初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナミゲンゴロウ 加令 そして 上陸へ!
こんばんは。 9月にも 少しまとまったお休みが 運良く取れそうな感じなので・・・
また 離島へ採集しに行く計画を 今 立てていますが この時期に狙いたい候補が多すぎて、
未だに 島を決められない上に・・これから台風シーズンが到来するので、難しい限り(^^;)
まぁ 計画倒れ(笑)にならないように、今週中には、最低限 何処に行くのか? を決めたい。

さて、きょうのブログ記事は・・前回の記事で予告していたように・・
一部の方のみが楽しみ(?)にしている ナミゲンゴロウ幼虫 その後 となります。(^^)
7頭が無事に孵化して、初めての累代飼育のため 1令時に2頭を死亡させてしまいましたが・・・
残りの5頭は、真面目にお世話をしていたため 全ての個体が2令幼虫になった。
成長した ナミゲンゴロウ2令幼虫 飼育下
2令幼虫も・・毎日 2匹のメダカを与えていると、2令へ加令してから 約10日前後で、
明らかにエサの喰い付きが悪くなってきたので、これは3令になるための 加令前だな?
と、強く感じたので・・今までの200ccカップ飼育から 少し広めミニケース単独飼育へ!(^^)/
ナミゲンゴロウ 2令後期 飼育環境
ナミゲンゴロウ2令幼虫後期の飼育環境は、こんな感じにしてみた。(^^)/
この状態で 暫く様子を見ること・・2日前後で 無事に3令幼虫への脱皮が始まった。
運良く この脱皮する瞬間に・・居合わせる事が出来たので 脱皮時を撮影する事ができた。
加令するナミゲンゴロウ 2令幼虫脱皮直後の ナミゲンゴロウ 3令幼虫
脱皮直後の この透き通った 3令幼虫は・・本当に神秘的でした。 時間にして、
本当に あっという間の出来事で、幼虫の背中が割れてから 全部が脱ぎ終わるまで・・・
およそ1時間ぐらいだった と、記憶しております。 暇人ですね(笑)
ナミゲンゴロウ3令幼虫時における飼育容器のサイズは、ミニケース単独飼育にしてみた(^^)/
ナミゲンゴロウ 3令幼虫 飼育環境
脱皮が完全に終わってから・・丸1日後に またエサを せっせと食べ始めました。(^^)
私は ナミゲンの3令幼虫時のエサとして、メダカ小さめの金魚を与えました。
どちらも・・非常に喰い付きが良いのですが、金魚の方が より大きく成長するようで・・・
エサを食べる ナミゲンゴロウ 3令幼虫
1日に 2~3匹の金魚を与えると、どんどん成長するのが目に見えて 本当に嬉しかったです(^^)
ただ、メダカを与えていた時以上に・・金魚を与えていると・・・
非常に水が汚れやすく 水替えの頻度が上がってしまい、毎日 水換えする事になった(汗)


そして、この頃に・・口永良部島 や 北海道 への遠征採集しに行ってしまい、
平均にして4日ほど家を留守にする関係で、遠征に行く前に・・エサを与えてしまうと、
汚れた水の中で4日間過ごすことになり 確実に 幼虫を弱らせてしまう危険性があったので・・・
前日までしっかりとエサをあげて・・行く当日は あえてエサを与えませんでした。(^^;)
ナミゲンゴロウ 3令幼虫 飼育下
しかし、帰宅してみると・・大きかった2頭の幼虫が プカプカ 浮いていた。 残念です(泣)
この死因を 確認するべく、生き残っていた 3頭の3令幼虫を確認してみると・・・
死亡した2頭に次いで大きい幼虫の方は、あまり元気がなく ぐったりしていた。(^^;)
そして、不思議な事に 3令への加令時期 が 早かった3頭に比較して
2週間ほど遅かった 3令の初期と思われる方の幼虫は・・普通に 元気そのものでした。
ナミゲンゴロウ 3令幼虫 頭部の拡大
これは・・もしかすると気持ちを持って、ぐったり気味の大きな幼虫の目の前に、
ピンセットを揺らしてみた。。何時もなら 喰いつく仕草をするのに・・ 今日は全く反応が無い


これは、ヤバイ! 間違いなく あの本に載っていた 蛹化する前の仕草だ。(^^;)
ムシ好きの方であれば ご存じの方が多いかもしれませんが こうしたゲンゴロウの仲間は・・
3令幼虫が 成長しきると、蛹になるために・・・土の中に潜る必要性がある ので、
エサに興味を示さなかった3令1日半以内に土に上陸させないと、溺死してしまいます。
なので、大きく成長した幼虫2頭の死亡原因は・・おそらく 上の理由による溺死 だと 思う(汗)
ピートモス
とりあへず、蛹化前の仕草を確認した ので 上陸をさせる為のマットを購入するべく・・
急いでホームセンターに行き、ゲンゴロウ幼虫が蛹化するのに 必要なピートモスを購入!
このピートモスは、主に 園芸用品のコーナーで買う事ができます。(^^)
湿らせ具合は・・クワカブの産卵床に対する加水よりも、気持ち分 水分を多くしてみた。
強制的に上陸させた ナミゲンゴロウ3令幼虫
祈るような気持ちぐったりしていた3令幼虫を ミニケース内に 手押し程度の堅さで詰めた
ピートモスの上そっと置いてみると・・瞬く間に、マット内に潜っていきました(^^;)
いやぁー危なかった。。あと半日でも発見が遅れていたら、おそらくダメだったかと。。。
ピートモスヘ潜る ナミゲンゴロウ3令幼虫
書籍ネットでの 色々な飼育情報によると・・ナミゲンゴロウの3令幼虫が土に潜ってから、
24度の飼育環境下で、だいたい20日ほど新成虫が羽化して来るみたい なので、
あと もう少しで、ナミゲンゴロウの新成虫が見られる! と 思うと、本当に楽しみです。(^^)/
残り2頭の幼虫は‥せっせと 毎日エサを与えて 9月の遠征採集前に 上陸スイッチを入れたい!

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

こんにちは。
よっ!暇人😁
ゲンゴロウ飼育日記おいらも密かに応援してますよ〜♪
わか | URL | 2014/08/23/Sat 09:38 [編集]
わか さん こんばんは。^^
いやぁー、そんな風に言われても・・仕方が無いレベルだと思いますわ(爆)
なにせ この機会を逃すと・・ナミゲンゴロウ幼虫の脱皮シーンは
我が家では なかなか見られないのでは? と思って、ついつい見てしまいました(^^)

ゲンゴロウ飼育日記の応援、本当に ありがとうございます。
もう少しで、卵から成虫までの全課程が見る事が出来そうなので 楽しみです(^^)
運良く 新成虫ペアが揃ったら・・また来年も ブリードしてみたい。
ティーノ | URL | 2014/08/24/Sun 05:19 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。