイ種類なのですが…沢山の個体を1箇所に集めて、
不全などで 死んだ幼虫や蛹を 成虫の栄養補給がてらに…本種に与えると、それは それは・・・
かなり おぞましい光景が見られるので、軽いトラウマを持ちたい方には…オススメ!(笑)
オベスス 手に乗せる
ちなみに…上記の方法(儀式?)を行うと、本属の産卵数飛躍的に伸びますが・・
それと同時に、飼育容器そのものかなりの悪臭を伴うようになるので、注意が必要です。
今回は、8頭の新成虫を小ケースに投入したところ、4ヵ月後・・40頭の成虫 出 現した。(笑)
彼らのサイクルは、かなり早いですね。 あと 2年前に購入した この子達の祖父個体も・・
未だに生存しているので、寿命の方も・・かなり長いクワガタですね! あぁ~恐ろしや。(汗)


で、 40頭な新成虫回収した翌日に・・色々な所へ里子する為に、個体数を再確認していた所・・・
なぜか? 何頭か足りなかったので…どうも 取り出し忘れた個体何頭か居たみたいなので、
慌てて、取り出し忘れた成虫たち居ると思われる 本種の採卵ケースを見てみると・・・
ミルキーウェイですな!(笑)
なぜか 既に…追加産卵しています!(爆) それも・・すごい数! まるで ミルキーウェイです。
どうやら 取り出し忘れた個体は・・先日 回収していた新成虫の元親だったみたい。(^_^;)
この状態で、割り出すのは 忍びないので 暫くの間は・・このまま 放置する事に…決めました。


追伸
当ブログでは・・登場回数が少ない 中型の外産ミヤマが羽化しておりました。(^^♪
エラフスミヤマ ♂ 大型エラフスミヤマ 手に乗せる
アメリカ産では数少ない クワガタらしい形状をした かっこいいクワガタですね!(*^^)v
残念ながら・・計画停電の影響により、夏場に生かす設備がないので…友人宅へ里子です(泣)
関東地方の状況がある程度 落ち着きましたら・・・必ずや、この種も リベンジしたい。(^_^;)

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

こんにちは♪
ラルッソン殖えてますね~、強烈に。

というかコレ、2年以上生きるクワガタだったんですか!
流石に個体識別していないので知りませんでした。
ぴんくあいす | URL | 2011/03/26/Sat 09:19 [編集]
(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪
兎に角増える種類ですね。
ピンクマウスを与えると産卵数が伸びると聞きました。
共食いは見たい人居るのでしょうか??

エラフスはカッコイイですね!!
なにせ僕のあれこれ事情だと手が出せない種です。
コレを見て計画停電の恐ろしさを知りました。
Chi | URL | 2011/03/26/Sat 12:16 [編集]
オベススじゃなくなったんですね
こんにちわ、うちにもタイ産がいるのですが
ラルッソンツノヒョウタンクワガタといわなければいけないわけですね
うちでは1500ブローで4頭×2で飼育してますけど
実際完全放置です
どうなっているのか見るのが怖い…
Kさん | URL | 2011/03/26/Sat 15:39 [編集]
こんばんは~
ラルッソン、グッズに置いてあって私が目に入れてた種です。生で見た感じかなり愛嬌がありました♪

本種は材とマット両方に産むみたいですね。
飼育もさほど難しくないみたいで。
一度飼育してみたいので購入視野です(笑)
JUN | URL | 2011/03/27/Sun 00:12 [編集]
おはようございます。
本種のようなツノヒョウタンは、ケースにセットして入れておくとどんどん増えますよね。(笑
中野のお店にて入荷していたラルッソンをみて購入しようと思った所、たまたまニシカワネブトも入荷していたので、そちらを買ってしまいました。(爆

その儀式、ちょっと辛いですが、産卵促進には良さそうですね!
我が家でも、ルイスで試してみます。(笑


★Tatsu★ | URL | 2011/03/27/Sun 06:20 [編集]
ティーノさん こんばんは
こちらは飼育継続ですか^^
記事の内容から想像するとかなりおぞましい感じですね(汗
私はトラウマになりたくないので、こう言う種は遠慮したいです。
でも本当に面白い顎をしてますよね。
それよりもサラ~っと流したエラフスミヤマが良い感じじゃないですか!
是非リベンジしてくださいね^^
なおはる | URL | 2011/03/27/Sun 20:06 [編集]
ぴんくあいすさん こんばんは。
返信がおくれてしまい、すいません。(^_^.)
ラルッソンは、我が家の希少種 から 一般種へランクを下げました。(笑)
本種に拘わらず、この属の増え方は・・ネブト以上のように 私的には感じますね。

