初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオキベリアオゴミムシ 蛹化・そして・・羽化へ!
こんばんは。 予め ココを見ている皆さんに・・お伝えすることがあります。(^^;)
今日の飼育記事は、いつも以上に 掲載内容が大変マニアックになるかも? しれません。
おまけに、ややグロイ写真も‥あるかも? しれませんので、ご注意下さいませ。m(_ _)m

さて、ごく一部の人たちから・・ブリードする事そのものが 素晴らしい とまで 言われた
幼虫時代生きたカエルを食べる事で とても有名な オオキベリアオゴミムシその後です。


派手な姿2令幼虫になってから 1日目・・すなわち孵化してから、たった日目で・・・
2頭目となるアマガエルを完食して、こんな感じに 2令幼虫が また急激に成長してきた。
どうも 身体の皺が、全て伸びきる位まで・・カエルの体液を 吸い尽くすみたいです。(^^;)
オオキベリアオゴミムシ 2令幼虫 カエルに襲いかかるオオキベリアオゴミムシ 2令 捕食後
成長しきった2令幼虫はその後、生きたカエルに対して 全く興味を示すこと無く
幼虫飼育の床材として使用している 濡れたティッシュの下へと・・潜っていった。(汗)
潜ってから、3日後に・・体全体が 少しごつくなって、幼虫が地上へと戻ってきた。
オオキベリアオゴミムシ 3令幼虫
3令幼虫は、こんな感じで・・2令時と 色彩的には あまり変化がありませんでしたが、
上でも書いたように、少しばかり全体的な体つきごつくなって戻ってきた気がします。(^^)
ちょうどこの辺りから、私情が 忙しくなってしまい・・エサとなる アマガエルを与えられない日が、


2日ほど続いたある日・・・とても興味深い行動を 3令幼虫が 急に取るようになってきた
本種の3令は2令幼虫時のように・・大あごを広げてカエルがやって来るのを
ただ待つだけでなく、なんと、大アゴの中心にある さす又状の 白い舌の様な突起を・・・
オオキベリアオゴミムシ 3令幼虫の頭部アップ
クイクイ と激しく動かし始めた。(汗) カエルに エサだと思わせる行動 と 思われる(^^;)
3令幼虫には、大きなカエルの方が良いだろう と思い、大きなアマガエルを与えたが・・・
色々と実験してみた限り どうも、幼虫が吸収する事ができる体液の量には・・限界がアルみたい で、
オオキベリアオゴミムシ 3令の捕食シーン
1令や2令幼虫時のように、ほどよいサイズのカエルを 幼虫に与えた場合の
アマガエルの体は‥2日目にはドロドロに溶けて 黒い廃液の状態になった が、大きなカエルを、
せっせと 与えた3令幼虫時には、かなり中途半端な こんな形で・・大半を 残していた(汗)


3頭目のカエルを食べ終えた 3令幼虫は・・かなり ぶくぶくと、膨れあがっていた。
噂で聞く。。オオキベリアオゴミムシ羽化するまで食べるカエルの数は 3頭らしいので・・・
この噂本当に正しい のであれば・・この幼虫が 前蛹という状態だと思う。(^^;)
オオキベリアオゴミムシ 3令幼虫 サイズ比較
幸運にも‥ この 前蛹と思わしきオオキベリ幼虫が 8頭ほど居たので、実験的に・・
今まで通りの床材ティッシュ管理組ピートモス管理組半々にして、飼育継続
ピートモス管理組の幼虫は、ゲンゴロウ関連を 蛹化させる容器と同じセットで・・やってみた(^^)/
ピートモス管理での オオキベリ幼虫
最初は・・どちらの飼育パターンイイ感じに事が進んでいたのだが・・有ろうことか・・
ティッシュ管理した4頭は、ほぼ例外なく・・頭全体が黒くなり全滅させてしまった。(^^;)
おそらく1令から2令の様な 幼虫の加令時には濡れたティッシュ管理でも 全く問題無いけど・・・
彼らが蛹化する時には、必ず土に潜る必要性があるのかも? しれませんね。(汗)


