初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナミゲンゴロウ 蛹化 そして・・・
こんばんは。 今日のブログ記事。本当は・・あまり書きたくない内容なのですが・・・
アリのままに が もっとーな当ブログですので、ナミゲンゴロウ幼虫のその後です(^^;)


あれから・・前回紹介した幼虫1頭が潜って、3週間近くが経過したので、暴いてみた。
蛹室内から、幼虫の頭だけが発見されて・・お亡くなりになっていた。。原因不明。(^^;)
それから・・もう1頭の幼虫が急に拒食するようになり、蛹化の合図かな? と思い、
ピートモスヘ潜る ナミゲンゴロウ3令幼虫
湿らせたピートモス上に上げるものの、その翌日に・・ピートモス上で、死亡を確認(汗)
またしても・・原因不明。。はっきり言って、卵から育ててきたので、ショックでした。。

ラスト1頭。。この幼虫に・・全てを掛けるしかない。(^^;)

そんな飼い主の気持ちに答えてか。。まだ成長途中なサイズ(60ミリ)にも・・関わらず
拒食ったので、慌てて上陸させると・・何事もなく潜っていた。 今回は どうだろう?
前回 蛹室で、死亡した事もあった(汗)ので、すごく気になり始めてしまい、
潜ってから3週間ほどで・・・羽化する という書籍の記述を信じて、暴いてみました(^^;)
ナミゲン 蛹部屋が出現!ナミゲンゴロウの蛹
う~ん。少し室温が低かったようで・・まだ、蛹の状態でした。(爆)
初めて見る ナミゲンゴロウの蛹かなり感動してしまい、何枚も写真を撮った。(^^)/
開けてしまって大丈夫かな? そんな気持ちを持ちながら。。出来る限り そっとしておいた。


それから1週間後に・・蛹の様子を見るべく、ケースを覗いてみると・・・
羽化不全で、唯一 最後まで生き残っていたナミゲンゴロウ死亡させてしまった。(汗)
羽化不全で死亡した ナミゲンゴロウ
原因は‥言うまでも無く あの繭玉を 暴いてしまったことに違いない。 本当に残念(>_<)
オマケに、羽化サイズクロゲンゴロウ並に小さい(汗)ので・・栄養不足な面も ありそうだ。


こんな感じで・・人生で始めてとなった ナミゲンゴロウのブリードは、
大失敗してしまいました。。でも、失敗したとは言え、卵から成虫まで行く事が出来たので・・・
もし、まだ存命中の 今年6月に自己採集してきた 甲信越ラベルのナミゲン野外♀ か
先月 大手町のフェアで格安で購入してきた 東北ラベルの野外ペアの
ナミゲンゴロウ
どちらかの個体群で・・また来年度の産卵シーズン中に 運良く産卵に成功したら、
今回の失敗談を踏まえた上で、よりよい飼育ができると思うので、また リベンジしたい(^^)/


追伸
飼育中のナミゲンの♂不思議な行動をしていたので・・軽くメモ書きしとく(^^)/
水草をかじるナミゲンゴロウ♂ナミゲン 前足の具合から・・♂だと分かる
なんと、普段 見向きもしない水草を かじっています! それも・・でなくが。。
エサを与えて1日後かつ 産卵行動ではない(筈w)ので・・すごく不思議。(^^;)
もしかしたら、ゲンゴロウ成虫は 時と場合によっては・・水草も食べるのかも? しれませんね。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

こんばんは。
いや〜惜しかったですね(^_^;)
ゲンゴロウの卵からの飼育は本当に難しい事だらけなんですね。
次は成功できたらいいですね!!

ナミゲン、水草食ってたんですか…(笑)
うちのシマゲンも水草食ってました(笑)
煮干しあげても全く反応しないので、もう冬眠するのかな?と思って(正確に言うとエサ変えが大変なのでちょっと意地悪したくなっただけですww)
餌を一週間以上抜きにしてみました(汗)
そしたら水草が食いちぎられた跡がたくさん見つかりました(^_^;)
正確に食べてる所は見てないんですが、やっぱり食べる時は食べるのかもしれないですね。

昨日、ケースの中の一匹がまさかの急逝(餓死ではないと、信じたい…)、流石に反省して改めて煮干しを与えてみた所、他の3匹は信じられない位勢い良く食べてくれました。
まだがっつり活動中みたいですね…

もう少しで冬眠入るなら冷凍アカムシ買わない方がいいかと思ったんですが…(→そもそも冷凍保存させてもらえないと思うので)
色々と悩みますね…
修虫 | URL | 2014/10/18/Sat 00:05 [編集]
修虫さん こんにちは。^^
コメント返信が やや遅れてしまい、すいませんm(_ _)m
いやぁー今回のブリードは 本当に あと少しだっただけに 惜しかったです。
慣れれば・・たぶん 簡単だと思うのですが、慣れるまでは 大変ですね(^^;)
何というか・・クワやカブトと違って待ってはくれない点が 結構大変です。

なんか、ガムシのように・・水草食べていましたね。(爆)
そんなに ひもじい思いはさせていないつもりなんですが。。ちょっと反省です(^^;)
シマゲンゴロウも、食べていたのですね!

ゲンゴロウは、種類によって・・好みのエサがずいぶん違うようで、
ナミゲンやクロゲンなどは、クリル(熱帯魚用の乾燥エビ)を最も好むのですが、
シマ。コシマ。ヒメ。マルガタなどの中・小型種などは・・
クリルも食べるには食べますが・・・そこまで好きではないようで、直ぐに残しますね。
色々与えて 彼らが最も好きだったのは、生きたアカムシ。冷凍アカムシかな?

煮干しは、どのゲンゴロウでも・・かなり好きなのですが・・
水の汚れが激しいので、私的には あまりお勧め出来ません(^^;)

自然界では、既に・・シマゲンは越冬体制に入ったらしく お主と行った場所では・・
もう水棲昆虫の姿は、マツモムシくらいしか 見掛けませんでした。。参考までに。
ティーノ | URL | 2014/10/19/Sun 15:35 [編集]
残念
こんにちは。

はじめまして。
ブリード残念でしたね。

私もゲンブリやっています。
蛹室をあばいても、普通は死にません。
飼育過程の記事より、餌を改善するとうまくいくように思えます。
ヤゴ、コオロギなどの虫餌だと今回のような結果になりませんよ。

あと、私が最も驚いたのは、水ゴケへの産卵です。
凄いのひとことです。




えんぱる | URL | 2014/11/09/Sun 07:52 [編集]
えんぱるさん こんばんは。^^
はじめまして、えんぱるさん。 わざわざのコメント、ありがとうございます。(^^)
いやぁー この時は 初めてのナミゲンゴロウ飼育だっただけに・・・
最後の 最後に この事態になってしまい、本当に残念でした(汗)

なるほど、ムシ食での幼虫飼育の方が良い感じなのですね!
もし 来年・・ナミゲンの採卵に また成功しましたら・・是非 やってみたいと思います。
素晴らしい経験談を交えた アドバイスに・・大変 感謝致します。m(_ _)m

私も・・今まで 全く聞いた事がない ゲンゴロウの水苔への産卵を
あの時 目の当たりにして、本当に驚いたと同時に・・まだまだ 飼育する事によって、
色々と 分かってくる事もあるんだなぁー と、改めて感じる今日この頃 となっております。
ティーノ | URL | 2014/11/09/Sun 20:02 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。