初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟県 粟島 採集記 最終目
新潟県 粟島 採集記 最終日

ここ3日間に及ぶ、極度の睡眠不足により 今日は完全に‥朝6時45分起床と、
遠征採集の マイ起床時間としては・・完全に 寝坊気味(笑)
粟島の民宿 居間
やや慌てながら・・急いで身支度を調えて、朝7時から始まる 民宿の朝食を食べに行った。
粟島での最後の朝は、事前予約しておいた 粟島名物 「わっぱ煮」を食べる予定なので、
本当に、楽しみな朝ご飯でした。 暫くすると・・待ちに待った 名物 「わっぱ煮」が運ばれてきた。
粟島 名物 「わっぱ煮」わっぱ煮 の焼け石
わっぱ」という木製の器に、焼いた新鮮な魚・ネギ・味噌・お水を入れて・・
そこに 熱々になるまで 熱した石を入れ、この石熱のみで沸騰させたのが わっぱ煮です。
その お味は・・見た目以上に、塩味が濃くなく 繊細な味で‥とても美味しかったです。(^^)/

もし、粟島にお越しの際には・・この「わっぱ煮」だけは、食べた方が良いかも?
なお、この民宿でのお味噌は・・自家製みたいなので これも 美味しさの秘訣だと思う。


美味しい「わっぱ煮」を堪能した後は・・私の数少ない オサムシ屋ムシ友さんである
YANAさんの為に、生きたまま アオマイマイカブリを持ち帰る必要があったので・・・
生きの良い アオマイマイを何頭か採集するべく
今回 最も数多くのアオマイマイが見られた地域にある 側溝採集を ラスト採集に決めた。
粟島の側溝 その2アオマイマイ 朝にて
この採集ポイントの側溝は、本当にスゴイ!(笑) なにせ、たった30分ほどの探索で、
鮮度抜群な オサムシ屋な彼へのお土産 アオマイマイ生体が5頭ほど採集できてしまう。
このお土産 採集を持って、今回の粟島での昆虫採集を 終了することにした。


最後に・・船が出るまで 1時間半ほど時間があったので、
宿泊した民宿の近くにある 内浦地区の周辺の観光施設を ぶらりと回る事に決めた(^^)/
粟島浦村記念館
上の建物は、粟島浦村記念館。 粟島の歴史を今に伝える 大変貴重な場所である。
昭和の初め頃まで、この島の北部には 野生の馬が生息していたみたいで 驚きました。(汗)
そして、東京から はるばる粟島とはいえ 新潟県 に来たので・・
地味に 食べたかった ご当地物があったので、近くのスーパーで探した所・・運良く発見!
新潟限定の氷菓子 もも太郎氷菓子 もも太郎の断面
それは、この「もも太郎」という新潟県の 3都市のみで生産されている 新潟限定氷菓子
名前は、「もも太郎」だけど、味は・・イチゴ(爆)。 で、気になる そのお味は・・
がりがり君タイプの 氷菓子にしては・・意外と 濃厚な味わい で、とても美味しいです(^^)/
これで、値段は・・60円。 もし、新潟県で見かけたら 皆さん 是非 食べて見て下さい。


そんな感じで、最後の最後まで たっぷりと・・粟島 観光 を楽しんでから・・
帰りの高速船のチケットを購入して、船が出港するまで・・船内で 気ままに待ちました。
暫くすると、行きとは・・比較にならない音が鳴り響きます。 どうやら出港みたいです。
粟島→岩船 高速チケット新潟県 粟島 港
短い滞在期間だったけど・・目的のアオマイマイは、運良く そこそこ採集出来たし・・
観光面においても この粟島は、本土に近いながらも‥のんびりしていて良い島でした。
また、今度来るときは・・ムシ友さんと一緒に行くかもしれません。それ位 本当に楽しかった
さらば、粟島!

さようなら・・粟島! また、上陸する その日まで!(^^)/


※ 新潟県 粟島 採集記 完結

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

ケノーベルからリンクのご案内(2013/09/26 09:17)
佐渡市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]
ケノーベル エージェント 2013/09/26/Thu 09:17
Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。