初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイトウヒラタ 羽化確認!
こんばんは。 GW前半戦が終わり今日の強い雨は・・なかなか凄かったですね。
私のGWは・・暦通りの休みなので、GW後半は…運良く4連休といった所。(^^)
さて 何処へ行こうかな? でも、飛行機や車の移動は・・かなり混みそうなので・・・
おそらく 通常の電車で行ける範囲内(関東圏内)で、日帰り採集しに行きます(^^)/

さて、今日の話題は…オサムシ・ゴミムシ関連以外の 飼育・採集記事は・・・
かなり久しぶりとなる クワガタムシの飼育記事で、自己採集ダイトウヒラタクワガタです。
ダイトウヒラタ 南大東 野外♂ダイトウヒラタ 南大東 野外♀
冬期の掘り採集忘れていた訳ではありません特にやる事がなかっただけです(笑)
実は、律儀に…2ヶ月おきに きっちりと 幼虫のエサ交換をしていたものの・・・
先月の交換時に、早く幼虫が得られていた AB系統10頭全てが前蛹になっていたので、
ダイトウヒラタ 幼虫 前蛹
無事に 羽化してくれよ。(^^)/ と 暖かく見守って(放置とも言うw)いましたが、
1ヶ月ほど経過した 本日。10頭の前蛹達を確認してみると・・・
あろうことか、AB系統の10頭中・・9頭が♂は・・たった1頭のみでした。(^^;)
羽化してきた ダイトウヒラタ♀
とりあへず、本系統における唯一の♀は・・無事に羽化したので、本当に良かったです。
♂の方も…たった1頭のみ♀と同時期に羽化してくれたので、ブリード継続できます(^^)
このAB系統は、我が家で…唯一、南大東島での材割り採集時に 運良く新成虫で採集した
個体からの次世代なので、自己採集したダイトウヒラタの中でも…特に大事に飼育しています
羽化してきた ダイトウヒラタ♂容器ごしのダイトウヒラタ♂
完全なるマット飼育でしたが・・容器越しから見る限り、40ミリ後半は…いったご様子
羽化したこの♂は…体重こそ測っていないものの、幼虫時はやや小さな個体でしたので・・・
この♂個体よりも 幼虫時に大きかった個体が複数居るので、50ミリ超えもいけるかな?
この系統における種♀は、1頭しか居ないので・・絶対に迷いません(苦笑)が、
♂は…複数居るので、ダイトウヒラタらしい特徴強く出た♂を よく選んでから 種♂にします。
容器越しの ダイトウヒラタ蛹
A系統は・・現在 続々と…蛹化中ですが・・AB系統とは違って、♀が多い印象
B系統は…やや遅めにセットした事もあって…ようやく前蛹です。雌雄バランスは…不明
そして、上記の同産地3系統とは…別に1系統ずつしかいない 2つの別産地もセットしました。
産卵木埋め込みセット
「ケース」…小 「材」…コナラ S 「マット」…無添加 「環境」…水分 多め 24度。
この内、1産地は・・何時もお世話になっている国産クワガタが大好きな友人たちにも、
野外幼虫で多数配っているので、例え私が失敗しても…何とかなりそう(笑)なのですが・・・
もう1つの産地に関しては…現地でたった1ペアの幼虫しか割り出せなかった産地なので、
もし、私がブリードに失敗すると、あっけなく絶えてしまいます。(^^;)
これは ほとんど出回らない産地のダイトウヒラタだけに、何とかして産んで欲しいものです。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

こんばんは
♂に偏っちゃいましたか^^
貴重な産地だけに次世代が採れる事を願ってます♪
それにしてもツヤがあって綺麗な種ですね^^
かっつ | URL | 2014/05/01/Thu 01:30 [編集]
どうもです
この記事待ってましたよ(笑)。

まだまだ油断出来なそうですね…。
次の吉報を祈りつつ。
ひよえ | URL | 2014/05/01/Thu 07:59 [編集]
かっつさん こんばんは。^^
同系統同士は・・♂♀の偏りによって、なかなか厳しくなりましたが・・・
異系統の同産地同士であれば、まだ継続できるので…何とかなりそうです(^^;)
我が家は貴重な産地ほど・・思うように 増えてくれないジンクスがあるので、大変です(笑)

ダイトウヒラタは、黒色が多い 国産ヒラタとしては 例外的に…
黒色でなく 紅くなる色ムシなヒラタ というのが とても魅力的ですね。
ティーノ | URL | 2014/05/02/Fri 01:54 [編集]
ひよえ さん こんばんは。^^
最近は、クワカブ以外のマイナーな記事が多くて・・すいません。(^^;)
一応 ダイトウは…ブリード継続出来ておりますが・・本当に油断が出来ません。(汗)
何とか、この世代の新成虫ペア か 次世代幼虫で、
ダイトウヒラタを ひよえさんにお渡しできる位 しっかりと増えてくれると・・・
良いのですが。。とりあへず、ダイトウヒラタの里子は…今暫く お待ち下さいませ(^^)
ティーノ | URL | 2014/05/02/Fri 02:00 [編集]
こんにちは
お久しぶりです。
オオチャイロハナムグリの話で
コメント書かせていただいたものです。

ダイトウヒラタとってもいい色していますね!
うらやましい限りです!

僕もクワガタすきで
国産ノコギリやネブトや
色ムシやちっちゃいのがすきすぎて
ここのブログ、楽しく拝見させていただいております。

僕自身ミナミダイトウヒラタ、何回もチャレンジしているのですが
どうも産んでくれない苦手なクワガタです^^:

貴重の産地のヒラタ、わくわくしてしまいます。
頑張ってください!!
長文失礼いたしました。
しゅんや | URL | 2014/05/09/Fri 13:46 [編集]
しゅんやさん こんばんは。^^
コメント返信が遅くなってしまい、すいません。m(_ _)m
お久しぶりです。訪問及び、コメント・・ありがとうございます。

ダイトウヒラタは、国産ヒラタとしては・・かなり特徴的な色彩を持つ種類で、
海外に生息しているオオヒラタの仲間で、本亜種が一番小さい事も…魅力的ですね。
私は、国産ヒラタにおける離島亜種において、ダイトウが最も好きな種類なので・・・
ちょっと思入れが強すぎて、自己採集しに行ってしまいました(笑)が、
今でも…あの時の遠征は、非常に楽しかった思い出と共に、飼育継続しています。

最近の私は、オサムシ・ゴミムシに夢中で採集しに行っていますが・・・
こうして羽化してくるクワガタを見ていると・・やはりカッコイイムシだな と思いました。
もう少ししたら、クワガタムシの採集シーズンですので…採集しにも行こうかな?

ダイトウヒラタの飼育及び産卵は、マット産みが中心の種類ですので・・・
きめ細やかなマットを堅く詰める事を 注意すれば…簡単に産んでくれると思います。
あとは、セットする時期ですね。 冬よりも…今のような時期にセットする方が・・・
産卵してくれる確率が高くなると思います。 それでも産まない場合には、
しっかりと 目の前で再ペアリング。 エサを食べさせて 成熟させる等をやってみて下さいませ。

応援、ありがとうございます。 希少産地のダイトウ ではありますが・・・
なにより思い出が詰まった 大切な自己採集系統なので 大事に飼育していきます。
ティーノ | URL | 2014/05/12/Mon 23:10 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。