初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栃木 ワタラセハンミョウモドキ 採集記
こんばんは。 一昨日・昨日と行った採集で・・今期初の日焼けをしてしまいました。
日焼けで…首の後ろが ヒリヒリとして、髪を洗う度に…シャンプーがしみます(笑)
さて、GW後半は・・また性懲りも無く ハンミョウモドキを狙って 栃木県に行きました(^^)


2014年 5月3日 栃木県 某所(晴れ)
当地で毎年3月に行われている野焼き後の ゴミムシ採集しに行ってからと言うもの、
にわかゴミムシ屋の私 としては・・当地に生息する 2種類のハンミョウモドキの採集に
強く興味を持ってしまい、今年4月からは 今期採集ターゲットの1位を占めていた。(笑)

しかし、ハンミョウモドキそのものの採集経験が全くない へっぽこな私は、
彼らが どんな環境を好むのかも…ほとんど 分からない中、彼らについて色々と調べたり、
ほんと、無駄になる覚悟で・・・当地に 存在する無数の湿地帯 を足繁く通いました。(^^;)
栃木 湿地帯 春
結果・・色々な副産物があったが・・本命のハンミョウモドキは 見事に 13ボーズ。(泣)
そして、今季 14回目となる今回は…航空写真をにらめっこして 目を付けた場所に行ってみた。
それが・・この場所。アシ原が伸びまくる現在・・ココへたどり着くだけでも 大変でした(苦笑)
栃木 湿地帯 その1 初夏
この日は、少し寝坊して採集開始はお昼を過ぎていたが、今までの敗退()経験上・・・
湿地の小さなクモ・コオロギが居なくなる時間までは…本命は まだ採集可能な筈。。なので、
かなり集中して、湿地帯の中でも 特に湿った部分を 前屈みになって丁寧に見ていく。。
栃木 湿地帯 その3 初夏
じりじり来る 暑さ や 身体中に…まとわりつく小さなハエ に若干うんざりする が・・
けして集中力は 切らしてはいけない6ミリのムシなので 切らした瞬間・・負けだ(汗)
そんなことを思いつつも、この湿地で採集し始めてから・・1時間後
今まで 私が見てきた湿地のムシとは、明らかにオーラが違う 目の大きな甲虫が現れた(^^;)


明らかに・・その小型甲虫を 掴もうとしている右手感動のあまり震えている。。
落ち着け。落ち着け。(^^;)」 そう 心の中で唱えつつ、逃げられぬように・・素早く掴む(汗)
栃木 感動した ハンミョウモドキ
ついに・・採った。。 今年3月の野焼き後から・・ずぅーと憧れていた ハンミョウモドキだ。 
ちなみに…この栃木県の当地には、2種類のハンミョウモドキが生息して居るが・・
私が採ったハンミョウモドキ一体 どちらなのか? は、この時は分からなかった(爆)
栃木 湿地帯 その1 初夏
まぁ、そんな事よりも・・この湿地彼らの生息地で有ることが分かったので・・
追加個体を狙うべく、更に集中して見ていく。。すると、20分おきに1頭ずつ追加できた。
採れる時に、しっかりと…採っておく」というムシ屋の鉄則に従い、3頭を持ち帰る(^^)
やがて、経験的に…この種における 終了時間がやってきたので・・当地で、別の採集を始める。


そう、1週間ぶりとなる。ベイトトラップだ。(笑) 狙いは・・この地に生息している と
言われている 小型ながらも…渋い格好良さを持つ セアカオサムシだ。(^^)/
彼らは、オサムシとしては・・例外的に 草原環境を好むオサムシなので、草原に仕掛ける。
栃木 初夏の芝生 その1
とりあへず、日当たりが良い草原環境を適当に、チョイスして・・せっせと埋めていく(^^)/
草原でベイトを埋めるのは・・オサムシ狙いで掛ける 何時もの森林な環境と違って、
根がしっかり張っている関係で、トラップを埋める穴を掘るのが・・結構な重労働(笑)で、
栃木 芝生のベイト その1
かなりの集中力が 必須となるハンミョウモドキ採集後には・・・なかなか辛い物(泣)があり、
当初50個仕掛ける予定だったが・・体力と気力の関係で、この時は…20個が限界だった(苦笑)
まぁ、本命のセアカオサムシが入らなくても・・何らかのゴミムシが入れば良いかな?
そんな気持ちで、20個のベイト達にエールを送ってから・・午後6時半 帰路につく。(^^)