オオキベリの3令幼虫土の中に潜ってから、10日後
ネット上でも 余り見た事がない蛹の姿どうしても見たくて死亡するのを覚悟で暴いた。
ピートモス内での オオキベリな蛹ピートモス内のオオキベリな蛹 その2
私が予想した通りに、オオキベリな3令幼虫立派な蛹へとなっていた。(^^)/
オサムシゴミムシは、非常に近い仲間だけあって、蛹は・・オサムシにそっくりですね。
幸か不幸か、かなり浅い所に‥蛹室を作っていた個体は、誤って蛹室を壊してしまったので・・・
オオキベリアオゴミムシ 蛹オオキベリアオゴミムシ 蛹 サイズ比較
こんな感じで、かなり鮮明に・・オオキベリな蛹の姿を撮影する事が出来ました。(^^)
マイマイカブリの飼育経験上、こんな感じになった蛹は‥羽化不全する確率が高いので、
無事に羽化することを 祈りながら・・ヒヤヒヤな毎日が始まりました。(汗)
この蛹を確認してから、5日後の夕方頃に。。オオキベリアオゴミムシの羽化が始まった
オオキベリアオゴミムシ 新成虫 羽化不全 1オオキベリアオゴミムシ 新成虫 羽化不全 2
残念ながら、誤って・・蛹室を壊してしまった個体は、羽化不全してしまった。(泣)
やはり 蛹室を暴いて安全に観察出来るのは‥クワガタ・カブト関連だけなのかも? しれない。
さて、中途半端に・・暴いてしまった 最初の蛹は、果たして 無事だろうか?(^^;)
非常に ドキドキする気持ちを持ちながら、蛹化させた容器の中を覗いてみると・・・
オオキベリアオゴミムシ 新成虫 羽化直後オオキベリアオゴミムシ 新成虫 羽化直後 2
どうやら この個体は、異常な点はなく、運良く 無事に羽化することが出来たみたい
と言うことで・・人生 初飼育であった オオキベリアオゴミムシブリードに成功ですね(^^)/
もう1頭の個体も・・無事に羽化してきましたが、あえて暴かなかった最後の1頭は・・・
オオキベリアオゴミムシ 新成虫
飼育容器内が 8月上旬時の猛暑による影響で 蒸れた様で、蛹室内で死亡していた。(汗)
本種オオキベリ湿地性のゴミムシとはいえ、蒸れ に対しては・・かなり弱いみたいです。
と言うわけで、卵から、新成虫が羽化するまでの期間は・・常温下1ヶ月弱 でした。(^^)


野外での採集を通して、オサムシ・ゴミムシの仲間の新成虫に 共通して言える点は・・・
かなり体が柔らかい状態であっても、蛹室に留まることなく 野外活動を開始する事です(^^)
もちろん オオキベリ新成虫も例外なく・・まだ、体が柔らかい状態から 活動を開始し始めた。
オオキベリアオゴミムシ 新成虫 後食開始!
ただ、あの柔らかい体では、生きたカエルを仕留めるのは・・ちょっと無理な気がした ので、
まず始めは‥コオロギのSサイズを弱らせてから、与えて見ると・・問題無く食べてくれた。(^^)
新成虫が 羽化してから・・まだ3日目でしたが‥既に 後食が始まった模様。
オオキベリアオゴミムシ新成虫 初カエル
一体 どの時期から、彼らの主食である カエルを食べるのか? 地味に気になりましたが・・・
身体全体が だいぶ固くなってきた 羽化後6日目から、小さめのカエルを与えて見たところ、
こんな感じで、しっかりと生きたカエルを 仕留められるように、たくましくなりました。(^^)/


以上が、私にとって ゴミムシ関連人生初飼育となった オオキベリな飼育記事です。(^^)
私が 現在住んでいる千葉県な地元の田んぼに居る 大型の美麗ゴミムシの1種である、
オオキベリアオゴミムシ 野外個体 飼育下にて
オオキベリアオゴミムシは・・前記事に出てきたコガタノゲンゴロウの飼育とは、全く違って・・・
飼育関連の書籍はおろか、ネット上でも・・本当に 飼育情報がない虫だった ので
完全な手探り状態でのドキドキ飼育でしたが、幸運にも ブリードに成功する事ができました(^^)/
オオキベリアオゴミムシ 交尾 飼育下にて
このオオキベリ飼育を通して、疑問に思った事調べて見たい事幾つか出てきた ので・・・
無事に 羽化までこぎ着けた 新成虫2頭が 運良くペアだった事もあり、来年度の飼育では
この 新成虫ペアから得られた F2幼虫を用いて、色々と調べてみたい と思います。(^^)


