初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別展 東京23区内の昆虫たち
こんばんは。1週間前のお話になりますが・・東京港区にある「自然教育園」という所で・・
東京23区内の昆虫たち」という、区内産 限定とした昆虫特別展が開催されていましたので、
クワカブだけでなく、チョウ・トンボ・バッタといった 区内産の昆虫を採集している自分としては、
かなり参考になると思われる特別展でしたので 何とか時間を作って、連休最終日に行きました。
都会の真ん中にある 自然教育園自然教育園 入場制限あり
港区の自然教育園は、目黒駅から歩いて10分ほどの所にある、素晴らしい緑地環境です。
ココは、「大都会に残る 貴重な自然を有する公園」と言うことで 入場制限があり、
公園の全区域で、動植物の持ち出し及び採集一切禁止されております。
とりあへず、入園料300円を払って、目的の特別展と園内の貴重な自然を見る事にしました。


23区産のチョウ標本の展示
自然教育園 チョウ標本 展示1自然教育園 チョウ標本展示2
この辺りの種は、ほぼ採集していますが・・ジャコウアゲハがマイフィールドでは結構難しい。
偶然、現在住んでいる区で・・玄関採集した事がある位なので、その内 狙って採りたいな。

23区産の甲虫標本の展示
自然教育園 甲虫標本 展示1自然教育園 特別展 標本 クワガタ等
地味に…23区のヤマトタマムシとクロカナブンが 未採集です。難しいです(^_^.)
2年前のこの場所で、この箱に入っている ○×区ラベルな東京ヒラタの標本(右上)を見て・・
23区でヒラタが採れたらな~ と思っていた頃を思い出しました。 少し成長したね(笑)

23区産のトンボ標本の展示
自然教育園 トンボ標本 展示1自然教育園 トンボ標本 展示2
この箱に入っている、23区産のマルタンヤンマとカトリヤンマ が非常に羨ましいです(笑)
何とか23区内のマイフィールドで、この2種のヤンマ採集に 早めに成功したい所。
ちなみに、2年前に・・この箱の中にはいない 都内では希少な とあるヤンマを、
23区内にある マイフィールドで採集しているので、地味に優越感があるかも?(爆)

23区産のバッタ関連の標本展示
自然教育園 バッタ類 標本展示自然教育園 色々な昆虫標本 展示
私が小学生だった時には、クワカブ等の甲虫が あまりにも薄い23区東部で育ったので・・・
この辺りの種類の標本は・・本当に、古きよき友人に再会する様な感覚ですね。
当時の大物昆虫 トノサマバッタが あの住宅地の真ん中の原っぱにも・・生息していて、
誰が 一番 大きな大物を捕まえるかで・・競ったりしました。 う~ん懐かしいです(爆)


実は、2年前にも・・似たような企画をやっていたので、前回の企画も私は見に行きましたが・・・
微妙に展示内容が違うので、前回見た人も見てない人も・・楽しめる企画だと思います。
東京23区内の昆虫たち自然教育園 チョウの変化
特に、東京23区内昆虫採集や観察をしている方であれば…必見ですぞ!(笑)
ちなみに 常設展示として 自然教育園内で見られるチョウの標本が展示されていました。
自然教育園 よく見られる種類自然教育園 一時的に見られなくなった種類
ここの展示スペースで 紹介されているチョウの中で、個人的にもっとも驚いたのは・・
ツマグロキチョウミヤマカラスアゲハ の2種が 現在も園内に存在しているという記述でした。
前者ツマグロは、東京都からほぼ絶滅してしまった種類で、本当なら かなりスクープです(爆)
(ただ 本種に関しては、特殊な食草の関係から・・この記録、本当かな??? という感じですけどね。)
後者ミヤマ多摩地区の西部では確実に見る事ができますが・・23区内では奇跡ですね。
自然教育園 絶滅種
また、自然教育園内で絶滅した種類として、スミナガシ ウラゴマダラシジミ がありました。
ココで紹介されている種類の多くは東京全体では・・まだ見る事ができる種類ですが、
残念ながら23区内では ほとんどの地域で・・かなり減少 もしくは 絶滅しています。(^_^;)
世田谷の蝶
少し前に、私は「世田谷の蝶」という 30年ほど前に発行された書籍を入手していますが・・
それらによると 今から80年前の23区西部は、本当に自然の宝庫だったみたいで、
今では 本当に信じられませんが・・杉並区や世田谷区で ミヤマクワガタが採れたみたい(汗)
チョウ関連では・・オオムラサキ、ミヤマセセリ・コツバメ・ヒオドシチョウ が採れたとの事。
自然教育園内のトンボ池自然教育園内の野生たぬき
これら昔の採集記録をみると、「何時まであると思うな 自然環境」と言う感じですね。(汗)
今ある 自然環境は、何時まであるか? 本当に誰にも分からないので、
私は・・今後も、ここ東京23区内の 残された自然環境で得られた色々な種類の昆虫たちを、
どんなに普通種であっても きちんと標本処理して、末永く後世に残していこう と思っています。

写真だけでなく 標本があれば・・その時代その場所に、確実にその種が存在していた
といった 唯一の物的証拠になります。 これに、微力ながら 私も 協力したい のです(*^_^*)

これが 今から10年前に・・私が 昆虫標本の作製を始めた 1番のきっかけ ですね。(苦笑)
そこから、採集飼育も始めました。 最初の7年間は、趣味友が皆無だったので・・・
ほぼ独学でしたが…今では、このライフワークよい趣味友 に出会えて、本当に幸せです(^^♪