帰路に、つき始めてから・・30分ほどで、有ることを ふと思い出して・・・
栃木在住の京四郎さんへ電話を掛ける。 確か 彼も…ハンミョウモドキを採りたがっていた筈
私が 運良くハンミョウモドキが採集出来た事を伝え、明日も・・当地に行く事を伝えると、
明日・・私と共に、「是非、その湿地へ採集しに行きたい!」との事でしたので、
私も…今夜は…彼の家で宿泊するべく、当地で 彼の車が向かいに来るまで 待ちました。

もちろん、彼の車が到着する間にも・・時間を有効活用するべく、夜間採集開始!(^^)/
ほどよく路上歩行をする アオオサムシを発見! 当地のアオオサは持っていないので・・
栃木 夜間のアオオサムシ
何頭か採集していく、しばらくすると・・より小型のアカガネオサムシも発見出来た。
アカガネは、冬期の掘り採集で…既にある程度採集しているので、観察のみでスルーする。
暫くすると・・アカガネより大きな黒いオサムシらしき ムシが歩いていたので、採集する。
オオスナハラゴミムシ
なんと、オオスナハラゴミムシだった。(笑) 当地では 野焼き後にも・・掘り採集でも
全く採集経験がない大型のゴミムシで、最近では個体数が少なくなった ゴミムシです。
これは、当地のアオオサムシよりラッキーだな。 と 暗い中・・独りで にやにや(笑)していると、
彼の車が到着したので ありがたく乗り込み、途中で 佐野ラーメンを食べてから・・・
彼の自宅にお邪魔して、軽く虫話をしてから・・明日の採集のために 早めに寝ました(^^)/



2014年 5月4日 栃木県 某所(晴れ)
昨日の彼は、お仕事。 私は・・採集(笑)だったので、疲れた2人は2度寝して・・
朝8時に 目覚めて、行く途中のコンビニで朝ご飯・お昼を調達してから、当地へ向かう。
2日連続で、この地域に来るのは・・初めての経験だった。(笑)
とりあへず 必要な装備を身につけて、アシ原をかき分け 1時間ほどで昨日の湿地へ到着。
栃木 湿地帯 その1 初夏
ここに来るだけでも・・京四郎さんは、「ここ 絶対に・・人間の行く所では、ない!(汗)」と、
言っていましたが…この湿地帯の名物・・ドロ沼 地獄(笑)には、かなり参ったみたいで・・・
ココは、本当にハンミョウモドキの生息地なんですか?」 と、何度もリピートしていた(爆)
彼の意欲が下がる中、私も・・この湿地帯で いっぱい ドロ沼 地獄にハマリました。(^^;)
栃木 ドロ沼地獄
ほんと、人間 というのは・・実に おもしろいモノ(笑)で、とある一線を越えてしまうと・・・
今 履いているズボンが どんなに汚れようが、全く関係なくなるみたい(爆)で、
私の場合・・汚れを気にせず出来る今しか採れない虫を、心ゆくまで採ろうじゃないか!(^^)/
という感じなりまして、ハンミョウモドキを探すがてら 目に付く湿地性ゴミムシも採集していく。
セスジヒラタゴミムシ 室内にて
この湿地帯では、そこそこ見掛けた 小型ながら美麗種の セスジヒラタゴミムシ も
今までの当地採集では、全く見た事が無かったので・・この機会にしっかりと採集する(^^)/
こんな感じで、この湿地より…アオグロヒラタゴミムシ。ツヤゴモクムシの1種も採集。


精神的に かなり辛いドM(笑)な湿地帯での採集を開始してから・・1時間後 彼は、
慣れない長靴かつ湿地採集で・・両足のかかとにまめが出来た股関節を痛めたらしく(汗)
本人曰く これ以上 この湿地帯での採集継続が不可能(^^;) と言うことと・・
私自身も…1度仕切り直し と気分転換するべく、昨日のベイトトラップを回収して、
お昼を食べてから・・あの湿地帯(笑)に出向いて、また採集しに行きたかったので・・・
栃木 初夏の芝生 その1
せっせと、湿地帯を1時間かけて脱出して、ベイトを仕掛けた草原まで行きました。
ベイトの中身は・・ぎらぎらな日向仕掛けたせいか? たった半日だったにも拘わらず、
既に…かぴかぴ に乾燥しており、中のムシが・・暑さにより 何頭か既に死んでいた(^^;)
栃木 初夏のベイト成果 その2栃木 初夏のベイト成果 その1
残念ながら・・今回のベイトでは 狙いのセアカオサムシ1頭も採れませんでしたが・・・
仕掛けたベイトには、アオゴミムシ。チビアオゴミムシ。コガシラアオゴミムシが多く、
たった1頭だけ・・大型のオオマルガタゴミムシが 採集出来たので、まぁまぁ でしょう!(^^)


