FC2ブログ
初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

本土ネブト サルベージ開始! 2016年
こんばんは。 先日の土曜日は・・度々お世話になっている 昆虫文献の専門店
東京にある 六本脚さんの方で、新春セール があり 普段お休みとなっている 土曜日に・・
お店が開いている事もあり。 掘り出し物的良い昆虫文献があるかも? という感じで、

千葉で 午前中のお仕事 が終わってから、かなり急いで・・六本脚さんの方に行きまして、
少し前から 気になっていた とある昆虫文献が 少し凹みありのB品の為‥
通常の定価よりも 4千円も 安く買うこと出来た ので・・とても良い週末となりました(^^)/

さて、一昨年の年末伊豆大島で運良 く自己採集することが出来た 本土ネブト
3令幼虫 まとめ飼いしているケースを見た所、かなり劣化していたので、サルベージ開始。(^^;)


今から 3ヶ月ほど前に 交換したマットの状態あまり良くなかったみたいで・・・
いつも以上に、エサとなるマット内に 線虫が沸いてしまい・・マットが かなり劣化していました(汗)
劣化した 本土ネブト飼育容器
この 劣化状況は‥今までの経験上全滅も‥十分あり得る ヤバイ状況かも?(^^;)
と、思ったので・・生き残ったネブト幼虫の数を 数えるべく、泣く泣くサルベージです。
しかし、今回は・・管理温度やや高かった様で、ほとんどの幼虫が 早くも 繭玉になっていた。(笑)
本土ネブト 繭玉 サルベージ!
3ヶ月前には‥23頭 居た筈でしたが・・ネブト幼虫は、13頭 にまで 減っていました(^^;)
もう少し早く 劣化に気付いていれば・・より多くの ネブトが羽化する筈だっただけに、残念です。
ほとんどが繭玉だったので、生き残った13頭しっかりと羽化させるために・・・
本土ネブトの繭玉を並べる 2016年度
繭玉の表面少し乾燥するべく、飼育ケース内に・・新鮮なマットをひき、その上に繭玉を並べた
この方法は、繭玉の取り扱い に慣れていない方ですと、あまり お勧め出来ませんが・・・
野外下で‥ネブト幼虫を観察していると、倒木の芯部近くを食べる2~3令幼虫とは全く違って、
伊豆大島 本土ネブトが居た倒木
ネブトの繭玉は・・樹皮近くに作成している事が多く。。よって 少し乾燥気味の管理をする事で、
よりネブトの羽化率が上がる様な気がする ので、数年前から・・私は、この方法を用いています(^^)
まだ、実践している飼育データが少ない(汗)ので、確実とは言えません が・・・この方法を、
やり始めてから・・本土ネブト飼育における 羽化率だいぶ上がった様な 気がします。(笑)
本土ネブト 大歯型♂ 伊豆大島産
何はともあれ、私の1番好きな国産クワガタムシが、この本土ネブトなので・・
今年も、写真の様な かっこよくて 立派な個体が 少しでも羽化してくれる と、嬉しい限りです(^^)

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

こんにちは~
繭玉作る種は、カラカラでも羽化してきますよね。
カナブン、ネブトはイケました^^

本土も魅力がありますよね~
ムシきんぐ | URL | 2016/02/02/Tue 17:11 [編集]
ムシきんぐ さん こんばんは。^^
ネブト や カナブン・ハナムグリの場合・・ある程度、乾燥気味でも・・・
ある程度 大丈夫なのですが、生態が よく似ているマルバネ や ツヤクワガタなどは、
面白いことに‥乾燥気味に管理すると・・あまり良い成果にならない ですね。(^^;)

生態がよく似ている とされる ネブト と マルバネやツヤクワガタですが・・
私の飼育している感覚では、かなり違う生態のように しみじみ感じております。(汗)

本土ネブトは、おそらく世界のネブトの北限にあたると 思うので‥それだけでも 魅力的です。
ティーノ | URL | 2016/02/03/Wed 00:51 [編集]
こんばんは
ネブトも繭玉を作る種なんですか^^
サイカブトでは経験があるんですが。

小っちゃくても魅力的な顎をしているクワガタですね。
かっつ | URL | 2016/02/03/Wed 19:46 [編集]
かっつさん こんにちは。^^
はい。 ネブトクワガタは・・蛹化時に 繭玉を作成する種類となります。
私の飼育している限りでは、ネブトクワガタ以外にも・・
ツヤクワガタ・マルバネクワガタ。 パハン などの ツヤホソアカクワガタの仲間。
そして、ごく稀ですが・・ユーロミヤマも マットの条件によっては、繭玉になります(^^)

ネブトの仲間は、小さくて・・ブリードが少し難しい種類が多いのですが・・
まるで盆栽のように、例え小さくても大きな魅力を兼ね備えた クワガタだと思います。
ティーノ | URL | 2016/02/04/Thu 12:27 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.