追伸
この生態写真は・・幼虫のエサとして、アマガエルを 必死に探していた ある日に・・・
偶然にも野外で見つける事が出来た カエルに食らいつくオオキベリの2令幼虫です(^^)
オオキベリアオゴミムシ 2令幼虫 野外にて 1
実は・・この時、カエルを確保する為だけに 田んぼに来ていた ので カメラを持参しておらず。。
野外での こんな貴重なシーンを逃したら、一生後悔するかも(^^;) と 強く思ってしまい、
暗い山道を 車で20分掛けて 慌てて自宅のカメラを取りに戻ったのは、良き思い出です。(爆)
オオキベリアオゴミムシ 2令幼虫 野外にて 2
なお 梅雨時は‥1週間で、3桁近くのアマガエル達を 毎晩たくさん見て来ましたが・・・
野外で 本種オオキベリ幼虫が食いついた アマガエルに会ったのは、この1回だけだった(笑)

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

こんばんは~
流石、ブリ成功してましたか^^
これをいつか参考に飼育してみますねv-217
今日、採集でオオキベリアオゴミムシ似の種を見つけたんですが、なんですかねv-361
前胸が青と緑のグラデーションで、お尻に黄色い紋が付いてました。
※僕の年齢、良くわかりましたねv-405
efdenさんから聞きましたよ~
ムシきんぐ | URL | 2015/08/23/Sun 00:41 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2015/08/23/Sun 14:57 [編集]
ムシきんぐ さん こんにちは。^^
早々の激励コメント、わざわざ ありがとうございます。m(_ _)m
初飼育な上に、飼育情報が皆無だったこともあり。。無事にブリード出来るか?
非常に 微妙な感じでしたが・・意外にも 上手くいってしまい、本当に驚きましたね(笑)

ゴミムシは、非常に種類が多いグループのムシなので 何とも言えないのですが、
前胸が青緑色のグラデーションかつ、その黄色の紋がある色彩からだと、
ムナビロアトボシアオゴミムシ・アトボシアオゴミムシ とかかな? と思います。(^^;)

おっ、だいたい正解だったみたいですね。(笑)
ブログでの文章表現 や コメントをする時間などから、何となく推測してみました。
ティーノ | URL | 2015/08/23/Sun 16:07 [編集]
内緒さん こんにちは。^^
どうも、お久しぶりです。 わざわざの生存報告、ありがとうございます。(^^)
ほんと パタリ と消えてしまった ので・・色々な事が 頭を駆け巡りましたが・・・
とりあへず ご無事で・・何よりです。(爆) 私信メールを送りましたので、宜しくです。

おっ、また あの島へ行かれるのですね! すっかりあの島に 嵌まったようで。。(笑)
私も・・あと数年したら、必ずやリピート採集しにいきたい離島の1つですね。
今度は・・その島名物の あの漁師料理は、是非とも 食べてきて下さいませ(^^)
ティーノ | URL | 2015/08/23/Sun 16:15 [編集]
こんばんは^^
このネット社会で情報なしの手さぐりでのブリ成功
素晴らしいです♪
そのうち書籍を出すのでしょうか?ww
★かぶ☆ | URL | 2015/08/23/Sun 22:39 [編集]
素晴らしいですね!
情報がまったくないので、今後、参考にここへ来訪される方も増えることでしょう(^◇^)

ゴミムシの中では、キンナガゴミムシが一番お気に入りで、身の回りの状況が安定次第、ブリる予定です^^
エサは小動物の体液なのかイネ科の種子なのか、どっちなのだろう^^;
ケシキスイ | URL | 2015/08/23/Sun 22:57 [編集]
こんばんわ
飼育例がほとんどない虫のブリードに成功するとは流石です!
エサとなるカエルさえ確保できれば何とか飼育出来そうですね。肉食の昆虫の飼育はエサで苦労することも多いですがクワカブとは違った楽しさがありますね(^^♪
くわがたケイスケ | URL | 2015/08/24/Mon 01:37 [編集]
羽化しましたか
なるほど~。こういったゴミムシ類の飼育法はあまり情報がないので参考になります。そして何よりもカエルを釣るような動きをすることに驚きです。もし本当にカエルを釣っていたとしたら日本産昆虫では唯一の行動かもしれませんね。「蛹室を暴きたい病」は・・・困りますよね・・・ホントに。そのせいで何匹の虫を羽化不全or死亡送りにしてしまったことか・・・。
なにはともあれオオキベリには末永く存続して欲しいです。最近減少が著しいみたいですし。
餅月 | URL | 2015/08/24/Mon 22:40 [編集]
★かぶ☆さん こんばんは。^^
いやぁー初挑戦でしたが・・運良く ブリードに成功してしまいました。(^^)
やはり幼虫の餌が分かっているムシの飼育は、まだ何とかなるかもしれませんね。
なお、ゴミムシで 幼虫時の餌が判明しているのは、数える位しか居ないので・・・
もし分かれば、新発見に繋がる可能性も あるのが、魅力的ですね。(笑)