気分転換にお昼を食べてから、彼の予定を聞くと・・「当地のギンイチモンジセセリを狙いたい!
との事だったので、私のムシ網と三角紙を貸して よく見られたポイントを教えて・・・
何時に、ココへ集合! と言う事で、私は・・また あの湿地へ採集しに行きます(^^)/
既に…私が履いている長靴の中にも、ドロが進入して…とんでもない事なっていましたが・・・
今更 気にしてなんかはいられません。 そう。それに見合う成果出せばイイのだ(爆)
栃木 湿地帯 その2 初夏
そんな笑っちゃう位楽観的な思考を持ちつつ、1時間ほどで また湿地帯に到着。
しかし 曇った関係で、ムシが全く居ません。(泣)あぁ 何しに また ココへ来たのかな?(爆)
ふと、時計を見ると・・ハンミョウモドキの終了時間(経験則)まで、あと30分だった。
ここから、きっと晴れる・・その瞬間が 最後の勝負だな。。絶対に 諦めないぞ!(^^;)
栃木 湿地帯 その3 初夏
そう、強く思うこと・・10分幸運にも・・晴れた。(笑) 最後の勝負を開始。(^^)/
ほどよく動きが独特な1頭の小型なムシを見つける・・でも 遠くて良く分からないな。
そんな感じで、ドロ沼にハマリながら…慎重に間合いを詰めて 顔を確認する。。。奴だ!
ワタラセハンミョウモドキ その1
本日も…ハンミョウモドキが採集できた。 この苦労が実った瞬間は、もう堪らない。(^^)
2日間で4頭も採集出来た上に 彼らの終了時間と言う事もあって…これ以上の採集は辞めた。
彼との待ち合わせ場所に行くべく また 1時間掛けてアシ原を抜けていく最中・・・
いつか、採集したい! と思っていたある昆虫が 目の前を歩いていたので、注意して採集。
フタホシアリバチ ♀ 室内にて
フタホシアリバチです。 アリバチの仲間は・・数年前の月刊むしで 読んだ時から・・・
いつか野外で観察・採集してみたいな! と心の隅で思っていた種類なので、感動した
ちなみに・・アリに似ているけど、ハチの仲間なので…むやみに触ると 刺されます(汗)
なので、この時は・・刺されないように…注意して、小さなタッパーに入れた。(^^)/


予想外なアリバチ採集のため・・集合時間を30分遅れてしまいましたが・・無事に彼と合流。
先ほど、自己採集したばかりの 生きたハンミョウモドキを 彼に見せると、

ティーノさんは、人間じゃなくて 妖精だから・・それが 採れるんですよ(汗)」と、

全く訳の分からない事を言っていました。(笑) それと同時に…私のドロまみれ具合を見て、

なんか、自分より 1個上の大人がやる 汚れ具合じゃないな。。(^^;)」とも 言ってたな(笑)

その後は、優しい京四郎さんの運転により・・途中で、私のリクエスト!
しまむら によって貰い、泥まみれになったズボンの代わりに 新しいズボンと靴下 を
パンツ一丁で外出不能な私(爆)の代わりに…お金を渡して 買ってきて貰いました(^^)
その後は・・彼のメインフィールドで チョッキリの観察・採集をしてから・・夕飯です。
栃木 佐野ラーメン その1
今日も、佐野ラーメン。 昨日の晩に寄ったお店よりも、こっちの方が美味しかったです。
なんでも…京四郎さん曰く このお店よりも美味しいお店があるとのことで、
今日 そのお店が定休日なのが・・少し残念でしたが、それは・・またの機会ですね。(^^)/
その後は、むし話をしつつ、忙しい中・・群馬県の館林駅まで車で送って貰いました。


