初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京 ヒラタ採集 プチ講座
あまり更新する時間が無いので・・本日は 色気なしな記事で すいません(笑)
さて、最近・・検索などで「東京ヒラタ 採集シーズン」 とか 「東京ヒラタ 採集」等で・・
当ブログに検索される方結構多いので・・・そろそろ 本当に採集シーズン開始なのですね!
私も…今から3年前の6月に・・産まれて始めて東京ヒラタ樹液採集した あの日は・・・

今でも、あの日の出来事 が思い出せるほど・・すごく記憶に残っています。(笑)

それ位・・強烈なインパクトを、誇るのが 東京ヒラタ樹液採集だと 私は思います。
なにせ、関東人にとってのヒラタは、近場に居るオオクワ みたいな憧れの存在ですよね?

今回は・・東京周辺本土ヒラタ今年こそ、初採集したい! と・・
強い野望をもった方々向け東京在住なヘッポコによる 東京ヒラタ採集ヒントです。
東京ヒラタ採集の上級者の方々は、ふ~ん で・・済ませていただければ 幸いです。(笑)



その1 東京ヒラタの採集シーズンは 6月からの1ヶ月間。

これは、非常に有名ですね! だいたい梅雨入り前後に・・ひっそりと 出現する感じです。
ちなみに、6月中全てが 東京ヒラタの採集シーズンなのですが・・・
上旬、中旬、下旬で 見るべき場所全然違うのは・・あまり知られていません

上旬は・・ポイントとなる 樹液を出す樹(クヌギ・コナラ・シラカシ)は、もちろんの事。
その近くにある樹液な樹とは無縁(サクラ・杉・松など)の樹も、必ず 全て見てください
東京の緑地 その1東京ヒラタ 野外♂
なぜなら 越冬もしくは 今年羽化した 東京ヒラタが シーズン最初に目指すのは・・・
良い住処(木のウロ)・魅力溢れる♀・良い樹液場3点でして、
これらを捜し求め マメピカな小型♂ が 夜な夜な 種類を問わず色々な樹に 登るからです。
なので この上旬に関しては・・色々な樹のルッキングだけでも 採集できるはずです。

中旬は・・良い住処を見つけ始めているので、色々な樹のルッキングだけでは・・
ほとんど採れなくなります。 なので、ポイントとなる樹のウロからの 掻き出し採集がメインです。
東京の樹なウロ東京 クヌギ
この時、絶対に ウロを破壊してはいけません2度と、ヒラタが採れなくなります(汗)
貴重なヒラタ♀は、この辺りに出現する確率が高いです。 ♂は45ミリ前後が中心です。

下旬は・・ポイントとなる樹液のウロだけでなく、ポイントとなる樹の高い枝先とかに、
いる事が多くなるので、掻き出し棒だけでなく 5メートル以上の長い竿が必須です。
高い所にも。東京ヒラタ 野外♂ 大物 
♂は、喧嘩から来る傷が多くなりますが・・運がイイ55ミリ以上の♂採れるかも?
残念ながら・・この時期の♀は、どの場所でも ほとんど採集できなくなります。(汗)



その2 東京ヒラタの 3大 布石昆虫を探す!

これは、私の経験メモの様な物で・・えっ、そうなの? で軽く済ませて頂ければ 幸いです。
東京ヒラタを採集するに当たって、必ず発見すべき虫が 私的に3種類ほど居ます。

まずは、ヨツボシケシキスイ
ヨツボシケシキスイ ♂
この種が居ない所には、ほとんどクワガタは 居ません。(笑)彼らの樹液の好みは・・・
非常にクワガタに近いようなので、これが居る緑地の樹液には・・クワガタが高確率で居ます

続いて、コクワガタ
コクワ 野外♂ 
説明するまでも無いのですが・・コクワすら厳しい場所での、ヒラタ採集は ほぼ無理です
特に、40ミリを超えるような立派な♂が採集できる 環境がオススメです。

最後に、アオオサムシ
都内緑地の アオオサムシ
これは、すご~く不思議なのですが・・私が東京ヒラタ生息を確認した 緑地環境において、
本種が居ない採集場所は、全くありません。 おそらく彼らが 産卵及び 蛹化するのに・・・
必要となる 豊富な落ち葉が一杯詰まって 湿度が程よく保たれた雑木林がある場所が、
湿った場所温暖な低地気候を好む 東京ヒラタと生息環境が かなり被るから だと思います。



その3 出来る限り湿った 古くからある低地な緑地 を探す

東京ヒラタが好む環境は、そのポイント内でも・・特に湿度が適度にある低地な環境です。
それは、川・用水路・池・沼・湧き水がある場所の近くにある所が 非常に有望です。(*^^)v
さらに…そこが 古くからある緑地樹液を出す樹ウロがあれば、もう勝ったようなものです。
東京の雑木林大きな雑木林
後は 飽きらめずに・・ほぼ毎日のように その1 であげたヒント をシーズン中に行えば・・・
貴方にとって けして忘れる事ができない 採集個体高確率採集できる と思います。


