初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪 ナニワトンボ 散策記 2013年
こんばんは。 先日の土曜日に・・バイトですが、運良く次の就職先が決まりまして、
今年の11月1日から、職場がある千葉県 南部 在住の身 となりました。
最初のうちは…前回の二の舞にならないように・・本気で お仕事を頑張っていきますね!(^^)

さて、次の就職先と勤務日が決まったので 自由に行動できるのも・・終焉かつ、
オサムシ屋の友人と行く予定だった 青森遠征採集 計画も、見事に流れてしまったので・・・
それでは・・と思い、色々と考えたところ、私の一番好きな昆虫である トンボにおいて、

1度 生きている個体を見たい! 自己採集してみたい! と思っていた種類である
赤とんぼの仲間なのに…青い体色を持つ ナニワトンボに会いに・・日帰りで大阪に行ってきました。


2013年 10月29日 大阪府 某所(曇り・小雨)
大阪に 行こう! と、ふと思いついたのは、前回の粟島採集と同じように・・前日のお昼頃(笑)
その前日のうちに・・愛用しているトンボ図鑑の1つ「近畿のトンボ図鑑」に出ていた
愛用中のトンボ図鑑
彼らの生息環境、彼らの生態写真が撮影された 大阪府の とある市名 を しっかり覚えて・・・
その市内で、彼らが居そうな環境文明の利器である 鷹の目を使って調べたところ。
ココ、イイかも? と思えるような ため池が見つかったので、ココに行く事に決めた(^^)/
新大阪駅
寝ぼけ眼をこすりながら・・粟島と同様に 東京駅を朝6時に発車する新幹線に乗り込む。
遠征前夜の私は・・色々とワクワクしてしまうので、全く寝られず今回も徹夜でした(汗)
発車してから2時間半ほどで、ターミナル駅である 新大阪駅 に到着!(^^)/

ここから・・何回か乗り換えを行い、途中の私鉄で逆方面の電車に乗ってしまう(汗) という
ちょっとした アクシデントもありましたが・・新大阪駅に着いてから、2時間後ようやく
今回 行く予定のため池がある 最寄り駅に到着。 ここから・・歩くこと40(爆)で・・・
やっと ため池がある 雑木林で構成された丘陵地帯に到着です。 いやぁ~地味に遠かった(^_^;)
大阪の 丘陵地帯大阪の ため池 その1
こんな舗装された山道を抜けていくと・・江戸時代から存在している 古いため池に到着。
それとほぼ同時に・・天気が崩れ始め、ポツ ポツ冷たい小雨が降ってきました(爆)
こんな遠い所まで来て、そりゃないよ~ と思いながらも・・この池周辺を 散策開始。(^_^;)
2時間ほど、気ままに探しましたが・・ナニワトンボはおろか、他のトンボも全く見掛けません


今日は、諸事情により・・日帰り採集なので、当初は・・このため池 1カ所だけを
訪れる予定でしたが・・このあいにくの天気で このままボーズという結果で終わるならば、
今いる この池から 2キロ先にある 同じような もう1つのため池の方も・・
周辺環境の様子を見に行こう! と、前向きに考えて、気ままに歩き始めました。(^^)/
途中で道に迷ったり(汗)して、少しタイムロスしつつも…1時間ほどで到着
大阪の ため池 その2
こちらの方が、彼らが好む環境が残っている感じでした。 今日は 全く確認できませんが(笑)
先ほどよりも・・天気が少しばかり良くなってきたので、数が少ないながらも・・・
トンボらしき昆虫が ため池の縁を 優雅に飛んできたので・・ムシ網を さっと 一降り。(^^)/
大阪府産 アキアカネ♀
残念ながら・・この時 採集できたのは、ごく普通のアキアカネの♀でした。
今日、ココを訪れた記念に この♀を持って帰ろうとも 思いましたが・・
お腹の先から 今にも・・産卵しそうな感じの雰囲気が出ていたので、リリースしました。
まさか、これが・・今日、採集できた唯一の昆虫 になろうとは。。。(^_^;)


その後・・新大阪駅 方面に戻らなければ いけない時間帯ぎりぎりまで、
この ため池を気ままに探しましたが・・ナニワトンボは、最後まで 全く発見出来ませんでした(笑)
小雨が…少し強くなったところで、採集終了! 完璧なまでの惨敗な結果 でした(^_^;)


今日は、現地に着いた当初から・・天気 気温も…微妙だったけど…
おそらく10月下旬という時期は・・彼らのシーズンには 遅すぎたみたいです。(^_^;)

ただ、今回の大阪 遠征そのものは・・全く意味が無いわけでなく
今回頑張って訪れた この2つのため池は、ナニワトンボ生育環境的には、
とても良い場所だと 強く感じる事ができたので・・来年9月辺りに リベンジしに行きたい!
大阪の展望より、あの有名な山が!
その時には・・日帰りでなく、宿泊をかねて 最初に行った丘陵の展望台から 見えた
あの お山の名前を有する オサムシ カミキリにも・・積極的に アプローチしに行きたいところ(^^)

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。