初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぜんさんのプレ企画 始動開始
本日4月29日を持ちまして 自身のクワカブ歴が・・国産 9年、外産 6年目を迎えました。(^^♪
最近ようやく、クワカブ飼育において 卵から成虫までの全過程を見る事が出来る様になりましたが、
未だに自分は…羽化してくる成虫を より大きくさせる事が、全く出来ていませんので・・・
自分としては、まだまだ へっぽこ ブリーダーの域 から抜け出せていない感じがします。(^_^;)
とりあへず、始めた頃の初心を忘れぬ様・・これからも地道に クワカブを飼育していきたいです!

さて マイ飼育歴9年を記念して、何かやろう! と思いましたが・・・面倒なので、辞めます。ww
ただ、その代わりと言っては何ですが・・・先月に行われた プリン隊によるプレ企画の意思を
見事に 受け継いだ、ぜんさん が 運営するサイトの1周年 及び 1万ヒット達成を記念して、
初のプレ企画を行う様なので、その企画に自分も・・ささやかに 協賛する事に致しました。(*^^)v


 第1回 ぜんさんによる プレ企画開催中

【協賛受付時間】
09年4月23日(木) ~ 09年4月30日(木)まで

【応募受付期間】  
09年5月01日(金) ~ 09年5月10日(日)  ~23:59:59まで

【当選 発表】
09年5月14日(木) 予定


気になる プレ企画の詳細は・・コチラ


ちなみに、自分の出している協賛品は・・以下の3点です。


①本土ネブト 新成虫ペア&赤枯れマット

・本土ネブト 新成虫ペア&赤枯れマット【産地】・・東京都 青梅市 ○○産 F3
関西以西 及び 東海地方では、何処でも沢山取れる コクワなみの普通種の扱いですが・・・
関東地方では、オオクワを採集するぐらい 採集が難しいです。その関東地方の中でも、
何日通っても ほとんど採集できない事で有名な 東京産の本土ネブトとなります。
なお、友人採集からの子孫ですので、市名以降の詳細部分まで分かっておりますので、
ラベル的にも、非常に貴重な物かと思われます。 また、今回は特別プレゼント として、
本土ネブトの産卵が始めての方向けに、850ccの特大プリンカップに、
赤枯れマット&自作マットを詰めた、ネブト用 採卵セットをつけての発送となります。
マットは 半年間かけて 丁寧に作成しましたので・・現時点で コバエが全く沸いておりません。
なお、完全に・・産卵を保証するマットではありませんので、その点は ご了承くださいませ。(^_^;)
また、本土ネブトは・・現在 繭玉ですので・・羽化後 安定してからの発送となります。
本土ネブトが好きな方、本土ネブトに興味のある方・・この機会に 如何でしょうか?


②チェリフェルネブト1令×3頭(F1)
            & フィリピンネブト2令×3頭(F1)


・チェリフェルネブト1令×3頭【産地】・・台湾 台北県 山峡産 F1
東南アジアに広く生息しているネブトで、意外にも・・本種が ネブト属の基準種です。
最近では・・野外品の入荷が少なくなり、飼育品を時たま見るだけになりましたが・・・
今回の台湾産は、現時点で流通している チェリフェルの中でも スリランカ産についで、
流通量が極めて少ないと思われます。 この幼虫は・・今春に4年ぶりに入荷した貴重な
野外個体の持ち腹からの幼虫なので、累代を気にせず、長い間 飼育を楽しむ事が出来ます。
・フィリピンネブト 2令×3頭【産地】・・フィリピン 北ルソン島産 F1
フィリピンネブトは・・その名前の通り フィリピンを中心とした島々に生息するネブトで、
外産ネブトの中では、グランディスネブトと並んで・・産卵が簡単な外産ネブトとして、
非常に有名で、その繁殖率の高さは・・例えるならば、コバエ並に よく増えます。(^_^;)
4~5年ほど前では、その驚異的な繁殖率の高さもあってか。。結構見かけた種類ですが・・・
最近では、見かけなくなってきている 外産ネブトですので、是非、入手してください。
ブリードは・・両種とも極めて簡単な外産ネブトなので、ネブト入門種としてもオススメです!
なお、野外では・・両種とも…小粒ですが。。真面目に飼育すると、40ミリを超えます。
外産ネブトを飼育してみたい方or興味のある方・・この機会に 如何でしょうか?

※両種とも、野外♀の持ち腹での幼虫ですので、販売時の♀の同定ミスにより
     別種が羽化する場合もありますが・・その点は ご了承くださいませ。m(__)m



③ミレスサビ3令幼虫ペア(F3)
            & フィリピンネブト2令×3頭(F1)


・ミレスサビ3令幼虫ペア【産地】・・スラウェシ島 パルプリティカリンドゥ産 F3
おそらく、今回のマイ協賛品の中で、これが 一番の目玉とも言える代物です。(^^♪
この種は、現在・・飼育している方がほぼ居ない、ミナミサビ属に所属する貴重なサビクワで、
市場で よく見かける、ヤマトサビ・ミネットサビとは・・学名の頭文字から、全く違います。
本種は・・産卵する材の好みが ややうるさい物の、その産卵さえ クリア してしまえば・・
あとの飼育は 非常に簡単で、国産のヤマトサビと同様な飼育方法で、大丈夫です。(^^♪
ただ、南方系の種類ですので・・・ブリードには 通年20度以上の環境が必要となります。
ネット上においても・・本種の飼育情報は、当ブログの飼育記事を除き ほぼない状況ですので、
人とは、違ったマニアックな小型種をお探しの方には 非常にお勧めの種類だと思います!
小型マイナー種が好きな方・・これは、滅多に入手できません。この機会に 如何でしょうか?
なお、フィリピンネブトについては、上で説明致しましたので・・ココでは 割愛させていただきます。

※フィリピンネブトは、野外♀の持ち腹での幼虫ですので、販売時の♀の同定ミスにより
       別種が羽化する場合もありますが・・その点は ご了承くださいませ。m(__)m



以上・・今回のプレ企画において 協賛した 3つのマイ協賛品の詳細でした。(*^_^*)
勿論 マイ協賛品でなく・・プレ企画そのものに興味のある方は、是非 参加してくださいな。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。