それでは、最後に…今年も東京ヒラタ採集シーズンまで、あと少しとなりましたので、
今季の東京ヒラタの初採集に 燃えている方は・・地道に、頑張って下さいね!
参考までに、上記のヒントを用いて・・この3年間 私は、東京ヒラタを採集してきましたが・・・
東京ヒラタ 採集中東京ヒラタ 野外♀
3年間での 私の採集成果は、20頭(15で 自己採集ギネスは、57ミリです。
なお、私にとっての人生 採集の東京ヒラタは・・東京 中部産18ミリ小さな♀でした。(笑)
この♀から得られた系統は、3年経った現在でも・・F4を目指して 気ままに飼育しています(*^^)v

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

こんばんは。
いよいよシーズンですね。立場上近場しか攻められないのですが、なんとしても初ヒラタ採りたいですね~
次回から採集に行った時には「東京ヒラタな採集ヒント」、意識してみようと思います。
あと、この前の21日に東部の某公園で昼間に44mmの今期初コクワ採集できました(^ω^)
Chalco-soma | URL | 2012/05/23/Wed 23:02 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2012/05/24/Thu 23:25 [編集]
Chalco-soma さん こんばんは。
いよいよ 知る人ぞ知るヒラタの採集シーズン開始の季節となりました。
私が 他種の虫を採集中にも・・ヒラタ狙いの採集者の方に 遭遇しましたが、
今年は 例年より 季節が遅れているみたいで…まだ採集していないみたいです。

おっ、Chalco-soma さんが まだ 採集された経験が ないのであれば・・
是非とも この記事の内容を参考程度にして 気軽に 今年頑張って下さいね。
それまで、購入し飼育するだけでは それほど興味が沸きませんでしたが・・・
ほんと お世辞とかではなく 自己採集して 好きになった虫が 本土ヒラタです(笑)

意外と えっ、こんな所にも? と言う感じで 小さな森にも生息しているので・・・
多からず 少なからずといった具合に…ポイントを抑えれば そこそこ採集できるのが、
7月の山地に行けば 必ず採れるミヤマ等とは また違った魅力を ヒラタは持つと思います。

おぉ・・かの地での44ミリは、かなりヤバいですね。 さすがは…地元民です!(*^^)v
かの地への 出撃の分母数がちがうので・・かの地の採集は 私には難しくて・・・
私は、最大でも 32ミリ前後の大歯型 2頭と19ミリの極小♂で 喜んでいました(笑)
ティーノ | URL | 2012/05/24/Thu 23:58 [編集]
内緒さん こんばんは。
わざわざの激励コメント、ありがとうございます。(*^^)v
いえいえ、とんでもないです。私自身も…生まれ育った環境が 都会すぎて・・
ちょうど 今から3年前までは、ヒラタは勿論 樹液でクワガタを採集した経験すら全くなく、
私にとって始めての樹液採集での 初めての採集個体が なかなか採集できない
東京ヒラタの♀でしたので、採集仲間からは・・色々な意味ですごい と言われました(笑)

東北以北の方にとっては、本土ヒラタは・・物心ついた時から 図鑑の虫ですよね。(汗)
もし、東北以南に来る機会がありましたら、是非とも 本土ヒラタを狙ってみてください。
関東や北陸は、なかなか採集するのが・・厳しいですが それ以外の地域でしたら・・・
コクワと同じか? 少しだけ採りにくい に収まるクワガタですので。。(*^^)v

なんと、そちらでは・・ヨツボシケシキスイの方が レアなのですか!
とても意外です。コチラでは、樹液さえあれば・・簡単に1日で30頭近くは見かけます。
何頭か、標本にて・・送りましょうか? ある経験から雌雄判別可能です(爆)

標本は・・どちらでも構わないので、お好きなスタイルで 宜しくお願い致します。
不器用なのは、私も(笑)なので気にしなくてイイですよ~ ちなみに、
私は定規を使っても 真っ直ぐ線が引けないレベルの不器用さなので 気にしなくて大丈夫(爆)
ティーノ | URL | 2012/05/25/Fri 00:14 [編集]
こんにちは
5月の下旬に52ミリのヒラタをゲットしました
| URL | 2012/06/02/Sat 17:07 [編集]
名無しさん こんばんは。
おぉ、採集されたのが どこの地域なのか? は、この文面からでは分かりませんが・・・
この時期の50ミリアップは 貴重なので、良かったですね! おめでとうございます(*^^)v
次回の採集時には、更に大きい55ミリ以上の大物♂ が採集できると、イイですね。
ティーノ | URL | 2012/06/02/Sat 23:25 [編集]
こんばんわ
鹿児島で採集しました 
6月の初旬で53ミリと35ミリのオスと32ミリのメスゲットです
| URL | 2012/06/03/Sun 19:54 [編集]
名無しさん こんばんは。
鹿児島とは・・ココ関東では あまり聞かれない産地のヒラタですね!(^^♪
有名な佐賀や福岡では・・70ミリを超える個体も、稀に採集できるみたいで・・
九州方面の底力 というか・・強さを感じます。(汗) 関東在住の私にとっては、
本土ヒラタの野外♂で 70ミリは・・もはや 神の領域に近いかもです(笑)