追伸
そういえば・・最近、休止中のジャグリングな趣味も…就職活動の面接で アピールできる様に、
地道に、再開させないとね(大汗)マイ目標5クラブ・カスケード と 7個のお手玉 の会得です。
さっき 久々にやったら・・6個のお手玉が全く出来なくなっていたね~完全に 振り出しに戻ったよ(苦笑)
クラブ
なお、ジャグリング関連の記事は・・昆虫以上に ヘッポコすぎるので 書きません。(^_^.)
もし、希望があれば・・基本である 3個のお手玉のやり方ぐらいは、暇な時にアップしてもいいけど・・
昆虫関連の趣味を持っていて、ジャグリングにも興味がある人は、かなり貴重な人材ですな (爆)

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

こんばんは♪
今ある自然環境が、いつまであるか分からない、ってのはホントに同感です。
5年ほど前までは家の前によくカブトが落ちていたのですが、住宅が何軒か建ったと思ったらいきなり翌年から見られなくなってしまったり、空き地が無くなったおかげでトノサマバッタもすっかり姿を消してしまいました。
採集ポイントもどんどん減っていますし、今のうちに標本として遺しておいた方が良いのかも知れませんね。

さいたま市内でも従兄弟が20年以上前にミヤマを捕まえて飼っていたのを、幼少の私が確認していますw
林内が涼しさを保てる様な密度と規模を持った雑木林であれば、標高が低くとも生息は可能なみたいですね。

そういえばその画像の池だと思うんですが、23区内で唯一イモリが生息しているポイントだそうですよ。
採集禁止なのが惜しいっ!
ぴんくあいす | URL | 2012/07/22/Sun 22:20 [編集]
ぴんくあいすさん こんばんは。
コメント返信が やや遅くなりまして、すいません。(^_^.)
ここ数年で・・激的に変わってしまった場所 や 採集禁止になった場所もあるので、
今ある 当たり前に採集できる環境は、2~3年先にも あるとは限らないのが・・・
都市部周辺 の 自然環境なので、本当に…頭が痛い問題だと 思います(汗)

なんと、20数年前には・・あの さいたま市でもミヤマが採集できていたのですね!
ある意味 ほんの最近までのお話だっただけに・・とても残念です(^_^.)
そういえば・・川口市の端っこの方で、友人が小学生だった20年ちょっと前に・・
スジのある小さなクワガタの♂ をたった1度だけ 樹液で発見し採集した事があるみたいです。
その頃から昆虫に詳しかった彼曰く、アレは間違いなく・・ネブト♂だったらしいです。。

あの池、23区では・・数少ない 確実にイモリの生息する池でしたか!(^^♪
この場所は、15年ほど前までは・・都区内で唯一 タガメが生息していた場所だったので、
イモリが居ても可笑しくない環境だな~ と、感じていましたが・・そうだったんですね。
今では、タガメは絶滅してしまいましたが・・現在でも オニヤンマが生息する 23区でも・・
かなり貴重な自然環境が残されているので、何時までも この環境が残される事を願います。
ティーノ | URL | 2012/07/24/Tue 23:54 [編集]
オニヤンマ
こんばんは
オニヤンマは、都内ではかなり貴重な虫なんですね!!
大学時代、都内某所で6年間ほど生活していましたが、
何度か学内で見たことがあります。
また、近所にあった池でもオニヤンマやギンヤンマなどを見ました。
178 | URL | 2012/07/26/Thu 00:01 [編集]
178さん こんばんは。
コメント返信が やや遅くなりまして、すいません。(^_^.)
オニヤンマは、東京でも…23区外に行けば・・自然豊かな 流れのある小川があるので、
それほど出会う事が難しくない種類のトンボなのですが・・・23区内だと、
ある程度 流れのある自然豊かな小川が少ないので 発見できる場所は、かなり貴重ですね。
私が知る限りで、23区内で確実にオニヤンマが発見できる場所は、4箇所前後かな?(汗)

素晴らしい自然環境がある場所で、大学生活を過ごされたみたいで良かったですね。(*^^)v
私も…大学最後の年の 春学期な期末試験と期末試験の間 の1時間を暇つぶし(爆)するべく
大学からほど近い緑地の雑木林にて、人生初の樹液採集を行い、そこで 初採集となった
東京ヒラタの♀ が昼間から採集できた事を、今 鮮明に思い出しました。 今ではF4です。
ティーノ | URL | 2012/07/27/Fri 02:06 [編集]
オニヤンマは
オニヤンマは23区内ではそれほど珍しいものではありませんよ。
個体数は多くないですが、都内のある程度大きな公園(日比谷でも代々木でも上野でも)を一日歩けば7~8月中なら何回か遭遇すると思います。
東京駅の駅前で出会うこともあるみたいですよ。
むしろ十年前よりは増えているのかもしれません。
リョウ | URL | 2012/08/19/Sun 23:15 [編集]
リョウさん こんにちは。
多忙により、コメント返信が かなり遅くなってしまい、すいません。m(__)m
はじめまして、リョウさん。 東京在住の虫好きの「ティーノ」 と申します。

23区内のオニヤンマに関する、貴重な生の生態情報をありがとうございます。
流れがある小川でしか、本種なヤゴの生息を今まで 確認した事がなかったので・・・
本当に、ある程度 自然が残っていないと 居ない種類と私的に 感じていましたが、
「代々木」や「日比谷」といった 環境にもいるのですね! 非常に勉強になりました。

近年は、自然を大切にする運動が 都内でも多く行われているみたいなので・・・
それの影響により、都内のコムラサキと同様に また増えてきているのかもしれませんね。
今年は多忙で、あまりブログ更新する時間が取りにくいのですが・・また、リョウさんの
暇な時がありましたら・・是非とも 遊びに来てくださいませ。 お待ちしております。
ティーノ | URL | 2012/09/02/Sun 12:41 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。