そんな感じの かなり思い出に残るGW後半の採集でしたが・・
京四郎さん。お疲れの中・・気軽に泊めてくれたり 運転も 本当に、ありがとうね!(^^)/
ささやかなお礼 として彼には、昨日 私が採集したハンミョウモドキ内の1頭をプレゼント
さて、今回 苦労して採集したハンミョウモドキを家に帰ってから・・よく見てみた。
ワタラセハンミョウモドキ その2ワタラセハンミョウモドキ 大きさ比較
ネットの画像検索 と この個体を照らし合わせて見る限り、このハンミョウモドキは・・・
4頭とも 一番の狙いだった この地を基産地とする 貴重なワタラセハンミョウモドキ のようだ。
これを採る為に…今季は3ボーズしてきたので、ますます嬉しさ がこみ上げてくる。 (^^)/
でも、採集代償として・・・私の長靴 と 履いていたズボンは・・ココまで、汚れた
派手に汚れたズボン(笑)
うん。我ながら・・・このズボンの汚れ具合酷いね!(笑)
ズボンは、帰宅後 速攻で捨てました。 長靴は、せっせと、何度も水洗いして天日干し(^^;)
京四郎さんは、「あの湿地へは もう2度と行きたくない」 と言っていましたが・・・
としては…今回の成果に満足なので「あそこへは、当分行かなくてイイかな?」と思った。
また 来年4月には 当地のコハンミョウモドキの方を 狙って あの湿地帯へ行って見たい(^^)/


最後に・・こうしたズボンの汚れ具合を見ても、ワタラセハンミョウモドキを採りたい!
思っているレベルの方々(爆)へ 私から ささやかな採集アドバイスです。(^^)/

・ハンミョウモドキは、野焼きの影響が少ない湿地帯に生息します。

・採集しやすい ゴールデンタイムが存在します。 この時間帯以外は、厳しいかも?

・晴れていないと・・ほぼ ダメです。(汗) 気温は…22度以上あれば、イイかも。

・ズボン・靴下の替えは持って行きましょう(爆) もちろん長靴は、必須です。



以上、全くアドバイスになっていないかも知れないけど・・気ままに 頑張って下さい(^^)/
ワタラセハンミョウモドキ その2
ちなみに ワタラセハンミョウモドキの採集は、私の経験の中では…最も難易度が高い採集でした(汗)
へっぽこながら・・また 1つ採集レベルが上がった気がした。 次は、何を狙おうかな?(^^)

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

こんばんは。
ワタラセハンミョウモドキ、遂に採集したんですね!
本当におめでとうございます!!
本当に綺麗な昆虫ですね(^^)
何度もボーズをくらっても諦めずにここまで挑戦し続けるとは…流石です(笑)

にしてもワタラセハンミョウモドキは凄い所で生活してるんですね…
あの場所での採集は相当キツそうですねー
暑さが加わるとズボン一枚どころか軽く命がけな気さえしますね…
自分も来年は絶対に採集しよう!!なんて甘く考えてましたが、まだ全然レベルが足りないと強く感じました。

よくよく考えたら地元にもよく似た湿地があったのでそこで訓練(沼にハマる訓練)を積んで来年に備えておきます(笑)
修虫 | URL | 2014/05/06/Tue 19:03 [編集]
おめでとうございます。
こんばんは。

やりましたね!
苦戦してようやく採れたムシは思い入れが特に強いですよね。
見つけた時のアドレナリンの噴出具合、
気持ちわかります。
コハンミョウも採れるといいですね!

piropirohold | URL | 2014/05/06/Tue 22:35 [編集]
修虫さん こんばんは。^^
わざわざの激励コメント、本当にありがとうございます。(^^)/
何も…情報なしに挑んできましたが・・へっぽこな私なりに できる限りの努力
(採れた方のブログの風景写真を見る。現地の湿地へ足繁く通うなど。。)
を、行ったところ・・やっと採ることが出来ました。 この時の感動は、やばかったですよ(笑)

同じ場所へ 何度も挑戦し続ける事が出来るのは・・私の場合、本命だけでなく、
本命採集を重点において、本命以外にも 色々な昆虫が採集できれば良いな!
の気ままな考えで 五目採集しているからかも? コツは 脳を飽きさせない事。

