FC2ブログ
初心者の私が、気ままに…綴る 昆虫採集・飼育観察メモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京 フチグロトゲエダシャク 採集記
こんばんは。 昨日は、4年に1度しかない 2月29日 でした。(^^)/
この日の採集ラベルは・・今の所、標本フェアとかでも ほとんど見た事がない(笑)ので、
何れは・・何らしらの自己採集個体で この2月29日採集ラベルを入れたいです。
ちなみに、昨日は・・お仕事があったので、泣く泣く断念4年後の私・・頼みましたぞ!

さて、今ぐらいの時期から‥ホワイトデーに掛けての 本当に ごく僅かな期間のみに、
華麗に出現する とても可愛い フチグロトゲエダシャクを狙って、東京の河川敷に行きました。(^^)/


東京都 某所 2016年 2月28日(晴れ)
今から、2年前ぐらいに・・リンクさせて頂いている むしけら屋さんのブログ内で、
初めて フチグロトゲエダシャク(以下、フッチー)の存在を知った時の 衝撃はやばかった。(^^;)
なんて、可愛らしい綺麗な蛾なのだろう。。これはどうしても 野外で見てみたい!
東京 河川敷の土手
そう思い続けて。。2年目。(汗) ようやくフッチー初挑戦する日がやってきた。(^^;)
何だかんだで、この時期というのは・・季節の変わり目で、天気が良くないことが多くて
フッチーのような 完全な昼行性のムシ狙う採集 というのは・・なかなか難しいのです(汗)
東京 草原主体の河川敷
幸運にも私は ヒメマイマイカブリの採集時に・・東京の色々な河川敷を巡ってきた(笑)ので、
フッチーが居るとすれば、ココかな? と思える様な 草原中心の河川敷に行ってみた。
蛾屋さんのブログから、フッチーが採れるのは・・午前中みたい なので、その時まで待つ。


現地に到着してから、1時間が経つと・・白いムシが目の前を 急に飛びはじめた
私が予想していた以上に・・フッチーと思わしき 白いムシ飛ぶスピード速い 速い。(汗)
これが・・あの フッチーなのか? と思いつつ、走って ムシとの間合いを詰めて網を振る。
この時、確実に‥網の中に入ったように 見えた。。しかし、忽然と・・消えた。(^^;)
春先のネット 
こっ、これが・・世に聞く。 突然 消える とされている フッチーの持つ特殊能力なのか。。。
正直・・蛾屋さんのブログで、見失う とかでなく・・消える 表現されている事が多く
そんな馬鹿な。。と 採集前は思っていましたが・・あれは、真実の出来事だった のですね。(笑)


そんなこんなで、消える魔球(笑) でなく フッチー悩まされ 続ける事・・・2時間半。
ようやく、私のネットに・・フッチー と思わしき、白い蛾がネットインしました。
やった。 遂に・・2年間 憧れていたフッチーと対面できるぞ。 と思った時に・・・
風が ピュー。 ムシも ピュー。。 あっという間の出来事に、暫し 呆然。(T_T)
東京 枯れた河川敷 草地
うーん。 今日は、本当に採集運が無い(泣)から・・このまま ボーズかも? しれないな。。と、
本気で‥思い始めた時ふと 何を思ったのか? 何気なく 後ろを振り向くと・・
なんと、白い蛾が飛んでいた。(汗)これが・・今日のラストチャンスだ! (^^;)
そう思いながら・・もう夢中で、枯れた草原の中を 思い切り走って、ネットインしました。
東京 フチグロトゲエダシャク 初採集
白い蛾の正体は・・2年前から ずっと憧れていた あの可愛いフッチーでした。(^^)
やっと、採れた。。丁寧に 下処置したフッチーを 三角紙に包んで ケースに入れた時には、
肩の荷が下りて、枯れた草むらの上寝転んだ。 頬に当たる春風本当に心地よかった


それから 20分後。 日が陰ってしまった事もあり、フッチー全く飛ばなくなったので、
午後1時半と、まだ明るかった のですが・・たった1頭でも 本命のフッチーが採れた事もあり・・
1ヶ月ぶりとなる この日における 近場採集は・・ここで、終了とした。(^^)
東京 河川敷 タンポポ
帰り道となった 河川敷の土手には・・可愛らしい タンポポひっそりと咲いていた。
待ち遠しい春の訪れは、もう直ぐそこまで・・来ているように感じるので、色々と楽しみです(^^)/

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

フッチーおめでとうございます
今年の発生状況から察するに、フッチーは節分過ぎたらスタンバイオッケーのようです。さいたまでは先月13、14の一気に気温が上がった日に初見記録が更新されました。かなり発達した胸部を持ち、春一番の強風の中でも風に逆らってグングン進むフッチーですが、採集者などの外敵を認識した途端、風に乗って猛スピードで飛び去ったりするので、堤防の上を歩きながら左右の斜面を見下ろすように探すのが比較的疲れにくい探し方かと。
この時期は副産物として超小型のベニシジミや、後翅が全体的に黒化するモンキチョウ低温期型など魅力的なものも少なくありません。ベニシジミの新鮮な個体はちょっと気をつけて観るとオレンジの金属光沢を持つ鱗粉であることが分かると思います。ちなみにフッチーのよく飛ぶ日は、大抵越冬明けのキタテハを見掛けるので、体感気温だけでなく周囲の昆虫層にも目を向けるとより良い成果に繋がることと思います。
KIM@虫の人 | URL | 2016/03/01/Tue 13:45 [編集]
KIM@虫の人さん こんばんは。^^
わざわざの激励コメント 並びに とても勉強になるコメント、ありがとうございますm(_ _)m

なんと フッチーは、節分過ぎたら・・スタンバイOKな虫だったのですね。
この時期に出るならば・・もっと モチモチの美しい個体が居る はずなのに、
どうしてやや擦れている個体が居るのだろう? と、不思議に思っていましたが・・・

KIM@虫の人さんのコメントを見て、納得でした。 もう少し早くに出るのですね。(汗)
ベニシジミの春型は、本当に・・可愛くて 色彩が綺麗ですよね。
私も‥今のように 昆虫採集に対して 本格的になる前であっても、ベニシジミだけは
ルリシジミと並び、普通種だけど・・好きなムシでしたので、採りに行っていました(笑)

色々なアドバイス、本当にありがとうございます。(^^) これからも・・
体感温度 や 目標のムシだけに目を奪われずに もう少し周辺にも 目をやろうと思います。
ティーノ | URL | 2016/03/03/Thu 00:06 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © しみじみ観察メモ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。