本種の寿命は、最低でも 2年前後ありますが・・外産な図鑑によれば、
7年生きた という記録もあるだけに、国産オオ位の寿命はありそうな雰囲気です。(笑)
ティーノ | URL | 2011/03/28/Mon 03:30 [編集]
Chiさん こんばんは。
返信が遅れてしまい、すいません。(^_^.)
条件さえ整えてあげれば・・自動累代するほど 本種は・・簡単でよく増えます。
ピンクマウスは、潰してしまった蛹以上に…増殖効果がありそうですが・・・
そこまでやってやる メリットがあまりないので 我が家では…与えておりません。(汗)
あと、悲しいですが、弱った友人や兄妹は、彼らには ご馳走みたい。(^_^.)

エラフスは、中型サイズですが・・ユーロミヤマ並にかっこいいミヤマ ですよね!
外産ミヤマにしては・・それほど 温度管理せずに 飼える様な気がしますが、
好きな種類を目の前で 温度管理できずに 絶やしたくないので 今は我慢します。
もし、飼育できる機会がありましたら・・是非、飼育してみて下さいね。(*^^)v
ティーノ | URL | 2011/03/28/Mon 03:37 [編集]
Kさん こんばんは。
返信がおくれてしまい、すいません。(^_^.)
はい。 昨年の12月から・・タイ産オベススは、ラルッソンへと 名前が変わりました。
なので、本物のオベスス(ボルネオ等)を飼育している人の方が 今では少ないですね。(笑)

おっ、セットを組んで放置しているのですか! たぶん、すごい事になっているかと。。(^_^.)
少なくとも・・20頭前後の成虫たちを 見る覚悟を…常に 持っていて下さいな。(笑)
もし、不発に終ってしまった場合には・・柔かな材を埋め込んで 再セットしてみて下さいね。
ティーノ | URL | 2011/03/28/Mon 03:42 [編集]
JUNさん こんばんは。
返信が遅れてしまい、すいません。(^_^.)
おぉ…グッツにもありましたか! マニアックな生体が多いお店なので 納得です。(笑)
本種ラルッソンは、写真で見る以上に・・実物を手の上に乗せて 見る方が・・・
数倍 カッコよく見えますよね! そして、ちょこちょこ動くのが カワイイです。(*^^)v

本種を 初めとするツノヒョウタン属は、基本的に マット産みなのですが・・・
なぜか? マットのみだと産卵しにくい不思議な傾向がある ので、
本属のクワガタを産卵させるときには、必ずケース内に 柔らかな材を投入するとイイです。
また、ある程度の個体数が居ないと、産卵しないので…最低4頭は…入れて下さい。(汗)
産卵環境さえ合えば・・必ずや成功する 種類ですので、是非 1度飼育してみて下さいな。
ティーノ | URL | 2011/03/28/Mon 03:51 [編集]
★Tatsu★さん こんばんは。
返信が遅れてしまい、すいません。(^_^.)
ツノヒョウタン属は、ケースサイズに比例し 増えていくので…ある意味 怪談です。(笑)
その場合には・・本種で無く ニシカワの方を選ぶ方が正解だと 思います。(*^^)v
本種の場合は 飼育している人も 結構居るので、そんな方から里子すれば…大丈夫ですので。
この特殊な儀式は、死亡させてしまった幼虫や蛹を 有効的にするリサイクルですな。
もし エサを用意しにくいのであれば・・魚肉ソーセージを少しだけ切って、一部分を・・
ケース内に入れるのも・・アリだと思います。 自身は…試した事がありませんが。。(^_^;)
ティーノ | URL | 2011/03/28/Mon 04:04 [編集]
なおはるさん こんばんは。
返信が遅れてしまい、すいません。(^_^;)
コチラはそれ程 手間らしい手間が掛からないので、一応 継続する方向です。
上記の儀式は、やっても やらなくても・・本属は 普通に飼育できるので、
我が家では、潰してしまった蛹や幼虫が出た時に限って・・特別に与えています。(汗)
小さいですが・・環境の変化にも強く カッコイイので、結構お気に入りな虫です。

ココは、こういった種類に ほとんど目もくれない方多いので・・軽く流しました。(笑)
わざわざの激励、ありがとうございます。 サイズは…60ミリ前後とまずまずでしたが・・・
野外プロポーションを意識して、ミニケースにそれほど栄養価が高くないマットで、
時間を掛けて のびのび単独飼育をさせていましたが・・予想以上に大きくなってくれました。
撤退するのが悲しいですが・・関東内の電力が落ち着きましたら、必ずリベンジしますね!
ティーノ | URL | 2011/03/28/Mon 04:17 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.