野外♀の32ミリは、なかなかのサイズですね! コチラの野外♀は・・
どんなに 大きい! と思っていても・・28ミリ前後で止まってしまう事が多いです。
もし、ブリードする予定がありましたら・・次世代にも期待できる 種♀ですね(*^^)v
6月初旬に…良いものが採集できているみたいで、これからのシーズンも 頑張って下さい。
ティーノ | URL | 2012/06/03/Sun 20:45 [編集]
こんばんわ
昨日の名無しです
なんと 今日もポイントに行ったら68ミリのオスゲットです

| URL | 2012/06/04/Mon 20:25 [編集]
名無しさん こんばんは。
おぉ~68ミリを採集ですか! 今日は、縁起がよい6月4日(ムシの日)とはいえ、
採集時期 早々に…60ミリの大台を軽々超えて、本当に すごい すごい 凄すぎる。(*^^)v

遂に やりましたね! 本当に おめでとうございます。(*^_^*)
大きくなりやすい九州の個体群であっても…そのサイズは、滅多に採集できないと思うので、
今日は、祝杯ですかね? 何はともあれ、今日は その個体を眺めて 部屋でニヤニヤですな(爆)
ティーノ | URL | 2012/06/04/Mon 23:05 [編集]
東部の某公園
はじめまして。
早速ですが、タイトルの件に関して…
10年以上前、「動物奇想天外」の中で故 仙石正一先生が某公園でライトトラップを仕掛けるという企画がありました。
そこで、蛾などに混じり飛んできたのがなんとヒラタクワガタだったのです。
某公園には水辺が豊富にあり、カワヤナギも生えていることから、ヒラタが生息していてもおかしくはないのですが、仙石先生も驚いていました。
当時はヒラタを飼うことは一般化していなかったので、ワイルドであったことを願うばかりですが、東京東部のヒラタ情報としてお知らせしておきます。

バードサンクチュアリー(立ち入り禁止)のエリアがあやしいです!
ISSEI | URL | 2012/06/06/Wed 13:33 [編集]
こんばんわ
この前名無しです
ポイントに行ったら ネブトの大歯とヒラタ60ミリゲットです
| URL | 2012/06/06/Wed 21:06 [編集]
ISSEIさん はじめまして。
はじめまして、ISSEIさん。 東京な昆虫好きの ティーノと 申します。
こんなマイナーなブログに遊びに来ていただき、ありがとうございます。(*^^)v
貴重な情報、有難うございます。そこは、東部地区では…かなり有名な地域ですよね!

私も…その区の更に北の区に 10年以上住んでいたので、色々と耳にしていましたが・・・
その場所のヒラタは、とある有名な書籍にて 目撃例 や 採集記録があるものの、
あそこに採集しに行った 私と親しい採集友人 や 現地在住の友人に 聞いてみても、
ノコは、何年間に1度採集できるけど…ヒラタに関しては 死骸すら未確認だよ~ と、
感じだったので、私の中では・・プチUMAなクワガタの1つ となっています(爆)

私も5回ほど…その場所を訪れた事がありますが・・コクワ、カブト、ノコギリで・・
やはりヒラタは、確認できませんでした。 23区東部で・・昔とはいえども、
唯一の採集記録がある場所なので、私が生きている間に…必ずリベンジしたいものです。
また、ISSEIさんのお暇な時にでも…是非とも遊びに来てくださいね。お待ちしております。
ティーノ | URL | 2012/06/08/Fri 23:48 [編集]
名無しさん こんばんは。
たびたびの鹿児島な採集報告、ありがとうございます。(*^^)v
おぉ~ 今度は、60ミリのヒラタだけでなく、大歯型のネブトまで採集できましたか!
色々と、凄すぎて・・ありきたりな言葉ですが…おめでとうございます(*^_^*)

なんか 名無しさんの 壮大な採集報告 を こうして聞くたびに、
関東方面の採集が・・おままごとみたい な感じで、体長インフレをおこしますよ(笑)

何はともあれ、すっかりクワカブ な 採集シーズンが到来しているので、
熱中症には 十分に注意して、あと2~3ヶ月間は…地道に楽しんで下さいね。(*^^)v
ティーノ | URL | 2012/06/08/Fri 23:59 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。