初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6年間追い求め・・遂に、入手!
自分を知っている 古参のブリーダーさんであれば・・既に、ご存知かと思いますが・・・
2年前まで 自分が夢中になっていた種類は、今 夢中の国内外のネブトで無く ヒメヒラタでもなく。。
自分が始めて飼育した 外国産のクワガタでもある、パプキンでした。(*^_^*)

この虫との出会いは・・自分が3歳時に国産カブトを飼育中に…読んだ図鑑の中で出会い、
ヘラクレス・ギラファ・ニジイロ・オオヒラタ等の、有名な人気昆虫をまったく寄せ付けないほど…
当時の自分にとっては・・心の底から憧れた種でした。(*^_^*) それから数十年後・・・
まさか、幼い頃に憧れた昆虫が、飼育できる様になるとは、思ってもいませんでした。(^_^;)

2003年当時のパプキン販売価格は・・幼虫1頭が900円 成虫ペアが5000円前後でした。
当時の自分にとって やや高価だったので、2ヶ月間 節約して・・セールと重なるのを見計らって、
やっとの思いで、6年前のむ○社にて、2令幼虫×5頭セット 2100円で買いました。

そして、その後の飼育は・・・自分を古くから知るブリーダーさんなら、ご存知のとおり、
ずぶずぶと、パプキンの持つ色彩変異の素晴らしさに魅了され、産地別の色彩研究にハマり、
飼育し始めてから たった3年で パプの飼育数が、1200頭を超えてしまいました。(^_^;)


つまらない 自身の昔話を語って 申し訳ありませんが・・ココからが 今日の本題。(^^♪
パプに夢中になっていた2003年当時から ずっと・・探していた PNG アセキ産のパプキン
つい 先日・・某オクで出品されました。 もちろん、落札するかどうかで 悩む事はありませんでした。
そして・・誰とも競う事無く。。落札。 落札の瞬間・・冗談抜きで、涙が出そうでした。
落札から、2日後・・6年間追い求め続けた PNG アセキ産パプキンの新成虫ペア が到着。
パプキン アセキ産 ♂パプキン アセキ産 ♀
ここまで・・興奮した 撮影は何年ぶりだろうか? カメラを持つ手が震え なかなか 綺麗に撮れず、
自身が納得できる 上の写真を撮るまでに・・1時間ほど 掛かってしまいました。(^_^;)
この PNG アセキ産のパプキンは・・市場に良く出回っている ワメナ・Mt.アルファック産 等の
西イリアン方面(ニューギニア島 西部)のパプキンとは・・大きく異なる点が幾つかあります。
なので、この両産地における違いを、自分の知っている限り、下記の様に簡単にまとめてみました。

PNG アセキ産(ニューギニア島 東部)のパプキン特徴
・茶色・黒色・赤褐色等の地味な色が多く、雌雄共に・・色彩変異に乏しい。
休眠期間が、雌雄とも3ヶ月以上ある。(西イリアン方面は、平均 1ヶ月半前後)
全体的に・・♂の胸部が太く、大型個体が多く生息(標本にて 53ミリまで確認済。)
♂のお腹の色彩が 黒or焦げ茶色の個体が多い。(西イリアン方面は、メタリックな桃色。)


なお、一番下の特徴である、お腹の色彩の違いは・・実際に見比べると、直ぐに分かります。
西イリアン方面(西側)の裏側PNG方面(東側)の裏側
左側が 西イリアン方面の個体で、右側がPNG方面の個体です。 違い 分かりますか?
とりあへず、届いた個体は・・2月羽化なので、もう暫く休眠すると思われるので、
休眠後に 気合を入れたセットを組み、長年の夢であった このPNG アセキ産の個体群で・・
数年前と同様、カッコよさと渋さを 備えたオリジナル系統のパプキンを 羽化させてみたいです。

※ PNG・・パプアニューギニアの略称。 主に、ニューギニア島東部方面を指す。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

見ないですよね!
こんばんは、ご無沙汰してます、ティーノさんm(_ _)m

PNG産のパプキンは先ず見ないですね、色合いも地味でぱっとしない感はありますが、入荷数では絶対的に少ないですからね~

PNG産はパ○ネが得意で遠い昔見た覚えがありますよ!

頑張って増やして研究して下さい(^O^)
みつひろう | URL | 2009/04/21/Tue 00:52 [編集]
ティーノさん、こんばんは^^
おお、私の知っている名前の種が出てきたと思いきや
そんなコアなことは知りませんでした。
1200頭も飼育してたんですか、パプ屋ティーノ産ですね(笑)
ハッセ | URL | 2009/04/22/Wed 00:40 [編集]
みつひろうさん こんにちは。
マニアックな内容であるにも拘らず、わざわざのコメント どうもです。(^^♪
PNG産のパプキンは、お世辞にも・・綺麗 とはいえない色彩個体が多いですが・・・
その分、大アゴが太くなり 大きくなるので・・カッコいいパプキンだと、思われます。(^_^;)
今後の入荷は・・おそらく、個人で採集に行く以外では 入手不可能だと思われますので、
この産地の系統を絶やさずに、飼育し 地道に・・飼育研究していきたいです。(*^^)v
自分も・・パ○ネさんがPNG方面に 強い事を知って、数年前からマークしていましたが、
最近では、入荷数が少なくなり もうこの産地の入手は…ダメかも と諦めていましたが・・
今回、本当に運よく 6年ぶりに PNG産のパプキンが入手できて・・嬉しかったです。(*^_^*)
ティーノ | URL | 2009/04/22/Wed 14:35 [編集]
ハッセさん こんにちは。
マニアックな内容であるにも拘らず、わざわざのコメント どうもです。m(__)m
パプキンの様な種類でも・・やりこむと 今まで知らなかった部分が、見える様になるので・・・
かなり、コアな部分まで・・知る様になります。(イイ意味での ス○ーカーです。ww)
はい。 瞬間最大で、1200頭は・・居ました。(^_^;) その当時…日曜日がありませんでした。(なお、アウラタ・ミカルド・アエネア等の他のキンイロの仲間も・・100頭近く居ました。ww)
うまい 表現ですね。ww 一時期・・我が家で、東京産 パプキンが溢れ返っていましたよ。(^^♪
ティーノ | URL | 2009/04/22/Wed 14:49 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。