ゴミムシ飼育に関する 書籍の出版は、需要がなさそうなので・・やりません(笑)
ただ、飼育を通して 色々と分かった事は、別の機会で報告できたらな。。と思います。
ティーノ | URL | 2015/08/25/Tue 01:57 [編集]
ケシキスイ さん こんばんは。^^
わざわざの激励コメント、ありがとうございます。m(_ _)m
いや、このブログの飼育記事を参考にして・・オオキベリの飼育を目指す方が、
果たして居るのか? 素朴な疑問です(笑) とりあへず、ケシキスイさんが 1人目と。。(爆)

おぉ・・あの キンナガゴミムシは、なかなか美しいゴミムシですよね。(^^)
わりかしアシ原の周辺に多く居るようなゴミムシなので、採集時に・・・
どんな環境を歩いているのか? 何をしているのか? をしっかり観察することで、
意外なブリードに関する ヒントが得られそうなので、頑張って下さいませ(^^)/

これを期に 私も憧れのゴミムシである、ツヤキベリアオゴミムシ。
クマガイクロアオゴミムシ。オオサカアオゴミムシ の3種は、ブリードを成功させたいです。
ティーノ | URL | 2015/08/25/Tue 02:04 [編集]
くわがたケイスケ さん こんばんは。^^
わざわざの激励コメント、ありがとうございます。m(_ _)m
本種の幼虫時のエサは、生きたアマガエル しか分かっていない この状況で、
かなり運良くブリードに成功しました。 久しぶりに 飼育そのものが楽しかったですね。

おっしゃるとおりに、オオキベリアオゴミムシの場合・・・
いかに 生きたアマガエルを確保できるかに ブリードの成功が掛かっています。
アマガエルが沢山居る様な環境にお住まいの場合は、簡単にブリードできると感じました。

肉食系の昆虫のブリード・・特に生きた物しか食べない系の幼虫飼育は・・・
本当に、大変です。(^^;) 唯一の救いは、幼虫期間が 比較的 短いことですが、
おうおうにして、最もよい採集シーズンと被ってくるので、寝る暇がありません(汗)

でも、その分・・羽化して時の感動 や 捕食時の観察する楽しみは、
クワガタムシ や カブトムシとは、また違った楽しみが これ系の虫には 有ると思います。(^^)
ティーノ | URL | 2015/08/25/Tue 02:40 [編集]
餅月さん こんばんは。^^
わざわざの激励コメント、ありがとうございます。m(_ _)m
アマカエルを釣るような あの独特の仕草を カエルに向けてしている時には、
地味に・・驚きました。(^^;) 意外と‥彼らの幼虫は、技巧派かもしれませんね。
それと同時に、その仕草をするまで 飢えさせてしまった事に、少し反省です(汗)

蛹室を暴きたくなる病は・・・蛹の姿が見てみたい方 にとっては、
もはや癖のような物ですよね。 私も、コレが原因で・・羽化サイズがダウンしたり、
最悪 死亡させてしまった 昆虫たちは・・全部 あげたら、切りがありません(^^;)
とりあへず、言えるのは・・蛹の撮影は、自己責任で宜しく。(笑)

オオキベリアオゴミムシも、全国的には・・地味に減っているみたいですね。(^^;)
あまり見向きもされない種類かも? しれないけど、このむしが居ると・・・
その地域は、中間の捕食者であるカエルが多い 自然湯かな地域 と分かるので、
自然観察する方 や 採集する方にとっては、良いキーワードになりそうですね。
ティーノ | URL | 2015/08/25/Tue 02:53 [編集]
こんちには
オオキベリの羽化おめでとうございます!飼育を考えることなんて無い虫なので、ブリードをしてしまうティーノさんは半端ないです!(笑)
少しコメントが遅れてすいません(^^;)

あしか | URL | 2015/08/25/Tue 12:45 [編集]
あしかさん こんばんは。^^
コメント返信が 遅くなってしまい、すいませんm(_ _)m
オオキベリ羽化に対しての激励コメント、ありがとうございます。

オオキベリ幼虫の 生きたカエルを食べる光景を どうしても見たくなって
何となくはじめたブリードでしたが、実際に飼育してみると‥
意外と新発見が多く、全く未知なる体験だったので とても楽しかったです(^^)

今後も、暇があれば‥幼虫期 や 生活様式が気になるムシに対しては、
ただ野外で採るだけではなくて、ブリードに挑戦するのもアリだな と思いました。
いえいえ、私も・・コメント関連は たいぶ遅いので、あまり気にしないで下さいませ。
ティーノ | URL | 2015/08/28/Fri 02:59 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。