初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟県 粟島 採集記 2日目
新潟県 粟島 採集記 2日目

海上から ぽっこり顔を出した朝日に、たたき起こされ・・朝5時15分に あえなく起床。(汗)
朝7時の朝ご飯まで、朝の散歩こと・・夜間に行かなかった方面を散策してみた。
朝起きは‥3文の徳! と 昔の偉い方は 言っていたが・・残念ながら、
粟島の山々の朝
この日の朝は・・何も発見できませんでした。 世の中、そんなに甘くは無いですね(笑)
民宿で美味しい朝食を食べた後、今日の計画を改めて立ててみた。その結果・・


この時期、アオマイマイの個体数は多いけれど・・スレがない 綺麗な個体は、意外と少ない。
よって、昨日採集した地域のマイマイは・・よく見て 厳選して採る事に決めた!(^^)/
それと同時に・・昨日の場所は、夜でも行ける事が分かったので、昼間は スルーする。

ただし 昨日 採集していない地域で マイマイを見つけたら、状態はどうであれ・・・
その産地における 貴重なマイ記録となるので、必ず1頭は・・標本用に‥採集する。

アワクロオサムシは、採集数が まだ少ないので・・見つけ次第。 採集していく。


こんな感じの ぼのぼの計画で・・本日の 離島採集&粟島観光 がスタートした。(^^)/
早速、村役場に行って 自転車を借りて・・島内一周の採集が始まりました。
粟島の絶景ポイント 
舗装された路上を、すーい すーい 進む自転車は、快適そのものですね。 風も気持ちいい!
ただ、集落から1歩でると、どの道も・・手強い坂道となるので、結構 応えます(汗)
そんな中で、山にさしかかる頃には、色々な場所で 側溝が見られます。
粟島の側溝 その2
ちなみに‥こうした林道内の側溝採集中は、側溝内に枯れ草などがあるので、
枯れ草などのゴミを どけつつの 気ままな採集となりますが・・
この時、側溝内にある 枯れ草などを 絶対に素手で 退けてはいけません。(^^;)
粟島のマムシ
なぜならば、側溝内に居るのは・・小さなムシだけではないからです。 例えば・・
この画像のヘビ、何だか分かりますか? これは、あの有名な毒蛇である マムシ です。
ココ粟島には、マムシが多数生息していて・・私も2日間で 5頭ほど出会いました(汗)



ぐるぐると、島内にある 色々な林道を 自転車で回っているうちに、
民宿の奥さんより教えて頂いた 島を代表する絶景ポイント 八幡鼻展望台 付近に到着。

赤い鳥居をくぐり、斜面に沿った木製の階段を 気ままに登っていくと・・その先に見えてくるのは、
本土では、あまり見る事ができない こんな感じの とても美しい景色でした。
粟島 八幡鼻展望台粟島の絶景ポイント その2
私は数年前、中国に観光しに行ったとき・・観光名所の1つ 万里の長城に行きましたが、
あの時、万里で見たような階段が 永遠に続いているような印象を受けました。ほんと美しいです。
ココからの帰り道、まさか・・これ以上の光景に出会える とは、思っても居ませんでした。


キツイ上り坂を超えて、自転車に乗る者としては嬉しい 坂道を下ろうとした時、
素晴らしい景色が 目の前に 急に現れて・・思わず、「おぉ~!」と、声を出してしまった。(^^;)
粟島 海へと続く坂道
本当に・・見るものが何もない 単なる坂道ですが・・・この景色に、私‥結構 感動しました。
青い海に吸い込まれるような 何も無いこの坂道。 一体 どこまで続くのだろうか?
こんな 風に考えていると・・本当に ワクワク感が とまりません。 まだ まだ 子供ですね(笑)

しかしながら・・この坂道を下っている時に、妙な段差を乗り上げたと同時に・・・
なぜか? ブレーキが効かなくなり、バランスを崩しつつ カーブ手前にあった
ガードレールにぶつかって、自転車と共に大きく転倒して、頭と左手の肘を強く打ち・・
頭は流血を伴う 久々のたんこぶを作り、左肘は 広範囲に及ぶ打ち身を作りました(泣)

余談だけど‥今年の採集は、何かと 死にかけた 冷や汗な事故が 異常までに多くて・・
7月中旬には・・自損事故により、車を林道で横転させて 廃車させた事もあった。(苦笑)
この時は、軽いむち打ちで済んだのが・・不幸中の幸いでした。 私‥悪運だけは強いみたいです。(^^;)



その後、足の痛みをこらえつつ・・ムリしない程度に 採集活動に専念していたところ・・・
とある側溝内で・・今回の遠征で、是非とも 見てみたかった光景を 運良く発見!
なんと、アオマイマイカタツムリ襲って・・マイマイの中に、夢中で 首を入れています(^^)/
カタツムリを襲う アオマイマイ
マイマイカブリ」という 和名の由来になった とも言われている この特異な彼らの生態。
幼い頃、昆虫図鑑のマイマイカブリの紹介ページで 何度も見ましたが・・実際に、この現場を
見たことがある方は、何人居るのかな? 少なくとも私は、産まれて始めて見ました。(汗)
滅多に見られない この貴重な光景に、本当に感動して・・何枚も何枚も 夢中でシャッターをきった。
粟島 漁火温泉
これ以上の探索は 痛みを蓄積するだけで 夜の採集に少なからず影響がでそうだったので、
昼間の探索を早々に切り上げて、港近くにある 温泉に行ってから・・宿へと帰りました。


夕食後・・少しばかり仮眠を取ってから、夜11時に起床して・・準備を整えてから、
昨晩と同じ採集ポイントまで・・昼間の事故で 痛めた足を引きずりつつ、
暗い夜の坂道な林道を、また地道に上りました。 ハッキリ言って・・馬鹿だと思います(笑)
粟島 夜間の林道
でも、この粟島で 夜間採集 出来るのは・・今日しかない! そう考えると・・
足の痛みの事など、すっかり忘れて・・気ままに 暗い山道を独りで登っていました。(爆)
昨晩のポイントに到着すると・・また、昨晩と同じくらいのアオマイマイカブリに、
多数遭遇しましたが・・今晩は、大きくて綺麗な個体のみ を厳選し、採集していきました。
アオマイマイ 生態画像 1アオマイマイ 生態画像 2
また、今晩は 昨晩とは 異なり・・林道を上って行く途中に、上の様に・・
食事中のアオマイマイにも 多数遭遇でき、生態写真も沢山撮れて 嬉しかったです。(^^)/


※ 新潟県 粟島 採集記 最終日へ続く!

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。