ワタラセハンミョウモドキは、湿地の中でも・・こうした特に水分が多く含まれた
ドロの上に生息しているので、採れないと なかなか辛い採集(笑)ですが・・・
見付けた時・更に…採れた時の感動は、本当に想像以上に…感動しました(^^)

いえいえ、レベルは・・全く関係ありません。(^^) ただ、1つ言えるのは・・・
どうしても、この種類が採りたい。 という強い気持ちを 持ち続ける事が大事です。
そうすれば…自然と色々な事を調べたり。積極的に装備を揃えたりして・・・
ワタラセハンミョウモドキ採集へのプロセスが出来てくると 思いますよ。
なので…来年は、是非 装備をしっかりと調えて、本種を採集しに行って下さいませ。

ドロにハマル訓練は、大変危険ですので・・やりすぎにご注意下さい(爆)
とりあへず、沼地にいる微小昆虫を観察する能力を鍛えておいて下さいな。
ティーノ | URL | 2014/05/08/Thu 00:20 [編集]
piropiroholdさん こんばんは。^^
わざわざの激励コメント、本当にありがとうございます。m(_ _)m
先月のpiropiroholdさんのブログ記事を 読んでいなかったら・・・
ハンミョウモドキの生息環境が ???な状態のまま探す事になっていたので、
今回の採集出来た 一番の要因は…piropiroholdのブログ記事でした。(^^)
あの時は、本当に…素晴らしい記事を ブログアップして頂き ありがとうございました。

ほんと、全身からこみ上げるアドレナリンの噴出具合は、やばかったですね。(笑)
例え発見出来る確率は低くとも…そんな中で会えた時の感動は、表現できないです。(^^)

実際、自己採集に成功してからというもの
ワタラセハンミョウモドキには、採れなかった時と比べて思入れがより一層強くなりました。
コハンミョウモドキは、来期に・・また頑張って 彼の地へ採集しに行きます(^^)/
ティーノ | URL | 2014/05/08/Thu 01:03 [編集]
おめでとうございます!!
いやー、、、苦労が報われましたね!!
本当におめでとうございます♪

ハンミョウモドキは、、、なかなかカッコいいですねー。
良いなーと思いつつもティーノさんの泥だらけのズボン等を、見て尻込みしてしまいます^^;笑

しかし、欲しくなったら必殺のtsuyo25式沼地武装にて
戦いを挑もうと考えています(笑)

とりあえず今奥さんにズボンと靴一式潰して良いか聞いたら
怒られました。。。

tsuyo25 | URL | 2014/05/08/Thu 01:23 [編集]
tsuyo25さん こんばんは。^^
わざわざの激励コメント、本当に…ありがとうございます。(^^)
ワタラセ でなくとも・・ハンミョウモドキの採集経験が ほんと初めてだったので・・
とても良い経験が積めると同時に…今期の目標の1つだったムシが採れて ほっとしました(笑)

大丈夫。 お主の引きの強さ と良い意味での 諦めの悪さがあれば・・・
必ずや、ワタラセハンミョウモドキは 採れると思いますよ。 もち、フル武装(笑)で。
ただ、今年の本種ワタラセは・・あまりイイ噂を聞かない ので、
もし 採集したければ なるべく早めに 採集しに行った方が良いかもしれません。(^^;)

まぁ、普通の奥さんであれば…良い反応は・・まず ないですな(^^;)
とりあへず、奥さんに内緒で・・ズボンと長靴を購入して潰せば…証拠隠滅で 大丈夫(笑)
ティーノ | URL | 2014/05/09/Fri 02:02 [編集]
こんにちは
ワタラセハンミョウモドキの採集、おめでとうございます。

こちらではオオハンミョウモドキが採れています。
かわんちゅ | URL | 2014/05/11/Sun 22:37 [編集]
かわんちゅさん こんばんは。^^
わざわざの激励コメント、ありがとうございます。(^^)/
この種類の採集は、未だに あの光景が頭に浮かぶ位…とても思い出深い採集でした。

おぉ・・オオハンミョウモドキの採集、本当におめでとうございます。(^^)
本種は ワタラセに非常によく似ている種類なので、ぜひ 並べて比較してみたいので・・
何れ オオハンミョウモドキも…採集しに行きます。 さて、何年かかるかな?(爆)
ティーノ | URL | 2014/05/12/Mon 23:19 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。